集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
秘密結社システムと集団ストーカー … 秘密犯罪の結果としての集団ストーカー被害

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


一般分析 対策の理念 >

秘密結社システムと集団ストーカー【作成中】

[secret_society_system_and_gang_stalking]
(2016/02/06)

秘密犯罪の結果としての集団ストーカー被害




目次


集団ストーカーは原因というより結果にあたる

ルールを無視した裏協定・秘密結社システムは強力

すべての組織は秘密結社になるのか

マスコミの在日支配 … 偏向報道を改善する

社会から排除できない秘密結社システムとどう向き合うべきか

集スト・強制尾行と在日利権ネットワーク




集団ストーカーは原因というより結果にあたる


 集団ストーカーが含まれる犯罪の構造をより広い視野から見てみると、集団ストーカーや警察の強制尾行犯罪は原因ではなく、結果に近い位置にあると言えるでしょう。 集ストのような嫌がらせ犯罪をすることが目的なのではなく、利権を維持・拡大する手段にあたるのが集団ストーカーです。

 在日利権ネットワークのような秘密結社システムの行う不正の一部が集団ストーカー犯罪であることが予想されます。 (2016/02/06, 2016/03/10)




ルールを無視した裏協定・秘密結社システムは強力


 裏で手結ぶような方法、いわゆるグルになって目的を達成しようとする裏協定や秘密結社システムは、みながルールや人権を守るような公正な自由競争が行われている世界や集団・場所などで使った場合、競争相手を出し抜く非常に強力な方法となります。

 みなで笑顔を作りながら、親切なアドバイスをしている振りをするような友好的な態度をとりながら、その裏で特定の個人をだましたり排除したりする方法が使われた場合、その裏協定を知らない人は簡単に大きな被害や不利益をこうむってしまうことでしょう。

 秘密結社システムは放置しておけば、いつかはなくなるというものではありません。 法的に見れば不正競争防止法違反となるような不正行為ともなりえますが、競争に勝つことだけを重視すれば、非常に有効な方法です。 そのため不正行為も辞さないやり方で、そのシステムやそのシステムを使う組織は勢力を拡大していくことでしょう。 (2016/02/06, 2016/03/10)




すべての組織は秘密結社になるのか


延々と続けられる秘密結社や裏協定組織のルールを無視した行動に対抗するには、対抗する側も裏協定を結ぶようになることが予想されます。 もしも秘密結社に秘密結社で対抗することが正当化されてしまう世界になってしまった場合は、自由・平等・博愛など人類にとって生得的な普遍的理念はないがしろにされてしまうのではないでしょうか。

ルールを無視するような秘密結社システムを使う組織は、それ以外の組織を次々と排除したり、支配下に置いて行くことでしょう。 そして、いずれは秘密結社が社会を支配し、複数の秘密結社同士が互いに争い合うような状態になる可能性もあります。 (2016/03/08, 2016/03/11)

ユダヤ系資本組織やフリーメーソンなども、自由・平等・博愛といった概念は自分たちが支配する人々・労働者へ与えた概念なのだ、などと主張しているようですが、そんなことはありません。

人類が初めからもっていたものが、そのような言葉で呼ばれているだけです。 歴史的にみてもユダヤ系資本やフリーメーソンよりも先に、別の文化や人間が、自由・平等・博愛にあたる概念を扱っています。 自由の概念は昔からありましたが、社会システムに取り入れる案であればイギリスの哲学者ジョン・ロックあたりのほうが先に主張しています。 (2016/02/06, 2016/03/08)




マスコミの在日支配 … 偏向報道を改善する


 ネット検索でマスコミの偏向報道について調べると、テレビのキー局、フジテレビ、テレビ朝日、TBS、NHKなどほぼすべてのテレビ局に偏向報道の疑いがかけられています。 そのなかには明らかに意図的に偏向報道を行っている例も多々見受けられます。 各テレビ局はラジオや新聞なども扱うグループを形成していますので、新聞、ラジオ、その他のメディアも同じような偏向報道をしていることが知られています。

 このマスコミの偏向報道の原因となっているのは、マスコミの在日支配と考えられています。 特に在日朝鮮人と彼らの本国となる韓国や北朝鮮の影響は大きく、在日による犯罪が起きても犯人が在日であることをが報道されることはほとんどありませんし、在日勢力、特に創価学会や電通などの犯罪やそれらの組織の利益に反する報道が行われることはありません。 (2016/03/08)

残念なことですが、現状では、日本のマスコミが在日勢力に支配的な影響を受けていることは間違いのない事実です。 その割合は定かではありませんが、6割から8割程度とみられており、大半が在日によって支配されているとみられています。

日本の芸能人の大半は在日とその関係者で占められており、テレビ局の社員も8割程度は在日で、在日でなければ出世できないなどと、現役のテレビ局社員が告白しています。 TBSやテレビ朝日が朝鮮系メディアであることは、かなり前から知られていましたが、ここ数年はフジテレビの在日支配が顕著となっており、在日勢力の人間が社長や会長に就任したり、フジテレビ系列グループ全体で実際には起こっていなかった韓国ブームを捏造するなどして、およそ日本のメディアとは思えないような偏向報道を繰り返しています。

マスコミというものはそもそも政治と民意をつなぐ架け橋のような役割を担っていて、国家運営にとって非常に重要な役割を果たすものです。 アメリカでは外国人がテレビ関係組織に就職することを規制してまでして、マスコミを海外の危険人物などから守っているそうです。 在日は日本に住んでいる外国人ですから、日本のマスコミも在日の就職を規制するという方法もあります。

