集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
サイト案内

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 >

サイト案内

このサイトや監視犯罪などの説明、理解のためのリンクなど。

site_guidance, 2016/1/1, 2017/6/24

目次


(1) このサイトの見方
 基本
 はじめて閲覧する場合
 特にひどい監視被害を受けている方
 定期的に閲覧する場合
 管理人が行っている実際の改善活動や意見・感想などはこちら
 日々の記録や所感などはこちら
 執筆中の序論
 警察や公安、民間の警備会社関係者など、防犯や治安維持を目的とした活動を行っている方 (重要)
 その他の説明(監視犯罪とは無関係)

(2) 被害改善責任論とは
 あらゆる被害者には被害を改善するかどうか選ぶ権利、改善責任がある

(3) このサイトの意義・目標

(4) 個人監視犯罪とは

(5) 監視犯罪の犯人は誰か

(6) リンク 監視犯罪を知るためのサイト 被害や監視技術の現実

(7) 用語説明




(1) このサイトの見方


基本

 このサイトは、目次(サイトマップ)から気になる記事を探し、読み終わったら、再び目次に戻る、という見方をすることを前提に作成されています。



はじめて閲覧する場合

 この「サイト案内」に一通り目を通してから、目次(サイトマップ)の「一般分析」と「個別分析」から、気になる記事を確認することをお勧めします。 (2015/09/13, 2016/04/08)


 集団ストーカーやテクノロジー犯罪を知らない人はこちらを確認してください。

超初心者向けの集団ストーカー説明
  集ストは「組織的な監視・嫌がらせ犯罪」 (2016/04/08)



特にひどい監視被害を受けている方

 まずは、一般分析 被害と対策や下にあるリンク集を確認することをお勧めします。 すでに強度の被害を受けている場合、精神または肉体への健康、不法侵入や家財の窃盗などの財産への被害が強度の被害にあたりますが、この場合、一度警察のほうへ相談してみることをお勧めします。 (2016/04/08)

 知らない人に監視されている、声が聞こえる、見られている、などといったことを強く主張しても、まともにとりあってはもらえないことでしょうが、それらの被害については、「証拠はないが被害があるような気がする」などと主張するのはほどほどに控え、実際に起こった健康被害や財産被害について被害を主張しておくことで、監視犯罪を抑止したり、自分に新たな気付きが生まれるなど改善の可能性があります。

 長くなりましたが、通常の警察官は監視犯罪についてはほとんど無知に近い状態にあります。 犯人の予想ではなく、実際にあった被害を重点的に説明することをお勧めします。 このサイトにたどり着いたような被害者の方であれば、自分の置かれた状況をある程度は理解できているかもしれませんが、もう一度、自分が世間からどう見られているのか確認するためにも警察への相談は改善への新たな扉をひらく一歩となるのではないかと思います。 (2015/09/18)



定期的に閲覧する場合

 最新の更新内容は、トップページ上部の歴史 このサイトの歴史のリンクから確認できます。 あまりアクセスがないので更新回数は減らしています。 更新内容の詳細は、サイト全体をダウンロードして、ファイルを更新日付順で並び替えるなどすれば確認できます。 2016/4/8, 2017/6/24



管理人が行っている実際の改善活動や意見・感想などはこちら

個別分析
 個々の事例の検証や被害改善努力



日々の記録や所感などはこちら

最新情報
 現在までの事件や出来事

反集スト物語
 被害者を勇気付けるための問題分析や憶測を含めた体験記

メディアガスライティングの記録
 記録が増えるにつれて説得力が高まる
2016/4/8, 2017/6/24



執筆中の序論

 年内には書き上げたい執筆中の序論です。 18 序論



警察や公安、民間の警備会社関係者など、防犯や治安維持を目的とした活動を行っている方 (重要)

 まがりなりにも防犯や治安維持を掲げて活動されている方においては、このサイトに書かれてある程度の内容は最低限、すべて把握しておいて欲しいものです。 日本国内の犯罪や治安に関する責任は最終的には警察や公安委員会にあります。 監視犯罪を他人事として見逃しても非難されないのは、警察・公安ではない、それ以外の人間だけだということを理解しておいてください。 (2015/09/13)



