集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
監視技術の歴史 … 三世代の分類と経過

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


監視技術の歴史【作成中】

[history_of_the_watch_technology]
(2016/02/07)

三世代の分類と経過

目次

監視技術の三世代の分類

電磁波技術の隠蔽

監視技術は第二世代までしかないという情報操作

集団ストーカー犯罪の隠蔽はすでに失敗している




監視技術の三世代の分類

 監視を技術という観点で3つに分類すると、第一世代は、科学技術を使わない人為的な監視、第二世代はカメラやマイク・通信などを使った監視、第三世代は電磁波を使った監視となります。

 第一世代監視は、科学技術が発達する前に、人が人の力だけで行っていた監視です。 モンゴルでは草原で仰向けに寝転がるという監視方法がありました。 これは草むらに隠れながら敵を監視するという牧歌的なものでした。 日本では忍者が行った建物への侵入などがあります。 忍者の技術には、地面の大きな石に耳を付け、周囲の音を確認するというものがありますが、これは現在のコンクリートマイクと同じ理論となっているなど、あなどれないものもあります。

 第二世代監視は、カメラやマイク・通信などを使用したもので、現在、一般的な監視技術と思われているものです。 通信とは、電話機のような有線による通信と、古くはトランシーバーが利用されていましたが、現在は携帯電話が活躍しているような個人同士の通信を可能とする無線通信があります。

 通信技術の発達により、映像・音声・文字情報などさまざまな物がやりとりできるようになりました。

 第三世代監視は、電磁波技術を利用したもので、通常は人の目には見えないものも、壁や物を透視して確認できるようになっています。 また、人に対しては、思考盗聴などの生体分析や逆に生体干渉、人体へ直接攻撃する技術まで存在します。 電磁波技術はピラミッドの中身を分析したり、地震や豪雨・竜巻など地球の気候変動を誘発するようなことまで可能となっています。 また電子機器の発達の恩恵を受け、通信技術との連携する技術も向上し、監視活動をコンピューターで自動化するようなことができるようになっています。




電磁波技術の隠蔽

 監視関係者の間では日常的に利用されている電磁波技術ですが、人体へ直接的に音声を伝達することができたり、生体機能へ直接干渉して頭痛やその他の人体の部位へ痛みを与え人体を害するような危険性が、発明当初から、科学者などから懸念されていました。

 この技術を知らない人間に悪用された場合、音声送信は、精神障害を引き起こす可能性があり、さらには神や幽霊など霊的な存在を偽装することで、小さないたずらから、殺人を誘導することまでできてしまいます。 人の声を偽装する方法では強力で、信仰心のあつい人々に対して神の声を装うことで、実際に大量殺人事件を起こしたり、軍事利用され広範囲敵軍へメッセージを送るようなことが、実際に起こっています。

 生体干渉技術は、電子レンジのマイクロ波のように人体へ火傷のような被害を与えたり、長期的にストレスを与えることでガンを誘発できるなど、直接的に殺人が行えるような大変危険性の高い技術となっています。

 これらの危険性から、電磁波技術は西側諸国、特にアメリカ主導で、一般世間には公表せずに、隠蔽するという方針がとられてきました。 電磁波音声送信技術は、半世紀以上前の1961年にマイクロ波聴覚効果として、すでに技術が公表されていました。 当時は世界的な隠蔽政策がとられる前でしたので、21世紀に生きる我々よりも、当時のほうがこの情報を知る人が多かったかもしれません。




監視技術は第二世代までしかないという情報操作

 日本では集団ストーカー犯罪そのものが隠蔽の対象となっていますが、本来、隠蔽の対象となっていたのは電磁波技術そのものです。 電磁波技術の隠蔽のために集団ストーカーという言葉や概念自体を隠蔽しているとみられています。

 この社会的な隠蔽にはマスコミが利用されており、テレビの監視や防犯番組、警察の捜査番組などで電磁波技術が扱われることはなく、ひたすら監視カメラの小型化や、戸締りの仕方などの安全な環境整備などを扱っています。 このようにマスコミを利用した、電磁波技術の隠蔽を目的とした偏向放送が行われているのが現状です。

 2016年、現在では、テレビでも電磁波技術の医療分野などへの利用が紹介され始めていますので、いずれは情報隠蔽政策は解除されていくことでしょう。 現状では、日本のマスコミは、電磁波による生体分析は、特殊な器具や人体への直接的な接触が必要であると説明されています。 非接触型の生体分析や遠距離型の生体分析はできないという説明を付け加えることで、限定的に情報が解禁されている状態にあります。

 マスコミは、生体干渉、人体へ音声や痛みなど、人間の持つ五感・三欲などへ干渉し情報や刺激を与える技術については、いまだに隠蔽しています。 機械で人を分析することはできるが、人へ影響を与えることはできない、といった印象を植え付けようとしています。




集団ストーカー犯罪の隠蔽はすでに失敗している

 電磁波技術の隠蔽は、マスコミというよりも日本政府全体で隠蔽政策がとられていることが予想されます。 隠蔽を主導しているとみられるアメリカでは、日本語の集団ストーカーにあたる言葉としてギャングストーキングという言葉が使われていますが、このギャングストーキング関連の防止や規制法案が成立しており、集団ストーカー犯罪者が公的に逮捕される事件が起こっています。 このようにアメリカではすでに集団ストーカーという犯罪は法的に認知されており、逮捕者が現れるほどまでに対処が可能となっています。

 日本における集団ストーカーは、警察が捜査などと称して行い、問題が発覚するたびに、創価学会の犯行として事実の隠蔽や、それ以上調査することを抑止しているのが現状です。 集団ストーカーが犯罪として捜査対象とすることができないという現状は、暴力団による集団ストーカー犯罪を防止することもできないような末期的な状況を作り上げています。 現在の芸能人の麻薬や覚せい剤使用事件などは、背後に暴力団関係者が存在するところまでは知られていますが、暴力団が行っている方法のなかには、集団ストーカーにあたる方法も含まれています。

 違法薬物事件で逮捕される有名人、タレントやスポーツ選手などの証言からは、明らかに集団ストーカーの手法と判断できる内容が見受けられます。 暴力団関係者が集団ストーカー犯罪を知っており、実際に行っていることは、まず間違いないでしょう。 その犯行を何と呼ぶか、呼び方に違いがあるだけで、実際の犯行は集団ストーカーそのものです。

 インターネットを使い自ら調査して、自分が受けている被害が、集団ストーカー犯罪によるものだと理解し、告白するタレントも、すでに存在しています。



参考

電磁波犯罪に関連する情報公開の必要性
 在日レイシズムは日韓関係を険悪化させる (2016/02/08)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system