目次 > 集団ストーカー被害の可能性が高い事例 >

ノドへの電磁波攻撃

ノドにガンを誘発させた疑い

electromagnetic_waves_damage_of_the_throat, 2016.1.11, 2020.10.16, 評価(C)

目次

電磁波や音波でノド攻撃が可能

ノドの癌になった音楽家の方々

日本ではつんくさんが電磁波被害にあっていた可能性がある

岡井千聖さんの場合

ASKAさんの場合

誰がノドへ電磁波攻撃をしているのか

本当に電磁波でノドをガンにするのか

< 参考 >

2006年 7月13日 忌野清志郎、喉頭癌による入院を発表


電磁波や音波でノド攻撃が可能

電磁波によるBMI攻撃では人体の特定の部位のみを攻撃することもできます。

アメリカではブッシュ大統領までが、電磁波被害と思われるノドへの攻撃で、声が出なくなる被害が出ており、映像でも確認できます。

ブッシュ大統領、突然声が出ない?

他にも音波で言葉を話すことを妨害する技術もあります。

日本の「発話阻害銃」が話題(動画) 2012/3/5
聴覚遅延フィードバックを利用したスピーチジャマー 2019.1.30

モスクワの米国大使館でもガン誘発による死者が出ています。ロシア政府は電磁波技術の兵器利用が可能なこと、殺人が可能なことをすでに認めています。

モスクワシグナル事件
電磁波で米国大使館職員を暗殺


ノドの癌になった音楽家の方々

集団ストーカーの心理戦では対象者が気にしているものや大切にしているものをあえて狙って攻撃する傾向があります。これは集団ストーカーの犯罪理論というより、裏社会の心理分析的な理論として定着しているようです。

誰が何に興味があるかは日々の生活の監視や職業などから簡単に判断できます。ノドを狙われるというのは、音楽家など声が大切な職業の人たちによくあることのようです。アナウンサーなども狙われた人がいるのではないかと思います。 2019.2.11

< 参考 >

忌野清志郎さんの朝鮮批判の曲と喉頭癌
つんくさんのノドの違和感も同じ2006年前後からだと告白 2016.3.22

放射線治療は拒否!?坂本龍一が公表した「中咽頭がん」とは
2014年7月10公表 2019.2.11


日本ではつんくさんが電磁波被害にあっていた可能性がある

つんく♂さんは日本のロック歌手で紅白歌合戦に出場するなどの活躍し、その後は音楽プロデューサーやアイドルグループの総合プロデューサーとして活躍していました。

そのつんくさんが、ガンにかかり、声帯を摘出したという不幸な出来事がありました。本人は、声を失うことで、仕事も失い、将来に大きな不安を抱えていたそうです。大変不幸な出来事ではありまあすが、病気では仕方ありません。運命としてあきらめるしかないでしょう。その才能のすべてを失ったわけではありませんから、今後も活躍は期待されています。

世間的には、不幸な事件ですが、つんくさんのノドはかなり長期的に具合の悪い状態が続いていたそうです。つんくさんは歌手であり、しかも音楽関連の会社に在籍し、音楽関連の仕事に携わっていた人です。なぜ自分のノドの健康管理もできなかったのでしょうか。

医者の不養生というように、専門家であっても自分の専門分野に見落としがあるようなことはありますが、仮に本人が気付かなかったとしても、周りには音楽関係者がたくさんいたわけですから、異常に気付かないというのは不自然です。本人も何らかの処置は行っていただろうと思います。それでも、少なくとも1年以上は、あきらかにノドの具合が悪い状態が続いていました。

つんくさんの長期的なノドの不調は、当時のテレビやラジオなどの出演でも確認できます。見た目は元気そうなのに、声だけガラガラで調子が悪い状態は、むしろこっけいに映ります。

これだけですんでいれば、電磁波被害を疑うこともありませんでしたが、つんくさんが声を失ったのと入れ替わるように、つんくさんがプロデュースしていたアイドルのひとりの声に異変があらわれました。岡井千聖さんという人です。この時点で、ノドへの電磁波攻撃疑惑が一気に高まりました。

