集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

確認できる世界支配層のトップは?

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正(裏社会) >

確認できる世界支配層のトップは?

top_of_the_world_rule_bed_which_can_be_confirmed_is_a_Swiss_Shelbur ne_person, 2016.9.3, 2018.3.10, 評価:★★★★

< 目次 >

裏社会や支配層の調査・究明について

超富裕層、支配層の主要血族の説

世界の15大財閥

秘密結社と配下の組織

財閥など経済的実力者が真の実力者であるという説

金融の支配者
 ロスチャイルド、ではなくデル・バンコが有力


< 参考 >

ロスチャイルド財閥ネットワークヒストリー
 分かりやすいがあまり正確ではないらしい関係図 2018.1.17

【殿堂入り】世界の組織 まとめ|ウォーカーのブログ 2017.12.7

集団ストーカーの正体 ウォーカーの仮説 決定版!!|ウォーカーのブログ
 集団ストーカー 組織図を参照 2017/8/11

イルミナティ組織図|ウォーカーのブログ
 人口削減計画の目標は5億人 2017/5/18

ロス茶、ロック じゃなかった!キャボット家とメロン家が日本経済の支配者だった。|ぽんちゃんからの伝言
 世界の15大財閥など 2017.11.27

本当に重要な組織は 意外と知られていない 薔薇十字団とは?|ウォーカーのブログ
 創価学会の総体革命もこれが起源か 2017/3/11

シオン長老の議定書 - Google 検索
 裏社会思想や陰謀論の源流となる思想 2017/3/11

2代目シェルバーン伯爵ウィリアム・ペティとは? + ペティ=フィッツモーリス家|ウォーカーのブログ

シェルバーンとタクシス | 掲示板 | 2177

世界の支配者は誰か? - sekainosihaisiya.html

【永久保存版】世界を支配する 秘密結社 イルミナティとは?|ウォーカーのブログ

[竹下雅敏氏]これまでずっと望んで手に入らなかった極めて貴重な情報  - シャンティ・フーラの時事ブログ
 悪魔崇拝の血統―イルミナティの13のゾロアスターの血流 2017.11.29

ロスチャイルドを奴隷として扱う一族 2015.10.16 2018.3.7

TweetTV JP(動画、YouTube版)
 注意:日ユ同祖論や仏教無視などメーソン系バランサーの可能性大

サンカ・アヤタチ上田家・藤原五摂家・客家など日本の支配層について

秘密結社の一覧

世界の大金持ちや大富豪の一覧 2018.3.10

アメリカ合衆国の財閥の一覧 2018.3.10

日本の財閥の一覧の概要 2017.4.23 2018.3.10




裏社会や支配層の調査・究明について


 私個人としては、表に出てこない世界の支配者については、どうしようもないのではないか、とも思いますが、敵を知らずに戦うというのでは勝てないばかりか、知らないうちに危険な状態に追い込まれてしまう可能性もあります。

 私たち一般庶民が不買運動(※1)などの対象にすることができるかどうかは分かりませんが、結局のところ、誰が世界の支配者なのか知っておいたほうがよいことには違いありません。

 以前、世界支配層の上位にいるのがスイスのシェルバーン家だという情報を知ったとき、当時は、ロックフェラーやロスチャイルドの上にもまだ権力者がいるのかと思い、この情報をさらに広めるためこの記事を書き始めることにしました。

 私は自分のことをリサーチャーや真相究明家というよりは、現実的な社会問題を少しでも改善していきたいと考えている評論家や啓蒙思想家に近い存在だと考えています。 そのため裏社会や支配層についてそれほど詳しくありませんが、基本的な部分は理解しておくべきだと考えています。

 シェルバーンについて調べていくと、さらに上にはキャボット家があり、その金庫番がシェルバーンということになっていました。 その後さらに色々な血族や組織があることが分かってきました。

 2017年8月現在のこのサイトの調査状況では、裏社会・支配層のイメージはおおむね次のように分析しています。

 世の中で広範囲に渡って非人道的な特に悪いことをしている人たちは、おおむね秘密結社形式の水面下のネットワークでつながっています。 これは不正や犯罪が世界規模でほぼ同時に起こったり、違う国で起こっているのに共通する手法で行われていることなどから、ほぼ明らかとなっています。

 このことから世界中にある様々な実力組織には、何かしらの世界規模でのネットワークがあるか、あるいはお互いに緩やかな同盟関係にあるようなことが予想されます。

 実力組織というのは、王侯貴族の家系や政財界の巨大実力組織やその家系などのことです。

 それらの実力組織のつながりには、カルト組織が利用されていて、強大な実力組織のほとんどはメーソン系のカルト組織につながっています。 これはいわゆるフリーメーソン・イルミナティの系列で、この系列のカルトが持つ秘密主義が秘密ネットワークの秘密を守るために利用されています。

 具体的には、フリーメーソン入会時の誓約である、裏切り者は命を奪う(首を切り離す)というのが、秘密を守るために強い効果を発揮しているとみられています。 表社会のニュースでも首を切られるタイプの殺人報道が行われることがありますが、これは単なる殺人事件ではなく、メーソン系カルト全般への秘密主義を守るための脅しも兼ねているとみられています。

 裏社会にある秘密ネットワークの最上位にいるのが、ハプスブルグ家などの流れをくむ黒い貴族と呼ばれる王侯貴族の血族で、これがDVDを頂点とするとみられる世界各地の諜報機関や、ダビストック人間研究所やCSISのようなシンクタンク、ブラックロックやロスチャイルドを頂点とするような巨大財閥を支配し、情報や経済力で国連などの世界的な機関や各国政府を支配し、全世界に対して支配的な影響力を持っているとみられています。 またほぼ無宗教状態にある日本人の感覚では分かりにくいですが、キリスト教権力とそれに対立する悪魔教も支配に利用しています。

