目次 > 対策・活動 >

無視・黙殺での被害の軽減と沈静化(まとめ)

加害行為を無効にする長期的な高等戦術

Reduction-and-calming-of-the-damage-by-disregard_the-silence, 2018.10.3, 2022.6.17, 評価(A)
説明文
「加害をスルーされてあせる工作員」

加害工作を何とかして止めさせたいというのは集スト被害者すべての願いです。集ストは被害者の権利や命を踏みにじり人生を脅かす卑怯な犯罪です。

被害者

工作員のザコめ!
その下らない工作を止めろ!

集スト攻撃はおどしや挑発で被害者の反応から思考/行動パターンを分析しより的確な攻撃法を探し出す手法になっています。

無視(正確にはスルー・黙殺)することで情報を与えないことになるので反撃にもなる有効な対処法です。

何があっても「無」になるような悟りの境地のようなイメージです。

黙殺された工作員はその工作には効果がないと判断しやすいので結果的にその被害を抑える効果が期待できます

もちろんすべての工作がスルーできる訳ではありませんし、被害を黙殺しても痛みや苦しみがなくなる訳ではありません。

ですが、次に同じ攻撃をされる可能性が減るので試してみる価値は十分あります。

被害が辛い、加害者がムカつく、許せない、協力者にどう対処すればいいか分からないなどとお困りの方々にぜひ役立ててほしい対処法です。

このテーマでは2014年から本格的な被害対策の検討を始めその後集団ストーカー対策研究家を名乗るに至った私が最もおすすめする被害対策としてそのやり方を説明します。

私が実際に無視を試して良かったことは精神的なストレスや加害に対する不満が減ることで生活に余裕が生まれたことです。

集スト工作は勝手に続くマニュアル作業なので放置すればよかったのだと気が付きました。

おどしは相手を精神的に弱らせること、挑発には暴走や何らかの行動を取らせるなどの目的があります。

マウンティングは個人が自分でやるときは序列の確認や自己顕示欲の充足、集団の命令で下位の者にやらせる集ストパターンではおどしや挑発の意味合いが強くなります。

黙殺できる状況なら黙殺が一番楽です。

集ストは能動的諜報活動であり戦争の一種なのですが、昔の戦争では守りの硬い城から敵をおびき出すために言葉で挑発していました。

城を攻め落とすには守る兵より3倍の兵が必要だと言われるほど大変なことでした。そこでとりあえず出てこないものかと挑発する戦術が取られていました。

三国志のゲームだと次のようになります。昔から挑発には黙殺が正解だったということが分かります。



更新履歴

目次

はじめに

このテーマについて

黙殺の心

無視・黙殺・スルーなどへの誤解
無視で被害軽減して問題解決を早める

無視・黙殺は被害軽減の長期的な高等戦術

無視・黙殺のデメリット
加害行為の成功と判断される可能性

犯罪の沈静化
被害の無視・黙殺やリスクのアピール

沈静化が難しいことも

こう考えてみては?

マウント/マウンティング対策

関連・参考

参考図書


はじめに

無視・黙殺のすすめは活動の妨害工作として「活動をやめさせるため心理誘導しているのだ」といった形で悪用されることがあります。

このサイトには周知・要望活動などをやめさせようという意図はありません。

むしろすすめています。

そういう次元の話ではありません。

現実は複雑で立場や見方、範囲などでいろいろなことが違ってきます。

その違いせいで状況によってよりよい判断というのも変わってきます。

なるべくいい判断ができるように、無視・黙殺を考える前に、冷静に物事を考える力も身につけておいてほしいと思います。

無視黙殺が被害沈静化に効果があるからといっても、犯罪全体を無視してしまっては、問題は解決できません。

つまらない被害は無視して問題解決につながるより有効な活動を続けていきましょう。

毎日のノイズキャンペーンを非難するのもそれなりに意味はありますが、それだけでは問題が解決しそうにないことは、みなさんも気付いているのではないかと思います。

この記事は、無視や黙殺・スルーなどで加害行為(加害者)を沈静化させ、被害を軽減する手法についてのまとめ記事です。

余談ですが、管理人が今の考えにたどりつくまで紆余曲折があり、似た内容の記事が増えてしまっていたので、さしあたり、関連記事としてリンクすることで対応しています。

全部読む必要はないだろうと思いますが、いずれきれいにまとめたいとは思っています。


このテーマについて

このページは被害軽減法として無視・黙殺が効果的だという意見についてまとめたインデックスページです。

このテーマのメインコンテンツは目次の下の関連部分です。

そうとはいえ、説明も少し追加しておきます。

反集スト活動については諸説ありますが、基本的には加害現場にいるようなつまらない加害者の相手はほどほどに抑えて、もっと問題解決につながるような活動に時間と労力を使ったほうがいいだろうと思います。

