集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

秘密協定システム

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 分類:その他 >

秘密協定システム

[secret_agreement_system]
(2016/01/04)

フリーメーソン、在日、集ストなどの仕組み

 表に表れない水面下で秘密裏に協定を結び、必要なときは共同して利益を得るような仕組みがあります。 古くは、人類が言葉によるコミュニケーションが可能になったころから、利用されていた可能性もありますが、有名なところではフリーメーソンといったあたりでしょうか。

 現在の日本では創価学会、電通などの在日勢力が盛んに行っているようですが、彼らが関与しているとみられる集団ストーカーも、この秘密協定システムのミクロ化されたものであると言えるでしょう。




警察の機能不全

 秘密協定システムは非常に強力で、それ自体を排除するのは難しいでしょう。 集スト問題では、警察すら捜査することができないような、警察機能の停止状態に追い込まれており、これを打破できていない現状では、警察犯罪を含めた警察機能の低下はさらに悪化することが避けられないでしょう。 歴史的には通常、警察機能が停止すると、暴動などを鎮圧することができなくなり、国家崩壊・新国家建設という流れになります。 現在では、さすがにそこまで悪化はしないでしょうが、改善できない状態が完成しつつあるのも事実です。 (2016/01/04)







目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system