集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
肖像権侵害 加害行為が暴かれるため裁判を起される可能性は低い

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 分類:その他 >

肖像権侵害

infringement_of_the_portrait_rights 2016.4.18

加害行為が暴かれるため裁判を起される可能性は低い

 毎日、被害者に嫌がらせを続け、他人の人権を侵害している犯罪者が自分の人権を主張するとは、たいへんこっけいな話です。 しかし、被害者から証拠をとられ、もはや逃げ隠れできなくなった場合、犯罪者や加害者は、肖像権を主張してくることがあります。

 確かに犯罪者にも肖像権は存在しますので、場合によっては肖像権侵害にあたる場合もあります。 しかし、裁判になって困るのは、日常的に嫌がらせ犯罪を行っている加害者側です。 肖像権侵害の主張は単なる証拠保存妨害のための理屈にすぎません。 2016.4.18, 2016.6.18

 世界各国からカルト指定されている創価学会ですが、カルト指定の条件のひとつに、裁判に訴えることが多いというのがあります。 2016.4.18

 創価学会も訴訟を起こす件数は多く、2009年前後のことですが、29件も訴訟を起こしています。 しかし、すべて創価学会が負けています。

 訴訟を起こすと創価学会の宗教新聞である聖教新聞で、カルト学会員向けには大々的に宣伝しますが、創価学会が勝訴することはほとんどありません。 創価学会の訴訟は提訴することに意味があり、結果は重視していませんので、恐れる必要はほとんどありません。  2016.4.18 2016.4.22

 創価裁判官は日本全国に100人もいるという話ですが、大した証拠もなく、正当性もないような裁判で勝利することは、創価裁判官を投入したところで、ほとんどできないのでしょう。  2016.4.22

 仮に裁判に詳しい加害者に訴えられ、裁判で窮地に追い込まれたとします。 民事裁判は単純化すると、被害をお金で精算する交渉ですから、いくらか慰謝料をとられる可能性もあります。

 しかし、肖像権侵害の被害額を金額になおしても、数万円程度にしかならないため、大きく財産を失うような危険はありません。 万が一、負けたとしても大きく信用を失うようなこともありませんので、特に心配する必要はないでしょう。  2016.4.18 2016.6.18





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system