 世界で巨大な権力を握った王侯貴族の血族が、シンクタンクに世界支配戦略を考えさせ、諜報機関で情報収集と工作活動を行い、財閥や国連などの世界機関や各国政府を使って非人道的なことをも辞さない詐欺洗脳を基本とする支配術を実行しながら、同時に研究も行っている、というのが裏社会、あるいは真の世界の姿となっているようです。

 DVDは略語で、ドイツ語の Deutsche Verteidigungs Dienst(ドイチェ・フェアタイディグングス・ディーンスト)、直訳ではドイツ防衛奉仕団(?)、英語の German Black Intelligence (ジャーマン・ブラック・インテリジェンス)、直訳では黒家族知性体(?)や暗黒同胞諜報機関(?)、の略になっています。 直訳は私のほうで付けてみましたが、あまり正しくないかもしれませんので参考程度にしておいてください。


< 注意 >

 DVDは世界有数の秘密諜報組織となっていて、公安、CIA、NSA、Mi5、モサドなどのさらに上位に位置するとみられています。 これを無闇にネット検索などを行うと、検索した人が裏社会抵抗者ブラックリストのような特別な監視者リストへ追加されてしまうそうですから、興味半分で検索するのは控えるべきだと言われています。

 DVD情報自体がネット社会で隠蔽されている裏情報のようになっていますので、初心者が検索してもたいした情報は得られないうえに、CIAや公安から違法監視や嫌がらせを受けてしまう危険がありますので、この記事の内容を信じるのであれば、みなさんには慎重な対応が期待されます。

 ちなみにこのサイトは何度もデータが削除されたり、管理人が集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害にあうなど、すでに完全にマークされた状態にありますので、機会があったらむしろ調べてみようと思います。 今のところは支配層事情にあまり詳しくないせいか、あまりよい情報は得られていませんが、徐々に詳しくなってきたら、よい情報が得られるようになるかもしれません。

 後日、DVDについて書いている海外サイトを翻訳サイトで翻訳しようとしたのですが、出来ませんでした。これはやはり素人が首を突っ込むべき話題ではないようです。普通に生活している一般の人が無闇に調べることは、このサイトからも反対しておきます。ベンジャミンが説明したときも怒られたようなことが海外サイトに書いてありました。 2017.8.11, 2018.3.4

< 参考 >
スパイ - Wikipedia
 世界の諜報機関の説明 書いてないがスイスはNDB 2018.3.4

スパイが集まる国、スイス 2018.2.5
 「スイスがスパイ会合の聖地」サイトより引用 2018.3.4




超富裕層、支配層の主要血族の説


 超富裕層の上層部、国際的黒幕、黒貴族、フリーメーソン・イルミナティなどの上位はおおむね次の家系が有名どころとなっているようです。 多くの組織や家系が以下の勢力につながっているとみられています。


< 現実的な13勢力予想 >
モルガン一族、ゴールト家、キャボット家、メロン財閥、モルガン財閥、ベアリング財閥、ロイド家、バークレイ家、イギリス王室、天皇家、世界紅卍字会、ロスチャイルド財閥ジェイコブ派、ロスチャイルド財閥イヴリン&デイヴィッド派

 ヴァンガードとウェリントンを支配する謎のモルガン一族、カナダのゴールト家、キャボット家を筆頭とするボストン貴族(ボストン・バラモン)やメロン財閥、イエズス会のヴァチカンを財政支配するモルガン財閥、BPを支配するベアリング財閥、ロスチャイルド財閥よりも上のイギリス最大の金融財閥であるロイド家とバークレイ家、イングランド国教会のボスでもあるイギリス王室(ウィンザー朝)となっているようです。

< 参考 >
世界の15大財閥

< イルミナティ悪魔の13血流 >
シェルバーン、タクシス、サヴォイ、エッシェンバッハ、レーゲンスベルク、キーブルク、フローブルク、ラッパースヴィル、トッゲンブルク、デル・バンコ(ウォーバーグ)、アイゼンベルグ、ブロンフマン

< イルミナティ13血流 >
アスター、バンディー、コリンズ、デュポン、フリーマン、ケネディー、リー、オナシス、ロックフェラー、ロスチャイルド、ラッセル、ファン・ダイン、ダビデ血流(メロヴィング) 2017/8/11


< 上位イルミナティ現当主 >

•ハプスブルク家
カール・ハプスブルク=ロートリンゲン政治家
•タクシス家
グロリア・トルン・ウント・タクシス
•サヴォイア家
ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア
P2ロッジ事件黒幕
•ヘッセン家 ヘッセン方伯モーリッツ
ヘッセン家財団理事長 2017.12.7


 ついで説明すると彼ら個人は強力なマインドコントロール手法で多重人格者教育を受けていて、オカルトの知識を持っているということです。 彼らは錬金術、インド魔術、ドルイド主義、エノク魔術、グノーシス主義、ヘルメティック魔術、カバリズム、プラトン、スーフィズムの訓練を受けていて、オカルトなシステムのすべての系列について学ぶそうです。 キリスト教のカトリックやプロテスタント、その他の一見独立した宗教やカルト団体も裏ではつながっています。

※補足1:イルミナティ関連は主にローマ帝国ハプスブルグ一族や自称ダビデ王など家系。ベネチア(ベニス)の黒貴族の子孫。

※補足2:イルミナティ陰謀説(太田龍など)、イエズス会陰謀説(BFなど)、ロスチャイルド/ロックフェラー陰謀説(副島隆彦など)は、陰謀説へミスリードするための陰謀説という説も。


