集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
集団ストーカー被害者が知るべきこと(1)

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 初心者向け説明 > 集団ストーカー・テクノロジー犯罪 初心者講習 >

集団ストーカー被害者が知るべきこと(1)

被害を自覚すると加害者から排除されやすい

thing_a_group_stoker_victim_should_know_1, 2015/11/28, 2016/11/10

 創価学会の敵対者攻撃マニュアルに、相手に知られずに相手の評判を落とし組織や社会から排除する、という教えがあります。

< 参考 >
創価学会の、このマニュアルは本当ですか?a)創価学会への反対者に対して... - Yahoo!知恵袋
創価学会は金融マフィアのブラックビジネス


 この創価学会と同じような考え方で組織や社会から個人を排除するのが、防犯パトロールなどを利用した防犯利権や医療利権の集団ストーカーや、不正や不祥事の隠蔽目的などで行われる役所や企業などの集団ストーカーです。

 集団ストーカーは隠れて行う犯罪ですから、被害者によっては10年以上も被害を受けていたことに気付かなかったという人もかなりの数にのぼります。

 被害があること自体には気付けても、それが集団的・組織的に行われている犯罪行為であるということは、インターネットを利用して集団ストーカーという存在を知るまでは、なかなか気付くのが難しいのが現状です。

 それでも集団ストーカー、テクノロジー犯罪などは実際に存在します。 気のせいなどではない現実です。 世界中の先進国で被害が報告されています。 集団ストーカーという言葉は海外にも存在します。 英語圏ではギャングストーキングといい、集団ストーカーよりも古い歴史があります。


 加害者側も自分たちが行っていることが、違法監視行為であることは、おおむね気付いているため、被害者がそれを指摘すると隠そうとします。 そのため被害者が被害を自覚したときに、被害が一時的に悪化する傾向があります。

 具体的には被害者を所属組織から追い出した入り、統合失調症やうつ病などの精神病者扱いにして、被害者の知っている不正の告発などをもみ消そうとします。

 企業などは集団ストーカー行為を行っていたということ自体が、企業の信頼を傷つけることになりますので、いち早く被害者と企業との関係を絶とうとして、被害者の排除工作をエスカレートさせていきます。

 精神病工作では、被害者が加害者側から、精神科への受診をすすめられるようなことが起こります。 この時点では、集団ストーカー犯罪はすでにかなり悪化した状態にあり、被害者の排除を決定付けるような強力な排除工作が開始されたと考えてよいでしょう。

 これは集団ストーカー犯罪における一般的なやり方で、加害者が被害者にとどめを刺そうとする行為です。 さらにひどい場合では、警察を使った精神病院への強制入院(措置入院)や冤罪の偽装、事故や自殺に見せかけた偽装殺人などが行われることもあります。

 ただし、これらの特にひどいやり方は、証拠が残ることや犯罪者からみて仲間にあたる無自覚な加害者から非難を受けることなどから、ほとんど実行されることはありません。

 最終手段として実行されることはあるでしょうが、基本的には犯罪の責任から逃れるため、誰にも知られずに相手を排除するという方法にこだわった犯行が行われます。

 このようなことは、とうてい納得できない、不条理な現実ではあるのですが、集団ストーカーなどの被害者になってしまった人は、これを現実として受け止め、被害がなくなるよう対処しながら生きていく以外に、人生の選択肢はありません。

 今のところ被害が完全になくなったという事例はありませんので、集団ストーカー問題と前向きに向き合っていく必要があります。

 また、被害者が何も対処しないでいると、被害はほぼ確実に悪化していきます。 犯罪者は、何もしない被害者のことを、何もできない弱者と判断して、攻撃を強めてくる傾向があります。

 初めから被害者を排除する目的で行われている犯罪ですから、何もしないままで犯罪者から同情を得られるようなことは、まったく期待できません。

 それだけに被害者はなるべく早い段階での問題の解決を目指さしていかなければなりません。

< 参考 >
精神病工作
 精神病の誤診断への対策、統合失調症などの精神病扱いされないために 2015/11/28, 2016/11/10





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system