集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
リンク 被害改善のためのリンク集

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 >

25.リンク

被害改善のためのリンク集

link, 2015/9/13, 2017/2/10

 総合リンクの目次はこちらから … リンクの目次へ



< 目次 >

心の健康管理や精神医療リンク

おすすめサイト

被害対策・被害改善方法リンク

活動団体・活動家・活動情報
 集団スト関連の対策活動団体や活動家

初心者向けサイトリンク
 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の理解

集団ストーカー関連の技術

テクノロジー犯罪の技術関連リンク
 BMI、電波(電磁波)、音波、洗脳、その他

被害報告や分析

電磁波犯罪被害リンク

洗脳・マインドコントロール:心理的な支配や思考誘導
 加害者がほのめかしや文章などで行う、被害者への思考や心理への誘導、ごまかしやおどしなど

マスコミ集スト・メディアガスライティングリンク

社会不正対策リンク

「凶悪な組織的ストーキング犯罪と電磁波犯罪まとめ@wiki」内のリンク集

動画リンク

警察・司法関連リンク

医療・健康関連リンク

法令関連・法的対処リンク






法令関連・法的対処リンク

法令関連・法的対処リンク




テクノロジー犯罪の技術関連リンク

テクノロジー犯罪の技術関連リンク
 BMI、電波(電磁波)、音波、洗脳、その他




電磁波犯罪被害リンク

電磁波犯罪被害リンク




集団ストーカー関連の技術


< 参考 >
初心者向け説明
全般的な被害と対策
個別の被害と対策
テクノロジー犯罪


・監視技術の全体の分析 所詮はイタチゴッコ

 新たな技術や工夫が生まれるたびに、それへの対処が検討されます。 対処法が確立されたとしても、すぐに次の技術や工夫が生まれることでしょう。 技術や工夫に対処するより、それを悪用する人間を健全化するような対処をすべきでしょう。 そうとはいえ、今日受けている、今現在の被害を減らしたい、改善したいという願いは、被害者にとっては切実なものであることもまた疑いようのない事実です。 その要望に応える範囲の努力が、監視技術分析の現実であろうと思います。 戦争における核兵器のような圧倒的な威力を発揮する技術が、監視犯罪技術への対処技術として使えるようになるまでは、一時的、暫定的な対応のための技術分析だと考えるべきかと思います。 (2015/09/13)


・当サイトの思考盗聴の調査状況

このサイト内の分析や思考盗聴に使われる電磁波の特性などを考えた上での、現時点での私個人の予測では、思考盗聴技術でも携帯電話やスマートフォンなどが使っている周波数帯が利用されているのではないかと考えています。

 学習塾やその他の会議などで、携帯電話やスマートフォンの電源を切るように注意しても切らない人に対して、強制的に通信機能を停止させるような使い方をされる、携帯スマホ電波ジャマーのような、電磁波にノイズをかけて通信を妨害されるような機器が、ネット通販などでも手に入りますが、これである程度は思考盗聴を防げるのではないかと、現在調査中です。 今のところかなり、思考盗聴を防いでいるようにもみえますが、単に思考盗聴対策が世に広まるのを防ぐために、監視犯罪者の上層部から、現場の犯罪者が思考盗聴の機械を取り上げられただけなどという可能性もありますので、今後も調査を続けていこうと思います。 (2015/09/13)


テクノロジー犯罪・集団ストーカー - テクノロジー犯罪・集団ストーカー

 電磁波被害を知るにはこのサイトが分かりやすいでしょう。 サイトのトップページ、ホーム画面の一番下から4画面分くらいの位置で、「テクノロジー被害『電磁波』を受けると以下の症状がでる」として症例を挙げています。 (2015/09/29)


思考盗聴についてのメモ

 冷静な被害分析や被害者へのアドバイスが掲載されています。 このサイトの被害や分析は私が受けている被害と近いため、全体的に親近感を覚えています。 私のところでは犯罪者予想を、5人の昼夜2交代で10人程度と予測していますが、このサイトも男女3人づつで昼夜2交代と予測しており、かなり近い被害がでているようです。 思考盗聴の加害者に反撃する記事など楽しく読ませていただきました。 私も思考盗聴の事実に気付いた後、数ヶ月間は、犯罪者相手によく説教をしたり、からかったりしていたことを思い出しました。 被害が悪化する危険があり、また、不毛な行為であり、単なる時間の浪費に過ぎなかったように思いますので、悔しいかもしれませんが、無視するのが賢い選択でしょう。 注意して観察すれば、それなりの情報は得られるでしょうが、自分から積極的に挑発して情報を得るほどの価値はないでしょう。 (2015/09/27)



