集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
被害改善活動 進捗と展望 2017年7月31日

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 個別分析 進捗と展望 >

被害改善活動 進捗と展望 2017年7月31日

progress170731, 2017/8/1, 評価:★★★

< 目次 >

社会不正短観

公開記事一覧

今後の展望




社会不正短観


< 思考盗聴が隠蔽方向へ向かう? >

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪で日常的に行われている思考盗聴(※)ですが、近頃は音声送信での被害者への意識や言語イメージの送信はあまり行わず、隠蔽する傾向へ向かっているようです。

 加害者が行う被害者の思考を盗む行為は日常的に行われているはずですが、これに音声送信を合わせて行うと、被害者が思考盗聴をされていることに気付いてしまいます。 日常的な監視で加害者が音声送信の嫌がらせを行うときには、監視担当の加害者が思考盗聴で得た情報を元にした悪口などの言葉のイメージを音声送信や実際の音声などで伝えてしまうからです。

 殺人的な痛みや物凄い過度なストレスを受けているようなハイテク被害を受けている被害者のなかにも、思考盗聴に特有の音声送信被害を受けていない人が、結構な数いるようです。 思考盗聴自体は行われているとは思いますが、加害者の考えなどを音声送信しないということは、思考盗聴の存在を被害者に知られないように加害行為を行う方向へ方向転換しているのではないかと思われます。

 思考盗聴は1970年代にスパイ業界で普及し、当時のスパイ業界では思考盗聴の存在は有名だったそうですが、その後、その存在がすぐに隠蔽されるようになりました。 これと同じように、日本で監視に使われる思考盗聴も、その存在自体を隠蔽しようとしているのではないでしょうか。

 思考盗聴というと、かなりのハイテク技術であるかのようなイメージがありますす。 しかし、これを日常的に使ってしまうと、それは単なる言葉を使わない電話での会話のようなものにすぎません。 思考盗聴自体は、思考の言語イメージが盗み取られ、考えが知られ、音声送信で音波を使わない音が感じ取れるようになるだけにすぎません。

 被害者が被害に慣れてしまうと、おどしたり、誤解させる効果が薄れてきますので、日常的に使うのは徐々に控えていき、ここぞというときにピンポイントで使うような使い方が想定されているのではないでしょうか。


※思考盗聴とは

 心の声や、本を黙読するときのような脳内で使われるが、実際には発音しない言葉のイメージを取得し、文章化したり、他人の脳や精神で理解できるように入れ込むことで、他人の思考や感情の言語イメージを知る行為や技術のこと。

 私たちの常識的な感覚としては言葉が盗まれているように感じてしまいますが、脳の構造上、イメージが先にありそれに合わせた言葉を使われたり、声による発音が行われています。 そのため言葉にならないような欲求や衝動、不安やあせりなどの読み取りも思考盗聴という言葉に含める場合があります。 まだ知られていない技術があったり、新たに開発されたりする可能性がりますので、言葉の定義には幅を持たせておいた方がいいでしょう。 2017/6/27, 2017/8/1


アメリカの破綻の行方

 アメリカはリーマンショックの前頃から10年近く破綻すると予想されています。 しかし、なかなか破綻しません。 しかしながら、アメリカの経済は回復基調には向かっていませんので、おそらく米国債のデフォルトからドル崩壊が起こり、大きな経済破綻が起こるだろうと、今でも世界中から予想されています。

 それでもなかなか経済崩壊しないアメリカに対して、もう危機は回避されたのではないかとみている人もいるようです。

 アメリカの現状は何も良くなっていません。 むしろ、どんどん悪くなっています。 国の借金も増え続けています。 借金が増えるということは、火薬庫に溜め込んでいる爆薬の量をどんどん増やしているような状態です。 借金を増やして、一時しのぎを続ければ続けるほど、アメリカは窮地に追いやられているのです。

 アメリカ経済が上向く要素は特に何もないようなので、今後もアメリカが破綻しないとすれば、それは単に借金を増やして、いずれ訪れる破綻がより大きな危機となるようリスクを高めているだけにすぎないでしょう。

 大きな経済的な変化で利益を上げるのが支配層戦略ですから、彼ら世界の王族やお金持ちネットワークの人たちにとっては、よりよい条件へと変化し続けているということになります。
 私たち一般人にとってアメリカの破綻は大きな経済危機となってしまう可能性が高いですから、なるべく小さな危機ですむようにすべきでしょう。

 小さな危機というのは、アメリカの借金の上限を増やすのをやめたり、国債の返済額を1%下げるような小さなデフォルトを行うのがよいのではないでしょうか。 どちらにしても経済危機は起こってしまうでしょうが、今のような限界まで借金をしてから国家を破綻させ、借金を踏み倒そうという支配層戦略よりはマシでしょう。 2017/8/1


モーニング宇宙ニュースの服部夫妻はバランサー?

