集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
概要 … 在日利権ネット犯罪を防止する

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 在日利権ネット >

概要

[outline_Korean_power]
(2016/03/21)

在日利権ネット犯罪を防止する




 集団ストーカーや警察の強制尾行犯罪に共通する犯罪手法に、権威や噂を利用した情報操作・思想誘導、あるいは個人監視情報をもとにした嫌がらせ行為、さらには遠隔テクノロジー技術を悪用した電磁波攻撃などがあげられます。

 これらの犯罪手法は集スト・強制尾行に特有の犯罪手法であると、被害者は主張しています。 しかし、この手法は日本社会全般で広く悪用されている可能性があります。 世間の話題となる問題、不正や犯罪、事故などの影に、似たような犯罪手法の存在が見え隠れしています。 (2016/03/11)

 それらの被害者は集スト・強制尾行の被害者ではないようです。 どうして似たような被害にあっているのでしょうか。 その理由には、特定人物への嫌がらせというよりも、排除や裏工作の方法として、集スト・強制尾行の犯罪手法が広く共有されていることが予想されます。

 この犯罪手法を共有する主体として考えられるのが、より大きな組織やグループ、さらにそれらの結合した大きなネットワークです。 (2016/03/11, 2016/03/21)

 集スト・強制尾行の実行犯として実際に何度も目撃されている実行犯のなかには、朝鮮系カルト宗教団体の創価学会員が多く含まれていることが知られています。 また、マスコミが偏向報道することや、存在しない韓流れブームを捏造したり、公正さに欠ける、一方的な政治批判を繰り返していることも知られています。

 日本のマスコミは、明らかにかたよった内容を報道したり、放送しているわけですが、どの方向にかたよっているのかというと、在日朝鮮人や韓国・北朝鮮に関連する内容についてのかたよりが特に大きくなっています。 このかたよりがもたらすであろう結果を考えると、在日朝鮮人や韓国・北朝鮮の利益を維持・拡大することを目的としてることは明らかです。 (2016/03/11)

 日本社会では一般的にテレビ放送の内容は公正なもの、客観的に正しいものと考えられています。 その正しいはずのテレビ放送で、なぜ偏向報道が可能なのでしょうか。 その理由は、在日勢力が、すでに日本のマスコミに対して支配的な影響力を持っているからです。 (2016/03/11, 2016/03/21)

 すでにマスコミだけでなく、上は国会、警察や公共事業などの行政から、多くの一般企業、下は暴力団にいたるまで、在日勢力は、日本社会全体に根を張り大きな利権ネットワークを形成しています。 (2016/03/11)

 彼ら在日勢力の利権の維持・拡大活動や、その活動から起こる不正・犯罪など、日本社会がこうむる被害は甚大です。 このサイトでは、在日秘密結社のようなこのネットワークを在日利権ネットワークと定義し、日本社会に対して警告を発していきます。 我々、日本に住む、日本社会全体の幸福と発展を願う日本国民は、日本を取り戻し、日本を正常化するため、一丸となって在日被害を改善していかなければなりません。 (2016/03/11, 2016/03/21)





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system