 それほど詳しく調べられていませんが、広大な土地を所有してお城に住んでいるシェルバーンに対して、キャボットがより大きなお城に住んでいるという訳でもないようなので、一応、表社会から確認できるトップはシェルバーンという認識で、それほど間違っていないのではないかと思います。 キャボット社という企業がありますので、これがキャボットであってキャボットのほうがすごいと言い切れるものであれば、また話は違ってきますが、実際のところは何とも言えません。 ほかにはデルバンコあたりもかなりの実力があるようです。

 ウィンザー家、つまりイギリス王室のほうがもっと巨大な土地を持ってると言われればたしかにそうですが、イギリス女王やローマ法王などは悪魔儀式裁判などで裁かれてしまっていますので、裏社会の実力者としての地位が高いには違いないでしょうが、頂点に近い地位にあるとは言えないでしょう。 ウィンザー家がイギリス王室の所有者ということにはなっているのでしょうが、実際に土地を自由にする権利を持っているとは限りません。 ロックフェラーの資産はビルダーバーグなどが管理していて、ロックフェラーがその資産のすべてを自由にできた訳ではないのと同じかたちになっていることが予想されます。

 近頃話題のクリントン財団も名前はクリントンですが、ビルやヒラリーがそれを運用する権利を持っているということはないでしょう。 古くは奴隷貿易船の名前にみなユダヤ人の名前が付けられていたことが知られていますが、本当に名前の通りユダヤ人がそのすべての権限を所有していたとは考えにくいでしょう。

 裏社会の権力構造については諸説ありますが、おおむねローマ帝国の残党がフリーメーソンやイエズス会と共謀して権力を握り、世界に対して支配的な影響力を持ち続けているといった構図になっているようです。 彼らの権力は国家という区切りを超えたもので、国家間や軍事同盟間の争いごとも、その多くは彼らが意図的に仕組んだものだという見方があります。

 世界支配者として世界の政治軍事的な事件を意図的に引き起こしているとすれば、その割には効率が悪い部分もたくさんありますので、彼らを絶対的な支配者であると考えてしまうことは、軽率な判断となってしまうだろうと思います。

 仮に私がそんな巨大な権力を手に入れたのであれば、有無を言わせないようなもっと圧倒的で完全な世界支配を実現できるような気がします。 しかし実際の彼らは、政治家をおどしたり、賄賂をおくる、あるいは、フリーメーソンなどのカルト宗教などの入信させながら、苦労してやっとの思いで政府を動かして自分たちに有利な状態を、失敗しながらも健気に少しずつ作り上げいるようにみえます。 世界支配者ほどの強権の持ち主が、誰に遠慮して、何に躊躇しているというのでしょうか。 彼らを世界支配者として扱いには、まったくの力不足であると言わざるを得ないでしょう。

 そうとはいえ、世界支配者に近いカルト集団が存在するという可能性もあるといった程度の理解はしておいたほうがよいでしょう。 ちなみにフリーメーソンがその世界を支配するカルト集団の上位組織だとみられています。


 シェルバーン家などはフリーメーソン・イルミナティの主要13血族(家族)とし知られていた、ロスチャイルドやロックフェラーなどのさらに上に位置する血族です。 悪魔の13血族と名付けられていました。 主要13血族のことを悪魔の13血族と表現しているようなので、混同されがちですが、別の家族グループのことです。

 フリーメーソン・イルミナティというのは世界を支配していると言われている秘密結社のことです。 表社会ではグローバル投資家や超富裕層などと呼ばれていますが、実質的には同じ13血族のことを指しています。

 この秘密結社の上層部に位置する13血族も悪の権化のような扱いを受けているのに、さらに上に13血族が存在するとは驚きです。 夢物語のようでもありますが、シェルバーン家などの悪の13血族は実在します。

 今のところ歴史的に具体的な名前などがたどれるものとしては、これが最上位に属する血族とみてよいでしょう。

 フリーメーソンは何千年も前から存在しますが、秘密結社の中の人物の具体的な名前が歴史上に出てくるのはローマ帝国のハプスブルグ家が始まりとなっています。 (諸説あり)

 ハプスブルグ家に入り込みローマ皇帝となった秘密結社、ハザール族、ハザールマフィアといいますが、これが、ロスチャイルド、タクシス、サヴォイアの三家です。 それぞれ、順に金融、諜報(情報)、軍事(暗殺)を得意とする家系でした。

 ちなみに、ハザール(カザール)族の地位ですが、ハザール族がメーソンの頂点にいるというのは有名陰謀論者などが広めている説で、あまり根拠がありません。 その可能性もありますが、言語系列の違いなどがあり、説得力の強い説とはいえません。

 このうちタクシスとサヴォイアは主要13血族に含まれていませんでしたので、私としても疑問には感じていました。 おおかたロスチャイルドの配下にでもなったのだろうと単純に考えていましたが、この両家がさらに上位の悪の13血族に含まれていたのです。 ここで裏社会の歴史がつながっていたことが分かりました。

 他にもイタリアのP2ロッジ(フリーメーソン・イルミナティの拠点となるグランドロッジのひとつ)が政府に排除された後、70年後くらいだったかと思いますが、発見されたイタリア国王の子孫の名前にも、十数個くらいあるミドルネーム最後のほうに「サヴォイア」という名前が含まれていました。 イタリア王家にもサヴォイアの血が流れていたということでしょう。