 支配層を批判するように見せかけて、実は支配層グループの支配下や影響下にあって、支配層戦略を助けようとするような人たちのことをバランサーと言います。 私の分析では、ツイートテレビの服部夫妻もこのバランサーなのではないかという疑惑は高まってきました。

 服部夫妻自身も工作員だとか言われると言っていますので、この工作員やバランサーであるという疑いは珍しいものではありません。 このサイトや管理人に対しても工作員として非難する人もいますので、よくある非難のひとつだと言っていいでしょう。

 よくある批判ではありますが、私個人の分析として、疑いの可能性が上がってきています。 それは私の情報との関連性や対応からそういう方向へ判断が変化しつつあるということです。

 私の情報を知るには、このサイトやブログなどのSNSを見ればよいのですが、マイナーサイトですので、服部夫妻が限られた時間のなか、自分たちでわざわざ私の発信する情報に耳を傾けているという可能性は低いのではないかと思います。

 それでも情報が伝わっているらしい現実を考えると、これは何者かが情報の仲介をしていると考えるのが妥当でしょう。

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者では珍しいことではありませんが、個人情報の多くが何者かに盗まれ共有されるという事態が続くことがあります。

 私やこの被害改善責任論系サイトの情報も例外ではなく、普通に盗まれ共有されていることが予想されます。 繰り返しになりますが、これは被害としてはごく普通のことで、何も珍しいことではありません。

 私やサイトの情報の流れを考えると、大きく分けて2つのパターンがあると思われます。

 集団ストーカーは支配層側の監視洗脳実験という側面がありますので、ひとつは、公安などの特務機関が情報を集め、そこから情報を得ているというパターンです。 これは公安からメールが来てそれを見ている、といった形ではなく、私にひもづけられた個人情報が更新され、それを直接的、または間接的に確認しているといった形になっていることが予想されます。

 私の予想としては、私の情報が服部夫妻の動画の視聴者として、支配層のAIやコンピューター自動振り分けなどによって、服部夫妻と関連付けがされているようなイメージです。

 服部夫妻の私に対する理解度や私に関する知識を持っている、かのようにみえる振る舞いから考えると次のようなことも予想されます。 服部夫妻の元へ支配層AIから自動メールが送られてきて、「この人たちの情報を確認しなさい」といったことが書かれて、彼らはそれを確認しているという予想です。

 これは服部夫妻が支配層に属するバランサーだと仮定した場合の、彼らの情報取得の流れです。 もうひとつは、支配層には属していないパターンです。 この場合、公安などの特務機関が外的要因と言いますが、遠まわしに私の情報にたどり着く、あるいは私の発信している情報に近い情報を、マスコミやネット広告などを使ってほのめかして知らせるというパターンです。

 支配層に属していない場合、支配層のウェブシステムを直接使わせる訳にはいきません。 そういう場合に行われているのが、外的要因による思考誘導です。

 服部夫妻などかなりの時間と労力がかかる活動を長期的に続けるには、それなりの動機が必要となります。 あたり前の話ですが、人は誰でも面倒なことはやりたくないものですから、何の理由もなしにモチベーションを維持することは、かなり難しくなっています。

 たいした理由もなく、勉強を続けたり、仕事に役立つ知識や技能の習得を続けることができれば、みなさんももっとよい学校に進学したり、もっと高い収入を得ていることでしょう。 常識的に考えて、月曜日から金曜日まで毎日2時間前後のニュースを配信し続けるというのは、並大抵なことではありません。 2時間のニュースにはその準備が何時間もかかっているはずですから、人生の時間を費やした、文字通りのライフワークとなっていることでしょう。


 世のため人のため正しいニュースを伝え続けてくれる分には、それは頭の下がることです。 しかし、服部夫妻の性格や問題意識、目標などを考えると、平日毎日2時間の配信というのは、時間労力ともにコストがかかりすぎているように思えます。

 本人たちが使命に燃え、かつ楽しみながらやっているのであれば出来ないこともないでしょうが、それでも面倒くさくなる日もあることでしょう。 それがあれだけ何年も続いているということは、かなり強い動機があるとみてよいでしょう。

