集団ストーカーの管理者

公共事業として軍・警察に集スト命令を出している官僚や背後グループ

悲しい話ですが集団ストーカー被害者を政治弾圧対象や人体実験被害者として考え、政治的な命令主体である官僚や彼らに強い影響力を持つ背後組織について考えていきます。敵は日本国そのものだった、という結論は避けたいところですが、そうであったとしても法制化とは政治活動そのものであり、現実的に問題に対処していくには政治的な観点が必要になります。地方議会でもいいのですが、法令を決めるのは議員だからです。背後組織のさらに背後には日本や世界の支配層がいるはずですが、その支配層と現場の実行犯の間にいる犯罪者たちを分析し、弱点を攻めてハンドリングしていきたいところです。 2019.6.15

目次 > 犯人・組織・ネットワーク >
Manager-of-the-organized-stalking, 2019.6.15, 2020.7.2, 評価(B)

目次

官僚制

関連・参考


官僚制

この記事全体のテーマとしては政治家を影から操る高級官僚の分析とハンドリングをテーマにしています。その省庁などの官僚組織が採用しているのが官僚制度です。

これは政治体制として採用されているのが有名ですが、ルールを守り分業化することで生産性やサービスの質を上げる大企業なども採用している大きな組織を管理する一般的な制度です。

制度としてはルールとヒエラエルキーと重視した命令系統と運営スタイルになるので、軍隊に近いシステムになっています。個人のスキルや判断、感情などよりも組織内ルールが優先され、上意下達のトップダウン式の命令系統では上下関係が優先されます。

各省庁から地方の行政機関まで、自分たちの行動を説明するときに、「こういうルールに従ってそうした」といったことを言うことがよくあります。これは個人の判断ではなく組織内ルールや法令を正当性の根拠として主張していますので、官僚的な態度と言えます。

各省庁や内閣府などの政治化を動かす官僚の行動方針も、ルールとヒエラルキーに縛られたものであると理解しておけばいいだろうと思います。

上位者から来た命令や依頼をルールに則って行うのが彼らにとって大切な仕事のやり方であると言えるでしょう。逆に言うと、そういうふうに仕事を制限できるのが官僚制のメリットです。

官僚組織に属する人たちはみんなトップの人間の指示で動く作業員であるという面があります。官僚制はルールとヒエラルキーで支配する制度になっています。

ルールさえいいものであれば効率は上がりますが、どちらかというと組織への支配力を強めることのほうが重視された制度だとみていいだろうと思います。

官僚的という言葉は、無責任な態度や他の部署にたらい回しして責任逃れするような意味合いで使われることがあります。

これも官僚制のデメリットで、専門家することで分割された各部署では所属メンバーの自分の部署への帰属度合いが強いので、同格の他部署にまたがる案件などは自分の部署の利益を優先して、問題を他部署へ押し付けるような態度を堂々ととる人が出てきてしまいます。

組織全体の利益よりも自分の部署の利益を優先したほうが有利になる状態が生まれ、部署同士の連携がおろそかになりがちな制度になっています。 2019.6.16, 2020.7.2(誤字修正)

< 参考 >

官僚制(かんりょうせい)とは - コトバンク 2019.6.16

官僚制 - Wikipedia 2019.6.16

官僚制の特徴・メリットとデメリット|官僚制の具体例と働き方 2017/8/3
官僚制や官僚制組織は多くの会社や団体で用いられてる組織制度(引用) 2019.6.16


参考

官僚制(かんりょうせい)とは - コトバンク 2019.6.16

官僚制 - Wikipedia 2019.6.16

官僚はどのようにしてマスコミをコントロールしてきたか 2009/7/21
財務省・外務省が政治家・学者・マスコミの弱みを握り支配 2019.6.16

官僚制の特徴・メリットとデメリット|官僚制の具体例と働き方 2017/8/3
官僚制や官僚制組織は多くの会社や団体で用いられてる組織制度(引用) 2019.6.16



inserted by FC2 system