集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
一枚岩の組織などない … 人の意見は違うもの、意見の違いを乗り越える

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


個別分析 被害者の団結 >

一枚岩の組織などない【作成中】

overcome_the_differences_of_opinion, 2016.3.13

人の意見は違うもの、意見の違いを乗り越える


(注意:このページの内容はまとめ中につき整合性がとれていません。 2016/03/13)


 ・意見の違いを乗り越えて問題の解決を目指す

 被害者の団結というとおおげさですが、今行われているデモ活動の開催日の通知ひとつとってみても、被害者サイトやブログ、ツィッターなどのSNSでバラバラに行われていますので、これが一箇所で、ひとつの文章で被害者全員に伝わるようになるだけでも、大きな前進だと言えるのではないでしょう。 被害者団結も、まずはひとつのサイトが被害者全員の情報共有の場となるといったところから始めるのがよいのではないでしょうか。

 集団ストーカー、テクノロジー犯罪を解決するのは被害者団体なのでしょうか。 それはそうでしょう。 将来的には、被害者団体の訴えに対して、政府が問題に対処するという流れになることでしょう。

 それでは、今の被害者団体の活動は、はたして十分な活動であると言えるのでしょうか。 問題を解決できていない以上、誰もが十分であるとは認めることはないでしょう。 被害者の活動する力が分散するのをさけ、ひとつの大きな流れとなり、問題解決を早められるよう、被害者の団結を提唱しています。

 日本国内の被害者が団結し、さらに世界各国でも国内被害者の団結を進め、いずれは国連のような世界的な被害者連合のような世界的な被害者の団結を目指しています。

 問題解決にあたって、私も以前は科学的証明・立証、科学技術的な解決を目指していました。 しかし、技術的被害と人為的な被害は、犯罪の表裏一体をなすもので、切り離しては考えられないだろうと考えるようになりました。 そして、集団ストーカーや強制尾行犯罪全体の改善を目指すようになりました。

 被害団体のデモ活動なども、問題周知や解決に有効な手段とは思います。 しかしながら、それが最善の策で、ほかには何もできないのかといえば、決してそうではないと思います。 様々な人の力を結集するのは、もともと大変な困難のともなうことです。 集スト・テク犯被害者でなくても、意見の食い違いは日常茶飯事のことです。

 被害者の誰もが最終的に問題解決を目指しています。 この大目標達成のため、いう 様々な人々が意見の違いを乗り越え、ひとつの大目標のために協力し合うことはできるはずです。

(2016/03/13)





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system