思考盗聴の技術

 第三世代監視社会の主力監視技術とみられる思考盗聴の分析・研究などで、現在私が知る範囲内の話しですがかなり優れたサイトです。 (2015/09/13)
このサイトへリンクを張っているサイトをよく見かけますので、思考盗聴分野では、すでに有名サイトといっていいようです。 私もこのサイトを見つけたときは、私も一般的な日本人でありほぼ無神論者の無信仰者ではありますが、キリストが神に出会ったかのような、強烈な感動を覚えたものです。 (2015/09/27)


加害者への公開質問状

 被害報告関連リンクにもあげていますが、このサイトの用語リンクというリンク集は監視被害関連技術のリンクが大量に掲載されていますので参考になります。 (2015/09/13)





被害報告や分析


 個人のストーカーや、集団ストーカーのような組織的な監視被害の現実が確認できます。 (2015/09/13)


愛犬と戦う!テクノロジー犯罪撲滅家
 レーザー・プラズマ被害が悪化中のジャムマンさんのブログ 2017/2/16


集団ストーカー企業リスト@wiki
 集スト加害企業や被害など 2016.10.29


fact or fiction?(リンク切れ)

 奇妙な世界を生きる被害者の生々しい被害体験漫画です。 一般人からすると世にも奇妙な世界の話しでしょうが、監視犯罪の世界では、ある程度知られている被害が描かれています。 被害者が社会から理解を求めるために、監視犯罪を世間に知らせるには、絶好の漫画でしょう。

 自宅で受ける電磁波攻撃や、外出先では心のつぶやきまで思考盗聴され、集団的な監視・嫌がらせを受ける話、さらに職場では同僚たちが、被害者の生活記録のような個人情報を共有し、被害者の思考内容をもとに嫌がらせを行うといった、電磁波攻撃、集団ストーカー被害のオンパレードです。
 被害を自覚した直後に、正しく現実を理解し、可能な範囲で対処するだけでも、被害の悪化をある程度は防げたのではないかと思います。 それが可能となるような、客観的な監視犯罪まとめサイトへの投稿を、私も行っています。 (2015/10/01, 2015/10/07)


加害者への公開質問状(私的ブログ)

 加害者への公開質問状としては、現在はこちらがメインのようです。 (2015/09/13)


加害者への公開質問状

 苛烈にして壮絶な戦いの記録が公開されています。 多少過激な内容も含まれていますので、監視被害や集団ストーカーについて知識が浅い方はNPO法人テクノロジー技術犯罪ネットワークなどを先に確認したほうがよいかもしれません。 現在は同名のブログのほうをメインに更新されているようです。 (2015/09/13)





マインドコントロール・洗脳

洗脳・マインドコントロール:心理的な支配や思考誘導
 加害者がほのめかしや文章などで行う、被害者への思考や心理への誘導、ごまかしやおどしなど




マスコミ集スト・メディアガスライティングリンク

マスコミ集スト・メディアガスライティングリンク




統合失調症 容疑対策


 監視被害者、テクノロジー犯罪、思考盗聴など電磁波被害、集団ストーカーのような組織的な監視被害にかかる疑いのなかでもっとも致命的な容疑のひとつが、統合失調症という精神障害です。

 犯罪者は被害者を精神病者として世間に認知させることで、自らの行った集団ストーカー・強制尾行という非常識な犯罪を隠蔽しようとします。 また、精神病患者として医療機関に入院させることで利益が発生しまが、これもこの精神病工作が行われる大きな理由となっています。

 これに対処するため、統合失調症についても最低限度の理解は必要となるでしょう。 (2015/09/27, 2016/03/16)


< 参考 >

精神病工作
 精神病の誤診断への対策、統合失調症などの精神病扱いされないために

統合失調症
 集団ストーカー犯罪の目的のひとつ

 心療内科や精神病院での検査・受診で、精神病ではないということを証明することもできますが、私が調査したところでは、病院で検査するだけでも、風評被害などで精神病の容疑が高まる恐れがありますので、検査を求められても断ったほうがリスクが少なく、また余計な手間をかけることも避けられるでしょう。 2016.2.8, 2016.10.28


思考盗聴についてのメモ 思考盗聴被害者の方へ

 このサイトは上の「監視技術」のところでも紹介していますが、統合失調症についても冷静な分析とアドバイスが掲載されています。 (2015/09/27)





