集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
韓国・北朝鮮の在日テロ

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 >

韓国・北朝鮮の在日テロ

[south_korea_and_north_korea_in_japan_terrorism]
(2016/01/13)

韓国・北朝鮮の在日テロ … 創価学会の日本占領計画




韓国・北朝鮮の在日テロ

 朝鮮人、韓国人・北朝鮮人と、日本に住む、いわゆる在日韓国・北朝鮮人は、カルト教団を作って集団ストーカー犯罪を行ったり、警察・公安・検察・裁判所などの刑事司法、役所、マスコミ、企業などに入り込み、ときには不正行為を行ってまで、権益の拡大などの目的を果たそうとしています。

 これはいったいどういうことなのかと考えると、一般的には影からの日本の支配を試みているようです。 在日が主導するカルト教団とみられている創価学会はマスコミを支配する担当となっている電通などと共謀して、日本の芸能界へ大量のタレントを送り込んでいます。 それだけであれば、単なる利益の拡大ということでしょうが、最近は、日本の元総理大臣の孫と創価学会員を結婚させるようなことまでしています。

 在日勢力は、以前、マスコミの偏向報道などを利用して日本の政権を交代させたことがあります。 マスコミの偏向報道については、テレビ朝日という朝鮮・在日系とみられているテレビ局が公の場で、偏った報道を行っていたことを謝罪させられるほどの事件となりました。 あきらかな偏りがあったというのが、日本のジャーナリズムの常識です。

 在日勢力のマスコミ偏向報道による政権交代は、今後も計画されることでしょうが、以前、成功したときには、外国人参政権関連法案を成立させようとしていました。 これは地方議員レベルから在日勢力の人間を増やし、足元から日本を支配しようとしていたようです。 この計画は、法案の廃案というかたちで、日本の政治家によって阻止されました。

 在日勢力は、外国人参政権という方法では、日本の支配は難しいということを思い知らされたせいか、次は、日本の元総理大臣と親戚になるという、姻戚支配を試みているともとれます。 2016年1月の元総理大臣DAIGOさんと創価学会タレントの北川景子さんの結婚の裏には、このような目論見があるのではないでしょうか。

 2010年から影を潜めている創価学会のトップ、池田大作名誉会長ですが、彼は日本占領計画などといった時代錯誤したことを本気で主張していたとみられています。 集団ストーカーに警察や司法、役所まで悪用されている、この理不尽な現実をみれば、韓国の国家規模での反日思想統制の目的が、日本の支配であるとしても不思議ではありません。

 日本人を攻撃し、治安を乱し、法律を変えて、政治権力へ影響力を強めるようなことを行い、在日勢力が権益拡大を目指しているのはあきらかです。 他国の政体への過剰な干渉を目指しているわけですから、これはテロリズムと判断しても問題はないでしょう。

 19世紀に考案された他国支配の方法があります。 単純化するとマスコミを支配して、次に政治を支配することで国をのっとるという方法です。 在日勢力の行っている方法はこれと同じです。




歴史は繰り返される … ナチスドイツのユダヤ人迫害の構図

 今後、日本は在日勢力の危険性を少しずつ理解するようになり、いずれは在日排斥運動のようなものが起こる可能性があります。 影で秘密結社をつくり、あちらこちらで不正行為も辞さない方法で、権益を拡大されては、最後には本当に日本を支配するまでに、その力を拡大するかもしれません。

 今の日本の状況と似た状況が、19世紀のドイツで起こっていたのかもしれません。 現在の影の支配者ともいうべきユダヤ人資本系組織は、元々、ドイツ南部で暮らしていたそうですが、当時の彼らが権益を拡大しすぎたせいで、現地住民であったドイツ人は強い危険性を感じ、排斥運動を始めたのではないでしょうか。 これがナチスドイツがユダヤ人迫害を行う背景となっていたように思われます。 ドイツ人もユダヤ人も同じ人間ですから、衝突するにはそれなりの理由があったはずです。 その衝突を利用したのがナチスドイツということだったのではないでしょうか。




在日勢力への日本の対処

 時代が19世紀であるならいざしらず、21世紀の、しかも安全大国の日本で、日本人が人種差別をするようなことは、現実的には不可能でしょう。 それでは、どうやって在日勢力のテロリズムと戦っていけばよいのでしょうか。 在日テロ対策を、平和的に行う方法を、いくつか考えてみました。 うまく使える機会が訪れる可能性もありますので、対処案のひとつ、政策カードの一枚として、心の奥にしのばせておいてほしいと思います。

 在日勢力のようなテロ行為を行う可能性のあるような人種から受ける被害については、世界各国は同情の意を示しはするものの、それでは、在日韓国・北朝鮮人を日本国内から退去させる場合の、引き取り先、在日の受け入れ先となる国があるかというと、当然ですが、なかなか存在しないようです。 我々日本人からすると、韓国や北朝鮮に返してあげれば、とりあえず問題は改善されるのではないかと考えがちですが、当の韓国・北朝鮮に引取りを依頼しても、在日を受け入れない可能性が高いようです。

 北朝鮮に関しては、そもそも国交がありませんので、まずは国交の正常化が必要となるかもしれません。 集スト被害の改善だけを考えると、むしろ国交のない北朝鮮にすべての在日を引き取ってもらえればたいへん都合がよい展開となるかもしれませんが、そのようなことは、当然、不可能でしょう。


 我々、集団ストーカー被害者が問題としている創価学会は、あくまで在日であって、すべてが韓国籍や北朝鮮国籍をもっているわけではありません。 さらに悪いことに創価学会は韓国にも100万人の信者がいて被害が報告されています。 おそらく日本人が受けているのと同様の被害が出ているのでしょう。 おそらく在日カルト信者の受け入れなどには応じないでしょう。

