集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
集団ストーカー問題の解決予想

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 対策の理念 >

集団ストーカー問題の解決予想

【作成中】
solution_expectations, 2015/12/17, 2016/11/19

< 目次 >

契機
 きっかけ

どんな変化が起これば、問題が解決されるのか

具体的な解決パターン

不正選挙防止後の政治の健全化

テクノロジー犯罪の技術的な対処法の強化

警察組織改革
 警察組織の健全化

政府が集ストの存在を認め、公式に対処

末端の探偵経由
 監視や復讐代行を摘発

諸外国の取り組み、国連など海外組織など






契機 … きっかけ


 被害限界の突破が集団ストーカー問題の解決のきっかけとなることが予想されます。 (2015/12/14)






どんな変化が起これば、問題が解決されるのか







具体的な解決パターン


 集スト解決にはいくつかの道筋が想定されます。 テロや大犯罪などが原因で、被害限界の突破が起こるようなことは避けたいものです。 しかし、それも解決へたどり着く道のひとつではあります。 それ以外には次のような可能性が想定されます。






不正選挙防止後の政治の健全化


 今の政治家、特に国政にかかわる政治は、民意の反映された国民の代表ではなく、選挙で不正を行い議員の地位を手に入れた人間が権力を振るっているとみられています。

 国民の嫌う増税や社会保障費の削減が次々と行われているのは、民意を無視しても問題のない不正な選挙システムや、それを可能にしているカルト団体などの影響だとみられています。

 不正選挙は選挙制度が始まって以来、ずっと続けられてきたという見方もあります。 しかし、2016年のアメリカ大統領選のように、国民が一丸となって監視を行い、また信頼できない票計算機を使わないなど、不正を防止するための対策をとることで、不正選挙を防止することに成功した例もあります。

 日本でも不正選挙を防止できれば、民意を反映した、本当の国民の代表が政治を行うことができるようになるはずです。 そうなれば、国民を貧困へ追いやり、景気をさらに悪化させるような理由のない増税や社会保障費の削減、さらに国の借金問題なども改善されることになるでしょう。

 日本の抱えている色々な不正や犯罪、私たちの命を奪う医療不正や社会毒などの問題も、解決へと向かうはずです。 そういった大きな問題が解決されていく中で、いつかは集団ストーカー・テクノロジー犯罪も社会問題として扱われ、問題解決へと向かっていくはずです。

 集団ストーカー問題は、今の社会的な不正の原因となっている、一部の人間への支配、おどしや行動の強要を行うための方法と共通する部分が多くなっています。 そのため、本当は社会全体にとっても、対処の優先順位を、かなり高くしないといけない問題です。

 今の世の中が抱えている問題、不正や犯罪、政治腐敗などの仕組みを正しく理解した政治指導者が現れれば、集団ストーカー問題は、かなり早い段階で対処されるはずです。

 不正選挙などという社会的な詐欺、洗脳行為がまかり通っている原因は、政治家や超富裕層など強い権力や大きな財産を持った一部の人間を支配していること、支配されている彼らが悪用されてしまっていることにあります。

 社会構造上の上位に属する超富裕層や政治家などの一部の人間を支配することで、社会全体を支配しようとする勢力があります。 この支配を防ぐことができるような社会を目指さないといけません。 2016/11/19






テクノロジー犯罪の技術的な対処法の強化


 電波妨害などテクノロジー犯罪への防御方法が確立され、それが普及することで、集ストは単なるイジメや村八分へと弱体化し、その意味を失うようになることが予想されます。

 高性能な電磁波妨害機などが開発され、さらに小型化されることで、メガネやヘアピン・アクセサリーなどに内臓され、24時間被害者のプライバシーを守れるようになる、といった場合です。 防御装置が導入される機器としては、携帯電話やスマートフォンも有望です。

 問題は技術研究の難しさにあります。 テクノロジー犯罪の技術は軍事技術から転用されているとみらえていますが、研究費が潤沢な軍事研究に対して、民間の研究者が防御法を研究するというのは資金的にかなり不利な状況にあります。

