集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
ユダヤが創価を助けた説 … 創価学会がリーマンショック時にユダヤ系資本から資金援助を受けた説

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 >

ユダヤが創価を助けた説

[theory_that_jews_helped_soka]
(2016/01/27)

創価学会がリーマンショック時にユダヤ系資本から資金援助を受けた説

 例によって証拠の示せない、予測の域を出ない話ではありますが、表題のような噂があります。 リーマンショックの起きた2008年、当時の日本の高所得者層の人々の資産への認識は、「お金は銀行に預けるのが一番損だ」などということが、半ば常識となりつつありました。 株式市場は、金が金を産む、優れた資産投資先として扱われていました。 2016年現在も似たような認識かもしれませんが、リーマンショックで平均7割も価値が下がる前も、そんな時代でした。 (2016/01/27)

 そのような状況でしたので、創価学会も当然、莫大な資金を株などに投入し利益をあげていたことでしょう。 投入したいた資金が莫大だったのが災いして、リーマンショックの被害もおそらく莫大だったであろうことが予想されます。 そこでユダヤ系資本に助けを求めたとしても不思議はないでしょう。 (2016/01/26)

 そこから協力関係が強化されたのか、創価へのユダヤ支配が進んだのかは定かではありません。 (2016/01/27)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system