その他の説明(監視犯罪とは無関係)

 ブラウザの警告メッセージや、読みにくい場合のウィンドウサイズ変更など、監視犯罪や当サイトの趣旨とはあまり関係のない問題について説明しています。

その他の説明
(2015/09/18)




(2) 被害改善責任論とは あらゆる被害者には被害を改善するかどうか選ぶ権利、改善責任がある


 テロや紛争から人種差別、人権侵害など様々な問題や被害の解決を目指す活動、また、それを行う活動家、社会批評家、ジャーナリストなどの多くの人がすでに主張していることのひとつに、被害者が解決のために立ち上がらなければ解決できない、という主張があります。 この主張を特に被害者に焦点をあて、被害者に改善責任があるということをもう一度考え直すため、被害改善責任という言葉を作りました。 そして、それを実現するための理論を被害改善責任論として主張しています。




(3) このサイトの意義・目標


 まずは個人監視被害者を絶望させないことを目標としています。 被害者は病気で言えば、すでに病を患い床に伏している状態にあります。 ベッドで横なる病人に対して、安易に「頑張れ」、「筋肉を鍛えれば強くなれる」などと言える人はいないでしょう。 そういった、被害者として、すでに苦しんでいる人たちがひとりでも絶望せずに、前を向いて歩いていけるようにと思い、私の知識や経験をインターネット社会に公開し、記録として残すという活動を継続しています。

 そして、今後、世界規模で悪化が予想される社会問題である監視犯罪に対して、いつの日か、このサイトを見れば改善できるはずだと、被害者の方に思ってもらえるようなところまで、質を向上させていきたいと考えています。




(4) 個人監視犯罪とは


 監視犯罪者には、一般的にストーカーと呼ばれる、男女間の恋愛トラブルが原因となるような、1対1の監視被害を引き起こす犯罪者と、いまだ世間的には認知されていないもののインターネット世界の監視被害分野ではそれなりに知られている、集団ストーカーと呼ばれる犯罪者が存在します。 監視犯罪とは彼ら犯罪者が引き起こす監視や尾行・つきまといなどと、それらと合わせて行われる悪口・風評被害などからくる社会的信用の低下を引き起こすような様々な嫌がらせなどの犯罪の総称です。 このサイトで監視犯罪という言葉を使うときは、主に個人に対する監視の被害という意味で使っています。




(5) 監視犯罪の犯人は誰か


 一般的なストーカーは被害者の前に姿を現す傾向が強いため、すぐに分かるでしょう。 問題は集団ストーカーですが、こちらは姿を現す場合とそうでない場合があります。 現在、犯罪者として疑われているのは、町内会や市民のクラブ活動などの身近なコミュニティー、カルト宗教団体、警察など公的組織などのうちのごく一部です。 警察などは疑いたくないものですが、NPO法人サイトには、アメリカの元FBI捜査官の文書の翻訳版が掲載されており、その中で捜査機関のごく一部、例外的に悪徳な不法行為を行う人間がいることや、組織はそれを行う実力、技術や資金・人員などを備えているなどと証言しています。 私見ですが、ネットなどで世界がつながった現在、海の向こうの他人事とは言い切れないリアリティーを感じました。




(6) リンク 監視犯罪を知るためのサイト 被害や監視技術の現実


 すでに多数の被害報告や監視技術予想、調査・分析が行われています。 NPO法人の被害者団体などは現在も、国会前などで直接、政治家や市民に被害を訴え注意を喚起するるようなデモ活動も行っています。 当サイトはネット社会ではまだまだ新参者ですので、詳細は諸先輩方のサイトをご参照ください。

 リンク 監視犯罪を知るためのサイト 被害や監視技術の現実
(2015/09/13)




(7) 用語説明


 このサイト内で使われているあまり一般的ではない言葉や、集団ストーカー・テクノロジー犯罪・警察公安のカウンターインテリジェンス、強制尾行犯罪などの関連用語を説明しています。 (2016/04/08)

 用語説明







  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system