被害解決業者


 監視関連被害の解決を掲げている業者のサイトです。 (2015/09/28)


< 注意 >

 警備会社は警察の天下り先の代表で、警察とは親密な関係にあります。 集団ストーカーは官僚・警察・官僚が主導していますので、警備会社が集団ストーカー被害者に協力的な態度をとることは期待できないでしょう。

 警備会社のセコムは創価企業なので特に注意が必要となるでしょう。 その他の警備会社も、同じような状況にあることが予想されます。 2017/2/5


 2016年3月現在の当サイトの調査では、警備会社、探偵、興信所、被害解決関連業者など、多くの防犯関連組織は、警察関連組織の再就職先、いわゆるの天下り先となっており、警察・公安・検察と強い関連性を維持している組織が多いことが分かっています。

 これら警察の天下り先としてのイメージはあまりありませんが、警察の法務処理機関にあたる検察、そこで働く警察を弁護する弁護士のような役割を果たす検事の多くは、検事を辞めた後、弁護士の職に就いています。 そのため、弁護士など法律関係者にも、警察が集団ストーカーを捜査しないことが通達されており、これを理由に多くの弁護士などの法律関係者が、集団ストーカー被害を扱うことを避けているのが現状です。 (2016/03/15, 2016/03/16)

 集スト被害を訴えた多くの被害者が、弁護士や探偵・興信所から「警察が捜査しないことは調査できない」などと実際に言われ、依頼を断られたことを告白しています。

 彼らが被害者の依頼を断った後は、これもマニュアル通りですが、被害者へ精神科医への相談を勧めてくるそうです。 集ストを悪用する在日利権ネットワークでは精神科医で利益を上げる仕組みにもなっていますので、集スト被害者を医療機関へ紹介することで謝礼のひとつも出ているのかもしれません。 (2016/03/16)

 この現状で、集スト被害を扱ってくれる組織が本当に被害者の力になるのかというと、おそらくほとんど力にはならないことが予想されます。 それでも、あえて利用する場合は、次の文章を読み進んでみてください。 (2016/03/15, 2016/03/16)


以前に書いた説明

 私の集団ストーカーへの理解がすすむにつれて、解決業者に頼るというのは、やはり危険性をともなう行為であろうと考えるようになっています。 集団ストーカーとは、個人や少数者を10人以上で攻撃する犯罪ですから、業者としても加害者側に肩入れし、数の多い加害者側に協力して報酬を得るほうが、ビジネスとしては妥当な行為となるのではないでしょうか。

 被害者からも加害者からも二重に報酬を受けとるような悪徳業者の存在も報告されていますので、業者の選択は、かなり慎重に行わなければならないでしょう。 個人的には、業者への依頼は、あまりおすすめできません。 初めは被害者の味方となっていても、カルト教団の影響を受けた警察官などから説得されれば、簡単に犯罪者側へ寝返ってしまうようなことが予想されます。

 カルト教団の信者がどんな組織に入り込んでいるか、警察官や役所員などがカルト信者であるかどうかなど、正しく判断することができない以上、危険性はぬぐいさりようがないのではないでしょうか。 解決依頼をきっかけに、警察から危険人物として指定されるような危険すら考えられます。 特に防犯系の集団ストーカー犯は、警察へ危険人物などと認定させ、自らの犯行を正当化するという手法を使う傾向があります。 (2015/12/05)


・ 料金はどれくらい? いくらまでなら払ってもよいのか

 料金についてですが、1日あたり1万から6万くらい請求されるだろうと思いますが、探偵や興信所なども似たような金額ですから、その程度であれば不当に高い金額とも言えません。 解決業者は、おそらく探偵や興信所などが直接運営しているか、関係者が運営しているであろうことが予想されます。

 一般的に、人を一日雇うと最低賃金が750円くらいですから8時間勤務の7時間労働でも5,000円くらいかかります。 これが主張作業となりますから、ひとり1万円くらいになり、さらに専門性が高い業務のため3倍の3万円くらいが相場となることでしょう。 さらに尾行やつきまといの調査だと、2人は必要でしょうから6万、それが24時間となると昼夜二交代となり倍の12万円となります。 それを1週間続けると84万円などという大金になってしまいますが、これは探偵などほかの業者に頼んでも実際にかかる費用です。

