目次 > 社会批評 >

カミカゼ工作員

Kamikaze_operatives, 2016.4.22, 2016.4.24

組織内部に潜り込み、犯罪を行い、自ら逮捕される工作員

< カミカゼ工作合戦 >

ニュースとなる事件のなかに、買収やライバル組織への妨害のため、工作員を送り込み、意図的に不正や犯罪を行わせ、罪を認めさせるという、自爆テロのような工作が行われているのではないかと思われる事件があります。

通常、内部の人間を裏切らせるには、内部の人間を買収するなどして利用するようなイメージがありますが、初めから裏切ることを目的とした工作員もかなり存在するようです。

工作員を潜入させ、裏切らせるようなやり方は、数千年前の兵法などでも扱われていますが、現在でも、有効な方法として行われているようです。現在では携帯電話やスマホなどの通信の発達により、より簡単に行えるようになっていますので、再び脚光を浴びている工作方法となっているのかもしれません。2016.4.22

そのような自爆覚悟のカミカゼ工作員のようなものには、どう対処するのがよいでしょうか。「やられたら、やりかえす」というセリフが何年か前に流行しましたが、やられたら分はやり返すのがよいのでしょうか。2016.4.22 2016.4.24

世の中のあちこちでカミカゼ工作が行われるようになった場合、社会は混乱することでしょう。カミカゼ工作が流行ると、工作する側は効果が下がっていき、される側の対処コストも上がってきて、お互いにコストがかかる割に効果が上がらない、割りが合わない状態へ、徐々に変化していくことが予想されます。

この混乱を収束するために、個人への監視の強化や、裏切り者への制裁の強化が行われることでしょう。そしてカミカゼ工作がすたれると、また効果が上がってきますので、同じことが繰り返されるのでしょう。2016.4.22

< 参考 >

ささやかな教育論

inserted by FC2 system