集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

睡眠妨害 疲労回復の阻害、過労状態に追い込む犯罪

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 分析 分類2:被害 >

睡眠妨害

疲労回復の阻害、過労状態に追い込む犯罪

interference_with_sleep, 2015.12.25, 2018.6.27, 評価:★★

< 目次 >

睡眠妨害とは

対処法

洗脳目的の睡眠妨害


< 関連 >

健康管理
 最も確実な被害対策 2018.6.27




睡眠妨害とは


 音声や振動・光・電磁波・毒物などの利用して対象者の睡眠を妨害する加害行為のことです。加害者は中途覚醒や疲労の蓄積などで被害者の睡眠自体や疲労回復を妨害します。

 被害者が睡眠前や睡眠中に行われ、被害者の大半が受けている代表的な集スト・テク犯被害のひとつです。就寝を妨害することから入眠妨害と呼ぶこともあります。

 就寝から1時間後や2時間後など決まった時間に毎晩目が覚めるという人は睡眠妨害の被害を受けているとみてまず間違いないでしょう。

 被害がひどくなってくると中途覚醒と入眠妨害が30分から120分間隔で断続的に繰り替えされ、一晩中眠れないというCIAですら表向きは禁止しているような拷問状態に発展してしまうこともあります。

 過度な睡眠妨害は被害者に生命の危機を感じさせ、何かしらの活動を妨害するために強く脅すことが自体が目的となっているようです。過度な睡眠妨害は何年も続くようなことはないようですが3ヶ月程度は続くことがあります。

 過度な睡眠妨害は加害者側としても深夜の長時間労働となるせいか、それほど頻繁には行われていないようです。しかしそれでも自分への過度な睡眠妨害が始まってしまったときは、被害者としては覚悟を決めて耐え続けるしかないようです。そのときは長くても3ヶ月程度で終わることが多いようなので、体調管理に気をつけ、いつか終わると信じて生き抜いて下さい。 2018.6.27




対処法


 睡眠妨害行為が始まってしまったときに、すぐに対処するのは難しいです。加害者が止めるのを待つか、起きて別の場所に移動するくらいしかないようです。

 しかし長期的に見れば完全とはいかないまでも対処できないこともありません。集スト・テク犯の対処の基本は、人為的な要素が強い集スト被害は無視、ハイテクなテク犯被害は防御法を試すことです。

 被害全般に共通する対策である無視は、その加害行為に効果がないことを加害者に理解させることでその加害行為をやめさせるというものです。テク犯の防御はアルミや鉄の板、防音材などで電磁波や音波の被害を軽減するような具体的な対処法です。

 睡眠妨害は眠っているときの被害で無視するのは難しく、加害者側も体力や健康を奪う加害行為として絶対の自信を持って行っている感がありますので、対処はやはり難しくなっています。

 それでも睡眠妨害で行われるそれぞれの加害行為には対処法がありますので紹介しておきます。

睡眠妨害全般
 睡眠時間を増やす。(但し、逆効果となることもある)

 防犯や地上げ、カルトの命令など加害者の目的にもよりますが、加害行為にもある程度の基準があるとみられています。その基準を正しく予測できればより的確な対処をとれるようになるはずです。

 加害者は睡眠時間が長いことを防犯上の警戒状態と判断している可能性もあります。この場合は長時間睡眠自体を妨害することを目的とした加害行為が行われることもあるので注意してください。

 また夜間の睡眠時間以外はカウントしない傾向があるようなので昼間に仮眠をとることで睡眠時間を補うほうが安全な対処法となるようです。

光(ブライティング)
 部屋のカーテンを遮光タイプにしたり、アイマスクで光を遮断する。

騒音(ノイズキャンペーン)
 耳栓をする。

振動
 ベッドの足に防振材を敷く。

体温変化(上昇・下降)
 音波で骨を振動させたり、耳を振動させて熱を発生させ、そこから体温全体を上げている場合は防音壁などを設置する。体温上昇にはウチワや扇風機、体温下降には厚着や布団を増やす。

 体温の上昇と下降を交互に繰り返す悪質なパターンもあるので注意してください。

音声やイメージ送信
 電磁波を使った加害行為なので電磁波を防ぐアルミや鉄板の壁を設置する。

 耳栓では防げない音や視覚イメージの送信は夢の内容をコントロールすることで深層心理へイメージを刷り込む洗脳・マインドコントロール行為となっているようです。起床の数分前などによく行われているようです。

移動
 移動するには目を覚まさないといけないので多少矛盾していますが、居場所を変えることで被害が軽減できることがあります。睡眠妨害はテク犯で行われることが多いようですが、テク犯の加害行為はやりやすい場所とそうでない場所があるからです。

 より被害の少ない場所が見つかればそこで睡眠時間を確保できるかもしれません。土手の影に隠れると電波を妨害するらしく被害が軽減したという情報もあります。


 その他の対策としては健康管理に注意することで睡眠妨害からくる疲労の蓄積や集中力の低下などを軽減する方法もあります。朝、疲労感とともに目覚めるような被害者も多いかと思いますがビタミンC不足でそうなりやすい状態になっているなど科学的な分析も進んでいます。

 少し大げさな表現かと思いますが参考サイトには「日常的に仕事や人間関係でストレスを感じている人は、浴びるようにビタミンCを摂取しても摂り過ぎということはありません。(引用)」とまで書いてあります。 2018.6.27

< 関連 >
健康管理
 最も確実な被害対策 2018.6.27

< 参考 >
慢性疲労症候群には原因があった!あなただけ疲れやすいのはこれが理由 - 大阪府和泉市の最先端骨格矯正オフィス カロマ
 「低血糖、ビタミンB群欠乏、副腎疲労が複合していることがほとんどです」(サイトから引用) 2018.6.27




洗脳目的の睡眠妨害


 睡眠妨害の目的には、被害者を睡眠不足状態にすることで、日中に眠気を誘ったり、集中力の減退、過労、身体の衰弱などがあります。活動を妨害するとともに洗脳や心理誘導を行いやすい状態を維持するという役目もあるようです。

 しかし、それ以外にも洗脳を目的とした睡眠妨害があるとみられています。 正確には睡眠を利用した洗脳行為で、音声・思考送信などで被害者がみる夢の内容を誘導することで、深層心理に影響を及ぼし被害者の思考や好み・精神傾向などを変更させようとしているとみられています。

 夢の誘導だけでなく被害者の言動の変更や誘導を加害者は外的要因による言動の誘導などとして業務的、あるいは意識的に行っているようです。 2015.12.25, 2018.6.27

洗脳目的の睡眠妨害 … 夢干渉型洗脳



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system