目次 > テクノロジー犯罪 > 電磁波被害と対策 >

電磁波/音波の人体干渉周波数一覧

精神や肉体へ干渉可能な周波数リスト

Human_body_intervention_frequency_list_of_radio_waves, 2016.12.11, 2023.11.01, 評価(B)
一番詳しいリストはバリー・トラウアーさんが公開したものが元になっているのではないでしょうか。

そうであれば信頼性は高いだろうと思います。本当のところは実際に試してみないとわからないのでできそうな人はチャレンジしてみてください。

この記事のタイトルは電磁波の一覧となっていますが音波の周波数一覧も少し扱っています。

それとこれは予想にすぎませんが、電磁波は原子の電子へ音波は生体細胞へそれぞれ影響するので同じ周波数であれば結果的に同じような影響を与えることがあるのかもしれません。 2019.8.30, 2020.6.19

(旧題:電磁波の人体干渉周波数一覧 精神や肉体へ干渉可能な電磁波周波数の相関リスト)

更新履歴 2023.11.01 テクノロジー電磁波犯罪 被害忘備録の情報 更新
2023.11.01 FALCONネットワークからの情報 更新開始
2021.08.21 脳波の分類 追加
2016.12.11 テクノロジー電磁波犯罪 被害忘備録の情報 追加

目次

  1. はじめに
  2. テクノロジー電磁波犯罪 被害忘備録の情報
  3. FALCONネットワークの情報
    1. 集団ストーカーによる音声送信の仕組み解明実験
    2. 集団ストーカーテクノロジー犯罪による音声送信の方法解明(仮説)
    3. 「聴覚刺激信号」に加害者の音声が含まれて「音声送信」されている傍証がまた見つかりました
    4. 音声送信軽減法の実験
    5. 人工テレパシーV2Kの送信周波数が分かった?
  4. 集団ストーカー 電磁波犯罪からの情報
  5. ドイツの振動医学の人体各部位への刺激共鳴周波数
  6. 電磁波効果の医療利用
  7. 脳波の分類

はじめに

電磁波の周波数と言われても、私たち一般人には確認したりはできません。

しかし、実際に試すことができる人には、ぜひ試してもらって、より詳細な情報を公開し、電波犯罪(マイクロ波・超音波なども含む)の危険性を世の中に広めてほしいと思います。

この情報がテクノロジー犯罪被害の改善のために有効利用されることを期待しています。2016/12/11

参考 科学的に立証されている人への影響(短期的ばく露影響)

テクノロジー電磁波犯罪 被害忘備録の情報

27~38Hz … 不眠
48~55Hz … 喘息
50Hz … 生理痛
52Hz … てんかん
60Hz … 痙攣
88Hz … 片頭痛

これらの周波数と同じ周波の超音波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です。つまり病気っていうのは、波動で作られてるって事ですね。この性質を利用して、創価は色んな病気を作り出すんです。2016.8.19

引用元:テクノロジー電磁波犯罪 被害忘備録

FALCONネットワークの情報

集団ストーカーによる音声送信の仕組み解明実験

(中略)

室内で50cmほどの金属アンテナでプリアンプを介してオシロスコープに取り込み、FFT処理によりグラフ化。縦軸は成分強さ、横軸は周波数ごとの分布表示。左端が周波数0で右端がこのグラフでは周波数5kHzにおける成分を表す。中央値2.5kHz.

ひとまず、この信号は「ベースバンド信号」と称す。一般的に言う音声帯域300~3000Hzをカバーしている。

(中略)

実験の結果から大雑把に言って、中波ラジオは浅い水中でも電波は拾えるがFMラジオは拾えないと言われる。

つまりおよそ周波数1MHz以下で送信が行われていると考えていいと思う。

中波ラジオが540kHzから1640kHzが使われており、この中では混信の点から使用されないだろうと推察し、およそ500kHz以下ではないかと予想した。また100kHzより低いと昨今のオーディオ機器などで再生に影響があるのではないかとも思える。

そこで100~500kHzで捜索すると、自宅においては126kHz付近に強い電磁波を観測し、これには変調が掛けられていることがわかった。つまり搬送波である。

(中略)

この信号に掛かっている変調成分を見る。 まずはほぼ74kHz付近。これは数回観察すると「耳鳴り」が酷い時に信号が広がるように感じた。
(中略)

さらに、それらより低い周波数にある幅の広い一連の成分帯。こちらは上記「聴覚刺激信号」と極めてよく似ていて、拡大すると100Hzおきに「トゲ」が観察される。よってこの成分帯が音声そのものだろうと思われる。ただし、周波数帯が4~8kHzに存在するので、被害者が聴き取る音声としての加害者の声とずれている。ここはまだ謎である。

(中略)

この信号は電波である。その証拠に、電界波の他に磁界波が検知される。

また、被害者それぞれ搬送波の周波数が異なっているようだ。予想はされていたが、被害者同士接近していても相互に混信を起こさないように周波数をずらして設定されているようである。

よって、私は126kHzだが別の被害者は違っているだろう。これは一種チャンネルと言えるのではないか。そして私が屋外で行動するとき、一つの送信拠点は守備範囲を超えると隣接した送信拠点へリレーしてつないでいると思える。こうして全国どこへでも常時送信が可能になっているのだろうと思える。

私の自宅では以前に作った機材などを組み合わせて受信をしているが、ほかの被害者さん宅でも観測していただきたいので専用観測機を開発している。

基本的には100kHzから500kHzの範囲で当人向けにキャッチする仕様にしてある。

この受信機は電界波成分を受信するほか、アンテナとしてループコイルなどを外部接続すれば磁力線成分も検知でき、460kHz信号から発信地点を発見したように、方向探知をして送信地点を割り出せるかもしれない。本機と金属アンテナだけでも強さを丹念に観測すればそれからみつけることもできるだろう。

(中略)

