目次 > 対策・活動 > 活動 > 集団活動 >

要望・陳情活動

要望・陳情・街宣活動などは個人でもできますが、警察や役所・議会などへの訴求力は弱いのが現状です。

このあたりはまさに集団的に行うべきこととなります。対話を続けることで問題点の分析や情報共有を進め問題解決へ前進していきましょう。

Request-petition-activity, 2019.12.29, 2020.7.5, 評価(B)
更新履歴 2022.12.16 やり方/目次 追加
2020.07.05 更新
2020.06.24 更新
2019.12.29 本文/リード 作成

目次

  1. これまでの活動
  2. やり方
  3. 関連
  4. 参考

これまでの活動

新しい犯罪から日本を守る会のブログで警察や議会への具体的な陳情内容が公開されています。

どこの警察署にでも通用するようないい内容なので要望・陳情活動の雛形として参考にしてください。

参考 12_16 神奈川県伊勢佐木警察所轄に訪問しました! 2019/12/22

参考 地域住民と被害者、警察が迷惑防止行為に歯止めを掛ける 2019/12/22

参考 要望書関連記事 STOPエレクトロニック・ハラスメント

各組織が過去に回答した内容はおおむね次のようになっています。各組織はこういうことを言ってきますのでこちらも参考にしてください。

交渉には相手の立場を理解しておくことも大切です。

関連 各組織上層部の公式回答 | 状況証拠 間接的な証明や反証のための周辺情報の収集

集スト自体の説明にはベガさんの陳情書の提出活動シリーズの記事が参考になります。

自分で文章を書いてもいいのですが、内容やデザインを決めるのに手間隙がかかります。

結局、似たような内容になってしまいそうなら、公開されているベガさんの御厚意に甘えてそのまま印刷して使ってもいいだろうと思います。

集団ストーカーとは何かということを一般の方が分かるように短い文章で説明するのは意外と難しいです。

被害者の主張のブレは一般の方たち集スト理解の妨げになり、精神病工作を助長するものとなりがちです。

集団ストーカーという言葉の認知度の低さと陰謀論レッテルの張られ具合を考えると、あえて集団ストーカーという言葉をさけるという戦略も悪くないかもしれません。

陳情の交渉相手にもよりますが、各自で集ストと言うべきかどうか、どちらが有効な活動になるか考えてみてください。

やり方

情報公開や政治的要望の提出などは次の記事が参考になります。

参考 情報公開と政治的解決 - STOPエレクトロニック・ハラスメント

参考 集団ストーカーの要望書、陳情書 ※メモ 2020/07/12

関連 要望・陳情・請願・意見書・質問主意書

関連

要望・陳情・請願・意見書・質問主意書などの違い

要望・陳情・請願・意見書・質問主意書

参考

ベガのブログ トップページ
2019.12.29, 2020.6.24


inserted by FC2 system