戦国時代の戦いにたとえると、敵国の足軽や農民兵を毎週一人ずつ消していけば、年間50人くらいの戦力を奪える訳ですが、大勢にはあまり影響がないだろうと思います。

(実際にはすぐに警戒されるので毎週一人ペースは守れないでしょう)

同じように表に出てくるような末端の加害者は、加害組織からするといなくなったら補充すればいいような使い捨て要員にすぎないはずです。

末端の加害者を相手にしていても問題全体の解決にはあまり効果がないのではないでしょうか。

末端の作業員から問題解決につなげるのなら、裁判に使えるような証拠をとるのがいいだろうと思います。

彼らをうまく泳がせたり挑発することで、いい証拠が取れそうだったら、相手にして証拠を残させるようにおびきだすのも面白いと思います。

末端から犯罪を解決していくというアプローチもそれ自体はなかなかいい活動だろうと思います。

そういうのが得意だという人はぜひチャレンジしてみてくさい。

ですが、証拠を取るような何かの目的がないなら、とりえず無視・黙殺で相手にせずに、加害行為を無効化していくのがおすすめです。

昔から「君子危うきに近寄らず」と言って、面倒な人や頭のおかしい人、危険人物、あるいは危ない状態になっていることには関わらないほうが賢いことだと考えられています。


黙殺の心

無視という言葉が広まっていますが、このサイトの考え方としては、黙殺という言葉のほうがあっています。

知りながら相手にしないということです。

沈黙によって加害行為をつぶすといった感じです。

ベテラン被害者のみなさんは自然とそうしていることが多いだろうと思います。

集ストについて知れば知るほど、つまらない被害に心を動かされることは少なくなっていくだろうと思います。

何にせよ被害を受けることは嫌なものです。

人の脳には空白を埋めようとする働きがあります。

被害を受けると、その理由を考えて、その結果、理不尽な被害を受けたと思い、不満を感じてしまいます。

心がストレスを背負ったような状態になります。

これは仕方のないことですが、「加害者がそう思わせるためにわざとやっている」、などの仕組みが分かって、自分で納得できるようになると、被害に対する心の空白はなくなるので、不満もやわらいでいきます。

人によっては無視できない被害の方が多いかもしれません。

被害を解決するために行動しているのに、そのメインテーマである被害を無視してどするのか、と感じている人もいるでしょう。

被害の仕組みが分かることで、より強い怒りを感じるようなタイプの人がいてもおかしくありません。

自分の受けている犯罪の被害をネットで公開することこそが、自分に与えられた義務であり、反集スト活動のまさにメインテーマである、と思っている人もいるだろうと思います。

特にひどい被害や例の少ない被害であればあるほど、情報公開することが犯罪の周知や解決につながりやすいだろうと思います。

ですから、それを続けるため被害を無視しないということは意味のある活動だと言えます。

それはそうなのですが、被害を無視することで収まりやすくなる被害もあります。

被害者本人が特に辛いと感じている被害は、そのまま受け続けるよりも少しは被害を軽くしてから反集スト活動に取り組んだほうがやりやすいことが多いだろうと思います。

どうしても世の中に知らしめなければならないような被害を公開していく活動、つまりは無視しないという活動を続けるにも、あまり無理しすぎないほうがいいときもあるだろうと思います。