 そもそも支配層の支配理論では、権力者は表社会には姿を現しません。 悪いことをしているのは本人も理解していますので、表に出るのは危険だということも理解していたのです。 これには文章化された証拠のようなものも残っています。

 金融・諜報・軍事の3つでは、金融以外は影に隠れたままで活動できますので、単純に表に出ないと活動できない金融だけが表社会に出ていたということでしょう。 機能面からしても、力関係は諜報・軍事・金融という順になるでしょうから、諜報や軍事を得意とする家系が金融を得意とする家系よりも上位に君臨していてもおかしくはありません。


 それでは悪魔の13血族は何をしているのかというと、諜報や軍事(現代では暗殺)活動も行っていますが、主に投資活動を行っているそうです。 誰に投資するかというと、その投資先がロスチャイルドやロックフェラーとなっていたのです。

 つまりロスチャイルドやロックフェラーにお金を貸して支配していたのが悪魔の13血族であるシェルバーンなどの家族だったということです。


 ここでまたひとつ疑問がうまれます。 シェルバーンはどうやってロスチャイルドなどを支配するほどの莫大な資産を手に入れたのかということです。 これは歴史的にはスイスの独自の繁栄と関係しています。

 スイスは山岳国家で国民は真面目で粘り強く、頑張り屋だったので、我慢強い兵士からなる軍隊は強く、また山ばかりの土地を攻めても手に入る利益が少ないことから、あまり他国からの侵略を受けずに、傭兵産業を発達させていきました。

 この傭兵の輸出産業は、場合によっては兄弟が敵味方に分かれて殺しあうなど悲惨な歴史を生み出してしまい、スイスは傭兵産業から精密機械産業へ力を入れるように変化していきました。 その結果、時計などの精密機器や火薬などの技術が向上し、軍需産業も発展していきました。

 世界大戦のときはドイツの攻撃にも屈せず中立を守ったことなどが信頼され、また個人情報など機密情報の保護にも力を入れていたため、スイスの銀行は世界から資金が集まるようになりました。

 このスイス銀行に集まった世界中の資金を投資に利用したのがシェルバーンなど悪魔の13血族だったという訳です。

 今でもスイスは世界支配層の中心部となっているのかもしれません。


 しかし、スイス銀行にも変化が起きているはずです。 2015年だったかと思いますが、アメリカがFIFAの汚職事件の調査のため、スイス銀行に個人情報の開示を要求したことがありました。 スイス銀行は予想外にも捜査目的での個人情報の開示を受け入れています。

 スイス銀行はその機密性から世界中の出所の怪しい資金が集まっていました。 スイス銀行はこの機密性から、いわゆるマネーロンダリングやタックスヘイブン(脱税工作地)として世界的な地位を獲得していたのです。

 その特別な地位がFIFA事件をきっかけに崩れている可能性があります。 スイス銀行の情報開示からパナマ文書のタックスヘイブン問題は、アメリカにマネーロンダリングやタックスヘイブン利権を移動させるための一連の工作だった可能性があります。

 現に今のアメリカでは電話ひとつで数万円払えば、サインも何もなしに会社を作れる、タックスヘイブン地域が存在します。

 アメリカがスイス銀行に情報開示させるということは、悪魔の13血族、タクシス家がシェルバーン家などに情報開示をさせたという、自作自演工作だった可能性もあります。 しかし、今の世界情勢を考えると、アメリカのロックフェラー支配はまだそれなりに力が残っているようにみえますので、ロックフェラーがシェルバーンを罠にはめた可能性もあります。

 ロックフェラーがシェルバーンなど上位の13血族の利権を盗み取ろうとしたとすれば、裏社会での一大事件ということになりますが、真相のほどは定かではありません。 このあたりの話は所詮は裏社会の話であって、予測の域を出ません。

 ロックフェラーがシェルバーンをだましていた場合、シェルバーンなど悪魔の13血族側は強力な制裁を加えているころでしょうから、それが今のアメリカかと思えば、それなりに制裁は成功しているようにもみえます。


 ちなみにタクシス一族もかなり強大な権力と莫大財産を持っていて、タクシス家当主が住んでいるドイツのエメラム城は500室もある巨大な建物で、イギリス王室のバッキンガム宮殿よりも巨大なものです。 タクシス一族が全産業を支配するモナコには世界中から情報とギャンブルによる利益が集まって、タクシス家の権勢をより強固なものとしています。 EUの本部がベルギーのブリュッセルにあるのも、タクシス家の本部がブルッセルにあるからだそうです。

 またフリーメーソン・イルミナティでシェルバーン、タクシスなど悪魔の13血族のさらに上にも権力者や組織があり、秘密結社には次のようなものがあります。 シェルバーンやタクシスの当主や実力者であれば、これらに名を連ねている可能性も高いでしょう。

 ナインやセブンというのはいかにもトップというイメージですが、その他の組織の上下関係はよく分かりません。 権力構造としては人数が少ないほうが上位である可能性が高いでしょうが、逆に13種族のような大ネットワークでないと権力バランスが安定しないような可能性もあるでしょう。 2017/8/11




世界の15大財閥


 以下のサイトからの転載です。 意外なことに日本では日本生命が巨大財閥扱いになるそうです。 日本生命はうまく世間から隠れているか、それほど大きくないといったところでしょうか。

ロス茶、ロック じゃなかった!キャボット家とメロン家が日本経済の支配者だった。|ぽんちゃんからの伝言

------ 転載開始 ------

世界の15大財閥

☆ロスチャイルド財閥家
◎ロスチャイルド財閥イギリス家ジェイコブ派
◎ロスチャイルド財閥イギリス家イヴェリン派
◎ロスチャイルド財閥フランス家
◎ロスチャイルド財閥スイス家

