集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
引越し

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


一般分析 分析 >

引越し

[moving]
(2015/12/24)

引っ越しても集団ストーカー被害はなくならない




目次


引越は集スト被害の解決法ではない

引越は集スト被害の軽減策にはなりうる




引越は集スト被害の解決法ではない


 創価学会の信者は日本に最低でも200万人、おそらく300万人はいると推測されています。 これは日本の人口の約2から3%にあたります。 そのため集団ストーカーの加害者が創価学会である場合、日本全国どこに引っ越しても被害を受ける可能性があります。 (2015/12/24)

 元創価学会員の告白によると、創価学会員は全国に200万人だと教えられているそうです。 こういった数字は往々にして大げさに水増しされるものですから、実数は半分か3分の1くらいである可能性もあります。 その場合、60万人から100万人程度という可能性もあるでしょう。 (2016/03/07)


 引越しは根本的な解決策とはならないでしょう。 創価学会はSGI、ソウカガッカイ・インターナショナルとして海外でも活動しており、フランス・イギリス・韓国などでカルト教団として非難されています。 韓国ではすでに100万人もの信者が存在し、人口比率からすると日本とほぼ同じ割合にまで拡大しています。 (2015/12/24, 2016/03/07)


 企業系集団ストーカーを行う企業や組織自体は監視能力などはあまり持っていませんので、探偵や創価学会、公安、場合によっては暴力団などが、監視作業を代行することになります。 そのため、企業や組織からの集スト被害が終わっても、被害者の監視情報は別の組織や近隣住民、警察、役所などに持ち込まれ、以降、集ストはそちらの組織に移管される傾向があります。

 被害者が引越しをしても集スト被害がなくならないのはこのためです。 被害者が引っ越すことができる場所、旅行などで移動できる場所は、探偵・創価・警察・暴力団なども同様に移動できますので、集スト被害も継続されてしまいます。

 犯罪者側からすると、旅行先などの遠隔地への集ストは、結果のわかりにくい地味で退屈な集スト犯罪のなかでは、変化に富み、観光などもできるため、むしろ喜ばれる傾向があるようです。 集ストの犯行が目的であっても、旅行は楽しいようです。 (2015/12/24)




引越は集スト被害の軽減策にはなりうる


 引越しで集スト被害が完全になくなるとは言えませんが、被害が改善する可能性もあるにはあります。 集スト被害者が、神奈川県などの創価学会員の密集地域に住んでいる場合は、周りの住民が創価学会員ばかりで、創価に包囲された、四面楚歌ならぬ四面創価状態になってしまっていることがあります。 この四面創価のような包囲状態であれば、そうでない状態となる場所へ引越しすることで被害の改善が期待できます。

 集スト被害も人間が行っていることですから、加害者が隣近所に住んでいるよりも、離れた場所に住んでいるほうが、物理的に人為的な被害が少なくなる傾向があります。 公安の強制尾行犯罪のような場合は、被害者の隣近所に移住して監視拠点を作ったりしますので、どのみち近所から被害を受ける可能性はありますが、それでも四面創価よりは、いくらかマシな状態になることでしょう。

 また、創価学会の集スト実行犯たちの言葉が動画サイトやブログなどで公開されていますが、その中に「自殺するか引っ越すまでやれ」という言葉があることが確認できます。 創価の集スト実行犯は、地域毎に異なり、実行犯は自分の住んでいる近くの地域を担当しますので、被害者が引っ越すと、加害者となる実行犯も別の地域の人間に代わるわけです。 被害が悪化してしまう危険もありますが、四面創価状態であれば、改善する可能性も十分期待できることでしょう。 (2016/03/07)






目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system