電波の強さとその周波数のみを観測するだけの機能で、オシロスコープをつなげば、上記のような変調成分も観測できる。

現在、二台目を制作中で上記の74kHz変調波と26kHz付近の変調波を検知できるようにして容易に「自分のチャンネル」を見つけられるように工夫をできるようにしたいと思う。

引用元:集団ストーカーによる音声送信の仕組み解明実験 2018/08/29

集団ストーカーテクノロジー犯罪による音声送信の方法解明(仮説)


(中略)

観測によると、この聴覚刺激信号はおよそ350Hzから5kHz位までの音声周波数をカバーするように100Hz置きの加害者の音声のそれぞれの周波数について音量の大きさを反映して強調信号が作られているようだ。観測によるとこの信号は「電界波」である。

この聴覚刺激信号の役割は、被害者の聴覚神経のうち、上記100Hzごとの各周波数に相当する聴覚神経を興奮させ、これによって周囲の音の中からその周波数の部分だけ感度を向上させて加害者の声を被害者に認知させる目的だと思われる。

(中略)

の音声は周波数的にはいわゆる音声帯域内の音声なのだがその周波数帯には観測されない。

その音声はもっと高い周波数の搬送波(情報を伝えるための補助をする信号)によって被害者に届いているようだ。

その周波数はおおむね100kHzから500kHz程度までの範囲で30kHzほどの間隔で異なる内容の情報が送り出されているようだ。チャンネルといってもいいと思える。

引用元:集団ストーカーテクノロジー犯罪による音声送信の方法解明(仮説) 2022/12/02

「聴覚刺激信号」に加害者の音声が含まれて「音声送信」されている傍証がまた見つかりました


(中略)

[Aさんからの返信]

早速同梱されていたレコーダーで録音してみました。

30秒ほどのファイルを添付しています。
聴覚刺激信号が含まれているか、ご確認の程お願いできればと思います。

録音日時は11月2日の0時20分頃です。

同調ポジションでの針の振れ方は日中の観測時とほぼ同じですが、少し変わっていました。

大きく振れた周波数
500Hz 
550Hz→細かく小刻みに振れる
650Hz→最も大きく振れる
750Hz
850Hz
950Hz
1100Hz

(中略)

※同梱のマニュアル(音声送信信号モニターの説明)やSDHブログの下記ページも確認しました。
『「聴覚刺激信号」観測中に興味深いことがありました』
https://s-d-h.org/prs/?p=185

※早速受信機で計測し、調節ダイヤルを回したところ、以下の周波数で顕著に触れる箇所がありました。(このときのつまみは「同調」にしました。)
450Hz
550Hzあたり
650Hzあたり
950Hzあたり
1050Hzあたり
1150Hzあたり
1250Hz
一番強いのは650Hzで、次いで550Hzと950Hzが同程度でした。
450Hzは反応が他と比べ微弱です。
1250Hzは針の触れが小刻みに触れ続け、他の周波数より不安定な触れ方でした。

引用元:「聴覚刺激信号」に加害者の音声が含まれて「音声送信」されている傍証がまた見つかりました 2021/11/10

音声送信軽減法の実験

今回実験したのは、かなり単純な方法で、実験用の信号発信器と磁力線発生コイルのみである。
以前にも少しだけ試したことがあったが、その時はあまり効果は確認できなかった。
多分周波数の設定が甘かったのかもしれない。

周波数は450kHzである。
コイルへ加える電圧は約7Vである。
コイルの向きを変えてもあまり変化は認められない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「結果」
・音声送信の音量が全体的に低下する。コイル近傍では特に効果が大きい。
・送ってくる言葉が不明瞭になる。
・耳鳴りが強くできない?耳鳴りはあるがあまり刺激的ではない。
・ヘッドホンで音楽を聴いていると、いつもは加害者の声に割り込まれたり、特定の部分で妙な言葉が聴こえるのだが、それがほとんどない。

※さらに改良して完全に断ち切れるようにしたい。ともかくこれで、音声送信に450kHzが重要な働きがあるようだと分かった。
ただし、音声送信は電界波であると解っている。磁力線では450kHzは検知されない。
加害者の拠点間通信に似ていることから、この音声を送る方法を拠点間での通信に応用しているのかもしれない。20180829T-Day
しばらく様子を見ていたい。

<追記1>
コイルは1.25スクエア(太さの単位)のビニール線を直径30cmほどに30回程度巻いたもの。
昨日から別の発信器を一緒に使い、50kHzも同じように発生させてみた。一段と音量が低下したように感じる。
耳鳴りが小さくなったのが特徴的。
低減効果は、当初よりやや低下したようにも感じるが、慣れのせいかもしれない。
私の場合、合成音の様な甲高い平板な声と普通の生声があるが、合成音の様な声は周囲の騒音が多いと大きく聞こえる。加害者が対応して騒音を強めてきたかもしれない。
生声は相変わらず小さいままで、声は聞こえるのだが何を言っているのか解らない状態。
睡眠中の生声による干渉は防げているように感じる。
合成音は鼓膜付近から発生しているのか、眠っている間は聞こえない。

<追記2>
本日(9月3日)も効果はあるようで、この対策は持続的に有効かもしれない。
ただ、周波数関係は若干シビアなようである。

一昨晩から寝るときにベッド脇にもう一台発振器と磁気コイルを追加してみた。と言うのはメインの発信器とコイルを置いてある場所とやや離れているからだ。かといって部屋を移動するたびに持ち運ぶのはできないから。
結果それほどは大きな変化は得られていないが音質が幾分変わって不明瞭さが増したようだ。
加害者の生声成分がかなり弱い。
まるで、深い洞窟の奥で彼らが叫んでいるようにちいさくかろうじて聞こえる。

「音声キャンセラー」を併用してみた。
私の場合、語り掛けは生声と「合成音の様な平板な声送信」である。
音声キャンセラーは合成音の様な語り掛けにかなり有効だ。
だが、生声の方はあまり効いたとは思えなかった。
音声キャンセラーがあまり効果が無いと言われる被害者はこの生声が主体で合成音の様な声は無いのではないかと思われる。もしかして音声送信の伝わるルートが二種類あるのではないかと思える。
当然仕掛けも二種類なのか?

