集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
監視犯罪 被害改善活動 進捗と展望 2016年3月1日

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 個別分析 進捗と展望 >

監視犯罪 被害改善活動 進捗と展望 2016年3月1日

[progress160301]
(2016/03/01)

 トップページの最下部へ「編集中」エリアを作り、書きかけの記事を置いておくことにしました。 書きかけのまま放置できることをよいことに、追加しては放置を続け、処理しきれない記事が増えつつある今日この頃、さらにパンくずリストの試験導入により、作業が増え、執筆活動がはかどらない感のある、現在までの進捗と展望です。 「編集中」と言えば、このサイトの文章のほとんどの文章が、加筆修正をする可能性がありますので、ほとんどが編集中状態の文章であるとも言えます。 今後は「(仮)」などとして、編集中エリアから本来のリンク位置へ移動してしまうのもよいかと思います。




目次


現在までの進捗

・恐怖支配

・AKB終了宣言

・モビング、企業ストーカー

・疲労改善策と被害悪化

・出入り口の防犯

・和平交渉


今後の展望

・集スト、強制尾行犯罪の利権構造図作成

・被害者連合設立の提唱

・集スト国際連合設立の提唱

・日本集スト連合設立の提唱 … 国内の被害者をまとめる

・ネット資産の音声化計画

・ミラーサイト設置先の選定

・比較的どうでもよい追伸1 … サイト移転

・比較的どうでもよい追伸2 … アンチガスライティングの動画サイト利用による執筆速度低下のお知らせ




現在までの進捗


 次のような記事を公開しています。


恐怖支配

 恐怖支配にかかわってしまった場合、主権を守るには恐怖支配とは戦うしかありません。



AKB終了宣言

 電通関連企業の組織的な不正が横行しているようなので、未成年者や若い女性を任せられる組織ではありません。 AKBは今後、衰退していくこと見込まれます。 ネットで調べれば分かる通り、日本社会はAKBに対して、すでによいイメージを持っていません。 一般庶民からするとスター性を感じさせない彼女たちが、スターのように振舞う姿に対して、日本社会は強い違和感を感じており、芸能人としてあまり相手にしていないようです。 現在のAKB関連アイドルにはイメージアップ効果は期待できないでしょうから、CMにもテレビ出演にも向いていないでしょう。



モビング、企業ストーカー

 被害自体が急速に悪化しやすため、労働者の人権保護や企業のコンプライアンス意識向上のため、継続的な検証課題として、各企業のモビング状況を検証することにしました。 各企業には被害改善や人権意識の向上が期待されます。 次回は、集スト関連裁判が和解となったオリンパスについて検証しようと思います。 相撲に勝って勝負に負けた状態のようですが、過去のことはともかく、現在、被害改善に向かいつつある点は評価できるのではないでしょうか。



疲労改善策被害悪化

 疲労改善策を公開しました。 これを公開すると、私が強制尾行犯罪者から受けている嫌がらせを、犯罪者が効果がない、あまり効いていないと判断するため、私個人への被害が悪化することは予想していました。 そして、公開後、予想通り、被害が悪化しました。

 被害は悪化し、ひどい健康被害を受けることなってしまいましたが、恐怖支配と戦うように勧めている私が、被害を恐れて、推定5万人にも及ぶ集スト、強制尾行被害者に対して、救いの手を差しのべない訳にはいきません。 疲労改善方法を隠して、私がひとりで改善しているだけであれば、しばらくこの方法で被害を軽減できたであろうことは惜しまれます。 しかし、反集ストをかかげて、集団ストーカーや強制尾行犯罪を改善させようとしている以上は、改善につながる努力を怠るべきではないでしょう。 被害者を見捨てるようなこはすべきではありません。



出入り口の防犯

 これも効果的な被害対処法ですが、こちら疲労改善策と同じように、多くの被害者の被害を改善することと引き換えに、我が家の被害を悪化させてしまいました。 それでも価値のある情報を公開したのだと、私は信じています。 この記事も、不法侵入被害を改善へと近づける有効な情報として、今後、ネット社会に存在し続けることでしょう。


和平交渉

 どんな社会や組織でも、紛争、争いごとの解決に一番効果的なことは、話し合いによる解決、それを可能にする相談や和平交渉のようなことでしょう。 集ストや強制尾行犯罪は、話し合いでは利益の確保や拡大を望めない犯罪者の行う犯罪行為にすぎません。 集スト犯・強制尾行犯も表に出て話し合えば、自分たちの犯罪行為を肯定することはできないでしょう。 警察あたりは捜査目的、大きな意味での治安維持を持ち出して犯行を正当化しようとすることでしょうが、彼らの行う嫌がらせ犯罪と捜査・治安維持は異なる行為です。 捜査や治安維持というお題目では、嫌がらせ犯罪を肯定することはできません。

 仮に捜査・治安維持という名目を主張してくるとしても、話し合いを重ねるなかで、加害者と被害者の間にある問題は、徐々に明らかにされ、不都合な部分は改善されていくはずですので、やはり話し合い・和平交渉が重要となります。




