集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
きまぐれファイルの感想

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 >

きまぐれファイルの感想

[impressions_kimagure_file]
(2016/01/22)

きまぐれファイルの「精神域介入犯罪(BMI犯罪)ミニ知識」ページの感想です。 (2016/01/22)


次に私の目を引いた部分を引用しておきます。

「本が好きなら「人間革命」という本をぜひ読むべき。
世の中はお金があれば何でもできる。
そして大勢で口裏を合わせれば、真実なんてどうにでも作り変えられる。
今までも本当にそうしてきた。 」
(同サイトからの引用、以下、引用と略す)


 人間革命というのは創価学会の関連書籍です。 その後に続く内容は、教団や企業グループなどが、マスコミなどの情報を支配し、社会に強い影響を与えてきた事実を表しています。 集団ストーカーは、その手段のひとつと言えるでしょう。

 この引用の前には在日系勢力と関連が強いとされる企業や組織の名が記されています。 このサイトの作者は思考盗聴技術についての知識も低ければ、集団ストーカー犯罪と関連が疑われている在日勢力のことなども、あまり理解していないようです。 それにもかかわらず真実に近づいているようにみえます。 このあたりは、作者の実に見事な洞察力の鋭さがうかがわれます。


 さらに次のようなことも書かれています。

「透明人間のようになって天の声を聞かせたり、他人が何を考えているかを知ることもできる。
信じないかもしれないが、私はもう何人も見てきた。
身体の中にあるものを入れれば全部わかるようになる。
それはもう一人の自分をつくることができるということだ。 」(引用)(2015/11/30)


 体の中に何かを入れなければ思考盗聴や電磁波攻撃はできないのでしょうか。 そうなると被害者は全員、催眠ガスなどを吸わされ意識不明にされ、体内に何かを埋め込まれたりしている、ということになってしまいますが、どうでしょうか。 しかし、監視被害者であれば、理解できると思いますが、毎日自宅に不法侵入することができるような犯罪者のことですから、深夜に催眠ガスのようなものを吸わせることくらい簡単にできることでしょう。 そのため、可能性としては否定できないことでしょう。

 体に異物を入れるとすれば、薬のように口から飲ませる場合、翌日あたりには外に排出されてしまいますから、飲ませるという方法ではないでしょう。 SF小説の世界の話のようになってしまいますが、注射器のようなもので、頭の特定の場所に何らかの金属を埋め込むようなことかもしれません。

 常識的には、金属を埋め込むだけで、思考盗聴や電磁波攻撃ができるはずがない、と考えるのが普通でしょう。 しかし、私が知っている現代の物理科学技術だけでも、できてしまいそうにみえます。 思考盗聴の仕組みは、簡単に説明すると、人体に電磁波を照射し、その反射波を測定するというものです。 電磁波攻撃は電磁波を照射するという方法です。 SQUIDと呼ばれる極微弱の電磁波を測定する技術があり、これで解析しているとみられています。 (2015/11/30, 2016/02/08)

 頭に埋め込んだ金属、おそらく個体を識別できるようなICチップなどが使われるのではないかと思いますが、単に金属を埋め込むだけでも、電磁波の増幅や集約の能力が向上する可能性があります。 謎の金属を経由して電磁波の送受信を強化しているのではないか、という説です。

 現在、目に見えないほど小さいナノチップやナノビーズなどが開発されており、すでに安価で手に入る状態になっています。 そのため、対象者が日常的に使う物、布団や食器、家具などから間接的にナノビーズなどを対象者へ付着させるようなことも、技術的には可能な状態となっています。 壁すら透視できる盗撮技術があるにもかかわらず、定期的に家屋へ不法侵入してくるような犯行の目的を考えると、この説もありえないとは言い切れない可能性のひとつと言えるでしょう。

 この説明だけだと、SF小説のような妄想だと誤解されそうですので、客観的な事実を示しておきます。 これらの技術は日本や世界の公の特許として、すでに申請されたり認可されている、厳然たる事実です。 日本政府関連の特許関連サイトで確認できます。

 まず電磁波を人体に照射して反射波を計測して個体認識をする技術ですが、すでに複数の関連する特許が存在します。 また、電磁波で音声を伝える技術もすでに複数の特許が存在します。 音声送信技術はWHOも認知しており、公式文書でも確認できます。

 とはいえ、実際に何がどこまで行われているかは、証拠が出るまで、はっきりしたところは分かりません。 私としては、インプラントのような金属が頭に埋め込まれているとは、思いたくありません。 そのようなものがなくても電磁波犯罪は可能だろうと思います。