今回の実験では、生声にはかなり有効だが、合成音の様な声にはさほど低下が感じられない。
そこで音声キャンセラーを併用してみた、すると予想通り、どちらも低下する結果となった。
まだ仮実験なので、慎重に進めたい。

<追記3>
実験を始めてから3週間が経過した。この間、止めてみたり、周波数を少しずつ変えてみたりして効果を確認してみた。
現時点では、実験を始める前とあまり変わらない感じである。つまり「効いていない状態になっている。
加害者にからかわれたのか、彼らが除去する技術を持つのか解らないが。
やはり根本的には、加害装置の破壊除去が必要だろうと思える。
電磁波の性質として、発射された電磁波は他の電磁波では止められないという原則がある。
加害者の送信はまだ確認されていないが、やはり電界波であると思う。
鉄板でハコを作りアースを完全にして、中に入っていればほとんど聞こえなくなるだろうと思う。
だが、それでは一時的な避難ならいいが、生活にかなり支障になるだろう。やはり加害装置を破戒するか加害者の自由を奪うか選択枝は限られていると思う。
今後は加害者からの送信を解読して、録音に残せるような開発実験をしていく。
証拠が残れば加害者も口をつぐむだろう。
強力な抑止力になるに違いない。

引用元:音声送信軽減法の実験 2018/08/29

人工テレパシーV2Kの送信周波数が分かった?