加害行為を無視すると、加害者は自分たちのやっていることに効果があるのかないのか判断できなくなります。

ですから、確認するのは難しいものの、加害者への反撃にもなっています。

集スト加害バイトはポイント制で、被害者の反応によってポイントが加点されているという情報もあります。

加害行為を無視してやれば、悪のバイト工作員を少しは減らすことができるかもしれまえせん。

被害に対して、もっと大きなリアクションをとるように心理誘導している、ようにみえる偽被害者・工作員らしき人もチラホラみかけます。

これは実際に無視されては困るという加害者側の都合が現れたものではないかと思います。

この記事ですすめているのは、個人の被害を軽減する方法のひとつとしての無視・黙殺・スルーなどです。

加害者の相手をしないという対処法です。

被害を恐れていては街頭活動はもちろんのこと、ブログを書くことさえできなくなってしまいます。

活動を続けていると避けられない被害もあるのですが、それ以外のつまらない被害はなるべく避けて、メインの活動をすすめていったほうがいいです。

いろいろな状況に応じて使い分ける反集スト戦術のひとつとて、被害というより加害行為や加害者を無視する技術も身につけておいてほしいと思います。

無視するスキルが身につけておいたほうが活動もはかどるだろうと思います。

より効果的な活動方法を探して集ストシステムを破綻へと追い詰めていきましょう。


無視・黙殺・スルーなどへの誤解

無視で被害軽減して問題解決を早める

「集ストを無視しろ」と言うと被害対策も犯罪対策も「何もするな」と言われているように感じてしまう人がいます。

誤解を招くので無視しろと言わないようにしてほしいという意見もあります。

ですが、それは誤解なのでちゃんと誤解を解いておこうというのが次の記事です。

無視すべきなのは自分への工作や被害なのでお間違いなく。

詳細はこちら


無視・黙殺は被害軽減の長期的な高等戦術

被害を無視したり、黙殺や沈黙で応えるこで、被害が軽減したり、加害行為が沈静化していくことがあります。

弱点は、長い時間がかかることがあることで、ときには数週間から数ヶ月もかかることがあるという気の長い対処法となっています。

ですが、被害者さんの中には、被害を無視することなんてできないという人や、あまりにもひどい被害で無視以前の問題だという人もいるようです。

仮に被害の度合いを5段階評価したとすると、レベル5に当たるような重度の被害、たとえば痛撃電磁波による強い痛みや呼吸困難など生命維持を脅かされる被害、強制的な人体操作のような目的がはっきりしている実験的な被害などは、無視や黙殺で沈静化できるのかはよく分かっていません。

暴力団が請け負っているかのような地上げ目的の強烈な攻撃や、特別な心理操作や人体操作などが目的の人体実験は、被害者の反応を無視していても強制的に行われるかもしれませんので、無視や黙殺をしてもあまり効果がないかもしれません。

ですが、それ以外のよくあるガスライティングや電波・音波・毒などによる身体攻撃や威圧行為などは、おおむね沈静化できる可能性があります。

無視すれば絶対に被害が減るとは言い切れませんが、無視や黙殺は被害軽減や犯罪の沈静化ができるかもしれない高等戦術のひとつだとは言えるだろうと思います。


無視・黙殺のデメリット

加害行為の成功と判断される可能性

被害者がブログなどに自分の被害を書くと、その被害が悪化することが知られています。

これはどういうことでしょうか。

加害者は、被害者に「抵抗をやめろ」などと言ってくることがあります。

加害者側からみた抵抗とは、ブログに犯罪の事実を告白するような、犯罪がバレることにつながる行為のことなのではないかと思います。

被害者が無視・黙殺を続けるという意味で、ブログへの被害告白をやめてしまうと、加害者は集スト支配に抵抗することをあきらめたと勘違いするのではないかと思います。

加害者たちは、ブログなどに書かれた加害行為を重点的に続けた結果、ついにブログに書くことをやめさせることに成功した、と勘違いするのではないかということです。

その他の被害を無視・黙殺することも、被害者側からすると、抵抗をあきらめて集スト支配を受け入れさせた、あるいは服従させたと判断することがあるようです。

無視・黙殺は、加害者の加害行為を沈静化させるのが狙いです。

ぞれぞれの加害行為に効果がないことを示すことで、加害者が加害行為をしないように誘導していきます。

加害者は無反応は被害者を見て、攻撃が効かないと思うようになると同時に、一定の支配目的を達成させたと思い加害行為を沈静化させているのかもしれません。

これを被害側からみると、うまく被害を軽減したと感じるので、お互いの思いはまったく逆ですが、結果的にお互いに納得できるところに落ち着くという、現実的な妥協点になっているのかもしれません。


