目次 > 集団ストーカー 全般 >

集団ストーカー犯罪の流れ

加害工作のライフサイクル

Flow-of-the-organized-stalking-crime, 2019.12.26, 評価(C)
集スト犯罪開始後の周期的な変化や特徴がテーマです。

加害工作は被害者の犯罪理解度や反集スト活動度合い、政治的要因などで変化していく傾向があります。

このテーマでの調査はあまり進んでいないのでこのサイトの分析として予想程度の情報と考えてください。

もっと多くの被害者に確認しないと正確なところはよくわかりません。


目次

工作パターン

被害レベル

流れ・変化

関連・参考


工作パターン

加害工作の観点からパターンを分類します。被害者の観点から分類すると無自覚期・混乱期・安定期・活動期・黙殺期などの分類ができます。被害者の観点は個人差があり重複もするので期間よりも理解度・安定度・活動度などで分類するほうが向いているだろうと思います。

初期

これは被害者が何かの監視被害を受けているのは気づいていても、それがいわゆる集スト犯罪と呼ばれる一連の犯罪であることを自覚していない時期のことです。わかりやすいガスライティング工作が続き被害者への単純な心理誘導工作が行われます。

監視圧力や睡眠妨害は初期からずっと続けられる傾向があります。

長期間被害を受けているベテラン被害者からすれば被害度合いは軽いですが犯罪の理解度が低い初期被害者にとっての心理的な体感被害はかなりひどいものになります。

初回最盛期

これは被害者の犯罪への理解が浅い時期にたたみかけるような特に悪質な加害工作が続けられる時期です。いきなり最盛期から被害が始まるパターンや5年、10年たってから行われるパターンもあります。

被害の最盛期には3~6ヶ月程度、命の危険を感じさせ、死を覚悟させるような悪質な工作が続きます。おおむね3ヶ月以内に収まる傾向があります。

一度加害工作への強い恐怖心を植えつけておくという意図があると考えられます。その後の工作による恐怖支配の準備となっていると考えられます。人体実験としては比較的無知な被害者の反応を確認できるため加害側が重視している工作となっているようです。

安定期

これは初回の最盛期が終わった後の比較的被害が軽くなった時期のことです。加害工作としては最盛期に特に悪質な工作を行うことでその後の加害工作を我慢させ受け入れさせやすくなる意図があることが予想されます。

安定期に入るとそれまでとまったく同じ加害工作が続けられるパターンと時間の経過とともに少しずつ被害が悪化していくパターンがあります。

単純な加害工作が続くのはカルトや暴力団、ブラックバイトなどに移管され実験要素が減った影響ではないかと考えられます。逆に実験要素が強いと少しずつ悪化したり新しい加害工作が試されるのではないかと考えられます。

悪化期

これは被害者の反集スト活動やその他の活動、加害実行主体の思惑、政治的要因などが影響していると思われる被害が悪化する時期のことです。それまでの加害工作よりも強い痛みや苦しみを与える工作が行われます。

加害工作としては被害者への虐待・体罰・拷問を強めることで何かの活動妨害や心理操作を意図があることが考えられます。

被害者が原因を特定できないこともあります。これは愉快犯的な犯罪パターンの実験になっているのではないかと考えられます。

最悪期

これは特に強い痛みや苦しみを与え続けることで被害者の就労や生活自体を強く妨害する時期のことです。加害者側の都合で被害者の排除や活動妨害が最優先課題となることでこの状態になると考えられます。

一時的な悪化期

これは短期的に被害が悪化する時期のことです。被害者の予定やイベント参加などを妨害することを目的とした加害工作の悪化で、予定日の前日などによく行われます。期間というよりも目的に応じた単発の被害というべきもので、安定期や悪化期、最悪期などに行われる傾向があります。

休眠期

これは安定期からさらに被害が減った時期のことです。睡眠妨害やノイズキャンペーンなどは続くものの、それ以外では我慢できないような強い痛みや苦しみを与えられる加害工作は行われなくなります。

加害工作としては集スト手法による恐怖支配がおおむね完了した状態にあると判断された状態なのではないかと考えられます。あるいは被害者の心身の健康状態が悪くそれ以上の加害工作は必要ないと判断しているのかもしれません。

