犯罪の沈静化

被害の無視・黙殺やリスクのアピール

目次 > 対策・活動 > 無視・黙殺 >
calming_of_crime, 2016.1.17, 2019.9.24, 評価(B)

目次

被害軽減には黙殺が有効

無視・黙殺の課題

無視・黙殺の具体策
テクノロジー監視対策
監視(カメラ)対策
音声録音対策
思考盗聴対策

加害者へのリスクアピール
事件や裁判事例で加害者にリスクを知らせる

関連・参考


被害軽減には黙殺が有効

犯罪者の引き起こす集団ストーカー犯罪やテクノロジー犯罪、それらによる被害を減らす対処法として、最も有効であるとされている対策法のひとつが、それらを無視・黙殺するという対処法です。

加害者や加害行為がある程度特定できている場合は、個別に説得したり、防御するなどの対処法も考えられますが、不特定多数を相手とする集スト犯罪においては、個別に対処するには限界があります。

全体的な対処として最も効果的なのは、無視すること、黙殺することだということは、多くの被害者の共通する認識となっています。

加害行為にあまり強く反応してしまうことは、犯罪者の挑発に乗ることにもなります。犯罪者を喜ばせても仕方ないでしょう。

被害者が強い反応を示したという事実を、犯罪者は効果が出たと判断し、その後はしばらくの間、その嫌がらせを、より強い方法で、しつこく繰り返す傾向があります。

この対策として、加害行為を沈静化させるには、無視・黙殺を続けることが有効な対処法のひとつとなっています。その際には、その嫌がらせを、犯罪者が「効果なし」と判断するまで、無視や黙殺を続けることが重要となります。

理想としては、すべての嫌がらせを、風が木の葉を揺らすがごとく、無視・黙殺し続けられるような境地にいたり、それを維持し続けられるようになることでしょう。

さらに思考盗聴されている可能性が高いので、頭でも心でも何も思い浮かべないようにすることも大切です。

犯罪者は嫌がらせを行うとともに、その効果も肉眼や人工テレパシー・レーダー・ソナーなどの監視によって確認しています。この監視や観察の結果として、効果がないと判断させるような努力を続けることになります。

これは延々と繰り返される嫌がらせに対して、延々と無視・黙殺を繰り返すという、気の長い対処法となります。加害者に手柄を立てさせないとか、エサをやらないと思えば少しは気が楽になるかもしれません。 2016.1.17, 2019.11.19


無視・黙殺の課題

被害の軽減や抑止だけを考えれば、被害の無視・黙殺は有効は対処法と言えます。

ですが、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の問題全体の解決を考えると、被害のすべてを無視・黙殺してしまっては、何も主張できなくなり、問題解決は遠のいてしまうばかりです。

この矛盾する問題とどう向き合っていくかということは、問題全体への対処を進めていくうえでの課題のひとつと言ってもいいでしょう。

理想としては、自分への特にひどい被害は無視・黙殺で軽減しつつ、問題解決につながる範囲で被害の事実や分析を主張し、周知していくということになるでしょう。

ただし、特にひどい被害は軽減したいのだけれど、この被害こそが主張したい大問題だというような場合には、難しい選択に迫られることになります。

そういうときは勇気を持って世間に公開していくことで、犯罪の解決に貢献していってほしいと思います。 2017.6.3, 2019.11.19

< 参考 >
被害の黙殺と主張という矛盾 - 進捗と展望 2017年12月 有能な公務員スパイはサプリメントがお好き? 2017.12.15


無視・黙殺の具体策

犯罪者に「この嫌がらせは効果がない」と判断させる、無視・黙殺にはコツがあります。おおむね次のようになります。


テクノロジー監視対策

体をリラックスさせる

テクノロジー犯罪による監視では、ターゲットにされた被害者の様々な心身の状態がハイテク技術で生体観察されています。

生体観察技術を利用した人体の状態の観察と判定は、すでに医療福祉機関などで民生利用されていて、患者などへの尿意や睡眠状態が判定できるようになっています。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者への生体観察ではさらに高度な観察が行われていて、おそよすべての生体活動が観察されているのではないかとみられています。

そのため被害者の精神状態、心の動きなどから、あせりや不安感なども、加害者に観察されている可能性が高くなっています。

テクノロジー犯罪でこのあせりや不安感の判断する目安として、呼吸の間隔や脈拍数なども観察されているとみられています。

そこで、深呼吸や瞑想法などで呼吸を落ち着かせ、心拍数を整え、心身ともにリラックスした状態を保つことで、あせりや不安などから加害行為の効果を知らせにくくすることができるはずです。

管理人が実際に試したところでは、瞑想のゆっくりとした呼吸法を行い考えることやイメージすることを止めたら、加害者一同が静まり返ってしまうほど効果があったこともあります。

そのときは特にすることもなかったので、管理人はそのまま眠ってしまいましたが、大きな物音などで眠りを妨げられることもなく、平穏な時間を過ごすことができました。 2017.6.3, 2019.11.19