☆ベアリング財閥家
◎クローマー伯爵家
◎ノースブルック男爵家
◎レヴァルストーク男爵家
◎アシュバートン男爵家
◎ハウィック・オブ・グレンデール男爵家
◎ベアリング准男爵家

☆ロイド~バークレイ財閥一族
◎ロイド家
◎バークレイ家

☆ジーメンス財閥家

☆エッシャー財閥家

☆デュポン財閥家

☆モルガン財閥家

☆ロックフェラー財閥家
◎ロックフェラー財閥兄デイヴィッド派
◎ロックフェラー財閥兄ジェイ派
◎ロックフェラー財閥弟派

☆メロン財閥家
◎メロン財閥シュワード派
◎メロン財閥マシュー派
◎メロン財閥スケイフ派

☆キャボット家を筆頭とするボストン貴族(ボストン・バラモン)の連合体
◎キャボット家→ステート・ストリートとチキータの支配者
◎ロッジ家
◎ロウエル家
◎コッドマン家
◎クーリッジ大統領家
◎アダムス大統領家→モルガン財閥家の親戚
◎ピーボディ家→モルガン財閥家の相棒
◎アップルトン家
◎デラノ家→ルーズベルト大統領家の親戚、阿片商人
◎パーキンス家→阿片王
◎フォーブス家
◎クッシング家

☆シード・アンド・カンパニー

☆サウード王家

☆中国共産党

☆タタ財閥

☆日本生命

世界と日本の企業の大株主は、殆ど、上記15の大財閥のどれかのものである。


日本の財界、日本企業の株の大半を支配しているのは、ロスチャイルド財閥でも、ロックフェラー財閥でもなく、メロン財閥のバンク・オブ・ニューヨーク・メロンと、キャボット家のステート・ストリート。

------ 転載終了 ------
2017.11.27

< 参考 >
超富裕層、支配層の主要血族の説




秘密結社と配下の組織


 秘密結社関連の組織は大量に存在し、調べるごとに増えているような状態にあります。 こので紹介しているのはおそらく全体の一部にすぎないかと思われますので、その点は注意してください。 また名前を変えたり、新たに作られる組織もありますので、真相究明にはさらに詳しい人たちによる調査分析が必要となるでしょう。


ザ・ナイン・アンノウン・メン(9人の無名の男性、知られざる9人)
ザ・セブン
一三種族
三三人評議会(フリーメイソン第三四階級に相当)
ベネチア(ベニス)の黒貴族
薔薇十字団
マルタ騎士団(カトリック系)
三〇〇人委員会(イギリスに本部を置く影の世界政府の最高上層部とされる組織)
円卓会議(ラウンドテーブル、ミルナー卿)
王立国際問題研究所(RIIA、イギリス、ローズ卿が創設)
ビルターバーガーズ(ビルダーバーグ会議)
シオニスト
イルミナティ(フリーメーソン内秘密結社)
フリーメーソン(P2ロッジなどのロッジが拠点)
ボルシェヴィズム
エルサレムの聖ヨハネ団(プロテスタント系)
ローマクラブ
ドイツ・マーシャル財団
三極委員会(日米欧)
チニ財団
外交問題評議会(CFR、アメリカ)
フェビアン協会
モンペルラン協会
地獄の業火クラブ
イエズス会

< 参考 >
イルミナティ組織図|ウォーカーのブログ
 人口削減計画の目標は5億人 2017/5/18


これらの秘密結社の下に、

国連関連組織(政治支配)、
IMF・BISなど金融系組織(金融支配)、
各種シンクタンク(情報分析・作戦立案)、
Mi-6、モサド、NSA、Mi-5(英国内)、CIA、FSB(旧KGB)、公安・自衛隊情報部などの各地域や各国の諜報機関・特務機関、
カルト団体・カルト宗教・テロ組織、マフィア(暴力団)

などが属しているとみられています。


 また各国の政府やその他の組織はこれらの下で管理されているという扱いになります。 幹部メンバーとなる個人はこれらの秘密結社や主要な組織の複数に属していることが多く、さらに血統的も複数の血統を受け継いでいることがよくあるようです。

 ちなみに勢力・血族・種族などに13という数字がよく出てきますが、秘密結社や会議の内部も13のグループに分かれていることが多くなっています。 イエスの12使徒にひとり足したのが13となるので、自分たちの組織には13という数字を好んで使っているようです。

 支配層の勢力・血流や秘密結社はNWO、究極の世界統治を目的として結ばれたひとつの大同盟や多国籍秘密ネットワークとなっているようです。 イルミナティメンバーはこの大同盟勢力を単にザ・ネットワークと呼んでいるようです。


 このあたりの真相はさらに謎に包まれていますが、私が逆に予想すると、事実を隠蔽するための作り話のような可能性も感じられます。 私が今まで調べた、ユダヤ人の身内争い事件などの情報から予想すると、ユダヤ人社会は実力主義、成果主義に近い社会ですから、仲良く協力し合っているとは考えにくいです。

 そもそも秘密結社のようなものの内部の人間が、人をだまさず、裏切らずに仲良く暮らしているとは思えません。 知られざる9人のような世界支配層の頂点に立つ人間がいたとしても、人はいずれ死んでしまいますから、世代交代が必ず行われます。 次の支配者を誰が選ぶのか、子供が代々引き継ぐとすると、二代目が有能な人物であるとは限りませんので、弱体化していくでしょうし、実力主義でその地位を奪い合うとすれば、巨大権力者同士の争いになりますから、大抗争が発生してしまうことでしょう。

