集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

おことわり(このサイトの注意)

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 >

おことわり(このサイトの注意)

サイト内の情報などの不備にたいするお詫び
hks_attention, 2015/9/2, 2017/6/19

 あらかじめ断っておきますが、当サイト内の誤字脱字やHTMLタグの記述間違いなどの不備の修正、また内容の精査、推敲などは情報を公表した後、少しずつ進めていきますので、内容の不備があるかもしれませんが、掲載内容については閲覧者各位の判断をもとに自己責任で取り扱うようお願いします。

新たな試み 2017/6/19

 共謀罪の成立により、警察・公安・自衛隊その他特務機関の違法監視行為が実質的に合法化されることになります。 共謀罪の適用には、まずその判断を行うために、事前確認が必要となりますので、この理由で今まで違法監視とされていたものが、実質的に合法化されてしまいます。

 その状態となると違法監視を止める方法はほぼなくなってしまいます。

 今、管理人の元で問題となっているのは、共謀罪の成立みなし犯行とみられる、集団ストーカー犯罪の悪質化です。 このサイトの更新も以前よりさらに妨害されることになってしまったため、今後は、どこを更新したのか明示しないよう、サイト管理方針を変更することにしました。

 これによって集団ストーカー犯罪者は、自身の犯行によって、被害者のネット情報発信を防ぐという手柄を立てることができるはずです。 同時にサイト側は被害を抑えつつ情報発信ができるようになるはずです。 管理人としては、妥協的なウィンウィン型の解決法であると、前向きにとらえています。

 このサイトの発信力が弱まることが本当によいことであれば、この更新情報を明示しないままの運営が続けられることになるでしょう。 逆にこのサイトの情報発信に何らかの価値があると、集団ストーカー犯罪者たちも認めざるを得なくなったような場合は、また元のように更新情報を明示するかたちに戻そうかと思います。 2017/6/19


過去の試み(停止中 2017/6/19)

 当サイトの管理人にあたる私が、現在、何らかの監視犯罪組織によって個人監視被害を受けている状態にあります。 まだ世間ではあまり浸透していませんが、監視犯罪分野での一般的な表現では、集団ストーカーによる集団ストーキングの被害を受けているような状態にあります。

 そのため、この文章は作成時にすでに情報が漏れている可能性があります。 この状況では、内容を更新せずに手元に保管した状態にしておくと、監視犯罪関係者は情報を手に入れることができるが、その他の監視被害者を含む一般市民は情報を得られないという事態になります。

 この状態では、監視犯罪者および犯罪者から情報提供を受けている関係者は、その他の一般市民よりもより多くの情報を得ている状態となります。 この状態では監視犯罪者が監視犯罪で得た情報、このサイトの文章などのことですが、この犯罪者が盗んだ物の価値が高まる結果になります。 そうならないように、監視犯罪者の盗んだものの関係者に対する価値がより低くなるようにする、可能であれば監視情報を無価値化するよう、サイトの文章が作成途中であっても公開します。

 つまり、盗まれた情報と公開されている情報の内容をほぼ同じにすることで盗む意味をなくそうという試みです。 2015/9/2, 2017/6/19





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system