集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。 あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。 集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

引越し

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

一般分析 分析 >

引越し

引っ越しても集団ストーカー被害はなくならない

moving, 2015.12.24, 2018.6.10, 評価:★★★

< 目次 >

加害者は被害者を引越しさせたがっているのか?

引越は集スト被害の解決法ではない

引越は集スト被害の軽減策にはなりうる

時間の経過も被害悪化の要因のひとつ

地面がテク犯を防御
 テク犯の防御には地下室が有利

反集スト被害者タウン構想
 被害者同士が助け合う緩やかな共同体


< 参考 >

ファミリー・サポート
 集スト加害のために加害一家を引越しさせる 加害成功報酬あり 2018.1.27




加害者は被害者を引越しさせたがっているのか?


 これは一概には答えられない予想外の難問です。集団ストーカー・テクノロジー犯罪について、被害者は全体としてはひとつの犯罪として扱っていますが、その手法は加害者側の都合で色々な使われ方をしていますので、いくら手法が似ていても動機や目的には必ずしも共通点があるとは限りません。

< 参考 >
集スト・テク犯は加害行為や被害などの結果への総称 - 集団ストーカーとは
 加害者の動機や目的は様々

 そのため引越しについても必ずしも同じ目的があるとは限りません。創価学会信者が被害者に向かって「引っ越せ!」、「出て行け」などと叫んでいる動画を見かけますが、被害者の引越しで得する加害者と損する加害者の両方がいる可能性があります。

 被害者に引越しさせると、加害者の加害ポイントのようなものが増え、加害者の実績となり評価が上がったり、100ポイントあたり1万円などの報酬が出ているのではないかとみられています。これが加害者が得をするパターンです。

 逆に損をするパターンとしては、加害要員として被害者の近所に引越しさせられてきたカルト信者などが、用がなくなりまた別の場所に引越しさせられるようなことがあるようです。

 秘密警察や軍情報部がアジトを作って犯行に及んでいる場合にも、彼らの全部ではないでしょうが一部はまた別の場所にアジトを作らされるはめになるので、面倒なことには違いないでしょう。

 被害者を監視し弾圧する秘密警察や軍諜報部の加害担当者は、都道府県別や駐屯地別に分かれて各地域に所属していますが、被害者がその境界を越えて他県に引越してしまうと、被害者一人当たり月1億円とも言われる莫大な防犯利権を逃してしまうことになります。これが加害者が損をするパターンです。

 被害者が引越しする場合、統計的に同じ都道府県内に移動することが多いことが分かっているなどの理由があるとすれば、何度も引越しさせたほうがアジトを何度も作ることで裏金が作れますので、平均すると何度も引越させたほうが得するという可能性も考えられます。

 創価学会だと集スト行為自体に対して報酬を出している、あるいはどこか別の団体から依頼されて代行しているとみられていますので、引越しだけでなく精神病院に入院させることでも加害担当者は何らかの報酬を得られるようです。創価学会は巨大グループで、傘下に引越し会社や精神病院も持っているでしょうから、どちらでもトータルでは利益が出るようになっていのかもしれません。

 創価のような金権主義団体が何も利益の出ない加害行為にお金を使っているとは考えられません。加害担当者に報酬を支払ってもどこか別のところから利益を回収できる仕組みが出来上がっていると考えるべきでしょう。
 加害者は「自殺しろ」などと言って被害者をおどすことがよくありますが、被害者が実際に自殺しようとすると自殺を妨害してくるそうです。被害者に死なれるのは困るということでしょう。

 被害者が引越しを妨害された例とそうでない例を比べると、妨害されない例のほうが多い印象があります。引越しても被害がなくならないと言っている被害者は、引越し自体を妨害されたとはあまり言っていないので、引越し自体はあまり妨害されなかったのではないかと思われます。

 加害者側はどちらかというと被害者に引越しをさせたいと考えている可能性のほうが高いのかもしれません。もちろん普通に妨害される例も見受けられます。 2018.5.11


< 参考 >

引越しへの妨害 - 集団ストーカー 電磁波犯罪 2012.11.15
 引越し予定先に悪評を流すなど継続的に何度も引越し妨害が行われた例 2018.5.11

集団ストーカー被害者が引っ越した場合、引越し前の地域はどうなるのか? 2017.12.10
 引越しで加害者が用済みとなる 引越し前の場所に行くと以前いた集スト要員が消えていた 2018.5.11




引越は集スト被害の解決法ではない


 この犯罪の被害者が引越しする場合、次のようなメリットとデメリットがあります。基本的には被害がなくなるようなことはありませんが、被害が軽くなる可能性はあるので、自分の住む地域での被害が他の地域の被害者よりもひどいのではないかと感じる人は試してみるとよいでしょう。

メリット

・気分転換になる(辛かった被害を思い出す景色などを見なくて済む)

