大衆マインド・コントロールの未来予想

被害を自覚できない感情・衝動で人々を支配

今はマスコミや宗教・常識・学問などが大衆管理のためのマインド・コントロールの手段になっています。

将来的には電磁波による感情・衝動などのコントロールや信用スコアのトークンエコノミーが強力なマインド・コントロール支配手法になっていくことが予想されます。 2020.12.28

目次 > ガスライティング・精神医療 > 洗脳・マインドコントロール >
The_future_expectations_of_the_general_public_mind_control, 2020.12.28, 評価(C)

目次

感情・衝動の操作によるマインド・コントロール

新支配体制

感情・衝動などの精神コントロールの具体例

まとめ


感情・衝動の操作によるマインド・コントロール

人の脳神経系は電磁気的な刺激を利用して活動しています。

ホルモンと呼ばれる化学物質も体内の情報伝達に使われていますが、化学物質も原子・分子内の電子の移動で行われているので電磁気的な変化であるともいえます。

このようなことから電磁気的な変化が人の精神活動の大半を占めています。

電磁気的な刺激で感情や衝動を変化させることができます。

感情や衝動も電磁気的な変化のひとつです。

その変化は本人には自覚できません。

はっきりと刺激を受け取る神経や感覚器がないからです。

(※ゾワッとするような霊的な不安感のようなものであれば感じることができます)

たとえば歯の治療で神経を抜くと痛みを感じなくなります。

歯と同じで人間は神経が取っていないと刺激を受け取れないのです。

電磁気的な刺激は電磁波を送信することで遠隔から与えることができます。

通信アンテナや衛星などから人の精神活動をコントロールすることができます。

今は集団ストーカー・テクノロジー犯罪として政府が秘密裏に大衆管理や国民支配実験が行われています。

その被害者の証言から電磁波で遠隔から人の精神活動を含めた生体活動が干渉されていることがわかっています。

技術的な詳しい仕組みはよくわかっていませんが、被害からそれが可能であること、実際に毎日行われていることが明らかになっています。

技術自体は海外の軍隊の発表や軍事ジャーナリストなどの調査でもその存在を確認することができます。

軍の人たいが自分でそういう技術があると公式に言っています。

電磁波の計測は難しく私たち市民が証拠が取れないことをいいことに人体実験が堂々と続けられています。

強い痛みや不快感を与える非人道的な攻撃も毎日行われていて被害者を苦しめています。

政府の支配手法としては、痛みや苦しみを与えてしまうと、本人がそれに気が付いてしまい、政府に抵抗してくるのでこれを抑える必要がでてきてしまいます。

それにくらべて無自覚な感情や衝動による精神操作であれば、それが政府からの電磁波によるマインド・コントロールであることすら知られずに対象者をコントロールすることができます。

そのため将来的な大衆管理手法としての電磁波によるマインド・コントロールは感情や衝動をコントロールする形になっていくと予想されます。

さらに信用スコアによるトークンエコノミー支配も秘密裏に行われることが予想されます。

信用スコアとは個人に点数をつけて管理する方法ですでに中国では行われています。

マイナンバーに紐づけられたスコアによって生活のすべてが影響されるようになります。

その運営がトークンエコノミーとなると予想されます。

トークンエコノミーはお店のポイントカードのようなもので、今だと楽天ポイントがそれに近いです。

楽天グループは楽天エコノミーと呼ばれる巨大な経済圏を形成していて、関連企業でお金やサービスを使うとポイントがたまる仕組みになっています。

それを仮想通過のように通販などで使えるようになっています。

大衆管理政策では、信用スコアが楽天ポイントのようになり、納税額が多いと増え、交通違反をすると減るような仕組みなるはずです。

アベノミクスやユリノミクスなどはただの絵空事で何の価値もありませんでしたが、ラクテノミクスを拡大させていくなら日本経済を活性化させる起爆剤になる可能性があります。

それくらい現実の経済活動に即した合理的な仕組みになっています。

信用スコアにしろ楽天ポイントにしろ、要は人々の欲望や不安をうまく刺激して行動をコントロールするマス・マインド・コントロール・システムになっています。

お金のほかに価値基準となるスコアやポイントを作って間接的に人々をコントロールする仕組みです。

(※楽天ポイントは1ポイント1円の価値があるのでポイントというより楽天グループが価値を担保する仮想通過に近いものです)

これが表社会の動きです。

たぶん信用スコアのトークンエコノミーも初めは秘密裏に行われ、私たちがそのポイントが変化する基準をはっきりと知ることはできないのではないかと思います。

少しずつ政府や都道府県がルールを開示していくことになるでしょうが、それでも公開されない秘密のルールが残るはずです。

その裏ルールの秘密性が人々をおびえさせるような形の支配方式になると考えられます。

ルールを開示して明確化してしまうと、人はそのルールしか守られないのですが、隠しておくとそれと関連するルールも空気を読んで予想して守るようにので隠しておいたほうが効率がいいのです。

