集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
集団ストーカー被害者が知るべきこと(2) 高度な技術や心理戦による集団的な洗脳行為、被害者ひとりに加害者は10人以上

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 初心者向け説明 > 集団ストーカー・テクノロジー犯罪 初心者講習 >

集団ストーカー被害者が知るべきこと(2)

高度な技術や心理戦による集団的な洗脳行為、
被害者ひとりに加害者は10人以上


thing_a_group_stoker_victim_should_know_2, 2015/11/28, 2016/11/10

 犯罪者が一番やりたがっていることは、被害者に対する精神的な支配です。

 最終目標は、被害者を支配すること、被害者を思い通りに動かすこと、被害者に言うことを聞かせることです。

 具体的には、被害者の社会的活躍や幸福全般を妨害することを目的としています。

 犯罪者は自らの直接的、または間接的な利益のために、これらのことを行い続けています。


 犯罪者が集団ストーキングという監視洗脳作戦を行う場合、一人の被害者を10人以上の加害者で攻撃し、追い込みをかけるのが通例です。

 通常は一人、または少数の人間が監視情報を管理する司令塔となり、10人程度の共犯となる加害者にメールなどで指示を出しています。

 そして、外出中の被害者に対して、つきまとい待ち伏せなどと同時にほのめかしや音声によるおどし・挑発行為を延々と繰り返します。

 被害の期間はたいへん長く、最大では30年以上だと報告している被害者もいます。 このことは日本で1980年代に電磁波による思考盗聴技術が実用化されてから、終わることなく被害が続いている証拠のひとつとも言えます。


 犯罪者・加害者の人数ですが、電磁波攻撃など高度監視技術の使い方によってよは、たったひとりの犯罪者が、大勢の役割を演じたり、複数の加害者がいると錯覚させることも可能です。

 ひどい部類の被害では、電磁波による脳内活動送受信技術とみられる、1対1、マンツーマンの直接的な思考・感情・感覚などに対する思考盗聴・思考感覚かく乱行為による被害も報告されています。

 犯罪者側は「他人の人生を生きる」などといった表現を使っており、被害者側も、動物実験などで証明されている脳と脳を直接つないで、他人の脳内活動を同時体験するような凶悪な精神攻撃であると主張しています。

 この精神直結犯罪のような超高度監視技術ともいうべき被害は報告例が非常に少ないため、現在では、犯罪者側もある程度は使用を規制しているようです。

 たいていの被害は、ここまで悪化しませんので、それほど心配する必要はないでしょう。 しかし、すでに、実際に、同じような被害に合っている場合は、被害者サイト「きまぐれファイル」などを確認してください。 2016/11/10





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system