追伸

つんくさんは、ノドの違和感が2006年前後に始まったと告白しており、同じ時期に北朝鮮批判ともとれる曲を歌っていた忌野清志郎さんも喉頭癌による入院を発表しています。当然、同一犯による犯行が懸念されます。(2016/03/22)

< 追伸 2018年12月24日 >

311の原発事故による放射能の被爆が原因ではないかという説もありました。

発病、病死した有名人・芸能人の多くは高汚染地域を訪問していた 2018/11/3

他には社会毒の影響も考えられます。

社会毒のない生活は体や心を健康にする
ハミガキ粉の9割に入っていて、発がん性、DNAも破壊する神経毒
2018.12.24


岡井千聖さんの場合

岡井さんはある程度テレビに出演していますが、声がガラガラで、場末のホステスのようになってることがあります。一見すると、20歳くらいの女性がガラガラの枯れた声で話す姿は面白いのですが、こちらもどうやら長期的にノドの調子が悪いようです。(2016/03/22)

よく声を聞くと、すでに以前よりも1トーン低い声に変わっているようです。20歳くらいの女性の声が低くなってしまうというのは、どういう理由でしょうか。20歳をすぎてお酒でも飲み歩いているのでしょうか。仮にそうであったとしても、彼女も歌手であり、音楽関連の会社で、音楽関連の仕事をしています。本人も周りの人間もノドの不調に気付かないはずありません。当然、ノドへの治療などの対処も行っているはずです。

テレビでも歌でも声が出なければ仕事にならないでしょう。面白いのは最初のうちだけです。本人はアイドルでも、大人がやっている仕事ですから、仕事が成立しなくなるようなことにならないように、厳しく注意などがなされているはずです。

それでも声の具合が悪い状態が、長く続くということは、異常です。ノドを治したくもて治せない、具合の悪くなる原因があるのではないでしょうか。

集団ストーカーにおける電磁波被害の観点からすると、ノドへの電磁波攻撃を受けているであろうことが予想されます。ブッシュ大統領でさえ被害にあっているように、電磁波によるノド攻撃は実際に存在し、かつ、それを悪用する人間も存在するのです。

岡井さんが、もしこのままノドへの攻撃にさらされ、ガンを発症した場合、つんくさんのときよりもひどい状態になる危険があります。30代までのガンは若年性という分類になり、若くて体力がある分、進行が早く、気付いたときには全身に転移した後で、余命3ヶ月と医者から宣告されるような場合もあります。

もしも岡井さんが電磁波被害を受けている場合、はやく対処しないと、かなり大きな危険にみまわれる可能性があります。声帯を切除して声を失うだけではすまず、命まで失いかねない事態となる可能性があります。

電磁波対策もいろいろと検討されていますが、集スト被害者のように、社会から排除され孤立無援な孤独な状態になるのとは、異なるとでしょうから、周りの人と相談して、なるべく適切な対処をとるべきでしょう。彼女がどういう状況に置かれているのかは、よくわかりませんが、命にかかわる可能性がありますので、多少、仕事を休んだりしてもいたしかたないのではないでしょうか。

< 追伸 >

その後、岡井さんはノドの手術を受けたそうですが、ポリープのようなものができていたそうです。さらにその後はまた声が低くなっていました。ノドの調子はよく分かりませんが、夜中、セキばかりしているとしたら、注意が必要です。

テク犯で攻撃されている場合は、ノドに何か引っかかるような感覚が電波送信されていて、特に夜中にやたらとセキをしたくなる状態になっている可能性があります。今、ちょうど鉄板防御を考えているのでうまくいけば参考になるのかもしれません。2018.4.5, 2018.5.8

テク犯シェルター作成
テク犯防御スペースを作ろう 2018.5.8


ASKAさんの場合

2018年1月17日に放送された「直撃!シンソウ坂上」というフジテレビの番組にASKAさんが出演していました。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者として業界的には有名なASKAさんですが、音楽活動は続けられているそうです。オーケストラをバックに歌っていました。

