目次 > 全般的な被害と対策 > 出入り口や室内の防犯 >

ハイテク犯罪にローテクで対抗

内鍵、格子、砂、センサーやアナログのライトやチャイムなど

We_ll_oppose_high-tech_crime_by_a_low_technology_entrance_exit_way_interior, 2016.2.21, 2023.2.4, 評価(A)
内鍵が手軽で強力
「内鍵が手軽で強力」

市民の家のドアは鍵を開けて普通に入るのが国家スパイのやり方です。対策されるとスパイたちも少し困ります。

入るのが面倒になるのと、不法侵入がバレているというミスでスパイチームに上司からのマイナス評価を与えることもできます。

能動的諜報活動、つまり軍事活動の一種で軍事演習も兼ねて行われているのが集団ストーカー犯罪だからです。

バレずにできる方がスパイとして優秀だという評価になります。

対策をすることは被害者が警戒することでスパイに攻めにくくさせる心理効果も期待できるので被害の軽減も期待できます。

スパイからすると対策されると面倒なので警戒をゆるめるために攻撃を控えることがあるということでしょう。 2022.5.27

更新履歴 2023.02.04 室内犬追加
2023.02.04 内鍵更新
2022.05.27 導入文追加


目次

  1. 室内犬
  2. 内鍵
  3. 窓の格子(こうし)
  4. 足場への砂の設置
  5. 雪降る庭に残る足跡
  6. 自動式の点灯ライトやチャイムの有効性
    1. 不法侵入者は深夜だけでなく昼間もやってくる
    2. 24時間にわたる自宅の防犯
  7. センサー式(デジタル式)とアナログ式の違い、利点・弱点など
  8. センサー(デジタル)式ライト/チャイム
    1. センサーライト
    2. センサーチャイム/メロディー
  9. アナログライト/チャイム
    1. アナログライト
    2. アナログチャイム/ドアベル
  10. 関連/参考

室内犬

飼えるならかなり強い防御効果が期待できます。犬自身もテク犯などの攻撃対象にされるリスクがあるのがデメリットです。

内鍵

部屋の内側からしか開けられない鍵は公安も開けられない

どんな鍵でも開けることができる技術を持った犯罪者でも、外からは開けられない鍵あります。

それが内鍵です。
(補足:実際にはドアの隙間から細いカメラ付き金属アームなどを入れて解除したりできるので隙間を塞いだりアームの力では動かせないように重りをつけるなどの工夫が必要になります。)

強盗のような窃盗が目的の犯罪者であれば、窓ガラスを破壊して中に侵入することもありますが、そもそも窓ガラスというものは割れば簡単に中に入ることができますので、鍵はあまり関係ありません。

壁や屋根も大型ハンマーやノコギリなどを使えば壊すことができるので、ここでは考えないことにします。

このテーマで問題としている集団ストーカー・テクノロジー犯罪の加害者は、普通は器物損壊にあたる破壊活動は、それほど積極的には行いませんので、内鍵である程度まで対処できます。

面倒でもすべての出入りできるところに内鍵をかけて、例外を作らないようにするのがコツです。

内鍵のような内側からしか開け閉めできない鍵は、当然、外からは開けられません。

逆に言うと、外側から開けられるドアや窓は、すべて簡単に開けられてしう危険がありますので、なるべく外側から開けられないものに変更することで、安全性を高めることができます。

ドアノブの交換などにかかる費用がもったいないという場合は、ホームセンターなどで売っているパテやセメントであまり使わないドアの鍵穴をふさいでしまうという手もあります。