・人口密度が少ない場所へ引越せばおおむね被害が軽減する傾向がある(都会のほうが悪質な加害者が多い傾向がある)(*1)

・住居の構造や周辺の住民や地形などによって被害の軽減が期待できるものがある

・加害者側へ負担をかけられる(新たなアジトや人員の準備、リーダー的な加害者の引越しなど)

デメリット

・金銭的負担が大きい(経済的ダメージは加害勢力の目的のひとつ)

・時間的な負担が大きい(引越し先の調査や確認、元の住居の引き払い、役所への手続きなど)

・引越し直前に被害が多少エスカレートする(元の住居周辺で最後の実験的加害行為などが増える)

・引越し先により悪質な加害者が多くいた場合、被害が悪化する(人口密度と加害者の悪質性には完全な比例関係などある訳ではないので引越してみないと分からない)

・加害者が替わると被害者が把握した加害者の特徴などの情報が役に立たなくなる(被害者側からすると自分たちを特定されないために引越しへ追い込むという意味もある)

< 参考 >
(*1) 地域による被害度合いの違い - 統計調査
 人が少ないほど被害が軽くなる傾向が

 人口密度を考えると、過疎地域にこの犯罪の被害者カップルが移り住んでその地域に貢献するような形がひとつのモデルケースとなるでしょう。過疎地域であれば何もしなくても人口が減っていき、同時に加害者も減っていく可能性がありますので、過疎地域の人には申し訳ありませんが、被害者とはしては一石二鳥の状態となる可能性もあります。

 過疎地域であろうとなかろうと、引越し先の大家さんや地域の人たちにはなるべく早くポスティングなど行い自分が被害者であることを伝え、被害の悪化や拡大を防ぐ活動を進めておくべきでしょう。出来るのであれば、引越し前の下見の段階でポスティングをしておくのが効果的でしょう。


 被害がなくならない原因は、加害者が全国にいるからだと考えられます。被害者がマスコミや警察・政府などに被害を訴えても無視されたり、精神病者扱いされる現実を考えれば、カルト宗教や探偵・興信所などの民間団体だけでなく、政府やマスコミなど全国規模の組織が加害行為に協力していると考え手間違いないでしょう。

 とある被害者が精神病者扱いされる件について精神科医に問い詰めたところ、行政に指示されていたことを白状したそうです。このサイトの管理人が警察へ捜査を迫ったときも、末端の警察官が、「責任は警察組織が取る」と言って捜査を断ってきました。これらのことは医師や警察官が個人で判断しているのではなく上層部から指示されて行っていることの状況証拠と言えるでしょう。

 この犯罪の下位が勢力の最右翼となっている創価学会は信者が200万人はいるだろうと見られています。実際に全国各地に住んでいる訳ですから、創価から完全に逃れるのは難しいでしょう。創価は海外でも活動していますので国内外で彼らから被害を受けること自体は現状では致し方ないところです。

 創価学会であることをほのめかす加害行為を行っていますが、実際には創価学会員の振りをすることがマニュアル化されているようです。実際に学会員であるかどうかは慎重に判断すべきでしょう。

 他に町内会で被害を受けていると訴える人も多くいますが、自治体も加害行為を行っている組織としては有名です。町内会というのは明治期に出来た組織で、元は5人組みなど天皇統治の補助組織であったことから、今でも天皇派閥とのかかわりが強くなっています。たとえば赤い羽根募金を強要した問題などが起きていますが、これは日本赤十字社(日赤)が主催している活動で、募金したお金は赤十字の所有となります。日赤の名誉総裁は皇后で、天皇派閥が戦前の統治機構を今でも利用しているのではないかとみられています。

 この犯罪の被害でも町内から被害を受け、日赤への募金を通常の3倍も請求されたという被害が出ています。募金はそもそも任意であって強制してはいけないものです。

 ここから先は世間から隠された真相論の世界の話なので、信じられない人は信じなくてもよいのですが、一説によると皇后は、天皇家の莫大な財産をスイス銀行に預けたときの名義人となっていて、今でもかなり強い権力を持っているとみられています。日本の政治家の与党政治家などの大半が所属している右翼団体の日本会議や神道政治連盟(神政連)ですが、この神政連は平成天皇の姉が役職を勤めているそうです。天皇派閥の権力の一端がうかがわれます。


 企業系集団ストーカーを行う企業や組織自体は監視能力などはあまり持っていませんので、探偵や創価学会、公安、場合によっては暴力団などが、監視作業を代行することになります。 そのため、企業や組織からの集スト被害が終わっても、被害者の監視情報は別の組織や近隣住民、警察、役所などに持ち込まれ、以降、集ストはそちらの組織に移管される傾向があります。

 被害者が引越しをしても集スト被害がなくならないのはこのためです。 被害者が引っ越すことができる場所、旅行などで移動できる場所は、探偵・創価・警察・暴力団なども同様に移動できますので、集スト被害も継続されてしまいます。 2015.12.24, 2016.3.7