監視(カメラ)対策

目に見える反応をしない

動きや素振りで効果がないことを示します。鉄筋コンクリートからピラミッドの中まで透視する電磁波技術がすでに存在します。家の中でもなるべく反応しないように注意してください。


音声録音対策

声を出さない

音声の録音は監視の基本です。なるべく声を出さないようにします。寝言を言う癖がある人はイビキ防止用のマウスピースなどを使うと少しは寝言を言いにくくなります。アゴを固定するバンドも売っています。

< 参考 >
SUPTEMPO いびき防止グッズ 顎固定サポーター 2019改良版 通気性良い サイズ調整でき 無臭 肌に優しい 男女兼用 2019.11.19


思考盗聴対策

被害を意識しない

被害を頭に思い浮かべるだけでの思考盗聴によって被害の効果が判断されてしまいます。言葉の音声イメージを頭に浮かべないことが重要です。

嫌がらせをされていることを論理的に分析したり、「痛い、つらい、悲しい」などの気持ちや、「あ、お、え」などの擬音まで、頭に浮かぶ言葉や念のようなものを、一切イメージしない、意識しないようにすることで、犯罪者は犯罪の効果を判断できなくなります。

AI音声送信被害を受けている被害者さんによると、意味のない3文字の言葉を繰り返したら加害行為が弱くなったという話もあります。

加害者を馬鹿にするような言葉を使ってしまうと、普段から犯罪にまみれた悪質な人間を挑発する結果となり、被害が悪化してしまう恐れもあります。

コンピューターのパスワード入力など、どうしても文字や数字を意識してしまう場合の、思考盗聴対処法としては、鼻歌や単純な数字や文字、アルファベットの並びを意識するなどで、思考盗聴に対処することができます。

多少訓練が必要ですが、具体的には、1、2、3などと頭の中で数えながら、アルファベットのパスワードを入力するようなやり方になります。

視覚盗聴からもパスワードを盗まれる恐れがあるので、自分でも見えるか見えないかくらいの薄目で見るととさらに盗まれにくくなります。 2016.1.17, 2019.11.19

他のサイトでも加害行為の軽減を目的とした黙殺法にあたる方法を紹介していますので比較的一般的な対策とも言えます。

被害対策・被害改善方法リンク 2017.12.14


加害者へのリスクアピール

事件や裁判事例で加害者にリスクを知らせる

被害者の目の前に現れて犯行を繰り返すような恐れを知らない加害者には、自分たちがどれだけ危険なことをしているか分からせることで、集スト犯罪を沈静化させられることがあります。

加害組織の末端で暴力的な加害を担当しているような無法者には、特に強い効果が出ることもあります。特に素行の悪い加害者は、被害者をものすごく見下していて、どんな悪いことでも平気でやっているように見える人たちがいます。

そういう加害者には、加害者が犠牲になった事件や、加害者が裁判で有罪になった例などを示すことで、沈静化させることができることがあります。

人工テレパシー技術は発達しているので思考盗聴被害の自覚のない被害者でも、思考盗聴で何を考えているか読み取られていることが多いだろうと思います。

これを逆用して、加害者の方を向いたり、名前を出して「**さん、あなたの加害の証拠はとったのでいつでも裁判で有罪にできますよ」などと考えるだけでも、加害行為が沈静化することがあります。

実際に起きた凶悪事件では、OLが面識のない子供を刺殺してしまったり、大学生が交番の中で警察官を刺殺するような事件が起こっています。

マスコミ上では集団ストーカーという言葉が使われないので、集スト被害者が罪を犯してしまったのかどうかは定かではありません。ですが、動機や状況を考えると、常識では説明がつきませんので、集スト被害者だった可能性も十分考えられます。

そういう事例を調べて、街宣やポスティングなどで実際に加害者に示し、より加害行為の沈静化の役に立ったものを集めていけば、より効果的な防犯活動ができるようになっていくはずです。

そこまで積極的な行動に出られないという人は、憲法・法律・条令などの条文や判例を調べておいて、それを密かにアピールするだけでも犯罪の予防効果が期待できるのではないかと思います。

民事訴訟の判例集などを自分の机の上に置いておくだけでも、加害者たちへそれなりの圧力を加えることができるのではないでしょうか。

これを職場でいきなりやってしまうと、逆にリストラが悪化する恐れもあるので、職場の人たちは少しずつならしていったほうがいいだろうと思います。 2018.10.21, 2019.11.19

< 関連 >

証拠の確保による加害行為の抑制 | 嫌がらせの抑止と沈静化
加害協力者は危険を察知すると手を引く傾向がある 2019.9.24

加害者が報復された可能性のある事例 | 被害事例2018.10.21


関連

被害の無視について - 感想やコメント
あれはどんな感じ? 2018.9.20

嫌がらせの抑止と沈静化
嫌がらせ・虐待・拷問犯罪の行為は防ぎ、効果は黙殺

被害者の心得:被害と加害者のバランスコントロール

被害対策・被害改善方法リンク 2017.12.14



inserted by FC2 system