集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
知らなければどうにもならない 聴いて理解する集スト問題

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 対策の理念 >

知らなければどうにもならない

Listen_understanding, 1512070220, 2015.12.7

聴いて理解する集スト問題


行動を起こす前に知るべきことがある

情報収集には、ネット上の記事や動画、SNS、書籍などのほかに音声データもある

ネット情報をすべて調べる時間はない … 音声データの有効活用





行動を起こす前に知るべきことがある

 目的やゴールが分からなければ、何をすればよいのか、何を目指せばよいのか、見当もつかないことでしょう。 被害の改善に向かって進んでいるのか、回り道をしているのか判断できません。 そうならないためには、情報収集を行い、集団ストーカー問題についての理解を深めることが大切です。 問題を詳しく理解しても判断が難しい問題もありますが、現実をより正しく理解することで、より有効な対処がとれるようになるはずです。





情報収集には、ネット上の記事や動画、SNS、書籍などのほかに音声データもある

 タイトルの通りですが、逆に、あまり情報収集に向いていない媒体として、マスコミがあげられます。 いわゆる、テレビ、ラジオ、新聞などのメディアでは、「集団ストーカー」という言葉の使用が国家規模で規制されているとみられており、マスコミで「集団ストーカー」という言葉が使われたことは過去数回しか確認されていません。 それも本格的なテーマというよりは、単なる確認ミスで誤って載ってしまっただけのようです。 マスコミから直接的に情報収集するのは、ほぼ不可能に近い状態にあります。 テレビニュースや新聞に目を向けるより、ネットや書籍からの情報収集に力を入れるべきでしょう。

 ネット情報はご存知の通り、テレビなどのように重要なニュースを選んで伝えるという部分には、あまり力が入れられていません。 爆発的に増える情報が、整理されずに分散している状態です。 しかし、これは信頼できるサイトのリンク集などを頼りにすれば、どこの情報に価値があるのか、ある程度は判断できるでしょう。





ネット情報をすべて調べる時間はない … 音声データの有効活用「聴く情報収集」

 集団ストーカー問題対処のための情報収集は、本でもできますが、情報量や鮮度からネットが主なメディアということになるでしょう。 そこで問題となるのが、時間や労力などです。 どう考えても、すべての情報を調べつくすような時間はありません。 現在ネット上に存在する情報だけでも、その量は膨大ですが、さらに、我々が情報を得るスピードをはるかに超えるスピードで情報自体が爆発的に増え続けています。

 この慢性的な時間不足への対処法として、音声データの活用をおすすめします。 これは移動中などの空き時間を利用して、情報収集を行うというものです。 携帯型のポータブル音楽プレーヤーなどに音声ファイルを入れ聴くという方法で行います。

 アンチガスライティングの音声通知法のところでも扱っている方法です。 これは、加害者の健全化効果も期待できますが、それ以上に、時間を有効活用した学習法としての効果が期待できます。

 音声化されているサイトは耳で聴き、そうでないものを優先的にネットで調べるという使い方もできます。 また、ネット上で一度読んだサイトを再び読むというのは、あまり気の進まないことですが、移動中などに聴く分には同じ内容を2、3回聴いたとしても、それほど負担にはなりません。 より多くのネット情報を音声化することで、被害者の情報収集効率が上がるとともに、集団ストーカー問題の周知効率も高められることでしょう。

 ダウンロードページはこちら






目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system