集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
相撲興行妨害

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 芸能・スポーツの検証 >

相撲興行妨害

電通のCM利権拡大か在日の日本人精神の抑制あたりが目的か

sumo_wrestling_performance_disturbance, 2016/01/26

< 目次 >

遠藤が期待されていたほど活躍していない

相撲は野球のような偶然の要素は少ない

意図的に活躍を阻害されているとすれば、睡眠妨害や電磁波攻撃があやしい

相撲人気の低迷で利益を得る組織があるとすれば電通・創価学会・在日秘密結社などの可能性がある

BPOを使った過剰なNHK批判などのカルト手法を改めれば、創価学会もつぶされずにすむかもしれない

電通のトップは天皇と呼ばれるような時代錯誤者の可能性がある






遠藤が期待されていたほど活躍していない


 若手の日本人力士に遠藤という関取がいます。 学生時代に大活躍し、角界に鳴り物入りで飛び込んできた期待の新人だったかと思います。 初めのうちはまげを結うのに髪の毛の長さが足りないほどの短期間で躍進を見せていましたが、現在は、黒星続きで、世間からさっぱり忘れられてしまったかのような印象があります。






相撲は野球のような偶然の要素は少ない


 遠藤はなぜ活躍できないのか、と考えると、不審な点があります。 遠藤の学生時代の活躍は目覚しいものがあり、プロ野球でいえば、全球団がドラフト1位指名するような、期待の新人だったはずです。 相撲の勝負は1対1の素手の戦いですから、野球のように偶然の要素は非常に少なくなります。 野球の世界では、高校時代に甲子園だけで、たまたま運良く活躍してしまった場合、評価や周囲の期待が高まりすぎてしまうこともあるでしょう。 そのため期待になかなか応えられない選手というのも大勢いることでしょう。

 野球というスポーツは打率3割を超えれば一流選手という扱いになったり、試合の勝ち負けも3回ヒットを打たれても点さえとられなければ負けることはない、といったように、かなり偶然性に左右されるルールを持ったスポーツです。 毎年130試合前後の試合が行われていますが、優勝チームの勝率はおおむね6から7割程度ですので、3割以上は、負けている計算になります。

 クライマックスシリーズや日本シリーズなど最後に決戦が行われていますが、シーズン最下位のチームであっても、確率的には、それなりに勝てる可能性はあるというのが、野球という偶然性の高いスポーツの実情です。 もちろん最下位のチームが実際に勝てる確率自体は低いことには違いありません。

 それに引き換え、相撲は偶然の要素の少ない競技です。 相撲の取り組みは、素手で、ほぼ同じ土俵で、ほぼ同じ時間帯に行われますので、偶然の要素は少なく、実力がそのまま結果に反映されやすいはずです。 その分、怪我や体調不良なども直接的に結果に反映してしまうことでしょう。

 相撲の上位ランカーにあたる、トップの横綱や、次の大関などが、大きく負け越すようなことはあまり起こりません。 相撲業界では、横綱が負け越す(全15戦中、8敗以上負けてしまうこと)ようなことになれば、すぐに引退となってしまうな厳しい一面もあります。 (横綱の引退は通例では怪我などの理由がない場合、10勝あたりが実質的な引退の目安となっているようです。 )

 この実力の反映されやすい相撲という競技で、遠藤のような学生時代まで優秀だった関取が、プロ転向後に急激に活躍できなくなるような可能性は、あまり高くないはずです。 遠藤の不調はかなり不自然な現実にみえます。






意図的に活躍を阻害されているとすれば、睡眠妨害や電磁波攻撃があやしい


 睡眠妨害は、集団ストーカー被害では、長期間やむことのない継続的な被害のひとつです。 心身ともに継続的に能力が低下する状態を強いられます。 嫌がらせを行う集スト犯は面白半分に笑いながら睡眠を妨害をしている姿が報告されていますが、被害者の心身には深刻な被害を与え続けています。

 下の参考リンク先のほうでも説明されていますが、個人の身体能力の低下は、継続的なもであれば睡眠妨害の被害、短期的なものであれば電磁波攻撃による一時的な筋肉収縮・けいれんなどによる被害の可能性があります。

 特に電磁波攻撃は強力でアメリカのブッシュ元大統領ですら、この攻撃を完全に防ぐことはできなかったほどです。 これには当時の証拠映像が残っていますので、電磁波攻撃がどんなものなのか知るためにも一度は確認しておくべきでしょう。

動画:ブッシュ大統領、突然声が出ない?