仮報告

私自身に向けた人工テレパシーによる語り掛けの周波数が360kHzらしいことが分かる。

たび重なる室内における測定の結果、常時測定にかかる周波数は360kHzが得られた。

先日から、バラックセットに同じ周波数の発振器を組み上げ、実験を続けてきた。

昨晩から改良した発振器を使い始めた。

発振器に大振りなアルミ板を接続し、周囲から絶縁して近辺に置く。

今まで耳を覆っても離れなかった加害者の語り掛けが遠くで小さくなった。

今までもヘッドホンを使った「音声キャンセラー」があったがヘッドホンがわずらわしく、睡眠中に使用が難しかった。

今度は発振器と金属板を傍に置くだけで小さくできるようだ。

いやな耳鳴りが感じないほど小さくなった。

引用元:人工テレパシーV2Kの送信周波数が分かった? 2015/08/24

集団ストーカー 電磁波犯罪からの情報

並び方は50音順で、数値の単位はHzとなっています。

以下、
人体周波数リスト(1) - 集団ストーカー 電磁波犯罪
人体周波数リスト(2) - 集団ストーカー 電磁波犯罪
より引用。

顎の炎症/ 93.50
脚の静脈炎/ 28.50
脚の水腫 / 44.50
顎の前頭洞、炎症/ 74.00
足の爪 / 75.50
足の爪の異常、例えば成長障害/ 46.50
足の白癬菌/ 37.00 / 100.00
足のリウマチ / 13.00
暖かさと寒さに対する敏感さ / 37.50
アレルギー / 36.00 / 36.50
安定性 / 43.10
胃 / 20.50
胃潰瘍 / 73.00 / 83.00
怒り、嫉妬/ 32.60
胃酸調節 / 59.00 / 74.00
意志 / 84.00
いじけた状態 / 27.50
一般的チャージ / 10.00
胃の括約筋 / 74.50
胃の酵素 / 80.50
胃の中央 / 59.75
いびき / 28.50 / 80.50 / 83.50 / 98.50
いぼ / 26.50 / 36.00 / 85.50 / 89.50
(陰茎)の包皮、一般的 / 75.00
インシュリン、過少 / 92.00
インシュリンh、過多 / 97.50
ウイルス性疾患 / 15.75
右心室の制御 / 43.00
右心不全 / 43.00
運動システム / 23.50 / 62.00 / 63.00
運動中枢 / 45.50 / 96.00
エネルギーチャージ / 12.50
嚥下困難 / 10.50
塩減少症候群、塩減少腎臓 / 79.00
遠視 / 31.50
炎症 / 73.50 / 75.50
オイスタヒイ管 / 27.00
オイスタヒイ管、閉塞 / 29.50
横隔膜 / 67.50
横隔膜 / 91.00
嘔吐中枢 / 32.50
オゾン保護 / 6.75
親指 / 45.50
親指関節 / 100.00
オルガスムス低下、男性 / 19.00
音楽中枢 / 62.50
穏便 / 35.00
温良さの中枢 / 87.50
カ、ブヨなどの刺し傷 / 80.00
外耳炎 / 27.00
下顎 / 83.50
蝸牛穀神経 / 72.50
下肢潰瘍 / 46.00
火傷性水泡 / 18.00
下垂体後葉 / 92.50 / 99.00
下垂体前葉 / 91.50 / 98.00
風邪 / 12.00 / 12.50 / 18.00
肩関節 / 2.00 / 46.00 / 46.50
悲しみの中枢 / 72.50
化膿 / 86.00
下半身の部分的麻痺 / 98.50
下腹部の糸状菌感染 / 53.50
髪の成長 / 85.00
身体の水分の除去 / 79.00
カリエス / 57.00 / 59.00 / 87.00
枯れ草性鼻カタル / 83.50
カルシウム不足 / 52.00
カルシウム欠乏症 / 52.50
下腕症候群 / 1.50
感覚中枢 / 35.00
眼筋、斜視 / 88.50
肝硬変 / 56.00
感情にとらわれる / 27.60
乾癬 / 6.00 / 65.50 / 92.50
関節 / 100.00
関節炎 / 64.00 / 78.00
関節炎 / 99.00
関節間軟骨 / 47.50
関節症 / 56.00 / 64.00 / 78.00 / 88.50
関節中の軟骨形成 / 84.50
関節痛 / 100.00
関節リウマチ / 13.00 / 70.50 / 78.00 / 94.00
肝臓 / 56.00 / 56.25
肝臓のプレコントロール / 69.00 / 79.00
冠動脈性心疾患 / 44.00
癌の疼痛 / 5.00
顔面刺激 / 89.50
顔面麻痺 / 91.50
記憶能力の中枢 / 90.00
気管 / 84.00
気管 / 84.00
気管支痙攣 / 60.00
気管支喘息 / 12.50
気管支喘息 / 82.00 82.50
気管支、気管支炎 / 32.50 / 46.00 / 76.50 / 86.00 / 92.00
気管支粘液性カタル / 24.00
気管支による粘液搬送 / 8.00
気管支の細胞新生 / 96.00
気管支の糸状菌感染症 / 72.00
気管支の弾力性 / 84.00
義股関節に接した嚢 / 81.50
傷周囲炎 / 31.00
喫煙者脚 / 39.50 / 93.50 / 99.50
喫煙者の禁煙 / 3.50
基底核 / 100.00
狭心症 / 43.50 95.50
胸腺Ⅰ / 79.00
胸腺Ⅱ / 69.00
胸椎 / 4.00
胸部の嚢腫 / 3.50
胸膜 / 31.50 / 82.50 / 84.50
胸膜炎 / 11.50
胸膜炎 / 40.50
極性の転換 / 21.50
近視 / 31.50
筋宿酔(筋肉痛) / 4.00 / 6.00 / 10.00 / 45.00 / 70.00 / 80.00
筋肉萎縮 / 45.00
筋肉強化 / 45.50 / 54.00 / 64.00 / 99.50
筋肉痙攣 / 33.50
筋肉痙攣 / 54.00 / 64.00
筋肉痙攣 / 28.00 / 28.50
筋肉構造 / 45.50
筋肉組織 / 45.00
口 / 84.00
唇 / 97.00
鶏眼 / 36.50
芸術中枢 / 52.50
頚椎炎 / 75.50 / 82.00 / 86.00 / 89.00
頚椎症候群 / 95.00
頚椎柱 / 2.00 / 2.50 / 3.00 / 3.50 / 9.00 / 59.00 / 60.00
頚椎柱(HWS)継続 / 67.50
頚椎板 / 67.50
頚部痙攣 / 64.00 / 70.50
頚部疾患 / 82.00 / 86.00 / 89.00
頚部チャクラ / 70.00
頚部中枢 / 20.00
痙攣性発作 / 33.50
下剤 / 63.50
血圧調整 / 48.00
血液温度 / 37.50
