集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
日本のテレビには真実や日本人の夢は映っていない 放送内容は利益や思考誘導のための宣伝と在日の夢ばかり

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正 > マスコミ >

日本のテレビには真実や日本人の夢は映っていない

放送内容は利益や思考誘導のための宣伝と在日の夢ばかり

truth_and_a_Japanese_dream_arent_broadcast_by_a_TV, 2016/9/4, 2017/10/17

 私は日本のテレビに日本人の夢などはほとんど映されていないだろうと予想しています。

 テレビに出ている芸能人やスポーツ選手などは8割程度が在日朝鮮系の勢力の人たちですし、そもそもテレビや新聞などマスコミ関係者がすでに8割くらいが在日系の人たちによって運営されているとみられています。

 普通の常識的な人たちには信じられないことでしょうが、さらにその背後でそう仕向けているのがCIAなど世界の諜報工作組織で、そのさらに背後には支配層(※2)と呼ばれている世界的な利権ネットワークがあるのではないかとみられています。 世界的な利権争いの分野ではマスメディアこそが諜報工作の重要分野になっているそうです。

 そのようなことから、テレビに映る世界は、日本人の一部に過ぎない在日系の人たちにとって都合の良い世界観の元で作られており、結果として大半の日本人がみるような夢などはほとんど映されていないようになっているとみられています。

 近頃は特にそれが悪化しています。 またインターネットが普及したことで、この事実を知ることができるようになり、この異変に気付いている人も増えています。

 テレビが夢のあるメディアに思えたのは昔の話です。 さらに言うと、実際にはテレビは初めから在日産業となっていました。 テレビは新聞と合わせて、日本でのマイノリティ、少数民族となる在日系の人たちが、日本で勢力を拡大するための情報操作ツールとなっていました。。

 テレビだけではなく新聞や政府発表、学術的な発表など、国家にとって重要なマスメディアを異民族に支配させるというのは、何百年も前から行われている他国への侵略や分割統治(※1)の方法のひとつです。 これは日本を支配しようとする超富裕層(※2)の仕掛けた罠だとみられています。 直接的には戦後、アメリカが行いました。

 戦争を生き抜いたような昔の老人はテレビを見ると馬鹿になるとか、新聞には嘘が書いてあるから読むな、などと言っていたそうですが、老人の知恵は正しかったのです。 戦中戦後を生き抜いた人たちは戦後の急激な価値観の変化、それを代弁する新聞・ラジオ・テレビなどのマスメディアが流すあからさまな嘘を見抜いていたのでしょう。

 私たち日本人は、IT革命でネットが広まるまで、メディアにすっかりだまされていました。 今でもだまされている人が多いのが現実です。 しかし、ネット利用者は拡大傾向にありますので、日本人は年々、事実に目覚めていくことでしょう。 テレビは在日寡占産業だと理解して、自然とテレビから卒業し、ネットへ移行していくはずです。

 2017年の今現在でも、ネットメディアは情報の質においてテレビ・新聞などのマスメディアを圧倒しています。 今の日本や世界では、より価値のある、より真実に迫る情報を提供しているのはネットメディアであって、嘘を広める偏向報道メディアがマスメディア、マスコミであると、正しく理解されつつあります。

 ネット普及の進む今の状況で、偏向報道を続けるマスコミが信頼を維持し続けることは不可能に近いことでしょう。 マスコミの嘘とそれを証明する事実は日に日に増え続けています。 さわやかなテレビ出演者がいくらもっともらしく説明したところで、嘘が真実になることはありません。 一般的な日本人の認識は、テレビは嘘をつく、という事実をとらえた正しいものに変化していくでしょう。

 テレビが信頼を失ったそのとき、テレビに残される役割は、時間や天気予報を通知するくらいのものになっていくでしょう。 しかし、時間は電波時計で正確な時間が分かり、天気予報もネットで自分の生活している地域の情報が詳細に確認できますので、やはりテレビからの情報に価値を見出すことは出来なくなるでしょう。