犯罪の沈静化

犯罪の沈静化
被害の無視・黙殺やリスクのアピール


沈静化が難しいことも

スルーや黙殺で被害が鎮静化に向かうこともあるのですが、そうでないこともあります。

私も1年くらい反集スト活動をせずにいたことがありましたが、特に被害が軽くなったという感じはありませんでした。

ここからは私の予想にすぎませんが、鎮静化させるにはある程度まで加害者にダメージを与えることに成功して加害者を恐れさせるような成果を出すことが必要なのではないかと思います。

何もしてこない被害者は何も怖くないのでマニュアル通り攻撃を続け、加害者たちが何らかのダメージを受けるようになると被害者の活動具体で加害行為をある程度コントロールできるようになるのではないかと思います。

加害者が恐れる行動を取れるようになると、それをするしないというさじ加減で加害行為を鎮静化させるようにコントロールできるようになるのではないでしょうか。

ここで「加害者へダメージを与えるにはどうすればいいのか」という疑問が出てきた方もいることでしょう。

大枠では加害行為や集ストシステムを継続させるために必要なことすべてが対象になるはずです。

敵は政府・自衛隊・警察などへの批判はあまり恐れていないようなので、私のおすすめはダメージが与えられそうな個人の加害者や関係者をターゲットにすることです。

特に協力者のほうが守りが弱いのでおすすめです。

集スト犯罪の隠ぺいに協力した程度の人が不正行為でブログでもいいですがどこかで批判されると想像以上の精神的なダメージを与えることができます。

加害の協力者はそれほど悪気の無い人がいますので、そういう無自覚な人には少し気の毒ですが、法治国家で常識的な範囲で不正を批判するとけっこうなダメージを与えられることがあります。

私の場合は、これを一歩進めて加害者のミスや不手際を指摘して悪が出世したりすることを妨害したりしています。

私の被害記録には、

・火事になったらしっかり調べて近所の人が気付いたことや現場で灯油の反応が出たという事実

・レストランの注文装置を電磁波攻撃で壊して営業妨害をしたこと

などが書いてありますが、これもその反撃のひとつです。

私が確認することはできないのですが、私に関わることで出世が遅れたり左遷された前例がすでにあるのではないかと予想しています。

みなさんもできそうだったらマネしてみてください。

< 関連 >
集スト体験記
本文にあるのは2018年10月、2020年12月頃の事件


こう考えてみては?

目の前で自分にされているであろう加害を無視するのは難しいことです。

加害者がターゲットが反応するであろうほどよい程度の加害を続けてターゲットの暴走を誘発し続けているからです。

難しい対処法になりますが、それでも無視するのが効果的なのでおすすめです。

無視・黙殺・スルーという言葉を使っていますが、無視は単に相手にしないこと、黙殺は分かってはいるがあえて無視することで相手にしないこと、スルーはやりすごすことで相手にしない、といった意味です。