血液温度が低すぎる / 18.00
血液滲出を伴う開口障害 / 96.50
血液脂肪(コレステロール過多) / 25.50
血液の希薄化 / 44.50
血液の酸素の飽和 / 50.00 / 50.00
血管運動中枢 / 48.00
血管強化 / 60.50
月経 / 20.00 / 22.00 / 42.00 / 49.00 / 63.00
月経 / 42.00
血栓症 / 44.50 / 45.50
血行障害 / 7.00 / 46.00
結合組織 / 17.00 / 28.00 / 85.00 / 85.50
結合組織の虚弱 / 76.00
血腫 / 83.50
結腸炎 / 63.00
腱 / 66.00
言語障害 / 67.50
言語中枢 / 67.50
幻痛 / 18.50 / 29.50 / 49.50
腱鞘炎 / 25.00 / 66.00 / 66.50 / 88.00 / 92.50
腱の虚弱 / 66.00
腱の裂倉 / 65.00 / 65.50
片腕症候群 / 64.00 / 100.00
睾丸 / 4.50 / 14.00 / 51.00
睾丸の精子生成 / 9.50
交感神経障害 / 65.00
交感神経と迷走神経 / 2.50 / 65.00 / 92.50 / 99.00
口狭炎 / 71.50
口腔唾液腺 / 66.50
高血圧症 / 62.50
高コレステリン血症 / 25.50 / 26.00
甲状腺機能亢進 / 62.00
甲状腺機能低下 / 62.00
抗体 / 20.75
喉頭 / 13.50
喉頭 / 13.50
喉頭 / 71.50
喉頭炎 / 13.50 / 73.50
項首筋部関節症 / 64.50
高尿酸血症 / 74.00 / 75.50 / 89.50 / 95.50
広汎性脱毛症 / 45.00
項部硬直を伴う頭痛 / 96.50
肛門 / 68.00
股関節 / 13.00
股関節炎 / 1.00 / 58.50
股関節炎 / 58.50 / 88.50
股関節炎 / 58.50 / 88.50
呼吸気管、呼吸困難 / 75.00
黒色腫 / 24.50
心の平安 / 23.10
骨格 / 100.00
骨格 / 4.50
骨髄 / 9.00 / 93.00
骨髄増殖 / 95.50 / 96.50 / 100.00
骨髄の機能不全 / 93.00
骨接合術 / 92.00
骨軟化症 / 80.00 / 84.00 / 88.00 / 95.00 / 100.00
鼓腸 / 82.50
骨膜炎 / 58.00
骨瘤 / 7.50
子供のない状態 / 98.00 (※避妊状態と考えられる)
鼓膜切除 / 8.00
鼓膜の瘢痕形成 / 29.50
コルチゾン遮断プロッケード / 48.50
コレラ / 16.00
細胞再生 / 97.50
細胞新生 / 22.50 / 93.50
細胞老化障害 / 69.00
座骨神経痛(女性) / 62.50 / 64.50 / 67.50 / 76.50
座骨神経痛(男性) / 8.00 / 64.00 / 74.00 / 75.50 / 79.50 / 89.50 / 94.00
左心室の制御 / 41.00
左心不全 / 41.00
三叉神経 / 10.00 / 30.00 / 87.50
痔 / 60.50 / 66.50 / 68.50 / 99.50
耳炎 / 98.00
耳下腺 / 8.00 / 29.50
C型肝炎 / 13.00
自我中心 / 87.60
耳管カタル / 29.50
時間中枢 / 10.00
色素形成 / 53.50
子宮 / 8.50 / 57.50
子宮 / 57.50
子宮下垂 / 45.50 / 99.50
子宮の炎症 / 99.50
子宮のコントロール / 88.00
子宮嚢腫 / 57.50
刺激性咳嗽 / 75.00 / 81.00
刺激ゾーンの過敏 / 95.50
歯根炎 / 35.50
思考中枢 / 47.50
視床 / 91.00 / 97.00
視床下部 / 7.50 / 15.00 / 22.50 / 100.00
視神経刺激 / 94.50
舌の感覚麻痺感 / 87.50
舌の麻痺 / 33.00 / 91.00
歯痛 / 8.00
歯痛(熱さ、冷たさ) / 31.00
膝窩中の痙攣感覚 / 35.00
耳道炎 / 27.00
歯肉炎 / 95.50 / 96.00
嗜癖離脱 / 3.50
脂肪過多症 / 32.00 / 35.50
脂肪組織(分解) / 34.50
脂肪肥満 / 2.00
しゃっくり / 10.50
尺骨関節炎 / 69.00 / 79.00 / 82.50
集中力中枢 / 21.00 / 80.00 / 80.50
集中力の欠如 / 80.00
情緒不安定 / 24.50
充足感 / 82.50
十二指腸潰瘍 / 67.00
熟眠障害 / 92.00
術後瘢痕、圧力 / 93.50
循環 / 58.00
循環安定化 / 48.00
消化中枢、その障害など / 25.00
上顎の化膿 / 20.00 / 20.50 / 36.50 / 39.00
松果体 / 2.50 / 7.50 / 96.00 / 100.00
松果腺 / 2.50 / 7.50 / 10.00 / 96.00
小腸 / 61.50 / 62.50 / 67.00
小脳、腫瘍 / 90.00
静脈 / 94.00
静脈炎 / 89.00
静脈血栓症 / 89.50
静脈瘤 / 84.50 / 85.00 / 94.00 / 99.50
暑気の波 / 92.50
食後の倦怠感 / 72.50
食細胞新生 / 66.50
食道 / 57.50
食道軟骨 / 35.50
女性の乳腺 / 3.00
植物アレルギー / 37.50
植物神経緊張異常 / 93.50
植物神経システム / 95.50
食欲刺激 / 35.00
食欲調整機構 / 25.00 / 94.50
食欲不振 / 31.00 / 35.00
視力障害 / 70.00 / 70.50
視力中枢 / 70.00
しわがれ声 / 13.50 / 21.00
心隔膜、中隔 / 42.00
心隔膜刺激 / 65.00
心筋 / 39.00
心筋梗塞予防 / 21.50
心筋層不全、心筋梗塞 / 43.50 / 95.50
神経 / 25.00 / 78.50
神経炎 / 73.50 / 75.50 / 79.50 / 92.50
神経過敏 / 19.00 / 93.50 / 95.50
神経強化、神経構造 / 94.00
神経再生 / 79.50 / 93.50
神経細胞治癒 / 42.00
神経細胞の新生 / 58.00 / 59.50
神経衰弱 / 4.50
神経システム / 51.50
神経制御システム / 39.50
神経性湿疹 / 28.00 / 64.00