電磁波マインド・コントロールでは大衆ひとりひとりの感情や衝動も遠隔から知ることができます。

反政府的な思考・感情・衝動を危険思想として信用スコアを下げたりすることが行われるようになるはずです。

感情や衝動だけではそれが何についてのものかわからないので、同時に思考内容、具体的には言語化されたイメージ、これを内語といいますが、内語の単語や文脈と感情・衝動の関連性を分析して、スコアを上下させたりするはずです。

今のテクノロジー犯罪では電磁波で思考を読み取り、加害者、つまり政府の都合で痛みや不快感を与えるなどする人体実験が行われています。

この直接的な痛みや苦しみを与える方法は、単なる恐怖支配ですから長期的にはうまくいかないはずです。

暴力的なおどしは短期的には効果が高いのですが、恨みつらみが残りますので、反政府勢力を拡大してしまいます。

その勢力に反乱を起こさせそこを国連が助けるNWOモデルの計画もありますが、政府もそれは理解しているので、そこまで悪化することはないのかもしれません。


新支配体制

電磁波マインド・コントロールと信用スコア・トークンエコノミーによる大衆管理が行われるようになれば、国家の大衆管理は万全に近い形になるはずです。

政府や支配層に都合がいいことをすれば信用スコアがあがるという明示的な支配ができます。

同時に、無自覚な感情・衝動のコントロールで、都合のいいことをやらせ、そうでないことは未然に防ぐことができるようになります。

まずは権力の源泉であるビジネスで政府系の企業が信用スコアと電磁波で利益を拡大していくはずです。

権力者を決める選挙でも味方のモチベーションを上げ、敵対者は選挙場へ行きたくないように気分を操作したり、前日に睡眠妨害したり、当日に強制睡眠で足止めするようなことまでできます。

電磁波による感情・衝動のコントロールは何と言っても本人が自覚できないレベルなのです。

これが国民全体に行われれば政府の支配力は完全独裁レベルにまで高まり、すぐに天皇親政の大日本帝国ができ上がってしまっても不思議はないほど強大な支配力となります。

対象者が無自覚のマインド・コントロールはとても強力なので確実に経済や政治を支配することに使われるはずです。

支配者同士はこのくらいのことはもう理解していて進めているのですが、この強力な支配体制下では今のように多くの人間を必要としなくなります。

ごく少数の支配層と作業奴隷だけで世界を支配できてしまうのです。

ですから、支配層、つまり大財閥や政治家の家系の多くが淘汰され消えていくはずです。
財閥の合併などが進んできたら、これは危ない、ついに信用スコア・電磁波マインド・コントロールの支配が社会全体に拡大される時が来たのだと思ってもらってまず間違いと思います。