今の分析状態だと、スルー・黙殺に無視の意味が含まれるので、スルー・黙殺という表現が合っていると思っています。

いったん例え話から始めます。

たとえば野良猫にエサをやるとなつきそうな感じがして少し面白いです。

エサをやり続けるとよく現れるようになります。

そうすると家の入口の近くなどにオシッコをしてしまったりして臭いが気になったります。

なついてきたので部屋の中にいれてみたりすると可愛いかなと思いますが、実際は野良猫なので臭いがくさかったりします。

毎日来てもエサが足りなくなるし、飼うつもりもないのに仲良くなってもどうかなという感じがしてきます。

そこで野良猫と人がうまくやっていくにはちょうどいい距離感があるものだと気付かされました。

集団ストーカーの加害者も相手をしてやるとまたやってきて同じようなことを繰り返すので面倒くさいです。

適切な距離感というものがあります。

所詮は異常な犯罪者たちなので相手にしないほうが楽だし無難です。

加害者への対処の基本は「ザコは捨ておけ」この一言につきます。

加害者は洗脳された売国奴隷にすぎません。

ザコを倒しても代わりがたくさんいます。

ザコは真の敵ではありません。

「やれ」と言われればやり「やめろ」と言われればやめるだけの主権のない奴隷にすぎません。

精神的に独立し主権のある私たち被害者と対等な存在ではありません。

かまってやることもできますが、実際にはせいぜい情報や証拠をとるくらいしかやることがありません。

それ以外にはあまり価値がありません。

自主性がない状態の相手なので被害者に説得されてもそれを理解できなければ、それで行動を変えようとすることもほとんどありません。

犯罪者たちにほどこされた洗脳はかなり強力です。

本格的に分析して効果的な理論を考えたりそれなりの実力を行使しないことには彼らを変えるのは難しいです。

洗脳された奴隷を使って被害者を洗脳しようとしているのが集スト犯罪でもありここにも面倒な問題があります。

彼らは犯罪者なので逮捕されることを特に恐れています。

ある程度証拠をとられてバレてくると手を引く、といった考え方をする奴隷が多いようです。

被害者の周りに現れるのはただの奴隷や作業員なので無視が一番です。

相手をしても時間と労力の無駄であまり意味がありません。

そんな人たちですから健全化できそうなとき以外は放っておいてあげてください。

わざわざかまってやっても犯罪の解決に結びつく要素は少ないです。

会社の上司だったりすると無視しにくい加害をしてくるかもしれません。

面倒なことですがメリットがないのでなるべく相手にしないようにすることをおすすめします。

相手にするなら上司や会社に貢献できる形で、つまり仕事や立場上のメリットを与える形にしたほうがいいです。

被害よりもまずは自分が精神病ではないことを証明し、次に犯罪の説明するのがいいです。

どちらも客観的に説得力のある証拠などを示さないと難しいです。

それができそうなら説明したほうがいいです。

ですが、加害者は詭弁のほら穴にこもってしまうのでその真実を受け入れようとはせず会話からは逃げる人が多いのではないかと思います。

理解されていない状態で話し合ってもほのめかされバカにされるくらいが関の山です。

それでは人間関係が悪くなるだけでお互いのためになりません。

無視・黙殺・スルーというのは、ひとつひとつの加害行為を沈静化させるのに有効な手段のひとつです。

つまらない犯罪者たちも無視されると傷ついたり困ったりするようです。

バカにしている相手から無視され相手にもされていないという事実を前にひるんでしまうということでしょうか。

結果的に無視は沈黙の反撃にもなっています。

ひとつひとつの加害行為からくる被害がつらいという人には特に試してほしい対処法です。

最初は難しく感じるでしょうが慣れればほとんどのことは無視できるようになるだろうと思います。

頭に何も思い浮かべず無言で受け流せるようになれば一流かと思います。

被害者の多くは人工テレパシーで心が読まれている可能性が高いので思い浮かべることもせず、とにかく何もなかったかのように振舞ったほうがいいです。

あえて相手にしてもいいのですが、また似たようなことをやってくるので面倒が増えます。

相手にすべきときは暴行や器物損壊など警察で扱えるような犯罪行為を通報するときくらいだろうと思います。

加害者は犯罪者だからろくでもない人間の集まりのように思っている人もいるかもしれません。

それでも一寸の虫にも五分の魂と言われるようにザコにもプライドがあります。

ザコたちが自分でも悪いことをやりすぎたと後悔できるように心理誘導してあげるとうまくおさまりやすいです。

他にも犯罪者たちに確実にダメージを与えられそうなことがあれば合法的に反撃してみてください。

マウント/マウンティング対策

まさに黙殺すべきなのがマウントです。

加担者に踊らされている協力者と自覚的な加害者で目的が違うので違う対処をとるべきです。

協力者のマウントは無害なので黙殺でいいです。

あまりにも不快であったり仕事や日常生活で不利益を生じる場合は詳しい話を聞くなどして論破していけばいいでしょう。