神経中枢 / 10.00 / 93.50
神経痛 / 60.00
神経皮膚炎 / 28.00 / 64.00
神経皮膚炎、神経性湿疹 / 63.00
神経、血管 / 92.50 / 99.00
心静脈 / 84.50
心神喪失 / 65.10
心臓,循環 / 47.50
心臓チャクラ / 85.00
心臓中枢 / 40.00
心臓のサブコントロール / 47.50
心臓のリズム / 37.50 / 38.00 / 38.50
心臓のプレコントロール / 7.50 / 15.00 / 78.50 / 97.00
心臓リズム障害 / 38.00 / 38.50 / 95.00 / 97.00
腎萎縮 / 54.00
腎石 / 43.00
腎石、アルカリ性 / 54.00
腎石、酸性 / 86.00
腎石溶解,破壊 / 63.00
腎臓 / 54.00 / 54.25 / 54.50
腎臓、腎盂炎 / 54.50
腎臓、腎石溶解 / 52.75 / 53.00 / 53.50
腎臓嚢腫溶解 / 53.50
新陳代謝 / 46.50
心配な状態、不安 / 5.50
心不全 / 39.00 / 38.50
心膜 / 39.00
心膜炎 / 33.00
水腫 / 79.00
膵臓 / 26.00 / 52.00
睡眠 / 5.00 / 92.50
髄膜炎 / 95.00
頭蓋骨チャクラ / 100.00
ズーデックス萎縮 / 82.50
ストレス / 43.50 / 88.00
生活疾病 / 89.50
生気,気力,活気 / 92.50
精神的調和 / 26.50 / 36.00
精神分裂病 / 93.00
声帯刺激 / 24.00 / 94.50
声帯麻痺 / 29.00 / 94.50
成長制御 / 2.50
成長促進 / 47.00
脊椎のずれ / 59.00
脊髄 / 64.50
脊柱 / 67.50
脊柱の磨毛 / 84.50
性的興奮 / 32.00
性的能力の弱化 / 4.50 / 14.00 / 15.50 / 19.50 / 55.00 / 55.50 / 57.00
性の中枢 / 55.00
性病 / 53.50
生物学的バイオロジカルチャージ / 49.00
生命エネルギー / 12.50 / 36.00
生命エネルギー / 12.50 / 36.00
脊髄疾患 / 16.50 / 100.00
性欲、上昇 / 97.00
性欲コントロール、男性 / 4.50 / 51.00 / 57.00
性欲コントロール、女性 / 2.50 / 38.00
責任感の中枢 / 87.50
絶望感 / 72.40
赤血球、過少 / 94.50
線維肉腫 / 26.50 / 27.00
腺の新生 / 2.50
仙骨 / 94.00
前頭チャクラ / 95.00
前頭洞化膿 / 58.00
前頭骨 / 4.00
前頭部の頭痛 / 7.00 / 32.50 / 96.00
前頭痛 / 7.00
前頭洞 / 74.00
蠕動 / 23.50 / 63.50
前立腺 / 19.50
前立腺炎 / 88.00
創傷熱 / 23.00
想造力の中枢 / 57.50 / 99.00 / 100.00
臓器の細胞再生 / 79.50
鼠径ヘルニア / 76.00
組織の血液供給 / 85.50
卒中発作による言語障害 / 24.00 / 62.50
大喀血 / 8.50
耐久力 / 25.90
帯状泡疹 / 69.50 / 88.00 / 92.50 / 95.00
大腿部の気象感受性 / 68.20
大腸 / 60.00 / 61.00 / 62.00 / 63.00 / 64.50 / 66.00 / 68.00
大腸炎と大腸潰瘍 / 61.00 / 63.00 / 65.00
大動脈 / 95.00
ダニ / 6.00
楽しさ / 22.00
多汗症 / 40.00 / 98.50
多発性硬化症 / 23.50
多毛症 / 81.50
胆石溶解 / 17.00 / 27.00 / 84.00 / 85.00 / 88.50 / 94.50 / 96.00
胆汁 / 38.00
胆汁生成 / 38.50 / 38.50
胆汁、制御 / 74.50
胆石 / 66.50 / 90.50
胆嚢 / 63.50
智歯 / 93.50
治癒過程の悪化 / 12.50 / 23.00
治癒中枢 / 12.50 / 18.00 / 23.00 / 28.00
腸炎 / 96.00
腸潰瘍 / 96.00
聴覚中枢 / 60.00
腸粘膜障害 / 61.50
腸の運動機能 / 62.00 / 63.00
腸閉塞麻痺,イレウス / 64.50
聴力中枢の障害 / 60.00
直観 / 7.50
直腸 / 60.50
直腸炎 / 60.50
直腸潰瘍 / 60.50
直腸嚢 / 66.50
直腸麻痺 / 63.50
腸の括約筋の弛緩 / 68.50
腸壁によるエネルギー摂取 / 55.50
腸領域のポリープ / 64.00
調和がとれていること / 16.50
鎮静 / 5.50
椎間板、その変性など / 2.50 / 67.00 / 68.50 / 92.00 / 96.00
痛風(尿酸が多すぎる) / 74.00 / 75.50 / 89.50 / 95.50
ツベルクリン、Koch / 5.00
低血圧 / 48.50 / 49.00 / 49.50
低血糖症 / 64.50
テタニー / 92.50
テニス腕 / 66.50
手の爪の異常、 / 42.50 / 46.50
癲癇、癲癇発作など / 12.00 / 33.00 / 33.50 / 37.00 / 90.00
天候に対する敏感さ / 33.00 / 50.50 / 99.00 / 99.50
天然痘 / 33.00
套管増殖 / 8.50
頭脊椎 / 2.00 / 2.50 / 3.00 / 3.50
頭脊椎、弯曲 / 3.00
頭髪色の喪失 / 93.50 / 97.50
頭皮、上部 / 85.00
頭皮のふけ / 85.00
動脈 / 94.50
動脈硬化症 / 6.50 / 85.50
動脈硬化症の予防 / 14.25
どもり / 62.50
内分泌腺 / 98.00
軟骨分離 / 7.50
難聴 / 60.50
肉体的健康 / 8.00
入眠障害 / 34.00
乳房炎 / 98.50
尿管 / 86.00
尿酸形成 / 95.50
尿酸調節 / 74.00
尿停止 / 90.50
尿道 / 88.00
尿閉 / 90.50
認識の中枢 / 66.50
根チャクラ / 45.00
熱 / 0.50
粘液嚢の炎症,粘液嚢炎 / 54.50
粘膜炎 / 75.50
脳(血行改善) / 19.50
脳萎縮 / 10.00
脳萎縮 / 34.50
脳腫瘍 / 90.00 / 95.00
脳の介在細胞 / 4.00
脳の緊張異常 / 97.50