それ以外の出入りできるところは自分で内鍵か何かを付けるしかありません。

内側からしか開けられないようになれば、使うものは鍵でなくても木でも金具でも何でもかまいません。

鍵は安いものでも効果があります。

100円ショップでも手に入りますし、もう少しいいものであればホームセンターで手に入ります。

オートラッチなどのボタンを押すと鍵が開くタイプのものは、加害者がドアの隙間などから金具などを入れるか振動を与えるなどして、開けてしまうことがあります。

ドアの建てつけが悪いところでは使わないほうがいいです。

他にも内鍵が加害者に破られてしまうことがあるかもしれません。

ですが、外からはかけられない鍵なので、破られた状態を自分で確認することができるはずです。

次はそれを参考にして破られにくいものに替えればいいだけです。

外からは開けられない内鍵ですが、外からかけることもできませんので、外出中に不法侵入され、壊されてしまうこともあります。

面倒ですが、100円や200円の安い鍵なら、新しいものに交換しても安上がりです。

新しいものにすぐに取り替えることで、加害者も壊すことをいつかはあきらめるだろうと思います。

鍵が壊されたときは、警察に通報するのがおすすめです。

指紋が残っているかもしれない、などと言って通報すれば、一応は、警察官が駆け付けてくれるはずです。

通報の電話や捜査をしているときは、集団ストーカー被害であることを自分から言う必要はありません。

捜査が止まっては困りますので、聞かれたときだけ、もしかするとそうかもしれない、といった程度に答えておけばいいだろうと思います。

末端の警察官には集ストを解決する力はありませんが、被害届が受理された後であれば、知らない振りをして集スト犯罪をどれくらい理解しているかなど気になること確認したりしておくと、背後の加害者へ心理的な圧力を与えることができるだろうと思います。

被害者に器物損壊として被害届を出されることは、加害者にとっては内部からマイナス評価を受けるようなちょっとした不祥事として扱われるはずです。

警備警察から公安警察に苦情が入るような形になるかと思います。

加害者も上司から「警備警察のほうから文句を言われたぞ」、「証拠を残すような馬鹿な真似はするな」などと怒られたりするのではないでしょうか。

加害者があまりあからさまに鍵を壊したりしないのは、鍵の破壊を警察へ通報された場合、被害届として警察に記録が残ってしまうことや、それがいずれ集団ストーカー犯罪の証拠となることなどを恐れているのだろうと思います。

公安や自衛隊らしきある程度統率の取れた集団ストーカー犯罪では、あくまで捜査や防犯を偽装した心理誘導犯罪なので、心理的なおどしのために小物を盗んだり壊したりすることはあっても、ある程度ちゃんとしてものを壊したり盗んだりすることはあまりやりたがりません。

そうでない創価や探偵、アルバイト加害者などの下請け集スト犯の中には金目のものを狙って盗むような悪質な犯罪者もいるようですが。

警察への通報や現場の警官への説得は、公安など集団ストーカーの首謀者側の人間にとっては圧力となりますので、できるときにはなるべくやっておいたほうが、被害者自身への集団ストーカー被害全体の軽減にもつながります。

昔、「やられたら倍返しだ」という言葉が流行っていましたが、やり返してこない相手というのは、攻撃する側からすると弱く、危険性のない相手ということになりますから、何も反撃しないでいるとよりひどい攻撃へと被害が悪化しやすい傾向があります。

被害を軽減させたいのであれば、できるときには平和的な反撃をなるべくしておいたほういいです。 2016.2.24 | 2018.10.31

< 参考 >

お巡りさんを説得して健全化させよう
現場警察官に集団ストーカー説は防犯活動弱体化が目的ではないと理解させる

窓の格子(こうし)

不法侵入犯をあきらめさせる鉄格子、面格子、内格子など

公安などの集団ストーカー犯罪者以外の一般的な空き巣犯であれば、格子のある家は、それだけで犯行をあきらめるというほど効果が高いそうです。

空き巣犯は玄関から侵入しても、逃げるときは窓から出て行くという犯行パターンが多いからだそうです。

空き巣犯は集団ストーカー犯とは違い、特定の家にこだわる必要がないというのもあきらめてしまう理由となっているのでしょう。

集団ストーカーの被害者で、在宅時、夜、寝ている間などに内鍵だけでは不法侵入が防げない場合、あるいは、毒ガスや廃ガス、異臭などの空気汚染被害があり部屋の換気が必要な場合などには、窓に格子(こうし)を取り付けるのが有効な対策となります。

格子を付けてしまうと、住んでいる人も出入りできなくなってしまいますが、普通は窓を出入り口とするようなことはあまりないでしょうから問題ないでしょう。

格子のほうが内鍵よりも断然強力です。

素人でもがんばれば、木材を利用して自作することもできるでしょうが、設置するの場合は窓などの外側から開けられないようにする必要がありますので、自作するのは少し難しいでしょう。

