集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
櫻井孝昌

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 >

櫻井孝昌

[sakurai_takamasa]
(2015/12/31)

櫻井孝昌さんの詳細はこちら

 2015年12月4日に駅にホームから転落し、電車にひかれて亡くなりました。 転落死といえば、集団ストーカーでは、嫌がらせで止めを刺すときなどに使われる、創価学会の常套手段とみられています。 (参考」地方議員朝木明代さんの転落死事件)

 櫻井さんは飲酒が原因で転落したということになっていますが、駅のホームまで移動することができたような人が、はたしてホームから転落するようなことがあるのでしょうか。 外食でアルコール飲料を飲むこと、いわゆる飲み屋でお酒を飲むことは、よくあったそうです。 享年49歳とのことですが、よく飲み屋に出かけるな49歳の男性が、日常的に限度をわきまえない無茶な飲み方をしているとは考えにくいでしょう。

 50歳前後の男性がそう簡単に駅のホームから落ちることはないのではないでしょうか。 事件の当日、飲食をともにしていた人物も、桜井さんは足取りも、エスカレーターに乗る様子も正常で、ホームから転落するほど酩酊してはいなかったと、当時の様子を振り返っています。

 櫻井さんのツィッターアカウントが閲覧できますが、数日前まで、アイドルグループを脱退する、いわゆる卒業するアイドルへ、まだ若いから何でもできる、といったエールを送っているあたりが、今回の事件の悲劇性を象徴しているのではないでしょうか。 数日後に、自分が人生を卒業してしまうなどとは考えもしなかったことでしょう。

 櫻井さんの肩書きは、日本のポップカルチャー研究家、メディアプロデューサーだそうですが、アイドル関連では、アンチAKB寄りの嗜好を持つ人物だったことが知れています。 そのため、秋元康さんやAKB陣営の陰謀説がまことしやかにささやかれています。

 特にハロプロだけのファンだったわけではないようですが、結果的に、非電通系、AKBや創価・在日関連のアイドル以外での最大勢力にあたるハロプロ関連の仕事に携わる機会が多かったため、今回のような犯罪説が話題となることになったようです。

 集団ストーカーとの関連では、駅では駅員があからさまに嫌がらせに加担することがあることが知られています。 券売機が毎回販売停止になる被害や、駅員が客と話し込むことで被害者の用事になかなか対応してくれないなどの被害が報告されています。

 事故の起きた駅はJRですから、ホームには防犯カメラが設置されています。 そのため当時の状況を正しく確認することはできたはずです。 しかし、警察官すら犯罪に加担させている集ストにおいては、防犯カメラの証拠もむなしく、集スト警官によって事故死扱いされた、といった可能性も懸念されます。

 集ストに加担する警察官や創価学会員は、被害者に対して、同情や共感など哀れみの感情を抱かない傾向が強いです。 仮に、被害者の自殺を知ったとしても、自分が悪い、あるいは、天罰が下ったのだなどと解釈し、慈悲の心を表さないことが知られています。 今回の事故が集スト犯罪だったとしても不思議なことではないでしょう。 (2016/01/05)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system