 WHOについてですが、古くは米に発がん性物質が含まれているとか、現在でも加工肉(ハム・ソーセージなど)に発がん性物質が含まれているなどという、生産者や販売者などの関係者からすると営業妨害にあたるようなことも主張していますので、若干、恣意的な内容が含まれている可能性も懸念されます。 しかし、確かなことと、不確かなことは、区別しており、2015年の加工肉への危険性の発表も、WHO側は客観的な真実として主張しているのではなく、その内容に「自信がある」という表現を使っており、予測にすぎないことも明らかにしています。 つまり、WHOは不確定なことは不確定なこと、確かなことは、確かなこととして正しく区別しているであろうことが予想されます。 そのため、全体としては信頼できる情報として判断してよいでしょう。 (2016/02/08)


「他の人の人生を代わりに体験したりもできる。 」(引用)


 物理学者のミチオ・カクさんが人間の記憶は電気信号に置き換えることができると予想していました。 ネズミの実験ではすでに成功しているそうです。 その実験では、まずネズミに迷路の道順を覚えさせ、そのときの脳波を保存しておきます。 その後、しばらくたって、ネズミが道順を忘れたころに、同じ迷路を通らせ、道順を忘れていることを確認します。 その忘れたネズミの脳に保存しておいた脳波を電気信号として送信すると、迷路を迷わず正しい道順で通るようになる、という実験でした。 これが記憶が電気信号として保存できるという証拠だということでした。

 この記憶の取り出し・入れ込み技術がすでに実用化されているようにもみえます。 もしそうならば、その技術を独占していないで、社会の役に立ててほしいところです。 もし実用化されていれば、何の苦労もせずに辞書の内容をすべて記憶するなどして、天才的な人物を大量に作り出したりしていることでしょうから、そこまでのレベルには達していないことでしょう。


 さらに次のようにサイトの文章は続きます。

「この地域が自分達と同じ考えの人ばかりになることが理想なのだ。
気に入らない人を追い出したり、社会から抹殺する方法がある。
映画の『ガス燈』みたいにね。 」(引用)(2015/11/30)


 このあたりで、このサイトの内容に、実におぞましい、凶悪な犯罪の実態が示されていることが分かります。 しかも、ネット世界でもほとんど見かけない、監視犯罪の首謀者側の意見が赤裸々につづられています。 カルト教団や独裁国家では、思想統制として特定の思想を強要することは、よくある話ですが、21世紀の現在の日本で、このようなことが書かれたサイトが存在することには恐怖すら感じます。 (2015/11/30, 2016/02/08)

 ちなみにこのサイトの作者は「トンチンカンな話をまともに受け取ることはありませんでした。 」(引用)と書いています。 あえて知らないふりをしているのか、すべてを理解したうえでごまかしているのかは分かりません。 私としても、このサイトのトンチンカンな話は、よく分からないといえば、よく分かりません。 (2015/11/30)

 その先の説明で、人の人生を体験する方法が書かれています。 現象としては、他人の思考や感覚と同じものを体験するようなことが起きているのだろうと予想されています。 私の今の知識から推測すると、他人から受信した電磁波を自分の脳に入れることで、同じ経験をしている、ということが起こっているように思われます。 (2015/11/30, 2016/02/08)

 動物実験では、サルやネコと人間の脳を電極でつなぐことで、動物を思い通りに動かすことができることが知られています。 技術的には、この脳や精神活動の同期・同調、マインドリンクやシンクロマインドと呼ぶべきような、憑依型の思考・精神介入技術が利用されていたであろうことが予想されます。 (2016/02/08)

 以前、私が思考盗聴を自分なりに分析していたときは、被害者から思考盗聴した結果は、機械で読み取られ、音声として出力されるかたちだろうと予想していました。 私が加害者へ行う説教などの音声イメージは、物理的な音波として機械的に再生されているのではないかと考えていました。 (2015/11/30, 2016/02/08)

 なぜかというと、私から盗んだ音声イメージに対して、加害者は決まって、「うるさい、だまれ」などと、音を聞いたような反応を示すからです。 しかし、考えてみると、音声で出力されていない可能性もあります。 確かに、音声で出力されていた場合、思考盗聴している場所に加害者が数名いた場合、全員に同じ音声が聞こえているはずですが、監視犯罪者グループが全員で私を罵倒するようなことが起こったことは一度も記憶にありません。 これについては、加害者がヘッドホンなどを使いひとりで聞いているだけだという可能性もありますが、1対1、マンツーマンの思考解析システムである可能性も考えられます。 (2015/11/30, 2016/02/08)


参考

「ガス燈」について

思考盗聴技術のブラックボックスモデル



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system