外からネジでとめるだけだと、ドライバーひとつで誰でもはずすことができてしまうので対策が必要になります。

格子は防犯効果が高いのですが、設置費用がそれなりにかかってしまうのが弱点です。

格子のほかには、人が出入りできないようなブラインド式の窓も有効です。

これは複数の細長い板が重なり、角度を変えて換気する方式の窓のことです。

ブラインド式窓も、物によっては、一枚一枚のガラスが外せてしまうような、防犯効果の低いものもありますので注意が必要です。

格子も内鍵のように、出入り口がどこかにひとつでもあれば意味がありません。

なるべく例外を作らずに、すべての出入り口をふさぐようにしましょう。 2016.2.24 | 2017.2.6

足場への砂の設置

庭や出入り口付近の地面を砂に変え足跡を残させる

一戸建てであれば、出入り口付近の足場を砂状にすることで、足跡が残るようになりますので、不法侵入者を警戒させる効果が期待できます。

一般の空き巣犯に対しても効果が期待できます。

こちらもホームセンターなどで売られており、玄関用の砂だけでなく、防犯用の音の出やすい砂などもあります。

弱点は、足跡は砂をならしてしまえば簡単に消すことができてしまうことです。

創価学会のカルト信者や、犯人に雇われた不良グループのアルバイト犯などは、気付かずに足跡を残してしまうかもしれませんが、公安のようなプロの犯罪者であれば毎回足跡を消すくらいのことはしてくるでしょう。

足跡を消さなくても、侵入者としては、そもそも砂を踏まないようにすればよいだけですから、専用の台や梯子などの器具があれば砂を踏まないで侵入することもできるだろうと思います。

それでも、集団ストーカー犯のような常習犯は荷物が増えたり、設置する時間がかかるような、面倒な手間のかかることを嫌いますのである程度の防犯効果が期待できます。

不法侵入は犯罪行為ですから、怪しげな器具を使っているところや他人の家の砂をならしているような場面を、一般人に目撃されるようなことは、犯罪者としても避けたいというのが犯罪者の心理です。

合鍵があれば簡単に入れる家よりは防犯能力が高まります。 2016.2.24 | 2018.10.31

雪降る庭に残る足跡

防犯砂導入の目安に

集団ストーカー被害者へのマインドゲームとして、心理的ストレスを与えるために、毎日のように続けらているのがノイズキャンペーンなどの音声攻撃です。

これは大人数を動員できる加害者であれば、実際に人を多く配置して行いますが、そうでない場合は、テクノロジー犯罪を駆使したハイテク音声送信だけですませていることもあります。

自宅へのノイズキャンペーンの傾向としては、人がいないのに多くの人が被害者を監視しているかのように誤解させる傾向があります。

普段はひたすら監視ストレスを与えようとしている訳です。

これが実際に不法侵入したり、実際に窓から中をのぞき込むような場合は、逆に音を立てずに、誰もいないかのようによそおいます。

そのため、にぎやかに音声が聞こえるときは、周囲には誰もおらず、静かなときには人がいる、という状態になっていることがあります。

それでは、本当のところはどうなのかというと、普通は防犯カメラでも付けないとわからないのですが、雪が積もった日だけは、足跡が残るので、簡単に見分けることができます。