今後の展望


 いろいろと考えてはいますが、すべてを書けるような時間はありません。 ネット情報が利用できるため、調査に多くの時間がとられてしまうこともいなめません。 調査と編集のバランスを考え、ほどよいところで情報を公開していきたいところです。 現在、テーマとしては、おおむね次のようなことに関心がありますので、次にあげるなかから、そのときの私の関心度合いや重要性を考慮して、改善策を検討していきたいと思います。



集スト、強制尾行犯罪の利権構造図作成

 集スト、強制尾行犯罪にかかわる利権、在日利権ネットワークやグローバル製薬ビジネス、日本および世界各国の政府や警察や軍事、カルト教会、マスコミ、企業、教育機関、暴力団などの関係を俯瞰できるような図を作成します。 これにより集ストや強制尾行犯罪、その他の在日利権や海外利権などを分かりやすく世界に伝えたいと思います。



被害者連合設立の提唱

 世の中には、集スト、強制尾行犯罪の被害だけでなく、いろいろな被害があります。 様々な被害に対処する人々と組織する被害者団体をひとつにまとめる大連合を作ることで、必要に応じて、例えば人手が必要なデモ活動に協力するなどの連携体制がとれるようになるはずです。 どんな被害も被害者が少ないと社会から無視され、相手にされにくい傾向がありますので、数をそろえることで、社会から黙殺されにくい状況を作り出せるはずです。 10万人を超える被害者デモを、今年は原発問題、来年は集スト・強制尾行問題などとして行えるようになれば、いろいろな被害の改善もより円滑に進むことでしょう。

 もしかするとこれに近いものがすでにあるかもしれませんが、その場合は、集スト、強制尾行被害者組織も連合に加えてもらいましょう。



集スト国際連合設立の提唱

 上の被害者連合は日本国内の様々な被害に対処する組織案です。 それに対してこちらは全世界の集スト、強制尾行犯罪に対処する国連のような、世界的組織案です。 現在の集スト、強制尾行被害者は、組織や個人が直接または、政治家などを通して、国連や国連大使へ要望や陳情を行うようなかたちとなっているようです。 この国連への働きかけを行う活動は、すでに何年も前から行われています。 それにもかかわらず、なかなか改善のきざしが現れてこないようにみえますので、集スト国連のような組織を、被害者が自ら作ることを呼びかけていきます。

 世界的にみると、日本の被害者団体の活動は地味な印象があります。 海外ではすでに1000人規模の被害者団体が会議を行うまでに活動が活発化していますが、日本では、デモ活動や政治家・警察などへの要望・陳情などを行う程度しか活動が行われていません。 当面は、日本国内の被害者や団体をまとめて、海外から会議の出席への依頼を受け付ける窓口ができるくらいのところまでは実現したいところです。

 こちらもすでに似た組織がある場合は、日本も加盟しましょう。 存在しない場合は、世界各国の代表が発起人となるようなかたちがリベラルで民主的なイメージがありますので、よいかもしれません。 個人が発起人となるより、より多くの国と人々が参加して設立するほうが、活動も活発化しやすいでしょう。 費用や作業・労働を強制しないボランティア団体のようなかたちであれば、設立もそれほど難しくないのではないでしょうか。

 集スト国連が設立された場合に、個人的に期待する活動は、各国の集スト、強制尾行関連の事件や被害を、このサイトの歴史のように集約する、歴史編纂活動です。 ほかにもその前提となる、用語や概念の統一も必要となるでしょう。 有効な海外情報を共有するための翻訳活動も進めるべきでしょう。 さらに期待するのは有効な情報の音声化です。



日本集スト連合設立の提唱 … 国内の被害者をまとめる

 上の集スト国連の設立と同時か、それ以前に国内の被害者もひとつにまとまるべきだとは考えています。 被害者団体はいくつも存在しますが、それらの連携が弱いのが現状です。 これをうまく結び付けたいわけですが、各団体ともに工作員侵入を警戒しすぎてしまっているせいか、大連合として一致団結するところまではいっていません。 実際はこれが一番難しいのかも知れませんが、世界の被害者団体が集スト国連を作ったのに日本だけが参加していないというわけにはいかないでしょう。 なんとかしたいところです。



ネット資産の音声化計画

 気になるサイトの内用は、私が自分で聴くものは自分で音声化していますが、音声化して聴いて理解する、情報を得るという方法は、かなり有効な情報取得方法と言えますので、集ストの周知や改善のためにも役立てたいと思っています。 現状の音声化では、文字情報のすべてを機械的に変換することはできません。 機械的に自動変換すると、漢字を読み間違ってしまうからです。 この漢字語読問題は、誰かが平仮名などに変換してしまえばよいだけですので、人的リソースさえあれば、いつかは正確な音声化が可能となります。 しかし、音声化するサイトの選定や仮名変換には、かなりの時間と労力がかかります。 そこで、その作業を集スト連合のような組織で分担して行えないものかと考えています。