 私の印象では、服部夫妻の活動は趣味というよりも仕事に近い印象があります。 やりたくてやっているというより、仕事のようにしかたなくやっているような印象があります。

 私が彼らを支配層側のバランサーだと疑っている理由で特に根拠となっているものは、彼らのニュース動画から、私を馬鹿にするようなほのめかしをしているような印象を受ける点にあります。 ほのめかしている印象を受けるというのは、集団ストーカー被害者にはよくあることで、善意の活動家であっても加害勢力の影響は受けます。

 これには加害勢力側は外的要因と呼んでいますが、対象者がほのめかしと感じるようなネット発言などを、他の誰かにさせるために、ネット広告やSNS内の情報を意図的に流し、被害者がほのめかしと感じるようなネット発言をするように誘導するという手法が行われています。


 服部夫妻の言動が、もしもバランサーとしてのものではなく、外的要因による思考誘導だけの影響によるものと考えるには無理があります。 どこに無理があるかというと、普通は外的要因による思考誘導だと、私の扱っている内容と同じものを扱わせることはできても、私に対する悪意のほのめかしにするほど強い思考誘導ができないことが多いからです。

 分かりにくい説明になってしまっていると思うので整理しておきます。

 支配層側のバランサーの場合、私の情報を知ったうえで、さらに何かしら悪意のあるほのめかしという形をとる傾向があります。

 これに対して支配層側でない一般人へ、何かしらの外的要因で思考誘導し、その結果、私が扱った内容と同じものを扱わせる場合は、同じ内容を扱ってほのめかしを偽装させても、そこに悪意を含めさせることが難しくなるのです。 この場合、単に同じテーマを扱っただけといった形になります。 これであれば、単にお互いがSNSなどで相手の情報を見て、それをきっかけに同じテーマを扱っただけという形になります。

 外的要因による思考誘導では、ほのめかしを偽装することができても、悪意を演出することが難しいのです。 これはあたり前のことで、悪意のない人に、悪意をこめさせることができないという単純な話です。

 こういったことからツイートテレビのモーニング宇宙ニュース、服部夫妻が支配層側のバランサーである可能性は高いのではないかと、私は予想しています。

 そうとはいえ、情報の収集や発信には私たち一般人よりも支配層側のバランサーのほうが力を入れていることが多く、また支配層仲間として情報源とも近いため、よい情報を発信していることが多くなっているように感じます。

 彼らのツイートテレビはまずまず面白いので、私は見続けてもよいとは思うのですが、私が情報収集する優先順位としては、かなり下のほうが下がってしまった点は否めません。 みさなんも内容の一部に偏向がある可能性があることは理解しておいたほうがよいでしょう。

 ほかにバランサーとして有名なのは、いわゆる有名陰謀論者のほぼすべての人たちです。 みなさんの知っている陰謀論系のひとたちはほぼすべてバランサーとみてよいでしょう。

 彼らが本当に真相を追究する名士であるとすれば、そもそも支配層が色々な妨害を行い、まともに活動することもできないでしょう。 とはいえ、情報自体はよいものもたくさんありますし、支配層戦略を理解するうえでも彼らの情報は役に立ちますので、情報として確認するのはよいでしょう。

 バランサーの一番の目的は、印象操作や思考誘導にありますので、その点を理解してだまされている可能性があるということを心に留めながら情報に触れるのであれば、それほど大きな間違いは起こらないでしょう。 仮に誘導されてしまったとしても、後から考えなすことも出来るようになるはずです。

 私などは表社会では無名ですから、たまにしか工作員扱いされることはありませんが、服部夫妻はよく工作員扱いされるそうです。 番組内でもよく話しています。 この記事の情報も公安らしき加害者あたりが服部夫妻へせっせと伝えてくれることでしょうが、彼らは逆に、結構長くだますことができた、などと考えている可能性もなくはありません。

 服部夫妻の日ユ同祖論などは信じている人が多いかもしれませんが、少ししらべればすでに論破された理論であることから、また支配層が明治天皇以降、天皇の家系に盛んにユダヤの血を入れようとしていることをみれば、偽ユダヤの血が日本に受け継がれていないことは簡単に予想できることなどから、それほど誘導に成功しているようにも思えません。

 以前、あの番組はすぐに見るのをやめたという人がいましたが、支配層に興味のない人が見ても、結構胡散臭い番組に見えるのかもしれません。 ちなみに、今は、トヨ踊り(?)でさらに胡散臭い演出をしていますが、これが始まる前の話です。


無意識を利用した直観力の向上

無意識を利用した直観力の向上
 物事を客観的にとらえ本質を理解する方法




今後の展望


 今回から進捗を一度に全部書くのを止めて、随時更新することにしました。 これによって事件の前後関係なども書きやすくなるはずです。 今後の展望としては支配奴隷のメーソン系カルトメンバーの洗脳を解くような主に精神的な健全化を重視していくのがよいのではないかと思っています。 2017/8/21