 テレビやラジオもスポーツや災害情報を伝えるくらいの役には立ちそうに思われるかもしれませんが、どちらも支配層都合で歪められており、情報としてはあまり価値がないでしょう。

 2017年の北朝鮮のミサイル実験のように、半月も前に世界に発信されていた発射予告情報を政府が隠し、朝6時からテレビやメールなどで一斉に警告を発しても、そのような情報が信用され続けるはずがありません。 朝6時に日本人をたたき起こしておいて、その後は何の根拠もなく、安全だから学校や仕事には行きなさいと伝えていたのが政府やマスコミの実際の姿です。

 ミサイルが発射され、本当に緊急事態になっていたのであれば、次のミサイルが発射されないことなど誰も保証できないはずです。 表向きは敵対国家のように扱われている北朝鮮なのに、ミサイル発射は北朝鮮の予告通り行われるので安全だという馬鹿げた理屈となってしまいました。 逆に北朝鮮の軍事行動の安全性が保障されたよい事件だったとは言えます。

 ちなみに北朝鮮の軍事行動に対する日本の芝居は年々質が落ちてきていますので、支配層などと言っても実際には内部抗争などで人材不足に陥っていることが伺われます。 つまり支配層は衰退する途中にある可能性が高いとみてよいでしょう。

 人材不足というのはつまり2代目、3代目などの後継者が有能ではないということですが、あらゆる権力が衰退するように、権力は自然と人材の質を低下させますのでやむをえないところでしょう。 これも歴史の必然といってもよいでしょう。

 支配層のような隠れて人をだます詐欺師の群れがネットのせいで人々をだませなくなりつつあるのですから、当然、衰退していくしかありません。 今後、支配層側の状況が有利になるような要素は少ないですから、彼らからの被害も年々減っていくはずです。

 IT革命やその他の技術革新で支配層系犯罪が効率化され、それが人々への被害を急激に悪化させ、その結果としてその悪事が隠し通せなくなってきています。 本来は犯罪行為を隠さなければ生きていけないのに、「犯罪を隠すことを忘れた詐欺師の群れ」、これが今の支配層の実情と言ってよいでしょう。

 彼ら支配層が一流の詐欺師であった頃の時代を生きていたような支配層の賢者が生きていれば、自分たちが今やるべき最重要課題は、犯罪を隠すこと、あるいは信頼を取り戻すことであると教えていたのではないでしょうか。 あるいはそれが分かっていても出来ないような実力不足の人材しかいないということかもしれません。 どちらにせよ世界中の人々が平和や人権を取り戻すよい機会なので、支配層にはこのまま衰退していってもらいましょう。

 支配層の話題は一旦終わりにして、テレビで放送されるスポーツについてみてみます。 スポーツに関しても古くからある審判員による不正の悪化や、隠れてテクノロジー犯罪などをあくようする不正が目立ち始めています。 それらの不正は公正な真剣勝負であるはずのスポーツの価値を失わせていくことでしょう。

*nr 171017

 スポーツと言えば、プロ野球選手やプロサッカー選手が、国内で活躍するとすぐに海外リーグに移籍したがる傾向がありますが、これも日本国内のスポーツ運営、審判や競技中の不正を避けたいという意味もあるのかもしれません。 理由は何にせよ、日本のスポーツ界には、自分たちがプレーするほどの価値がないと見ているのでしょう。 海外では海外の差別を受けたりするものですが、それを知っても海外を目指すということは、それに見合った理由があるはずです。

 テレビの娯楽番組の質も低下しています。 あるいはネットメディアの質が上がってきたと言うべきかもしれません。 人々が興味を持つコンテンツはテレビではなくネットが伝える時代になりつつあります。 すでにクリエイティブな人たちの表現の場は特定の勢力が支配的なテレビメディアから、ネットメディアへと変化してきていて、彼らはネットへ活躍の場を移しつつあります。 価値のあるコンテンツを製作する有能な人材は不自由なテレビではなくネットを選んでいます。