 ナチスドイツがユダヤ人を含む人種迫害を諸国から非難されたときに、ヒトラーは、それほどユダヤ人を助けたいなら、彼らを豪華客船に乗せて送り届けるが、受け入れることができるのか、といったようなことを言って、諸国の批判に応えたそうです。 おそらく、現在の日本もそれに近い状態にあるのではないでしょうか。 諸外国は日本に同情はしても、日本で秘密結社を作って占領しようとした疑いのある在日韓国・北朝鮮人を引き取ってくるようなことはないでしょう。

 警察や司法・政治にまで入り込み、不正行為を合法化するようなやり方は、どこの国でも大きな問題となることでしょう。

 日本が国策として在日を排除する場合、在日は政治難民のような扱いとなるでしょうから、人道主義的には受け入れるべきはずのものとなるでしょう。

 現実的には、在日勢力への対処は、日本が日本国内で対処するしかないでしょう。 そのための改善案の提示です。


・鎖国 … 国交断絶案

 平和的に他国の侵略から国を守る方法のひとつとして、国交断絶という方法があります。 これにより在日勢力と本国韓国・北朝鮮との連絡は困難となり、人や資金・物資の移動をかなり制限することができるでしょう。 この状態を2世代、50年程度続けると、在日勢力の反日思想統制も弱まり、日本人に寄生したり、攻撃したりすることも、徐々に行わなくなっていくことでしょう。

 アメリカも2015年までキューバをテロ支援国家として指定して、武器関連の輸出・販売の禁止、経済援助の禁止、世界銀行による融資の規制などの措置をとっていました。 日本が韓国・北朝鮮をテロ支援国家に指定しても、やむをえないという事態がおとずれたとしも不思議はないでしょう。

 そもそも特亜系の中国・韓国・北朝鮮の反日感情は、特亜と日本の友好関係を阻害する、影の支配者の意図が見え隠れしています。 そのため、友好関係を築こうとするのを妨害されることはあっても、それとは逆の敵対関係を構築するのであれば、大きな妨害にはあわないのではないでしょうか。 在日被害が限界を突破した未来には、そのような選択肢もありうるでしょう。


・朝鮮半島への強制送還案

 日本の治安の乱れや、資産の海外流出が、これ以上防げない状態となってしまった場合は、在日勢力を本国へ強制的に送りつけるということも可能かもしれません。 在日勢力は日々、その勢力を拡大していますが、大きくなりすぎました。

 警察組織へはすでに6000人も送り込み、自殺強要などの犯罪行為の隠蔽や、捜査拒否などの不正行為を働いているとみられていますが、警察組織内では、在日名簿が存在し、その内実はほぼ把握されているとみられています。 麻生さんが総理大臣だったころ、すでに5500人も創価学会員が警察へ入り込んでいるという調査結果がでていましたが、これはかなり精度の高い調査だったとみられています。

 警察組織だけであれば、おそらく、在日勢力を排除することは可能でしょう。 しかし、在日勢力も表向きは通常の警察官などとして働いていて、組織運営に必要な要員となっていますから、すぐに全員を追い出すようなことはしないでしょう。 それでも、排除しようと思えば、いつでもできる状態となっている可能性があります。

 6000人もの大量の人間の素性を隠し通せるはずありません。

 強制送還する場合は、警察組織を健全化し、日本が警察機能を取り戻した後は、警察の力で、ひとりづつ地道に在日を見つけ出し、朝鮮半島へ強制送還するという流れになるでしょう。 創価学会員などは、機関紙の聖教新聞の配布先情報や、会員名簿などから、かなり簡単に判別することができるでしょう。

 強制送還案の問題点としては、在日であるかどうかの厳密な判断が難しいというものがあります。 元は在日であっても、日本人と結婚している場合、その結婚相手や子供は、どう扱うべきかという問題があります。 在日の何世までが、在日なのかという点は、判断が難しいことでしょう。

 在日テロに参加するのは、反日思想に影響されている人でしょうから、思想を基準にして判断する方法もあります。 特定の思想といっても最後にたどり着く先がテロですから、宗教・思想の自由などの範囲からは逸脱しています。 しかし、創価学会員などであれば、明確な判断ができますが、日本の水面下に寄生する在日を探し出すまではできるでしょうが、その思想を明確に判断するのは難しいでしょう。 宗教などは改宗されてしまえばそれまでの話です。

 本来は、ユダヤ系のように宗教や思想の観点から判別すべきでしょうが、こちらの判別のほうが基準がより不明確で難しいようです。


・パチンコ産業の禁止、貸し金業の抑制

 どちらも在日勢力の温床となり、政界へ多額の賄賂を贈っていることが懸念されています。 どちらも規制したほうが、日本の国益を守りやすくなることでしょう。 どちらも生産性がほとんでなく、社会の発展に寄与するところは少ないでしょう。

 2012年のForbesのデータですが、日本の高所得者の上位10人のうち7人が在日韓国人で、上位40位中だと半数の20人が在日韓国人というものがあります。 2015年のデータでは、多少少なくなっているようですが、この規模の在日が裏で盟約を結ぶ、秘密結社システムで動いているとしたら、日本経済をすでに支配しているという可能性も十分ありえます。

 パチンコ産業はアメリカも禁止しているので、日本でも禁止できないことはないでしょう。 他の案の難度とくらべれば、比較的容易なのではないでしょうか。

 貸金業は、完全に禁止する必要はないでしょうが、貸金業者が高所得者の上位に入るような状態は、健全とはいえないでしょう。 より規制されることが期待されます。 (2016/01/13)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system