一時的な休眠期は被害者を油断させ、より活発な反集スト活動や過剰防衛などを誘発する心理工作になっていることも考えられます。 2020.4.20


被害レベル

被害の度合いを5段階で表すと次のようなイメージになります。

レベル5:最悪期 … 強い痛みや苦しみによる強制的な妨害工作が行われる
レベル4:悪化期 … 被害者の嫌う工作が実験的に行われる
レベル3:初期 … 無知な被害者に悪質な心理工作が行われる
レベル2:安定期 … 比較的我慢しやすいレベルの工作が行われる
レベル1:休眠期 … 基本的な加害工作以外はあまり行われない

初期は痛みや苦しみを与える加害工作は少ないですが悪質な心理工作が行われるので精神的な被害度合いはもっと高いレベルになることもあります。 2020.4.20


流れ・変化

初期 → (最悪期) → 安定期 or 悪化期 となるパターンが多いようです。最悪期は初期から安定期の間に訪れることが多いようです。

安定期に入ると次は休眠期に変わることがあります。

悪化期に入ると最悪期に発展する恐れがあります。最悪期が何年も続き家で寝たきりに近い状態にされている被害がいます。それとは違い最悪期が収まり加害工作は続いても何とか働けるレベルの被害に収まるようになったという人もいます。

集スト犯罪は政府系の秘密大衆支配工作という側面があるので被害者を経済活動に参加させることで経済全体の活性化や税収増加を狙っているのではないかと考えられます。寝たきりに近い被害者だと生活保護費用がかかるのでその分政府の赤字が増えます。

有能な活動家の反集スト活動の時間を減らすためにあえて加害工作を弱めて就労させ活動時間を奪う工作も行われているようです。集スト犯罪は政府系の権力犯罪なので反集スト活動は政府批判に行き着いてしまいます。政府としてはこれをさけたいのでしょう。

一時的な悪化期はどの時期からも変化する可能性があると考えられます。

支配層戦略の基本になるべく反発が少ない方法で目的を達成したいという思惑があると考えられます。支配層系文書に明文化されてはいないようですがこれに近い考え方をしていることはまず間違いないです。支配層は大衆からの批判を恐れています。

単になるべく少ない労力で大きな成果を出すという意図もあるかもしれません。ですが、支配層戦略はほとんどが詐欺的な手法なのでなるべく恨みを買わないようにして復讐される危険を減らしているようです。反対勢力が拡大するのを恐れているとも考えられます。

休眠期を支配層戦略としてみると集スト犯罪という卑怯な違法行為を続けながらも少ない労力で市民を支配している状態となるので支配理論にあった支配方法になっているのではないかと思います。

支配層戦略では具体的に命令せずに都合のいい行動をとらせるというやり方がよく使われます。日本の政治だと忖度(そんたく)させる方法です。

直接命令すると命令した人間の責任になります。これをさけて実行者の判断でやらせることで責任をなすりつけることができます。責任さえ回避してしまえばどんなに悪いことをやらせても自分は安全だという卑怯なやり方です。

そのためにあえて遠回りな命令が出されたり、間違ったときだけ罰を与えたりしています。そういう方法で心理誘導して空気を読める人間が作り出されています。支配層戦略をうまく読み取り悪いことをした人間を出世させるのもこの心理誘導の手法です。

集スト犯罪のガスライティングやその他の心理誘導もこの延長上にあります。広い意味ではマスコミを信じさせたり権威や上位者に隷従させる思考パターンを植え付けることも他人を支配のための心理誘導のひとつといえます。

睡眠妨害やノイズキャンペーンなどのガスライティング、音声送信・思考盗聴などの人工テレパシー被害は一度始まってしまうとずっと続く傾向があります。すべて行われるとは限りませんがこれらは集スト犯罪の標準工作といえます。

集スト犯罪の加害工作は政府の秘密スパイ工作となっているので各工作も許可制になっているのではないでしょうか。加害工作は危険な実力行使なので何かしらの使用制限があると考えられます。 2020.4.20

< 関連 >

支配層、秘密エリートネットワーク | 社会不正

支配層戦略、NWO、グローバリズム、シオニズム | 社会不正


参考

集団ストーカーのシナリオ 2010/12/8
加害工作を細かく分類し分析 2019.12.26

集団ストーカー筋書き | 集団ストーカー.info 2010/12/8 2019.12.26



inserted by FC2 system