集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
犯罪支配の境地 … 集団ストーカー犯罪をあえて行わせるという考え方

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 犯罪者コントロール >

犯罪支配の境地

state_of_the_crime_rule 2016.1.28 2016.4.21

集団ストーカー犯罪をあえて行わせるという考え方

 「STOP MIND CONTROL」のサイトに、集団ストーカーの犯罪者にわざと嫌がらせ犯罪を行わせるようにしましょう、という考え方がのっています。 これだけをみて考えると、そんなことをしては本末転倒ですし、そんなことをしては、われわれ集スト被害者は何のために犯罪撲滅を掲げて活動しているのかわからなくなってしまうように思えるかもしれません。

 しかし、これを実際に試してみれば、この考えがいかに卓越した境地に達しているか、理解できることでしょう。 被害者が加害者に集スト犯罪、嫌がらせ犯罪を意図的に行わせている状態というのは、被害やそれを行う犯罪者を、被害者がコントロールしている状態となります。 この状態では、一方的な被害に苦しんでいた被害者が、一転して、場を支配する存在へと生まれ変わります。  2016.1.28 2016.4.21

 考え方を変えるだけで、実際に犯罪や被害の現場を支配できるわけではありませんが、心理的には、場を支配しているといっていいほど、優位な立場に立つことができます。 あの尾行・つきまといも、このノイズキャンペーンも被害者がコントロールして、犯罪者にやらせてあげている、という状態へと、考え方、心の持ちようを変化させることができるのです。  2016.1.28

 集団ストーカーで最も重視される犯罪者の犯行手法は、被害者への精神的な支配です。 犯罪者が最も行いたがっているのは、直接的な命令や行動を強要することなく、被害者の考え方や行動を変化させ、変化させた思考をもとに、犯罪者が望む行動を被害者に行わせることです。  2016.1.28 2016.4.21

 技術的な最終目標としては、犯罪者の言いなりになる操り人形や機械人間を作りだすような、完全な洗脳、マインドコントロールを目指しています。 被害者を社会から排除したり、被害が無くならない状態に慣らすことで、あきらめの感情を植えつけたりするのは、最終的にはすべてこの目的につながっています。

 犯罪支配の境地は、この犯罪者の悪しき目論見を破綻させる強力な武器となる可能性があります。 犯罪支配の境地の前には、何者も精神的な支配など行うことはできないでしょう。

 「STOP MIND CONTROL」は、さすがにマインドコントロール、洗脳や心理誘導などの防止を掲げているだけあって、その分野では先進的な内容となっているようです。  2016.1.28





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system