無自覚な支配ですから、多くの人が自分から望んで大日本帝国への移行を望むようなおぞましい世界になってしまうはずです。

これを防ぐのは難しいのですが、なるべく防げるように情報を発信して、世界支配の事実を理解できる人を増やしていきたいと思います。

支配層の動きとしては確実に少数独裁体制に向かいます。

少数の独裁者たちが自分たちの都合でルールを変えていくので、すぐに下らないルールを作ってしまいます。

そこでどれだけ多くの人々が問題の大きさに気付けるかが勝敗を分けるかと思います。


感情・衝動などの精神コントロールの具体例

ここまで読んでくれた読者のあなたであっても、本当に感情や衝動が電磁波でコントロールできるのか信じられない人も多いのではないかと思います。

このサイトが追っている集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者同士の間でも同じ状況です。

業界的には思考盗聴と言いますが、これは人工テレパシーの一種で科学的に可能なことがわかっています。

集スト被害者同士だと人工テレパシーを自覚している人がそうでない人に説明してもなかなか信じてもらえない状況にあります。

感情・衝動を外部から電磁波で操作できるはずはないと思っている人向けに具体例を挙げておきます。

例だけでは信じられないとは思いますが、そう遠くない未来に、自分が似た状態になったときに、これは電磁波で操作された感情・情動なのではないかと疑ってみてください。

それはあなたの中から自然に生まれた感情や情動ではない偽りですからだまされないようにしてください。

集スト・テク犯の被害者の方は全部わざと変化させられている可能性があるので、全てのパターンで冷静な行動が取れるようにしておいてください。

人の行動や音などにタイミングよく関連付けられた変化が何回も、何日も続くと、その精神的な変化が自然なものであると誤解しやすくなってしまいます。

毎回、同じタイミングで起こる精神的な変化こそより強く疑ってみてください。

眠気

弱いものは眠気が続きます。強いといつ眠ったのかわからないほど急に意識を失うことがあります。

気が付いたら床の上で目が覚めたりしたときは電磁波で強制的に眠らされた恐れがあります。

無力感・虚無感・徒労感など

何かを始めるときなどに誘発されることがあります。

毎日同じことをしているのに急にやる気がなくなって、それをやることを無駄だと感じたりすることがあります。

疲労感

朝、どうしても体がつらくて起きられないときや、何かの作業中に急に疲れが出てくるようなことがあります。

気持ち的にはつらいのですが、それでもがんばって体を動かしてみたら少しも疲れていなかったということが起こります。

つらいだろうとは思いますがそれを乗り越えて一度は本当の疲れなのか偽装された嘘の疲れなのか自分の体で確かめてみてください。

怒りの爆発・キレる

人の行動やその他の変化と同時に怒りや不快感が増幅されキレやすくなることがあります。

仲たがい工作やその他のトラブルを誘発する工作になっていることがあります。

自分の中に沸き起こる怒りが本当に根拠のあるものなのか、外部から電磁波で変化させられたものなのかよく考えてみてください。

好感度の高まり・恋愛的な高揚感

集スト・テク犯の被害者にはあまり行われていないようですが、政治家などを応援させるために所属メンバーなどに行われることがあります。

つまらない人物でも好きな相手だると勘違いさせることで何らかの協力をさせようという工作に利用されます。

この記事のテーマである大衆支配では天皇や総理大臣、大企業の社長などにこれが使われていくようになる可能性があります。

技術を持っている人たちはすでに使っていることと思います。

対処法

だいたいは毎回同じ状況で精神的な変化を起こすことでその人の記憶にその感情や衝動を植え付け誤解させようとする工作になっています。

人の精神はそこまで単純ではありません。

また朝よりも夜のほうが感情が動きやすくなるなど時間によっても変わります。

一度眠るとリセットされるのであまりにもひどい精神状態のときは15分くらい仮眠をとってみると冷静になれることがあります。

毎回同じパターンで同じ感情や衝動を感じたら、それは工作されたものではないかと疑ってみてください。

精神変化以外では、足腰の痛みなどを何カ月も何年もかけて同じ場所を攻撃して、同じ痛みを感じさせ続けることで怪我や病気と勘違いさせる工作も行われています。

病院で検査しても原因が特定できないときは手術などはさけたほうがいいです。

今の医者は原因がよくわからなくてもとりあえず手術してしまう人がいるので、原因が絶対これだと特定できないのであれば手術は受けない方が無難です。

原因がわからないのだから正しい対処はできません。

加害者は手術後に電磁波攻撃をやめて治ったかのように偽装するのでわかりにくいですが、本当はどこも悪くないので手術の意味がないという可能性があります。

精神的な変化とともに肉体的な痛みや不快感が続いたときも気を付けてみてください。


まとめ

集団ストーカー・テクノロジー犯罪は世界中の先進国で確認されていて、被害や加害手法もほぼ同じです。

さらに犯人は政府系の軍や秘密警察のスパイ組織が主体であることもわかっています。

これはすでに国連が調査を行い認めているほど確かな事実です。

その裏では電磁波や信用スコアによる大衆支配実験が行われていると考えてまず間違いありません。

その未来は信用スコアによる明示的な支配システムと電磁波による個人の感情・衝動をコントロールする秘密のマインド・コントロールが行われる世界になるはずです。

その前提にはネットの通信や電磁波による監視・検閲があります。これはさすがに気が付いている人が多いだろうと思います。

今の時点でもっとひどい支配が合法的にできるのですが、なぜか行われていません。

たぶん秘密にして行ったほうが効果が高くなるので、世界支配層の上層部だけがうまく利用しているのではないかと思います。

ですから、私たちが信用スコアや感情・情動の操作で支配されていることを自覚するようになるまでにはまだ時間がかかりそうです。

たぶんこの強力な支配技術を手に入れている人たちは、すでに世界を支配できることを確信して、かなり少数で全世界を支配しようとしているのではないかと思います。

支配対象は地球上のすべての国家や民族となっているはずですから、意外と慎重に事を運んでいるか、あるいは意外とうまくいかずに手こずっているのかもしれません。

私たち庶民が世界支配層と戦うには力不足なので、支配層の中の穏健派や慎重派の勢力を応援して世の中のルールや秩序を維持していく方向になるかと思います。

毒を以て毒を制すパターンですからいまいちな感じもしますが現実的にはこの形になるしかないだろうと思います。

あとはもっと圧倒的な技術革新があって世界はシンギュラリティを超えて信用スコアも電磁波支配も無効になる未来もありえます。

世界が普通に民主化されて直接民主制へ近づいていくだけでいいのですが、それこそ支配層が一番恐れている未来なので激しく妨害されるはずです。

そこでやはり支配層穏健派が少しずつ社会を健全化していく流れにならざるをえないのだろうと思います。 2020.12.28



inserted by FC2 system