引越は集スト被害の軽減策にはなりうる


 引越しで集スト被害が完全になくなるとは言えませんが、被害が改善する可能性もあるにはあります。 集スト被害者が、神奈川県などの創価学会員の密集地域に住んでいる場合は、周りの住民が創価学会員ばかりで、創価に包囲された、四面楚歌ならぬ四面創価状態になってしまっていることがあります。 この四面創価のような包囲状態であれば、そうでない状態となる場所へ引越しすることで被害の改善が期待できます。

 集スト被害も人間が行っていることですから、加害者が隣近所に住んでいるよりも、離れた場所に住んでいるほうが、物理的に人為的な被害が少なくなる傾向があります。 公安の強制尾行犯罪のような場合は、被害者の隣近所に移住して監視拠点を作ったりしますので、どのみち近所から被害を受ける可能性はありますが、それでも四面創価よりは、いくらかマシな状態になることでしょう。

 また、創価学会の集スト実行犯たちの言葉が動画サイトやブログなどで公開されていますが、その中に「自殺するか引っ越すまでやれ」という言葉があることが確認できます。 創価の集スト実行犯は、地域毎に異なり、実行犯は自分の住んでいる近くの地域を担当しますので、被害者が引っ越すと、加害者となる実行犯も別の地域の人間に代わるわけです。 被害が悪化してしまう危険もありますが、四面創価状態であれば、改善する可能性も十分期待できることでしょう。 (2016/03/07)




時間の経過も被害悪化の要因のひとつ


 被害者の多くは引越をしても被害は変わらないと感じています。むしろ被害が悪化したと言う人も少なくありません。ここだけみると引越のせいで被害が悪化したようにもみえます。

 しかし、被害全体は数ヶ月や数年単位での時間の経過とともに悪化していく傾向があります。そのため本当に引越が原因で被害が悪化したかどうかは分からない部分があります。ある程度まで被害が悪化した後は、逆に時間の経過とともに被害が沈静化していき、それほど気にならないレベルになったという人もいます。

 時間の経過と被害の変化についてはもっと調査しないことにはよく分かりませんが、全体としてはある程度まで被害が悪化する傾向があるといった程度の弱い関連性しかないだろうと思われます。被害の悪化には他の要因のほうが強く影響しているのでしょう。 2018.6.10




地面がテク犯を防御


テク犯の防御には地下室が有利

 自宅へのテク犯攻撃では、電波や音波が使われることが多くなっています。 電波(電磁波や放射能)は物質を透過しますが、透過すると減衰していきます。 地面にも減衰効果がありますので、地下室であれば電波系攻撃への防御効果が期待できます。 地面は思いのほか防御効果が高く、被害者が土手の斜面に移動することでテク犯被害が軽減された例もあります。

< 参考 >
放射能系の被害と対策


 地下室は逆に毒ガス攻撃には弱くなってしまいます。 毒ガスは空気より比重が重く下に移動して溜まる性質があるからです。 地下室を使う場合は換気に注意したほうがよいでしょう。 また毒攻撃には換気口や通気口、エアコンの室外機などが狙われやすくなっています。

< 参考 >
毒物系の被害と対策 2017.12.30




反集スト被害者タウン構想


被害者同士が助け合う緩やかな共同体

 横浜に中華街というのがあって人気の観光スポットになっていますが、中華街を英語でチャイナタウンと言います。このチャイナタウンは世界中にあって中国人が集まる生活の拠点となっています。アメリカのサウンフランシスコのチャイナタウンが有名で今では中国人が市長を務めるほど中国系の移民が増えています。

 集スト・テク犯被害者が海外に移住する必要はないでしょうが、国内に被害者タウンが出来ればずいぶんと住みやすい環境が作れるのではないでしょうか。被害者や協力者が増えてきたら議会に進出し、いずれは町の条例のような形で犯罪を規制することも出来るかもしれません。そこまでいけば次は国政に進出し政見放送など全国規模で被害を訴えることも出来るようになるでしょう。

 被害者の団結は被害者団体をみれば分かるように、加害者側の工作がひどく、被害者団体の主要メンバーのほとんどは加害者側の人間が担当しているような団体が多いようです。そのため被害者農場などとして、新興宗教団体のように特定の地域に柵を作ってメンバーを守るような形にすると、すぐに工作員であふれてしまうようなことにもなりかねません。

 そのため完全に外部と連絡を絶つようなやり方ではなく、特定の地域に被害者が緩やかに集まるチャイナタウン型の集結方法のほうが向いているでしょう。公安のような工作員は何をどうやっても入り込んできますので、工作員がいてもあまり問題にならないような公の活動を進めていくほうが問題解決に近付きやすいかもしれません。 2018.3.6






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system