集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
日本テレビ

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 分析 分類:その他 > マスコミ集スト・メディアガスライティング テレビ局・芸能関連会社の取り組み >

日本テレビ

nihon_tv, 2016/1/3

企業として実力があり、集ストに利用されることを快く思っていないとみられる

 あまり一般では意識されていませんが、日本のテレビ局が番組表などに名前がのるときは、設立順となっています。 番組表の左から歴史の古い局という配置になっています。 民放でもっとも古い局、歴史のある局が日本テレビで、民放のなかではもっとも大きな資本を持っています。

 メディア・ガスライティングも、その犯罪性が問題にならなかったころ、つまりは、犯罪性が知られていなかったころは、NHKや民放各局で、堂々と行われていたようで、局ごとの違いはあまりなかったようです。

 しかし、現在ではインターネットの普及と、掲示板などでの被害報告の伝播により、テレビ各局はその犯罪性を認知するようになりました。 資本の豊かな、自社利益の大きい組織である日本テレビは、電通・創価学会・在日勢力の圧力に対する力もある程度持っており、違法行為に関しては断れるようになりつつあるようです。

 現在ではそれほどではありませんが、日本テレビは古くからスポーツ分野に力を入れている局として有名です。 特に野球中継に力をいれています。 昨今もプロ野球選手の賭博事件がありましたが、これは賭博ですから野球選手が自ら運営しようとするようなものではないでしょう。

 おそらく暴力団関連の人物から誘われるかたちで行っていたのでしょう。 賭博事件が世間の明るみに出るということは、おそらく暴力団側からのリーク、情報の密告が行われたのでしょう。 プロ野球選手、特に日本テレビが優遇している読売巨人軍の所属選手の違法行為ですから、巨人軍はもちろんのこと、プロ野球全体がイメージダウンした結果となりました。

 プロ野球のイメージダウン工作のひとつとして、日本テレビに対して、何もかが圧力をかけた可能性が懸念されます。 暴力団の組織構成は全体の30%が在日韓国人となっていますので、在日・創価・電通などの勢力から、何らかの報復を受けているとみることもできます。 報復を受けているということは、何かしらの対立やトラブルが発生していることが予想されます。

 それが反集スト活動のようなものであることが期待されます。 (2016/01/03)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system