実際に確認して、誰もいないはずの庭に人の足跡が残っているのを見つけたときは、庭へ防犯用の砂を入れることを検討するいい機会です。

雪が積もったときは、ぜひ注意して、不自然な足跡などがないか確認することをおすすめします。 2017.2.3 | 2018.10.31

自動式の点灯ライトやチャイムの有効性

加害者を威嚇する無言の圧力

スパイは隠れて忍び込みたいので嫌がります。特にチャイムの音を警戒するようです。

被害者の家族や家の外を通りかかる人などに不法侵入がバレてしまうのが怖いのでしょう。

そのため壊したり盗んでいったりもします。

ですが、それほど犯罪対策に有効だという証拠ですから、あきらめずにまた買ってきて設置するといいです。

何度も設置を続けると犯罪者たちも妨害工作をあきらめることがあるので、何度も設置するのがおすすめです。

スパイには周囲を監視したり、周囲の人間を全員失神させておくような技術もあるので怖くはないはずです。

ですが、極悪人のように見えるスパイも一応は人間の感覚も持っているのでアラーム音から受ける心理的な圧迫感が怖いのかもしれません。

このあたりから道徳的な健全化の可能性も見えてきます。 2022.5.27

不法侵入者は深夜だけでなく昼間もやってくる

多くの集団ストーカー被害者は自宅を日常的に不法侵入されるという被害を受けています。

自宅に誰も人がいなくなることが多い家は、いつ不法侵入されていたとしてもおかしくはありません。

公安や自衛隊、創価学会などが被害者の自宅へ不法侵入する方法は単純で、たいていの場合は玄関や裏口の鍵を開けて、住人であるかのように建物に侵入しています。

日常的に何度も不法侵入を繰り返しますので、泥棒のように鍵のかかっていない窓を探して侵入するようなことは、合鍵を作るまでの例外的な侵入方法となっているはずです。

不法侵入は公安が特に得意としている犯罪です。

公安は発足以来、政府や官僚の利益を守るために活動を続けていて、国民の安全や利益を守ったことはないとみられています。

たまたま、政府の利益と国民の利益がかさなったときに、たとえば政府に不都合な人間がたまたま乱暴者であったようなときにだけ、手柄を主張しているにすぎません。

公安の本当の目的は国民の安全を守ることなどではないということです。

24時間にわたる自宅の防犯

被害者が外出しても家族などが留守を預かってくれる場合は、安心できる場合もあります。

ただし、被害者の家族はおおむね被害者側か加害者側のどちらかについていますので、家族も被害者とともに被害にあっているか、あるいは加害者側の勢力とともに被害者を監視したり嫌がらせをしたりしている状態にあります。

家族やその他の知人友人へが信頼できるかどうかは、被害者であれば自然と判断できていることだろうと思います。

また被害者に協力的な家族も24時間寝ないで見張りにつくようなことはできませんので、夜間の防犯に自動のセンサー式のものやアナログライト、チャイムが役に立ちます。

センサー式とアナログ式の違い、利点・弱点など

デジタル式センサー(赤外線センサー)とアナログ式の違いは、センサー式だと何もないところでも人や物を動きを検知できるのに対して、アナログ式だとドアや何か物がないと反応しないことろです。

また、センサー式だと電磁波攻撃で誤作動してしまう危険があるのに対して、アナログ式だと誤作動の危険がなく安定した性能を発揮できるメリットがあります。

そのため、ライトにはセンサー式、チャイムにはアナログ式のドアベルなどが向いています。

最初の防犯対策としては、外からの出入り口となる場所と室内の被害にあいやすいに部屋にセンサーライトとドアベルを設置するのが効果的です。

また、センサー式のライトは点灯時間や点灯方式、チャイムは音量や鳴るメロディー、鳴る時間などを調整できるというメリットがあります。

加害者は真夜中(午前2時から4時が多い)に侵入することもあります。

そのため、夜中に自動で光るセンサーライトは犯人を強く警戒させる効果が期待できます。

こちらも通常の空き巣犯にも有効な対策となります。

設置場所についてです。

自動ライトやチャイムをつけても、結局のところ不法侵入を完全に防げるということではありませんので、どこに設置しても加害者に壊されてしまう危険があります。

それでも加害者が嫌がるような防犯効果の高い設置場所や設置方法があります。

壊されても、何度も設置を繰り返すことで、加害者に破壊活動をあきらめさせることができることもあります。

当然ですが、屋外に設置するよりも屋内に設置したほうが安全ですし、屋内外の両方に設置したほうがさらに効果は高くなります。



赤外線センサーは電磁波攻撃で誤作動してしまうだけでなく、虫や落ち葉、ペットなどにも反応してしまうというの弱点があります。

これはセンサーの照射位置や角度を、それらが通らないような少し高い位置や、あるいはドアの揺れにくい場所などに設定することで、想定外の動作を防げることがあります。

センサーは何もない場所でも人や物に反応しますので、玄関や裏口などの防犯に向いています。

電磁波攻撃で多少無駄に点灯することがあっても電気を余計に消費するくらいで、それ以外にはたいしたデメリットはありません。

設置方法については、不法侵入者を威嚇するため不法侵入者を目標として設置する方法と、被害者を含めた周囲の人への警告として、加害者以外の人たちが異変に気付きやすいように設置する方法があります。

たとえばセンサーライトであれば、不法侵入者の移動経路を照らすのもよいですが、窓の外に向けて周囲の人に警戒を促すような使い方もできます。

チャイムも住人にだけ聞こえる音量よりも、周囲の人にも聞こえるような大音量にしたほうが防犯効果が高まります。

(音量は近所迷惑にならないように注意してください)