厳しい基準を主張する人のなかには三世代、つまり戦中戦後あたりに帰化した在日までその対象とすべきだという意見もあります。 在日利権ネットワークのなかには、マスコミを支配して日本を支配しようなどと考えているような人間までいます。 創価学会の池田大作名誉会長などは自身を日本の支配者であると自認し、日本占領計画などを本当に主張していたと多くの人が告白しています。 このような状況で、日本の国家運営を考えるとマスコミの正常化は急務となる課題といえるでしょう。

多くの人から批判されていることからも分かるように、日本人の常識的な感覚からすると、フジテレビは特に偏向報道に節操がない傾向があります。 以前、フィギュアスケートの大会で日本人選手が優勝したときは、選手をテレビ番組に呼び出し、失敗したときの話ばかり質問したり、転倒したときの映像を使った大きなパネルを用意して放送し続けました。 また、同大会での日の丸の国旗掲揚部分の放送を意図的にカットするなどの問題に対して、多くの批判が集まりました。

フジテレビは、およそ日本人を応援しているようにはみえません。 在日企業を広告スポンサーにして、資金難になれば在日企業から融資を受ければ、テレビ局としてはそれで運営していけるのかもしれません。 しかし、民放とはいえ、法的に保護された責任ある公共の放送局であるにもかかわらず、フジテレビ側は「嫌ならば見なければよい」などと主張し、まったく反省する様子がないとみられています。

マスコミの偏向報道については、現在の総務大臣からも、以前の総務大臣からも何度か警告的な発言が行われていますが、そろそろ丸一日放送停止処分にするなどの対処を行ってもよいころかもしれません。

フジテレビの在日や韓国ひいきの偏向報道への国民の不満は、すでに限界近くまで高まっており、フジテレビ前で8000人が抗議デモを起こすような騒ぎにまで発展しています。 この状態では、政治的な対処が行われても、フジテレビ側も受け入れざるを得ないであろうことが予想されます。 (2016/03/08, 2016/03/11)

フジテレビの偏向報道
 韓流ブーム捏造や反日放送など嘘や思想統制はどこまで許されるのか



社会から排除できない秘密結社システムとどう向き合うべきか


 企業の談合などの不正競争の裏にある裏協定のようなものは、おそらく有史以来、人類は似たようなことを続けてきたであろうことが予想されます。 だからといって裏協定のような不正を許すべきではないでしょう。 約束を守らない少数の人や組織だけが得をするような状態は、犯罪の基本的な構造と同じです。

 犯罪行為だからといって裏協定・秘密協定がなくなるわけでもありません。 自分たちが有利になるように他人と交渉するようなことは、今後も行われ続けることでしょう。 それではこの状況にどう対処すべきなのでしょうか。

 不正を行わない一般人が気を付けるべきことは、人を信じすぎないように注意するということでしょう。 情報化された社会では携帯電話やインターネットによって裏協定を結んだり、小さな秘密結社を作るようなことが簡単に、かつ円滑にできてしまいます。 現在は、無闇に他人の言うことを信じられる時代ではなくなっています。

 このような状況に、われわれ日本国民はどのように対処すべきかと考えると、すでに裏協定や秘密結社システムの存在や有効性が明らかになっているのだから、同じように秘密結社を作って対抗するという方法も考えられます。 誰もが何かしらの非公開の秘密的な組織に属して、権利や利益を守るという方法もあるでしょう。

 しかし、集団ストーカー・強制尾行犯罪をみてもわかるように、問題は、秘密結社システムにあるというよりも、不正を行い、隠蔽するため、不正を正すことができない点により大きな問題があります。 これに対処するには、不正を隠蔽できないような社会制度を構築すべきでしょう。




集スト・強制尾行と在日利権ネットワーク


 集団ストーカー・強制尾行犯罪は、それを行うこと自体で利益が発生します。 監視や嫌がらせを行う集スト・強制尾行はそれ自体がブラックビジネスとして成立しています。 職場から不都合な人間を追い出すなど、集スト・強制尾行犯は防犯利権・宗教利権・企業利権などから利益を得ます。 嫌がらせ犯罪は何十年でも終わることなく繰り返され、被害者を自殺や精神病へと追い込もうとします。 被害者を精神病扱いすることに成功すれば、それ以降は入院や薬剤による医療利権が発生し、これも集スト・強制尾行犯罪全体の利益となります。

 このように集スト・強制尾行は、始まりから終わりまで、すべてが利益を目的としたブラックビジネスのネットワークとして成立しています。 この利益のためならば人間を家畜のように扱っても平然としているような、非人道的な、無慈悲な犯罪行為は、日本人が広い意味での仲間、同族にあたる日本人に行っているというより、成長過程で強い反日教育を受けてきた在日朝鮮人が日本民族に対して行うような、敵対種族に対する攻撃のような側面があります。

 集スト・強制尾行のすべてが在日犯罪であるわけではありませんが、主な加害者や加害組織が在日勢力と強いかかわりがあることは否めません。 集スト・強制尾行の犯人として度々目撃されている実行犯には、朝鮮系カルト団体の創価学会や在日の警察関係者が多く含まれています。 政府の調べでは日本の警察組織には6000人もの創価学会信者が入り込んでいることが明らかになっています。 被害のなかでも特にひどいものは、自殺や精神病に追い込むのではなく、転落死を偽装した殺人まで行われていると強く疑われています。

 問題を解決するためには、集スト・強制尾行犯罪を成立させているとみられる社会的な不正、おそらく在日利権ネットワークのような秘密結社システムがそれを可能にしているのでしょうが、それらの不正を正す必要があるでしょう。 政治、マスコミ、企業、警察などに隠れている不正をひとつひとつ正して、不正を行えないような制度を検討し、社会全体を健全化していかなくてはなりません。 (2016/03/08)





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system