 遠藤関の場合は、睡眠妨害などによる継続的な被害を受けていることが疑われます。 場合によっては食品に準毒物のようなもの、摂取する組み合わせによっては健康被害が出るようなものを食べさせられているような可能性もあるかもしれません。 ビタミン剤や栄養剤だなどといって、変わった健康食品などをとらされているような場合は、注意したほうがよいでしょう。






相撲人気の低迷で利益を得る組織があるとすれば電通・創価学会・在日秘密結社などの可能性がある


 日本人は大相撲の興行を日本の文化として認識しています。 みなが大好きなスポーツ、とまではいきませんが、好きな人もそうでない人も一定の敬意を払っているような状態にあります。 相撲がそれほど好きでもないような人も、大相撲の結果や、トップ、横綱の名前くらいは常識の一部として知っているものです。

 それに対して、不当な反日感情を植えつけられている在日勢力であれば、日本の国技である相撲の興行妨害自体は、それだけでも日本に被害を与えたとして喜んでいるようなこともあるでしょう。 そのように信じさせるような思想統制を行うのが在日や韓国の反日教育なのです。

 在日にどのような利益があるのか、さらに細かくみていくと、おそらく、日本の国威高揚を阻害するような反日ナショナリズムが、その影に隠れているのではないでしょうか。

 今回の初場所、2016年1月の琴奨菊の優勝は、約10年振りの日本出身力士の優勝となっています。 日本人が国技の相撲で勝てないという状態を長期的に作り出すことで、日本人は弱いかのような印象を植え付けようとしているのではないでしょうか。 日本人から闘争本能や攻撃的な精神を奪おうとしているかのようです。

 この在日の反日理論からすると、AC、公共広告機構などという、おそらくかなり強い電通の支配を受けているであろう組織が放送しているCMの「やさしくなろう」などといった内容も、同じ意図があるのかもしれません。






BPOを使った過剰なNHK批判などのカルト手法を改めれば、創価学会もつぶされずにすむかもしれない


 ちなみにBPO、放送倫理・番組向上機構という組織がNHKの宗教不正、出家詐欺などを扱った番組の内容を、しつこく批判していますが、これも創価や在日系のやり方と類似しています。 ICPO、インターポールの本部があるフランスでは創価学会のことをはっきりとセクト、日本でいうカルトと認定していますが、その判断条件として、訴訟回数が多いことがあげられています。 不都合なことに対して、堂々と不平不満をぶつけてくるやり方を、カルトの特色としています。 BPOが同じ批判を繰り返している事態は、カルト的手法そのものです。

 ちなみに、カルトの条件としてあげているほかのものに、子供に労働などの作業をさせるというものがありますが、これも集ストに子供を利用する創価学会のやり方があてはまります。 これらのことを理由に、日本で創価学会をカルト宗教と呼んでも、特に問題はないでしょう。 創価学会に不満があるとしたら、まずは自分たちのカルト手法を改めるべきでしょう。 不当な裁判をやたらと起こしては敗訴したり(告訴しても85%が創価学会側の敗訴となっているそうです)、子供に集スト犯罪を強要するようなことを、まずは止めなければなりません。

 もしもカルト手法、過剰な裁判告訴や子供への作業強要、集団ストーカー犯罪などの犯罪行為を改めることができれば、ネット社会からすでに犯罪組織認定されている創価学会であっても、この先、名前を変えるなどして、多少は生き残ることができる可能性もあるかもしれません。






電通のトップは天皇と呼ばれるような時代錯誤者の可能性がある


電通の天皇感
 電通トップは天皇と呼ばれて喜んでいる時代錯誤者 (2016/01/26)


< 参考 >
日本人は相撲が弱いのか?
 電通や在日勢力の電磁波攻撃の疑い





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system