 ほかに残されたテレビの役割としては、逆にテレビがネット上の話題を扱ったり、ネット動画を再放送するくらいしかないのではないでしょうか。 テレビがネット情報を扱うときは、同時に思考誘導を行うはずですから、必然的に価値は下がります。 将来的にはネット動画の再放送以外の内容は、ほとんど価値のないものとして扱われることになっていくかもしれません。

 健康関連のテレビ番組であれば、一見すると役に立ちそうに見えますが、テレビの健康番組にはあまり検証されていないようないい加減な嘘情報も混ざっています。 実際にガン医療の取り扱いだけをみても、日本の人たちの命を救おうとしているようには到底思えないような古臭い間違った情報を流し続けています。

 今、世界の先進国ではがん患者は減少傾向にあり、逆に先進国でがん患者が増えているのは日本だけです。 このデータからも日本よりも海外のがん医療のほうが効果が高いことは確実ですが、日本のテレビが伝えるのは、海外ではもう否定されているような治療法ばかりです。

 例えば、日本で行われるがん医療(※3)の代表である、放射線・抗がん剤・摘出手術はアメリカのFDAなど政府系機関では20年くらい前に効果がないと否定されています。 この事実すら伝えずに、アメリカの最新兵器を売ってもらったなど、安保法制などを進めていけば日本はアメリカに守ってもらえるかのような印象操作は行っているのがテレビの現実です。 その間にも日本のがん患者は命を落とすばかりです。

さらに他の部分でもテレビには私たち一般人が損する方向へ印象操作されしていますので、そのリスクを考えるとそれほど見る価値はないでしょう。

 心理・思考誘導や常識の刷り込みなどはマスコミが国民全体に与える共通の被害となっていて、それを行う代表がテレビです。

 テレビは信頼できない嘘情報を真実であるかのように平然と放送し続けている訳ですから、価値のない情報を流すメディアとして情報発信部分はつまり報道関連は特に衰退していきます。

 それはこの先、価値のない情報を流し続けたことへの当然の結果として現実のものへとなっていくことになります。

 テレビメディアへの擁護としては、圧倒的な普及率があり優位な状況にあるので、そう簡単にはテレビの影響力はなくならなないだろうという見方もできます。 テレビのない家はほとんどありませんが、ネットの使えない家はたくさんあるでしょう。

 しかし、この優位性は携帯電話やスマートフォンの普及によってなくなりつつあります。 近頃は街中でも田舎のバス停でも携帯・スマホをじっと覗き込んでいる若者を見かけますが、彼らは恐らく家に帰ってもテレビは見ずに携帯・スマホからの情報に目を奪われているのではないでしょうか。

 私も携帯電話でネットが出来るようになり、さらに通信料が従量制から定額制に切り替わっていたのを知った頃、これはすごいと思い、毎日、移動中や待ち時間に、ときには歩きながら携帯でネットコンテンツを楽しむという生活を送っていたことがあります。

 当時は私ひとりしかそんなことをしている人は見当たらなかったので、まったく気にならなかったのですが、今、多くの若者や主婦、さらにはサラリーマンなどまでが同じようにしている姿を見かけるようになると薄気味悪いものです。(やっている人たちの気持ちは分かりますが)

 彼らのような若者が大人になれば、日本はどうなるかと言えば、テレビよりもスマホを重視する大人が増えていくことになるでしょう。 そのときにはすでにテレビは圧倒的な普及率による影響力などは失っていることでしょう。

 私の体感としても、テレビを見るのは時間の無駄、ネットを見るのは価値ある情報収集といった印象があります。 特にニュースの分野については、複数のニュースサイトか、あるいは最低でもツイッターくらいは見ておかないと、世界から取り残されているように思われます。 2016/9/4, 2017/10/17


< 参考 >

(※1)分断統治
 人々を民族・宗教・身分などで分断・対立させ支配する方法

(※2)支配層、秘密エリートネットワーク

(※3)ガン医療問題、ガンは本当は治せる病気
 抗がん剤は毒物、正しいガン治療・ガン予防のための正しい知識

悲しき楽園計画
 異国で人気者になりたかった朝鮮被差別民の夢



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system