脳の血行障害 / 19.50 / 19.75
膿泡(消体) / 18.50
膿瘍 / 86.00
歯、歯の領域の圧力 / 79.50
肺 / 72.00
肺炎 / 6.50
肺気腫 / 72.50
肺結核 / 72.00
肺水腫 / 72.00
肺腺維症 / 7.50
肺の膨満 / 72.50
覇気 / 52.90
覇気、不足した / 77.50
ハウスダストアレルギー / 36.50
発汗促進 / 82.50
発汗、更年期性 / 98.50
白血球減少症 / 84.50
白血球増加症 / 59.50
白血球病 / 59.50
白血病 / 16.50 / 55.50
白血病の予防 / 36.60
鼻 / 12.00 / 74.00
鼻かぜ / 2.00 / 5.50 / 12.00 / 26.00 / 26.50 / 66.00 / 75.50
鼻かぜ、継続 / 81.00 / 94.00 / 95.50
パーキンソン氏病 / 88.50 / 95.50 / 96.50 / 100.00
バクテリア性腸疾患 / 0.50 / 40.25
瘢痕の治癒 / 18.00 / 28.00
ひじ / 100.00
ひざ / 100.00
ひざと手首の関節痛 / 100.00
ひざの関節炎 / 100.00
ひざの関節症 / 100.00
膝の軟骨 / 7.50 / 63.50
脾臓 / 11.50
脾臓(カルブンケル) / 11.50
脾臓チャクラ / 55.00
皮膚アレルギー / 35.50 / 36.00 / 36.50
皮膚、コントロール / 4.50 / 6.00 / 51.00 / 57.00
皮膚紅班 / 23.00 / 88.50
皮膚白班 / 68.00 / 86.00
皮膚新生 / 41.50
皮膚中枢 / 85.00
皮膚病、変性 / 97.00
皮膚の細胞再生 / 69.50
皮膚の調節、脂性/乾性 / 52.00
皮膚の老化 / 30.00
日焼け / 72.50
B型肝炎 / 17.00
百日咳 / 28.50
百日咳 / 58.50 / 59.00
百日咳 / 59.00
猫毛アレルギー / 70.00 / 77.50
貧血 / 70.00
敏感さ、上昇 / 92.50
不安神経症 / 61.50 / 90.00
電磁的障害 / 99.50
腹啌神経叢、制御 / 15.00
風疹 / 1.00
副睾丸、左に嚢がある / 57.50
副甲状腺調節 / 62.50
複雑骨折 / 33.00
複雑骨折の際の気象感受性 / 33.00
複式呼吸 / 90.00
副腎 / 52.75 / 53.00 / 53.50
副腎機能低下 / 53.00
副腎ホルモン / 24.00
副鼻腔 / 57.00 / 58.00
副鼻腔炎 / 57.00
不感症、冷淡 / 97.00
プラズマ細胞腫 / 35.00
噴門 / 49.00
粉瘤 / 37.00
平衡中枢、 / 30.00 / 97.50
へそチャクラ / 90.00
ヘモグロビン / 23.70
辺縁中枢 / 5.00 / 12.50
扁桃腺炎 / 20.50 / 35.00 / 71.50 / 75.50 / 87.00
扁桃腺アンギナ / 52.00
偏平足 / 71.00 / 71.50 / 72.00 / 89.00
歩行障害 / 45.00 / 45.00 / 81.50 / 85.00
膀胱 / 64.80 / 68.50 / 87.00
膀胱筋 / 68.50
膀胱症候群 / 84.00
膀胱腫瘍 / 94.50
膀胱の括約筋の弛緩 / 68.50
ホジキン氏病 / 33.50
蜂巣織炎 / 7.50
骨の細胞新生 / 69.00
骨の治癒 / 82.50 / 85.50
骨の溶解、骨粗しょう症 / 69.50 / 96 .00
ポリープ消退 / 12.50
ホルモン中枢 / 20.50
ホルモンバランス、女性 / 2.50
ホルモンバランス、男性 / 3.50
防衛酵素 / 50.00
巻き毛形成 / 88.50
マグネシウム不足 / 46.00
まじめさ / 42.50
麻痺 / 28.50 / 80.50 / 98.50
右腕の神経 / 3.00
水とグローバル / 48.00
耳鳴り / 27.00 / 29.00 / 29.50
耳の痛み / 8.00
夢遊病 / 99.00
胸の膿疹 / 77.00
眼 / 64.00 / 72.50
眼、緑内障 / 70.00 / 98.50
眼の角膜 / 64.50
眼の角膜、退行変性 / 18.50
眼のガラス体の混濁 / 72.50
眼、白内障 / 75.00 / 79.00
瞑想神経の刺激 / 2.50
免疫調整、 精神及び肉体 / 11.00 / 84.50 / 97.50
免疫調整 / 11.50 / 19.50 / 26.00 / 58.00 / 68.00 / 84.50 / 97.50
毛細管 / 7.00
毛根 / 45.00
網膜 / 74.50
網膜、コントロール / 65.50
網膜剥離 / 66.50
門歯炎 / 93.00
薬剤に対する不耐性 / 47.10
夜尿症 / 45.50
夜尿症 / 96.00
勇気 / 77.50
幽門 / 58.25
幽門 / 73.00
夢の中枢 / 97.50
腰椎 / 69.00
腰椎 / 76.00 / 95.00 / 100.00
腰部リウマチ / 94.00
抑圧 / 91.50 / 92.50 / 94.50 / 99.50
卵核 / 57.00
卵管 / 13.00 / 89.00
卵管炎 / 58.50
卵管炎 / 58.50
卵巣 / 64.00 / 98.00
卵巣 / 64.00
リウマチ / 6.50 / 64.00 / 66.00 / 74.00 / 75.50 / 94.00
リウマチ性多発関節炎 / 64.00 / 73.50
リウマチ結節 / 74.50
流行性感冒 / 58.50
流行性感冒 / 58.00 / 84.00
利尿薬 / 86.00
利尿性 / 86.00
隣人愛の中枢(エゴイズム) / 82.50
リンパ液 / 27.00
リンパシステム / 75.00 / 95.00
リンパ性咽頭輪 / 33.00
リンパ腺炎 / 68.50
リンパ肉腫 / 25.50
リンパ肉腫症 / 76.50
涙腺機能 / 11.00
神経性食欲欠如症、精神的な原因 / 31.50
食欲欠如症 / 32.00 / 34.00
レガステニー / 56.50
冷淡 / 27.50
狼瘡 / 93.00
助膜(※1) / 21.50 / 90.00
助膜炎(※1) / 21.50 / 95.50
引用終わり。
< 当サイトの補足 >
(※1) … 「助膜」は「ろくまく」と読み、漢字は月偏の「肋膜」とするのが一般的なようです。2016/12/11

