集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
大衆洗脳、全員だますという情報戦略 自由と義務で人々の心理を誘導し、思考停止させる奴隷支配戦略

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正 政治・経済(表社会) >

大衆洗脳、全員だますという情報戦略

マスメディア情報や自由・義務などで大衆心理を誘導し思考停止させる大衆支配戦略

mass_mind_control, 2017/3/19, 評価:★★★★

 超富裕層、政財界のエリートネットワークが世界支配に利用している手法が大衆洗脳です。 まずはこれを理解しないことには世の中の真相は見えてきません。 大衆洗脳はこの世界を理解するうえで最も重要な理論となる基礎理論のひとつであると言っても過言ではないでしょう。

 私たち一般市民に与えられている情報は純粋な事実などではなく、政財界のエリートネットワークにとって都合がよい方向へ意図的に加工され、演出された物語にすぎません。 意図的に善人と悪人を用意することで悪人批判へと心理誘導し、分かりやすい結論を与えることで思考停止させるようという意図が隠されています。 これによって私たち一般市民の全員が本当の問題に気が付かないように誘導されているのです。 これが理解できるようになれば、陰謀論として嘘扱いされているような情報であっても、どれが真実でどれが嘘なのかなどの判断も、いずれは出来るようになってくることでしょう。 2017/3/19


< 目次 >

政治思想や政権争いが政治問題を改善するという大衆洗脳


< メモ >

●pri97 詐欺洗脳を打ち破る信用創
政府(官僚)、マスコミの情報操作/詐欺洗脳の誤解を解く方法の検討。造詐欺洗脳対策と信用創造、人の理解システムの分析、どうすれば信じてもらえるか、人はどうなると理解するのか

●Pri96 聖書などの奴隷支配戦略
聖書の原罪と自由の刑は人々にあきらめさせるための思考誘導 キリスト教をまやかし打ち破る被害改善責任論

http://satehate.exblog.jp/10017607
http://ameblo.jp/walker-memo/entry-12210208725.html

c https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%AD%E5%BC%81
n 媒概念不周延の虚偽

d http://satehate.exblog.jp/8594524
ジョン・ローリングス・リース[John Rawlings Reese]が創設したタヴィストック人間関係研究所は、人類の思考を堕落させ、次いでこれをコントロールするようなシステムを完成させようとしたものだった。

d http://satehate.exblog.jp/7651296/
精神のオートメーション化 - 世界権力構造の秘密 Eustace Mullins 5 タヴィストック工作に不可欠の武器--麻薬 →→ 通貨の崩壊 : さてはてメモ帳 Imagine & Think!

●Pri96 洗脳/マインドコントロール:心理的な支配や思考誘導【作成中】
Information_brainwash-Psychological_lead_to_a_victim
「超富裕層の社会寄生型の詐欺洗脳支配」の項目は新ページへ

●Pri95 旧メディア変更報道・情報洗脳批評




※1:エリートネットワーク

支配層・秘密エリートネットワーク・国際(世界)金融マフィアとは?
 世界財閥情報網・グローバリスト・シオニスト・メーソン・偽ユダヤ金融・世界王侯貴族情報網・NWO勢力





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system