集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
集団ストーカー被害者が知るべきこと(3) 加害者の暴走、被害は悪化しやすい

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 初心者向け説明 > 集団ストーカー・テクノロジー犯罪 初心者講習 >

集団ストーカー被害者が知るべきこと(3)

加害者の暴走、被害は悪化しやすい

thing_a_group_stoker_victim_should_know_3, 2016/11/13

 特にひどい被害の例ですが、痛みの感覚の送信や皮膚の一部を焼くなど肉体へ直接ダメージを与える被害、また筋肉の誤作動、視覚へのイメージ送信による幻覚のような被害などがあります。

 これらの被害を実際に毎日受けている重度の被害者からすれば、思考の送受信などの被害は、ほとんど無害な被害と思えることでしょう。

 特にひどい被害については、在日勢力や暴力団・海外マフィアなどが行い、さらにそれを利用する公安・警察関係者や政府、超富裕層などが背後で加害行為を依頼しているとみられています。

 被害者が自分を攻撃する犯罪者を選ぶことはできませんので、犯罪者の凶悪性次第となってしまいますが、一度被害の悪化が始まってしまうと、際限なく無慈悲な攻撃が続き、さらにその攻撃はすぐにエスカレートしていく傾向があります。 たがの外れた犯罪者の暴走が始まります。

 ただし、犯罪者の暴走を止めるチャンスも訪れます。 暴力団や朝鮮・中国マフィアのような加害担当者のすべてが極悪人という場合はともかく、通常の場合、無慈悲な攻撃を続けるというのは、攻撃をする側にも心理的に大きな負担となります。

 暴力団員やマフィアであっても善悪感情、良心といったものは理解できますので、馬鹿げた暴走が止められる可能性はあります。 そうとはいえ、悪人に善悪を説教するのも無駄なことですから、実際には、犯罪が公正に対処され、彼らが罰を受けるという可能性を強調するような、いわゆる犯罪性に対するおどしをかけていくことになります。

 幸いなことに、被害のはじめから特にひどい攻撃を受けたという報告はほとんどありませんので、被害の早期発見・早期対応で被害の悪化を食い止められる可能性があります。 被害者としては、被害が悪化しないように、あるいは早く改善できるような対処を犯罪者・加害者勢力へ対してとらなければなりません。 2016/11/13





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system