善悪の根拠は感情、正誤の根拠は論理《作成中》

感情が人の判断基準の根源だといった間違った認識をしている人がいるのでもう少し正しい考え方を説明しておきます。もっと厳密な分析の仕方もあるかと思いますが一般的にはこのあたりが妥当だというあたりの分析をしておきます。 2020.4.2

目次 >
As-for-the-basis-of-good-and-bad-sympathy-movement-the-basis-of-right-and-wrong-are-logic, 2020.4.2, 評価(C)
感情や情動がすべての判断の根拠である、というのは間違っています。科学のように客観的な分析や哲学のような抽象的な判断には感情的な判断の対象にならないものがあるからです。

哲学は認識論・存在論・倫理学の3つの分野にわけられます。

何をどこまで知るころができるのか考えるのが認識論です。存在とは何なのか、いる、あるいはあるということはどういうことか考えるのが存在論です。倫理学は善悪がテーマで道徳やモラルを考える学問です。

認識論と存在論が論で意見や主張となっていて、倫理学が学で学問という一連の主張や分析のまとまりになっています。日本語では言葉の上でも区別されています。

ここに出てきた倫理学が道徳を根拠にしています。つまり善悪とそれにあわせて起こる感情の変化や印象など根拠としているのが道徳やその他の善悪に関するルールです。

哲学的にみても感情が善悪の根拠となっていることがわかります。窃盗や殺人などがどうして犯罪であって悪いことなのかというと、悪い、よくないと人が感じるからです。人に親切にすることなどは良いと感じるので良いことになっています。

善悪・道徳・モラルなどについては人にとって普遍的な感情が根拠なので感情で判断すべきことがらです。

ここでマナーについて考えてみます。これは文化や習慣になったルールです。必ずしも善悪が根拠になっているわけではないのですが、守ること自体が良いこととされているので、根拠は半善悪で半理論という位置にあります。

その他のルールも守るべきこととされているので根拠は半善悪で半理論となります。感情はそんなに関係ないものもあるのですが、守るべきということに対して守るか守らないかで善悪の感情が生まれます。

それだけでは善悪が発生しないのが科学や倫理学以外の哲学などの論理的な判断です。足し算や掛け算の問いや答えには正しさや誤りはありますが純粋な意味での善悪はありません。こいうものは善悪で判断することはできません。

重力下での自然落下速度の公式があるのですが、これは物質の落下速度は時間の2乗で加速するとなっています。1秒後と3秒後の落下速度を比べると、3秒後は1秒後と比べて2秒たっているので2の2乗で4倍の落下速度になります。(本当は空気抵抗があるので4倍より低速になります)

こういう論理をみれば善悪とは関係ない判断があることがわかると思います。論理的な判断の基準は善悪ではなく正しさです。正しい論理を追っていけば正しくなり、途中で間違えば誤ります。部分的に正しかったり誤っているパターンもあります。

言葉の上では逆転しているように感じるかもしれませんが、こういうことから正誤の根拠は論理だとタイトルに結論を書いています。正しさは正しい論理を根拠にしていて、誤りは誤った論理が根拠になります。

ここまでがタイトルにある「善悪の根拠は感情、正誤の根拠は論理」の説明です。次はこれが実際に議論されるときにどうなるか考えてみます。

ネット討論会やオリーブの木の代表の黒川さんの主張で人の判断の根源は感情だという意見があります。黒川さんの場合は感情というか「全部ノリだよ!」と言っています。

ここでノリというのが新しく出てきました。これは黒川さんによると「恋愛だってノリで決めてるんだ」とのことでした。これは善悪の根拠となる感情というよりも情動に近い基準です。

学問によって定義が違いますが人文科学では感情と情動を区別しています。感情は善悪を含めた快不快に関わる心の変化です。情動も快不快に関わりますが生命の維持に関わるより生物的な快不快に関する心の変化とされることが多いようです。

情動をもう少し細かくみると安全に関わることやいわゆる三欲、食欲・性欲・睡眠欲、黒川さんのいう恋愛などに関する心の変化のことと考えられます。

感情が社会的な生物である人間集団にとっての善悪であるのに対して、情動はより個人的で生物的な善悪であるといえます。一般的な善悪の根拠が感情で、自分の趣味趣向などが反映される個人的な善悪の根拠が情動といっていいだろうと思います。

黒川さんが恋愛をノリだというのは、それ自体は正しい判断だといえます。恋愛はそもそも個人で責任をとるべき個人の判断ですから、ノリでなくても理由は何でもいいのですが、理屈にならないような情動を根拠としていると考えられるので正しい判断だといえます。

(つづく 2020.4.2)

参考

感情
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9F%E6%83%85
情動
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%85%E5%8B%95

>おかしな議論の対処法(詭弁の記事へ)
相手に説明させる



inserted by FC2 system