ドイツの振動医学の人体各部位への刺激共鳴周波数

以下のサイトから引用。
電磁波等による犯罪の科学技術の要点
電磁波等による犯罪 -Stop Mind Control- サイト内ページ
------ 引用開始 ------
睡眠中枢 :5Hz       中枢神経系:10Hz
太陽神経叢:15Hz      自律神経系:65Hz
頚部   :20Hz      消化器系 :25Hz
平衡器系 :30Hz      視覚系  :70Hz
聴覚   :60Hz      呼吸器系 :75Hz
心臓系  :40Hz      運動中枢 :45Hz
血液循環系:50Hz      リンパ系 :95Hz
性機能系 :55Hz      皮膚系  :85Hz
骨の関節 :90Hz      胃    :73Hz
心臓   :40Hz      肝臓   :56Hz
腎臓   :54Hz      すい臓  :26Hzと52Hz
子宮   :88Hz      前立腺  :19.5Hz
胸腺   :69と79Hz   大腸   :61Hz
神経   :25Hz

------ 引用終了 ------ 2018.2.20

電磁波効果の医療利用

電磁波の人体干渉一覧の中にある効果は、ほとんどのものが医療・健康分野で有効利用できる可能性があります。電磁波技術の健全な利用法となることも期待されますので有望と思われるものをいくつか挙げておきます。医療・健康分野の関係者の方はぜひ活用の道を探ってください。

以下は基本的には医療や健康増進に活用できる可能性のあるものです。具体的な目的が予想できたものや医療以外の目的は括弧で示しています。

特にビジネスに直結し実現しやすいであろうものを先に挙げておくと次のようなものがあります。どれも夢のような効果が期待できて、実現すれば既存の医療体制が崩壊するような劇的な変化が起こることが予想されます。

またそれだけに電波系技術を隠蔽しようという圧力が強くなっているのかもしれません。

残念なことですが、これだけいろいろなことができるということは、被害者の心身の状態が強制的に変更され、事故や犯罪を意図的に起こすような犯罪行為に悪用されている可能背も否定できません。

・糖尿病治療(インシュリン調整)
・ダイエット
・増毛、脱毛
・頭痛緩和
・免疫調整(癌治療、臓器移植、その他の体調回復全般)
・血圧調整
・筋肉増進
・眼科治療
・記憶力などの脳機能の増進
・睡眠、精神安定
・乳幼児や老人の排泄支援、即効性の便秘改善

その他のものも医療に有効利用されれば医療分野の画期的な発展を促すことでしょう。

ちなみに音波のほうでは超音波を骨にあてると、音波エネルギーが吸収され骨の温度を上げ、結果的に体温を上げることができます。これをうまく使うと、消費エネルギーの少ないエコ暖房が実現され、一年中薄着で過ごせたり、寒冷地での人の活動を大きくサポートできる可能性があります。

人の骨よりも超音波の吸収率がよく、熱エネルギー変換の効率がいいカルシウム素材などが開発されれば、原子力や火力などよりも効率のいいエコ発電ができるようになるかもしれません。

超音波技術の有効利用にもかなり大きな可能性がありそうです。 2017.11.19, 2019.1.12

< 参考 >
CNN特集 電磁波兵器(1985年)MKウルトラ・集団ストーカー関連[マインドコントロール兵器 ロシア 新冷戦 ニコラ・テスラ テスラコイル HAARP 脳神経倫理学 EMP兵器 ホ 2019.4.14
電磁波の医療利用にも言及 2019.8.30

その他の有望な効果

・インシュリン調整(糖尿病治療)
・穏便、温良さの中枢(囚人や危険人物の沈静化・犯罪抑止)
・髪の成長(脱毛・増毛)
・身体の水分の除去
・カルシウム調整
・肝臓機能
・癌の疼痛
・記憶能力の中枢(認知症)
・気管調整(ぜんそく)
・傷周囲炎
・心臓病、心筋調整(心筋梗塞)
・視覚治療
・筋肉調整(医療・筋肉増強・スポーツ・麻痺)
・下剤(便秘対策)
・眼科治療
・血圧調整、血管強化、血栓症、血行障害
・血液の酸素、脂肪(コレステロール)、貧血などの調整
・ホルモンバランス、リンパの調整
・月経
・骨格(骨粗しょう症・成長障害)
・骨髄
・細胞再生、細胞新生、細胞老化
・脂肪過多、脂肪分解、食欲コントロール(ダイエット)
・精神安定(集中力、情緒安定、充足感、ストレスなど)
・頭痛
・睡眠コントロール
・腎臓治療、腎石溶解、破壊
・白血病、白血球のコントロール
・アレルギー 2017.11.19

脳波の分類

脳波が使っている低周波は周波数帯ごとに違う機能があります。

引用:ブレインテックABC〜脳を読み取り・脳に書き込む基礎技術

参考

科学的に立証されている人への影響(短期的ばく露影響)

テクノロジー電磁波犯罪 被害忘備録

人体周波数リスト(1) - 集団ストーカー 電磁波犯罪
人体周波数リスト(2) - 集団ストーカー 電磁波犯罪

ブレインテックABC〜脳を読み取り・脳に書き込む基礎技術 2020/5/7

電磁波等による犯罪の科学技術の要点
電磁波等による犯罪 -Stop Mind Control- サイト内ページ

身体攻撃(電波・超音波・音波・光線) 2008.4.19

身体攻撃(電波・超音波・音波・光線)  つづき 2008.4.19

身体攻撃(電波・超音波・音波・光線)  その3 つづき 2008.4.19

身体攻撃(電波・超音波・音波・光線)  その4 つづき 2008.4.19

国連カルト麻薬小児性愛戦争利権人体遠隔操作の周波数 CIAによるパンドラ・プロジェクトとゾンビ化 2010/8/5

7.例えば、 9.9Hzと相似な作用を持つ、546Hzの電磁波刺激、紫色光刺激、920.4kHzの超音波刺激をあたえると、頭部全般の温度上昇、アルファー波の誘導が確認されます。2008.6.1

商用電源周波数 2020.4.14

CNN特集 電磁波兵器(1985年)MKウルトラ・集団ストーカー関連[マインドコントロール兵器 ロシア 新冷戦 ニコラ・テスラ テスラコイル HAARP 脳神経倫理学 EMP兵器 ホ 2019.4.14
電磁波の医療利用にも言及


inserted by FC2 system