 軍事技術ですから、本当はもう防御法が確立されている可能性もあります。 軍も元研究員などが、世の中のために防御技術を公開するような可能性もあります。 そうでなければ、天才的な科学者が一瞬のひらめきで防御技術を開発してしまうようなことに期待することになるでしょう。






警察組織改革 … 警察組織の健全化


 今のところテクノロジー犯罪を行う機器を持つ電磁波機器所持組織として予想されているのは、技術研究機関・警察・自衛隊・創価学会・暴力団・海外マフィアなどです。

 警察がテクノロジー犯罪技術の悪用の取り締まりを始めれば、関連機器の所持を認める組織は、自分たち警察組織と自衛隊だけとなるでしょう。 それ以外の民間組織、つまり創価学会や暴力団などの技術所持は認めないはずです。

 そうなれば、警察・自衛隊関連の組織以外が、取締りの対象となり、テクノロジー犯罪機器を持つことができなくなります。

 それにともない、警察関連組織の内部での、テクノロジー犯罪関連技術の運用もより安全な使い方となるなど、健全化に向かうことでしょう。 2015/12/17, 2016/11/19






政府が集ストの存在を認め、公式に対処


 警察は政府の管理下にあります。 制度的には内閣府外局の国家公安委員会の管理下にあります。 この下に各都道府県の公安委員会があり、各都道府県の警察を監督しています。 各都道府県の警察は各都道府県議会で予算を決めますので、公安委員会と議会から管理されているような状態にあります。

 そのため警察が健全化されるということは、内閣(総理大臣と国務大臣)が集ストを認め、対処するということになります。

 集団ストーカー関連で被害限界の突破が起こることが確実である、と政府が判断する段階になれば、つまり政府に逃げ道がなくなったような場合、警察の上位組織である政府が主導で集ストを解決する可能性もなくはありません。

 今のところ警察が腐敗しているのは、議会の腐敗に原因があるようです。 東京が特にひどい状態にあり、議会で優勢な創価学会員によって、警視庁の予算が管理されることで、警視庁全体へ創価学会が支配的な影響力を持つという状況になっています。

 東京のほかには、神奈川・兵庫・大阪・千葉など、創価学会の影響が強い地域が、特に警察の腐敗がひどい地域となっています。

 この状況は日本全体に当てはまるとみられていて、各都道府県の警察組織は議会に入り込んだ、創価学会や統一教会・フリーメーソン系のカルト団体から支配的な影響を受けていると見られています。 2015/12/14, 2016/11/19






末端の探偵経由 … 監視や復讐代行を摘発


 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の加害者としては、末端に近いところに位置する探偵・興信所、民間警備会社などですが、監視や復讐代行などの犯罪行為は、政府や警察も摘発しています。 この延長上に、集団ストーカー対策の法規制が行われる可能性もあります。

 探偵・興信所・民間警備会社などの犯罪となれば、強制尾行犯罪を行う警察や創価学会などに直接対処するよりは、政府や警察も対処しやすいことでしょう。 警察が集団ストーカーを犯罪と認めて対処する訳ですから、この場合でも警察・自衛隊関連の組織全体の健全化が期待できます。

 警察・自衛隊が犯罪者の汚名を着せられることなく対処できますので、罪をしつこくあげつらい、いつまでも許さないような傾向のある、日本の文化を考えると、なかなか現実的なパターンとも言えます。 2016/03/29, 2016/11/19


< 注意 >

 警備会社は警察の天下り先の代表で、警察とは親密な関係にあります。 集団ストーカーは官僚・警察・官僚が主導していますので、警備会社が集団ストーカー被害者に協力的な態度をとることは期待できないでしょう。

 警備会社のセコムは創価企業なので特に注意が必要となるでしょう。 その他の警備会社も、同じような状況にあることが予想されます。 2017/2/5






諸外国の取り組み、国連など海外組織など


(つづく … 諸外国の取り組み、国連など海外組織など) (2015/12/17)

参考 … 海外の活動団体 (2016/03/29)








  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system