集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
被害対策の優先順位概要 対策をどう進めるべきか

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 個別の被害と対策 > 対策の優先順位とコスト >

被害対策の優先順位概要

order_of_priority_outline_of_a_damage_measure, 2015.9.27, 2016.8.10


対策をどう進めるべきか


< 目次 >

はじめに

集スト対策の優先順位概要

その他の注意





はじめに


 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の個別的な被害への対策は、みなさんの受けている被害の度合いや関心の強さによって、それぞれ取られているのではないかと思います。

 しかし、被害全体の改善を戦略的に考えた場合、特に重要な対策やそれを行う順番などで被害改善の効率が変わってきます。 ここでは個々の被害対策を効率やコストなどの面から検討していきます。 2015.9.27, 2016.8.10


< 注意 >

 2015年9月にこのページの記事を書いた後、さらに問題や対処法の調査が進み、今となってはこの記事の内容は少し古いものとなってしまいました。 このページの内容はいずれ更新しますが、それまでは少し古い参考資料程度として理解しておいてください。






集スト対策の優先順位概要


 実際の優先順位として有力なのは、おそらく次のような順になるでしょう。


(1)話し合い

 いきなり自分の被害や犯人への非難から始めるのではなく、一般的な集スト犯罪の説明から始めましょう。

 家族・親族・友人・知人など被害者が普段会話するような間柄の人はほぼすべて犯罪者が工作を行っていますので、何もしていない状態では、知り合いのすべてが加害者側に近い人間であると考えたほうがよいでしょう。 すべての人がすでに加害行為に加担している可能性が高いというのが、一般的な最初の状態となります。

 加害者は自分の犯行をある程度まで理解していますので、逃げられたり、次回の話し合いを拒否されたりしないように、加害者の名誉を守りつつ話を進めてください。

 人と人が分かり合うのはなかなか難しいことですから、話し合いが継続できる状態を維持することはともて重要です。 話し合いの目的は加害者の犯行をやめさせることが、理想としては理解者として仲間に入れ、集スト問題の改善に協力してもらえるようになってもらうことです。

< 参考 > 和平交渉 話し合いによる事態の改善


(2)ネットへの被害・加害者情報の公開

 公開内容は話し合いと同じ方針になります。


(3)逆ほのめかし(アンチガスライティング

 こちらも公開内容は話し合いと同じ方針になりますが、裁判など多少威圧的な内容にするのも効果的です。


(4)直接的な反撃

 目の前で暴言をはかれたら、大きな声で注意するなど、常識的に可能な範囲で行います。


(5)テク犯などへの技術的な対処

 耳栓から電波妨害機など色々あります。


(6)個々の被害の黙殺

 加害行為の沈静化が目的です。


(7)何もしない・我慢する

 何もせずに被害を改善するのは不可能に近いです。 精神病で入院しても病院内で被害が続きます。 険しい道のりにはなりますが、被害を改善したいのであれば、被害改善につながる行動を始めなければなりません。 何もしないと被害が悪化する可能性があります。






その他の注意


 黙殺はやり方や駆け引きが難しい部分があります。 そのため、最初の対策としては、加害者と加害行為、目的などを理解していることを、被害がはじまった後のなるべく早い時期に加害者側へ伝えることが有効な対策となるでしょう。

 被害者が会社などの組織で、犯行を理解していることをすぐにほのめかしてしまうと、会社を追い出されたりする危険がありますので、少しずつほのめかし、自分の立場が悪くならないよう注意したほうがよいでしょう。

 ただし、基本的には集ストをするような会社は、残業代未払いなど社員から利益をむしりとるブラック企業のようなものです。 集ストは集団で組織的に行っていますので、その組織は集ストを理解して悪用していると考えてよいでしょう。

 そのような組織はどのみちあまりよい組織ではありません。 早く関係を断ってしまったほうがよいでしょう。

 残念ですが、集ストが始まってしまっている時点で、被害者の信頼は失墜していますので、その組織で名誉を取り戻すことや、それ以上の活躍をすることは難しいでしょう。

 早めに逆ほのめかしで犯行を理解していることを伝えるのがよいというのには理由があります。 それは個々の被害は黙殺するとしても、全体としては、加害者は犯罪がばれていないと思っている間は、加害行為をエスカレートさせてくる可能性が高いからです。 逆ほのめかしには被害悪化を防止するという意味があるのです。

 新しい組織へ移る場合は、最初の面接などで集スト被害について説明しておくべきでしょう。 なぜなら前の組織に集ストをさせた真犯人である加害組者は、探偵や警備会社・警察などを使って、次に移動した組織にも同じように集ストを行うようにする工作を開始するからです。

 集スト被害をあらかじめ説明しておくことは、前の組織を離れた正当な理由にもなりますし、新たな集スト被害を防止する効果も期待できます。

 何も説明せずに新しい組織に移動してしまうと、また同じ集スト被害が続いてしまいます。 集ストは世界中で多くの人が苦しんでいる社会的犯罪ですから、恐れずに勇気を出して説明しましょう。

 実際に説明する場合は、ネットチラシやスマートフォン、ノートパソコンなどでネット情報を使えば客観的な説明がしやすく、説得力も高まるでしょう。 2016.8.9, 2016.8.10





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


・Twitter hkskns20150904 ・メール ・ダウンロード サイト全体 説明
集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system