 実際には、巨大な資産家がゆるやかな同盟を結んで権益の維持・拡大を目指しているだけで、数人の人間が頂点に立ち絶対的支配層となるような仕組みにはなっていないのではないでしょうか。 おそらく個別に健全化していくこともできるだろうとみています。 2017/8/11


< 参考 >

秘密結社の一覧

組織・勢力など - 社会不正対策リンク 2018.3.8




財閥など経済的実力者が真の実力者であるという説


 私個人としてはこのありきたりの説に最も強い説得力を感じています。 秘密エリートネットワークというものは秘密であるため指揮管理系統に限界があります。 秘密組織ですからネット掲示板で世界中に連絡したりは出来ないはずです。 秘密ネットワークのグループは内部が何十層に及ぶ階層に分けられていて、異なる階層との間では自由な情報交換が出来ない仕組みになっているということですから、細かい命令を下すようなことには向いていないのです。

 そこまでしないと秘密が守れないということなのでしょうが、その秘匿性は彼らの弱点となっているはずです。 秘密ネットワークの頂点となる支配層は、配下のメーソンたちすらだまして洗脳し作業員として使っていますので、配下のメーソンたちに対しても教えられないような秘密を大量に抱えていることでしょう。

 そのような状況のなか、今の世界で実力を拡大しやすいのは、今の世界で最大の実力となる経済力を持つ財閥や銀行家となるでしょう。 財閥かつ銀行家で支配層の金庫番となっているロスチャイルドは金庫番であっても、自ら富を蓄え勢力を拡大するチャンスにあふれているのではないでしょうか。

 日本で一時期まで実力を拡大していた創価学会の池田大作も暴力団の金庫版から創価学会の創価学会の頂点にまで上りつめています。

 池田大作は自分を日本の支配者などと豪語していましたが、今では植物人間として創価学会の資産保護(相続税の回避など)に利用されているそうです。 そうなると結果的に金庫番はやはり金庫番にすぎず、たいした実力は持っていなかったともとれます。

 しかしながら、支配層のトップがほぼ固定されていると仮定すれば、そこでの権力争い、つまり勢力争いはほとんど起こらないでしょうから、実質的に勢力が変化するのは支配層トップのすぐ下に位置するであろう財閥や銀行家となっている可能性があります。

 裏社会は上下関係が厳しく、この上下関係がひっくり返るようなことはなかなかないようですが、同格同士であれば実力主義となっていて、裏社会の実力となる詐欺洗脳やスパイ・工作活動、情報操作などを盛んに使って争っていることでしょう。

 このような状況で起こる争いといえば、財閥や銀行家レベルでの争いが多くなってくるのではないでしょうか。 支配層のトップ層の権力はほぼ揺るがないものとなっているようにみえますので、世の中で問題となる争いは、財閥や銀行家、支配層系シンクタンク、スパイ・諜報機関、各国政府などの間で、実際には起こっている可能性も十分考えら得るでしょう。

 支配層戦略としては、善悪のバランスをとるという考え方があり、戦争を起こしては支援や慈善活動に励むようなことを同時に行ったりしています。 世界の国レベルでは、戦争やテロを起こす危険国家、今のアメリカやイスラエルのことですが、これらの国々のほかに、テロ戦争国家に対立するロシアのような英雄的国家もつくり、善悪両輪で進み利益を拡大するようなことをしているとみられてます。

 支配層の動きには一定の方向性がありますので、トップや首脳部にあたるもの自体は存在するはずです。 それが本当に王侯貴族の血族なのか財閥や銀行家のトップなのかは、今のところは、まだ判断が付かない状況にあるのではないかと思われます。

 そこから財閥・銀行家などの経済的エリートが本当に支配層のトップとなっている可能性も残っているだろうと思われる訳です。

 財閥・銀行家が支配層のトップであるという説は、今のネット社会ではかなり劣勢で、否定される場合が多いのですが、それこそが支配層の仕掛けた情報戦略であるような可能性を感じなくはないといったのが、今の私の分析です。 トップリサーチャーのような玄人からすると、この説は取るに足らない説なのかもしれませんが、この系統の議論をあまり見かけないので、私としても自説の裏が取れない状況にあります。

 この一般的には稚拙な説とみられていますので、みなさんが主張するには向いていませんので注意してください。 お金持ちが世界を支配しているという表現であれば間違っていないのですが、そのお金持ちの正体となるとまた様々な調査分析が必要となるでしょう。

 逆に考えると支配層のトップが誰であっても、実際に問題を起こしている財閥や銀行家の悪事をやめさせることができれば、犯人が誰であったもそれほど問題とはならないではないでしょうか。 真実は悪徳財閥や悪徳銀行家が倒れた後に明らかになることでしょう。

 日本の歴史で権力が公家(貴族)社会から武家社会へ移っていったように、権力の主体というものは決して変わらないというものでありません。 権力は、現実的な実力をもったところへに移り変わっていくものです。

 支配層のような血族支配は、生まれた家柄で権力者が決まってしまうので常に有能な人間が権力を引き継げるとは限りません。 支配システムの質が上がれば上がるほど、権力者が高い能力を持つ必要がなくなってきます。 そこで無能な権力者と有能な下僕という構造が生まれ、権勢は移り変わっていくのです。

 今の支配層の権力も同じようにしてローマ帝国からハプスブルグ家が奪い取ったものが原型となっています。 その支配層もついに時代遅れの遺物となり、新しい勢力に権力の座を奪われることになるのでしょう。

