集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
犯罪全体のなかでの集団ストーカー問題対処の優先順位

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 対策の理念 >

犯罪全体のなかでの集団ストーカー問題対処の優先順位

order_of_priority_of_group_stoker_problem_handle_at_the_inside_of_the_whole_crime, 2017/1/2, 2017/1/11

 世の中にはいろいろな不正や犯罪があり、それぞれ多くの被害者がいます。 それではこのなかで集団ストーカーという公安や自衛隊、創価学会などの犯罪は、どの程度の位置に属するのでしょうか。

 集団ストーカー犯罪は、犯罪としては世の中のとても深い闇に隠されていて、対処が難しい問題のひとつとです。 しかしながら、生かさず殺さず裏金作りが信条の公安・自衛隊・創価学会などの防犯詐欺犯罪ですから、これまでの死者の数や今後の死亡者発生率となると、それほど高くはなく、緊急性に欠ける問題となっています。

 本質的には秘密警察・インテリジェンス系の犯罪ですから、警察ですら解決できない犯罪手法を磨き上げてきたのでしょう。 しかも、先進各国で共通する犯罪手法が確認されていますので、世界的に共通する、超富裕層による犯罪のひとつであることが予想されます。 おそらく公安を解体してもすぐには解決できないような問題だろうと思います。

 集団ストーカーは秘密警察や自衛隊諜報部などを使って、警察国家や市民監視体制を築くための実験のひとつとなっていることみられています。 そのため公安や自衛隊のつまらない犯罪というよりも、もっと大きな次元での支配計画、私たち一般人に対する奴隷化・家畜化計画が存在するはずだという見方です。

 このような状況を考えると、超富裕層など裏社会の犯罪防止や健全化を行わないことには、集団ストーカーの真の解決は望めないことが予想されます。 今現在、被害を受けている被害者の被害改善と並行して、超富裕層の健全化にも、今後はさらに力を入れていかなければならないでしょう。 2017/1/2, 2017/1/11





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system