 音声学習は、以前から、受験生や語学学習などの場面で利用されてきていますので、他の被害者のかたたちにも比較的スムーズに受け入れられるだろうと思います。


参考

ネット資産のモバイルリスニング案
 爆発的に増え続けるネット資産の有効活用術、インターネット上の文字情報の音声化と携帯聴取 (2016/03/02)



ミラーサイト設置先の選定

 私のネット情報音声化の候補サイトと考えてサイトに、テク版・集スト全国被害者でも上位にリンクが張られている「さくらんぼの実る頃 ~テクノロジー犯罪被害者の日記~」という集スト関連の人気ブログがあります。 しかし、このブログが削除されていました。 URLから分かる通り、運営会社はFC2です。 FC2は集スト関連サイトを次々と閉鎖しているのかと思って調べてみましたが、特にそのようなことはないようです。 一部のサイトだけが削除されたようです。

 創価学会や暴力団、在日、政治、警察・検察・司法の裏金など、在日利権ネットワークのようなブラックネットワークを扱ったサイトが攻撃されているのかと思いましたが、実際のところはよく分かりませんでした。

 FC2にはこの被害改善責任論のミラーサイトもありますが、なぜか削除されていました。 昨日まではアクセスできていたのに、意外な展開です。 私の作ったサイトや元の文章などはローカル環境にオリジナルやバックアップがありますので、特に被害はありませんが、FC2サイトだけにしかデータを置いていない、つまり、他にバックアップをとっていない人たちのデータは、復元できなくなってしまっているかもしれません。 ネットデータは削除・改変される危険がありますので、ローカル環境、USBメモリなどにバックアップをとっておくべきでしょう。

 元々、予備のミラーサイトですから、無くなってもよいかと思いましたが、他のサイトが次々と削除されてしまった場合は、また新しい設置先を探さないといけません。 FC2の運営会社社長は以前、逮捕されたりしていますので、在日利権ネットのようなブラックネットワークの圧力に弱いのかもしれません。 弱みを握って圧力をかけることは、集ストや在日利権ネットの得意とするところです。

 次は在日利権ネットの影響を受けにくいであろう海外のサイトを利用してみてもよいかしれません。 個人的にはグーグルサイトの使い勝手がよいので、集ストまとめサイトのほかに、被害改善責任論サイトもグーグルサイトに移転してもよいかと思います。 (2016/03/02)


比較的どうでもよい追伸1 … サイト移転


 翌日、もしやと思いFC2サイトにアクセスしてみましたが、当サイト「被害改善責任論」は復帰していました。 「さくらんぼ」のほうは削除されたままでしたので、うまく削除することをあきらめさせることに成功した、あるいは、より強い組織から圧力でもかかったのかもしれません。 グーグルサイトのウィキはデフォルトでパンくずリストに対応していたり、メニューなどのデザインがかなり自由にカスタマイズできるので、移転したほうが後々楽になるかとも思っていましたが、移転はまたの機会にすることにしました。

 このサイトではオフライン閲覧用にサイト全体のダウンロードができるようにしているため、どのみちローカルで独立して閲覧できる状態は維持することを考えると、ジオシティーズとFC2の両方が削除されるまで移転する必要はないかもしれません。 (2016/03/03)


比較的どうでもよい追伸2 … アンチガスライティングの動画サイト利用による執筆速度低下のお知らせ


 私のパソコンの表示画面が壮大に公開されているであろうことは簡単に想像できる話ですが、せっかくですので動画サイトで、「在日、警察、犯罪、電通、マスコミ、芸能、創価」などの検索結果を表示するようにしてみました。 そのため、その動画を一番近く(?)で見ている自分が、一番内容を見てしまうという状況となりました。

 その結果、私もまだまだ知らないことや知るべきことが大量にあることを痛感してしまいました。 在日利権ネットにしても知っている人は、すでにかなり詳しいところまで理解しているようです。

 知るべきことを知らないまま文章を書き続けるわけにもいきませんので、ある程度は調べないといけないことが発覚してしまったわけです。 そのため、私の執筆速度が低下することが予想されます。 日々、文章が書きにくくなる今日この頃といったところです。

 このサイトは集ストや強制尾行犯罪、在日利権ネットワークなどのよく分からないもの扱うため、嘘というわけではありませんが、噂や予想などの不確かなものばかりを扱っていては、文章の真実味や説得力が下がってしまうばかりです。 いいかげんなことを書けば書くほど、サイト全体の価値が下がってしまいますので、すべての情報を精査してから書く、とまではいかないまでも、自分で確認できる範囲で、ある程度まで信憑性のある段階のもの以外は、書かないほうがよいだろうとは考えています。 (調査途中段階のものは途中段階の内容として扱うという方法もありますが。 )

 そもそもヘイトスピーチ、いわゆる悪口や何らかの名誉毀損にあたる内容、また嘘や間違った情報はなるべく書くべきではありません。 (多少、上級者向けでしょうが、あえてヘイトスピーチのかたちにして、何らかの非難や攻撃を避けるというのであれば、そういうやり方も可能かもしれません。 )(2016/03/03)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system