 今の支配層は人々の人権を完全に無視したまま権力を行使していますので、まったく時代に合わない考え方を持ち続けていると言えます。 その考え方を続ける以上、今の支配層が世界中の人々からその存在を受け入れられることはどう考えてもありえないでしょう。 支配層は世界王や地球王のような形で永続的な支配権を確立しようとしているようですが、人々がそれを認めることはないでしょう。

 今の支配層は確実に滅びの道を進んでいると言えます。 時代は多数派の一般市民の手に戻りつつありますので、私たち一般市民が権利を取り戻していくのが、今後の歴史の流れとなるでしょう。

 これについてはベンジャミンも似たようなことを言っていて、裏社会は血統主義から実力主義・能力主義へ移り変わろうとしていると言っています。 裏社会内部でもそれを求める声が高まってきているということでしょう。

 ベンジャミンも裏社会に属するバランサーとみられていますので、彼の言わんとしていることの真意は支配層内部での権力争いに決着がつき、世界が少しだけ平和に近付く程度の意味でしょう。 しかし、実際には支配層のトップがそれほど大きな実力を持っていなかったということがそのうち露見して、財閥や銀行家たちが反乱を起こし、その中から人々の支持をより多く得た勢力が当面の権力を握るといった流れになるかもしれません。

 テロや戦争を支援し、社会毒として世界中に毒をばら撒いているようなのが支配層の実態ですから、これを敵として排除することは、市民からの支持をえやすいはずです。 支配層の排除は人類の総意であり、人類の願いそのものですから、実現すること自体はそれほど難しくないようにも思えます。 2017/8/11


< 参考 >

(※1) 日本のために不買せざるを得ない企業やサービス
 不買運動とは究極の民意反映法

ロス茶、ロック じゃなかった!キャボット家とメロン家が日本経済の支配者だった。|ぽんちゃんからの伝言
 世界の15大財閥など 2017.11.27

世界の大金持ちや大富豪の一覧 2018.3.10

アメリカ合衆国の財閥の一覧 2018.3.10

日本の財閥の一覧の概要 2017.4.23 2018.3.10




金融の支配者


ロスチャイルド、ではなくデル・バンコが有力

 詳しくは参考に挙げたサイトの「2. ロンバート街にある世界最大手のスタンダード・チャータード銀行(以下SC)。」以降の記事を参照して下さい。参考サイトを読んだことがある人はこの部分の記事を読む必要はあまりないでしょう。この部分の記事は、一応、初心者向けに書いています。ちなみに初心者といってもロスチャイルドの上に、シェルバーンやデル・バンコなどがいることくらいは知っている人向けです。

 世界最大の金融街はアメリカのウォール街というのが日本社会の常識ですが、本当はイギリスのロンドンシティにあるロンバート街です。なぜなら取引額が2倍を優に超えているからです。テレビのフェイクニュースや金融・経済関連の番組でもウォール街が世界一だといっていますが明らかな嘘なのです。日本の常識はなぜか間違った状態にあります。日本はアメリカで有力なフランス系グローバリスト(このサイトでいう支配層)の影響が強いのですが、アメリカで日本を支配するという支配層戦略の都合から、何でもアメリカが偉いのだと情報操作されているのかもしれません。

 そのイギリスのロンバート街にある最大手銀行がスタンダード・チャーター銀行(SC)で、この本店がイタリアのロンバルディアにあります。ロンバルディアの銀行に資産を預ける資産家は税金を払わなくてよいオフショアとなっているベネチア(ヴェネツィア)に資産をおきます。ベネチアはイタリア内にありますが自治領となっていて国家の統制を受けません。そのため無税のオフショア地域となっています。本社の住所をベネチアにして脱税しながらロンバルディア銀行を使っているようなイメージです。

 世界中から裏社会のお金が集まるスイス銀行も元はベネチアの黒い貴族が移住して作ったものです。ベニスの商人が有名ですが、金融、つまり金貸しをしていた商人が元となっています。ベネチアというのはローマ帝国時代に交易や難攻不落の要所として栄えた都市で、ベネチアにいた肌の浅黒い商人たちがローマ皇帝の血筋に入り込み権力を握り、ローマ帝国を分割支配していきました。表社会ではハプスブルグ家が有名で、イギリス王室などもこの出身だと自称しています。現王家のウィンザー家もベネチア貴族の名門です。

 ウォール街はロンバート街に依存し、ロンバート街はロンバルディアに依存しているので、世界の資産はベネチアに集まることになります。そのため世界中の資産がベネチアに集まり、ベネチアが世界の中心、つまり世界の支配者となるそうです。

 そのベネチアの金融界を過去800年に渡って支配してきたのがデル・バンコ一族です。そのため世界金融の覇者はデル・バンコ一族とみられています。デル・バンコ一族は金の相場を決めたり、配下の一族にBIS、FRBなどを支配させるなど、金融の世界で圧倒的な実力を持っています。金融世界の最上層部に君臨し、世界経済を牛耳っているグローバリストの代表格と言えます。

 世界各国の通貨よりも価値の信頼性が高いのが金、ゴールドの実物ですが、この相場はイギリスでデル・バンコなど5つの銀行が決めています。つまり、需要と供給などの市場原理や神の見えざる手によって自然に決まっていると思われている相場は、実際にはデル・バンコなどの金融エリートが意図的に決めていたということです。少なくとも金融の世界全体では市場原理などは働いておらず、誰かが相場を変更していたということです。

 自分たちで金の相場を変更出来るということは、金を各国の通貨と交換するだけで、無限に資産を増やすことが出来るということです。世界の金融がいかにインチキなものだったかということがよく分かります。