マウントを取るため相手は何かしら批判してきたり偉そうなことを言ってくるはずです。

ソクラテスになったかのように詳細を聞き出していくと答えられないことが出てくるのでそこまで問い詰めれば勝ちです。

証拠や目的を問い詰め倫理的に批判してやれば終わりです。

問題なのが自覚的な集スト加担者のマウント攻撃です。

普通のマウントは自己で満足すれば終わるのですが集ストは被害者への精神的なダメージが目的なので被害者が弱ってもずっと続きます。

精神的ダメージを与え続けることが目的だと判断できる場合はなるべく早く反撃に出た方がいいです。

まずは問い詰めるのが楽ですが、いちど論破してしまうとその後は理屈では勝てないと判断して別の方法をとるようになります。

村八分や大人のいじめ、リストラ的な行動に出るのでたちが悪いです。

協力者相手の対処法はネットで説明されている方法を試していけばいいでしょう。

簡単に対処するなら、上には上がいるのでさらに上の人の話をすれば相手の伸びた鼻をへし折れます。

持ち物/学歴/お金持/見た目などいくらでも上の人がいるのでそれと比較してあげれば静かになるでしょう。

「それマウント取れてませんよ」と直球で教えてあげるのも面白いかもしれません。

人間関係は戦いでもあるのでバカにされない程度には実力をみせていかないと損をしやすいです。

面倒ですが集団とはそういうものなのでいたし方ありません。スクールカーストと言って今では子供でもそんなことに気を使っています。

さて、問題は自覚的な加担者です。

彼らには集ストは犯罪なので証拠をとって裁判する準備をしていることをほのめかしていくと相手の罪悪感や危機感を刺激する強い反撃になります。

早めに裁判の知識があることを示すため「裁判 訴訟 入門」などでヒットする本をデスクに置いておくのも効果的です。

どうしてそんな本を読んでいるのか聞かれた「監視犯罪の裁判のため証拠の取り方などを勉強している」などと言っておけばそう手荒な真似はできなくなるはずです。

マウントやいじめなどの攻撃は弱者に向けられるものです。相手が弱い/無害である/勝てるなどとと思っているからできることです。

単なる弱者でないことを先に示しておけば無駄な攻撃を未然に防ぐことができます。

訴訟入門書でその後の加害に関わる無駄なやり取りが減らせるなら安いものです。

悪ふざけで許されると思って攻撃している加担者に本気だと理解させてあげましょう。

時効は2年か……
名誉棄損に新しく改正された侮辱罪で30万はいけるな……

被害者


加担者

ア、アタシのは侮辱とかそういうのじゃないから勘違いしないでね

逆に加担者が被害者が違法行為をしているかのような証拠を捏造して協力者をだましていることがあります。

仮に違法状態であったとしても軽微な違法行為は時効が数年程度と短いのでそれらの証拠はすぐに使えなくなってしまいます。

そもそも盗んだ証拠は裁判では無効なのでこの点も強調しておくといいでしょう。

「時効は短い」「盗んだ証拠は無効」と協力者たちに意識付けしておきましょう。

時効の短さは現場の協力者に「2年は我慢しよう」などと思わせ次の犯攻撃を抑える効果も期待できます。

許される見込みがないと開き直ってしまう恐れがあるのですが、逃げ道があるとそれにすがるのが人の心理です。

できれば、協力者に軽い罪を犯させ、司法取引のようにして情報を引き出したり、会社などを訴える証言を引き出したりできれば理想的です。 2022.6.17

関連

嫌がらせの抑止と沈静化
嫌がらせ・虐待・拷問犯罪の行為は防ぎ、効果は黙殺

和平交渉 一般の人との話し合いや犯罪説明

被害者の心得:被害と加害者のバランスコントロール

自分の被害は無視して話せそうな人には説明 | 集団ストーカー被害者が知るべきこと(4)(仲たがい工作のまとめ)
離間工作・離間の計、加害者は被害者と周囲の人との衝突を望む

工作コメントやメールも放置がおすすめ | 特徴・手法・目的・見分け方など(偽被害者・工作員疑惑)
怖くて家に引きこもっています、どうすれば?(FAQ)
被害初期の混乱期にある方へ

被害の無視について - 感想やコメント
あれはどんな感じ?


参考

YouTube 人をいじめる人の心理は相手が〇〇するのを見たいから【ナルシスト対策解説】 2022/6

引き籠り被害者さんが社会復帰するために

どうするアンカリング
気にしないことでアンカリング効果のスイッチを切る

「盗撮魔」と男性宅に貼り紙、名誉毀損容疑で女逮捕(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181011-00000040-jnn-soci … @YahooNewsTopics 2018.10.10
盗撮魔に下手に反撃して痛い目に遭った例 きちんとした証拠があれば

集スト手口6「罵倒・挑発・仄めかしに反応すると」
言い返した自分の声が加害行為に悪用されることも

渋谷武子『グサリとくる一言から自分を守る方法』
黙殺後の心のケアに


参考図書

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
本要約記事も参考に



inserted by FC2 system