 次が今後の予定・継続案件になっています。 気になったものはそのとき更新し、それ以外のものは何かきっかけがあったときにもで更新しようとかと思っています。 本当は古い記事もすべてそのときの正しい情報を反映すべきではありますが、時間や労力を考えると現実的ではないので、随時更新ということで仕方ないかと思っています。

 テーマごとに記事をしっかりと分類できれば、過去の間違った認識の下書かれた記事もある程度まで修正し更新していくことが出来るのでしょうが、古い記事を調べるだけでも膨大な時間がかかってしまうので、現状の随時更新でもやむなしといったところです。 2017/6/13, 2017/8/21

・支配層戦略の分析と対策検討 2017/6/13

・偽被害者の判断基準の検討 2017/6/13

・政界名珍場面集 2017/3/2

・官僚の弱点などの調査、ひとりひとりの悪事をネットにさらすか、正式に罷免する方法もあるか? 2017/2/1

・社会洗脳の方法となる詐欺や詐欺師の分析 2016.10.1

・被害改善ガイドラインの提示 2016.9.18

・個々の被害者への支援 2016.10.1

・医療不正の改善(特に精神医療)

・不正選挙の防止(アンチガスライティングによる被監視拡散活動中) 2016.10.1

・環境利権、エコビジネスの社会洗脳詐欺(地球温暖化も海面上昇も本当は起こらない) 2017/2/2

・金融債起動に向けた世界統一電子通貨案の検証(すでに検討されているであろう内容の調査など)

・社会不正の構成図作成(社会不正全体、情報マスコミ、日本やアジア、政治・宗教関連)

・社会不正、裏社会の導入記事作成(社会不正の理解を広めるため記事、説明サイトの紹介など) 2016.6.4

・元NSA職員、カレン・スチュアート裁判 2017/1/1

・モラルが低く稚拙にみえる朝鮮人の歴史的な反モラル独立戦略、嫌われることで侵略を防ぐニダ 2016.6.8

・人口削減計画を阻止するための食品・日用品の危険性周知 2016.7.3

・ASKA事件の検証 2016.7.3

・スポーツの電磁波被害を防ぐ 2016.7.3

・電磁波対策の製品や生活環境の調査、対策グッズと統合予定 2016/8/2, 2017/2/2

・集団ストーカー被害の具体策の検討 2016.9.18

・集団ストーカー犯罪の流れの図解 2016/11/5

・裏社会と人類史(世界版・日本版)のまとめ 2016/11/5


次は、保留的に継続中の案件です。

・集団ストーカー、強制尾行犯罪の利権構造図作成(集団ストーカー、在日利権ネット)


最後が、保留中の案件です。

・集団ストーカー被害者団結活動

 ネット上の被害者の9割は偽被害者だという説がありますが、どうやらこの説はかなり真実に近いようです。 ネットメインで情報交換が行われている集団ストーカー・テクノロジー犯罪の分野で9割が偽者となると、被害者の団結はかなり険しい道のりとなりそうです。

 だからといって、「あきらめろ」、というのは加害者工作員の誘導パターンですから、そのような話を目にしたら気を付けてください。 被害者の団結はいずれ必ず必要なときが来ますし、出来るのであれば今すぐにでも実現したい重要なことです。

 そうであっても、被害者の生活は誰にとっても苦しいものとなっていることでしょう。 それでも無理せず可能な範囲で各自が団結や団結にに向けた努力を続けていければ、問題解決に近付いていくことが出来るはずです。

 このあたりのさじ加減は難しいところがありますが、被害者の多くが命を奪われていないことからも、加害者の目的が命を奪うことではなく、被害者にストレスを与え続けることや、その先にある社会の混乱や秩序の崩壊など、支配や大衆誘導、印象操作などにあることが予想されます。

 そのため加害者の挑発や印象操作などにはだまされず、団結だけでなく色々な問題解決につながる活動を粘り強く続けていくことが、問題解決への道のりであり、また加害勢力が最も恐れていることであるはず。

 とにかく問題解決に向けた活動を続けていくことが重要で、活動を続けていく中でより効果的な対処法やその糸口が見えてくるようになるはずです。 問題解決のためのイノベーションを引き起こすためにも、活動を続けていくことは重要です。

 みなさんもあきらめずに活動を続けていくことの意義を理解して、またその価値を信じて活動を続けていってください。 2017/4/2, 2017/8/26


< 参考 >

(※1) … 支配層、秘密エリートネットワーク

(※1) … 支配層戦略、NWO、グローバリズム、シオニズム





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system