 しかしながら、金相場決定権という神のごとき力や金融世界全体への強い支配力を持ちながらも、世界のすべてを支配出来ていないという現実を考えると、デル・バンコにも自由に出来ないものがあり、彼らもルールや競争にしばられていることが予想されます。それは、あるいはデル・バンコすらも支配する上位の支配層の存在するという状況証拠と言ってもいいかもしれません。

 世界の権力構造は相変わらずよく分かりません。個人的には巨大財閥同士の緩やかな同盟がネットワークを築き、利害関係が一致するときは協力し、それ以外ではだましあいながら競争しているイメージがあります。アラブの石油王など世界の支配システムにあまり依存せずにかなりの権力を持っています。そのため権力者がユダヤ人やシオニストである必要は特にはないでしょう。イエズス会やイルミナティは支配層が真相究明家をだましたり、スケープゴートにするために誇張された作り話だという説もありますが、自分がイルミナティだと主張している人にとっては存在するとも言えますし、そもそも秘密結社なので何とも分かりにくいものになっています。。この状態では巨大財閥という視点で権力構造を捉えるのが無難な見方となるだろうとみています。

< 参考 >
戦争のカラクリ 2013.5.25
 戦争や背後の支配層 2018.2.26

< ベネチア裏話 >

 このサイトでは大食い選手権というテレビ番組がテクノロジー犯罪を使って、食欲など選手たちの食関連の能力をコントロールしているのではないかと疑っていました。いくつか記事にしてますが、このサイトへのメディアストーカーのつもりだったのかもしれません。番組ではニューヨークで富裕層の話題を扱うなど、ゆるく支配層について触れていました。

 その大食い番組が2018年2月現在では、どうやら製作が止まっているようなのです。最後に放送された内容では、会場となる場所を日本のベニス(ベネチアだったかもしれませんが)と言って、ベネチアについて軽く触れていました。ベネチアは本当に世界支配層の重要拠点で、スイスと並んで恐らく支配層のトップが実際に住んでいるのではないかと目されている要所です。そこに軽々しく触れてしまったのが原因で大食い番組の制作が止められてしまったのではないかと、大した証拠もないままの状態ではありますが、疑っています。

 さらに心のリフレッシュにゲームをすすめているこのサイトではファイナルファンタジー12(FF12)というゲームも分からないように記事にしているのですが、こちらでもベネチアをほのめかす物語となっていて、作者が不遇な扱いを受けたのもこのが原因かもしれません。FF12ではベーネスという特定の人にしか姿の見えないオバケのようなのが出てきますが、これが支配層のオマージュとなっていて、科学者をだまして世界支配の野望を抱かせるというストーリーになっていました。実際の支配層とほぼ同じパターンです。ゲーム内にはミトラ教関連のアイテムも出てきますし、作者は支配層についてかなりの知識があったことが予想されます。その科学者が「歴史を人間の手に取り戻す」と言っていますが、これが超科学で支配層を倒すという計画とも取れます。このあたりがやりすぎだったのかもしれません。

 今の現実世界でも超科学力となるテクノロジー技術で世界を支配しようという人がいるのかもしれません。しかし残念ながらそれも支配層側の一派閥に属していることでしょう。そうとはいえ技術発展のおかげで、500年振りくらいに支配層が入れ替わる大きなチャンスが訪れている可能性もあります。技術競争となればドイツや日本あたりが有利なはずです。衛星から地上の人が殺害出来てしまう現代の覇者はどの勢力となるのでしょうか。

 今、テクノロジー犯罪技術と呼ばれている技術は実際に世界支配、というと大げさですが、人々をコントロールするのに悪用されていて、今後はさらに使用範囲が拡大されていくでしょう。

 さしあたり一般の人たちに向けられるテクノロジー犯罪は、洗脳やマインドコントロールのような高等な技術ではなくて、政府にとって不都合な行動や思想を妨害したり、矯正するような形で行われていくことが予想されます。お店で万引きしようと考えた人に瞬間的な痛みを与えたり、貧しい人がお金を無駄遣いしようとすると警告的に痛みや不安感を与えるような形になりそうです。政治的な使われ方としては、政府の不正選挙を妨害する人(政府の不正を許さない人)に痛みや不快感などを与えて、彼らの正義の行動を妨害するような使われ方となることが予想されます。

 人気もないのにわざわざ映画化までされたサイコパスというアニメがありますが、これのイメージに近いと予想されます。テレパシー技術で人の精神を測定して、政府にとって不都合な思想の持ち主の行動を自動で妨害するようなかたちを目指しているようです。いずれいしても人々に気付かれないように、言動を誘導したり変更するような形になっていくはずです。支配層は支配層戦略を末端の配下に伝えるため、支配層戦略を体現した物語を作ることがありますが、サイコパスはの典型例といえます。他には、「女王の教室」、「サトラレ」なども支配層戦略の伝達物語となっています。あの異常な世界観は偶然ではなく意図的に作られているとみてよいでしょう。

 陰謀論の話に戻ります。ゲーム内で裏社会事情を扱うことは、普通は陰謀論となりますので、あまり関係なかった可能性もあります。ゲームではありませんが若者文化に隠された陰謀論で有名なのは、アニメのガンダムに出てくる敵軍のジオン軍で、このつづりがZIONとなっていて、シオニストのシオンと同じものになっています。ニュータイプという概念も超能力のような扱いですが、テレパシー技術を隠蔽するための陰謀論となっていたのでしょう。ガンダムばかりが特別扱いされているのも、CIAの陰謀論工作が続けられているからなのでしょう。






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system