さらに防犯カメラと組み合わせることで、防犯効果をより高めることができます。

センサー(デジタル)式ライト/チャイム

自動センサーが不法侵入者を威嚇

比較的小型のものがあり、いろいろな場所に設置できます。

電源ボタンなどが外部からは操作できないよう操作部分が壁際になるように設置するなど工夫して設置しましょう。

< 参考 >
センサーライトを取付けよう【コメリHowToなび】(動画) 2017/11/7
チャイムやドアベル、その他の設置の参考 2019.1.13

センサーライト

自動で暗闇を照らすセンサーライトは日常的に使うのにも便利ですから、照明のスイッチを入れるのが面倒な場所などに設置して便利です。

明るい照明のある、明るい家は犯罪者を遠ざける効果が期待できます。

特に玄関や裏口などの出入り口に向いています。

センサーチャイム/メロディー

ライトと合わせて出入り口に設置するのがよいでしょう。

音量調節やメロディーの種類を変更できて便利ですので、電磁波攻撃で誤作動させられるまでは、センサー式を使うのもよいでしょう。

センサーチャイムは、商店などに設置されているような、ドアの開閉時にメロディーが流れるタイプのもののことです。

こちらも出入り口に設置することで防犯効果が期待できます。

また、屋内で侵入や犯行が行われやすい場所がある程度特定できている場合は、その周辺に設置するのも効果的です。

こちらも不法侵入者の警戒心を刺激し、心理的な圧力を与えることができます。

センサーチャイムの弱点は、電磁波攻撃でセンサーを誤作動させられる危険があることです。

センサーライトにも同じ弱点がありますが、ライトが多少長く点灯するくらいであれば、多少電気を無駄に使うくらいですから電池式のものの場合、電池の減りがはやくなるくらいの被害しかないでしょう (センサー照射の位置や角度の設定はセンサーライトと同じ弱点があります。

)

センサーチャイムの場合は、家族や知人が家に訪れたときに、誰もいないはずのところからチャイムが鳴り続けるような被害にあうことがあります。

これは加害者側も技術力や犯罪の知識レベルによって、被害を受ける場合とそうでない場合があります。

このチャイムが鳴り止まないという被害は始まってしまうとすぐには防ぎようがありませんので、しばらくは赤外線センサータイプではなく、ドアベルなどアナログなチャイムに変更してもいいだろうと思います。

電磁波被害がない場合は、センサー式のデジタルチャイムのほうがサイズが比較的小さいので設置には便利です。 2016.2.24 | 2018.10.31

アナログ式ライト/チャイム

電源不要で電磁波攻撃に強い効果的な防犯グッズです。



ネットではあまりいいものがないようなので自宅に合ったものを自作する手もあります。

赤外線センサーの弱点はセンサー関連のところでも説明していますが、赤外線も電磁波の一種ですから、テクノロジー犯罪の技術が上がればいずれはもっと簡単に誤作動を引き起こされるような被害が多発する可能性もあります。

そこで活躍が期待されるのがアナログライトやアナログベルです。

単にドアが開閉するときにボタンが押されるような単純な仕組みのものは、電磁波被害にあいにくくなっています。

< 参考 >
センサーライトを取付けよう【コメリHowToなび】(動画) 2017/11/7
チャイムやドアベル、その他の設置の参考 2019.1.13

アナログライト

設置場所などの関係で小さなセンサーライトしか設置できないようなときは仕方ありませんが、今後のテクノロジー犯罪の技術向上を考えると、なるべくはじめからアナログライトを選んでおいたほうが無難でしょう。

アナログチャイム/ドアベル

アナログライトと同じ理由で、チャイムもはじめからアナログ式のドア周辺に付けるベルなどを設置しておいたほうが無難です。

アナログチャイム、いわゆるドアベルの弱点は、設置するのに広めの空間が必要となることと、音量の調節がしにくいことです。

アナログチャイムが鳴る仕組みについてはいくつか種類があって、なかには工夫すると音が鳴らなくないようにドアを開けることができてしまうものもあります。

たとえばドアを静かに開閉すると鳴らなかったり、ベルを鳴らせるトリガーとなる部分をうまく押さえたりすることで鳴らなくなってしまうようなものもあります。

そのためチャイムを設置するやドアの開閉範囲などをよく確認して、その場にあったものを選ぶ必要があります。

なるべく、ドアが開くときに確実に音が鳴り、開ける側からは音が鳴るのを妨害できないように注意しましょう。

音はなるべく大きな音が鳴ったほうが防犯効果が高くなる訳ですが、周囲への騒音となってしまっても困りものです。

いくら防犯用とはいっても、設置場所によっては苦情が出てしまう可能性があります。

設置前に周囲の人たちに確認しておくと理解がえられやすくなるかもしれません。

周囲が創価学会員のような加害者に囲まれている場合は、逆に気にする必要はないかもしれません。 2017.2.3 | 2018.10.31

参考

集団ストーカー犯罪の家宅侵入対策 2022/1/8

センサーライトを取付けよう【コメリHowToなび】(動画) 2017/11/7
チャイムやドアベル、その他の設置の参考


inserted by FC2 system