 実際のところは、自宅の監視機器の調査を依頼して、半日などと交渉して2万円以下に抑えられれば、頼んでもいいかもしれません。 残念ながら、24時間監視のような完全な監視被害を受けている場合、犯罪者側もその調査中だけ監視機器を停止したり、取り外したりできてしまいますので、あくまで被害の軽い方向けということになるかと思います。 (2015/09/28)


電磁波測定調査 電磁波トラブル解決ならアイ総合コンサルタント

 被害者の相談内容を見た限りでは、電磁波被害、思考盗聴、集団ストーカーなども正しく理解している組織が運営しているように見えます。 そのため民間の犯罪者であれば、それなりに対処できるかもしれません。 料金について具体的な金額が説明されていないようですので、この点だけは信頼性に若干の懸念が残ります。 単なる商売上手なのか、熾烈な値切り交渉が必要となるのか、どちらにせよ被害者は被害を受けているという弱みがありますので、不利な交渉とならざるをえないでしょう。 それでも納得できる料金体系であれば利用してもよいのではないかという気がします。

 サイトでは事実に基づかない内容には答えられないと明記されています。 そのため、かなり現実的な対処を実際に行っているであろうことがみてとれます。 しかし、逆にいうと、事実のないことには対処できないと主張しているとれますので、被害状況・事案にもよるでしょうが、警察のように証拠がないと動けません、という結果になることも想定すべきでしょう。

 私のみたてでは、あくまで民間の監視関連犯罪が対象であり、それを行う犯罪者の逮捕などは警察に相談するようにすすめられるのではないかと思います。 民間組織としては当たり前の話ですが、犯人予想が海外のスパイや公安の調査員などで、彼らから嫌がらせを受けているなどと主張しても、恐らく、対処不能であるとして相手にされないのではないでしょうか。 それでも家に監視機器がしかけられていないか、つきまい被害の加害者は誰かなどといったことは調査してもらえるだろうとは思います。

 解決できると主張する組織があるのだから利用をおすすめしたいところではありますが、ご利用はあくまで自己責任でお願いしたいと思います。 被害状況に応じてケースバイケースで利用するのがよいでしょう。

 私の希望的邪推では、海外スパイや警察・公安との間に、すでに何らかの利益を含めた運用システムが確立されていたとしたら、つまり、彼らに裏金を渡すような仕組みが存在するようなことがあるとすれば、金額に応じて一定期間、半年から数年くらいでしょうか、被害の軽減が見込めるかもしれません。

 サイトをわざわざ取り上げておきながら悪口のような文章になってしまったので、よい点を改めてあげておきます。 交番のおまわりさんなどよりは被害を客観的に認識しているため、警察に相談するよりも高い改善効果が期待できます。 (2015/09/28)





NPO法人


テクノロジー犯罪被害ネットワーク
 テク犯ネットについて





在日犯罪・被害リンク

在日犯罪・被害リンク




部落問題


権力と秘密組織による集団ストーキングとハラスメント
 防犯利権・企業利権などだけでなく同和利権も扱っています。 (2016/04/04)

部落問題(同和問題)
 日本に古くからある差別問題、部落も集スト加害を行う



< 参考 >

 リンク集や文章作成の方針について

文章作成姿勢
 ネット世界は分からないことを自分で調べられる世界 (2016/02/03)





他サイトのリンク集


 すでにリンク集を公開しているサイトのネット情報資産も活用しましょう。


集団ストーカー テクノロジー犯罪 資料サイト|ウォーカーのブログ

 よく分類されたリンク集 2017/2/10


全国被害者 - テクノロジー犯罪・集団ストーカー

 650以上の膨大なリンク集です。 このサイトで被害の分析と対策を進めてもらえれば、私が分析や対策を考える必要もなくなることでしょう。 監視犯罪の分野ではいまひとつマイナーな感がありますが、私も懸念している自衛隊関連の犯罪まで取り扱っています。 (2015/09/29)


集団ストーカー.infoのリンク集

 [超お勧め]など分かりやすい表示があり、価値あるサイトが集められています。 2016/4/4, 2016/11/6


集団ストーカー・電磁波攻撃に関するサイト集

 集団ストーカー認知・撲滅の会内のリンク集 2016.5.8


集団ストーカー被害者データベース

 集団ストーカー被害者のブログなどのサイト集。 リンク総数は40前後ですが、サイト毎の紹介文が掲載されています(2015/10/06)




過去アドレス保存用リンク

 アドレス管理用のリンクです。 (以前はリンクページでしたが、通常ページに変更したため外部サイトへのリンクではありませんが、残してあるリンクです。 )

社会不正







  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system