私は運よく番組の録画ができたので観ましたが、ノドの調子が悪いことが分かりました。本人はビタミン飴をなめながらノドをいたわっているとのことでした。

ビタミンCのキャンディーのすっぱさで唾液が出るのでノドにいい魔法の飴だと言っていました。集スト的にも日常的なおどしからくるストレスで失われるビタミンCが補充できるので一石二鳥です。

肝心のノドの具合は、声がガラガラにかれていました。つんくさんや岡井さんと似た状態でした。

集スト・テク犯の被害は一度始めると終わらないのが特徴です。ASKAさんが犯罪から開放されて自由に生きているはずはありません。当然、テクノロジー犯罪の被害も続いているはずです。

具体的な被害を予想すると、睡眠中に電磁波で咳の誘発され続けているのではないかと思います。咳を何十分も何時間も続けて出させることで、被害者のノドを弱らせ、睡眠も妨害し体力を奪うこともできます。公安などが使う悪質な手口です。

このサイトで音楽家のノドへの攻撃を指摘するのはこれが3回目ですから、そろそろなんとかしたいところです。

つんくさんのときは間に合いませんでしたが、今は対処法の調査も進んでいるので、ちゃんと対処すれば、夜中に咳が続くような被害は防げるはずです。

対処法としては、電磁シールドシェルターを作って電磁波を反射・減衰させるのがおすすめです。これにはこのサイトや他の被害者の方々の間でも実績がありますので、かなり確実な対処法といえます。

ASKAさんならお金も持っているでしょうから、工務店などに頼めばかなり快適なものを作ることもできるのではないかと思います。

私はASKAさんの知り合いでも何でもないので、残念ながらASKAさんに直接この情報を伝えることができません。ですから、ASKAさんの知り合いやファンの方々、集スト被害者の方々などのみなさんで、この情報をASKAさんへ伝えてください。

ASKAさんなら電磁波で咳を誘発する仕組み、さらに電磁波を反射・減衰する金属のことなど、自分で調べて理解できるだろうと思います。

知ってもらえさえすれば、ASKAさんのノドは守れるはずです。ぜひ、よろしくお願いします。 2019.2.11

< 電磁波の防御 反射・減衰 >

まず電磁波の侵入経路は、部屋の外部からの照射と、内部の電気・電話配線からの照射の二つがあるとみられています。

内部の電気配線からの照射は、コンセントやそこにつながった電気コードの先端がアンテナの役割を果たしていて、先端から電磁波が出ています。

電気が電波(電磁波のこと)となって空中に放出される仕組みですが、これは電気コードやアンテナなどの電気の通る金属などの媒体に、大きな電流を流したときに端まで流れた電気が行き場を失って空中に放出されるというものです。これは電気関連の学術書などにも載っている科学的な事実です。

ですから、電気の延長コードやスイッチを切った家電などでもアンテナの役目を果たして電磁波を送信していることがあります。内部からの照射では天井の照明用の配線から電磁波が出ていることを被害者団体がつきとめています。

他にはコンセント周りを改造されることで電磁波被害が悪化することも確認されています。 2019.2.11, 2019.3.7

< 参考 >
集団ストーカー対策 防御
コンセントや配線の改造被害と戦う被害者さんのブログ

外部からの照射は指向性電磁波を使っているはずなので電磁波を防御する衝立である程度防御できるはずです。

私が試したところでは使っていないBSのパラボラアンテナでもある程度まで防げました。

他の被害者さんの情報では八木アンテナを照射元へ向けることで防げたというのがあります。地デジアンテナなども電波の流れを変えてしまうのである程度まで電磁波を防げるのではないかと思います。どちらもアースを付ければさらに効果が高くなるはずです。

マンションなどで上下左右から囲まれて照射されている場合は、全方位を防御する必要があります。空間を密閉すればいいのですが、金属板を使うので箱型のシェルターにするのがおすすめです。

シェルターについては、今の調査段階では、木材で小部屋を作り、外側にアルミ板(厚さ1ミリ以上)や防音財を張るタイプがおすすめです。

< 参考 >
テク犯シェルター作成
テク犯防御スペースを作ろう

ちなみに電磁波はすべての物質を透過する波動として発見されたものですが、その特性上、完全に防御することはできません。

電磁波の防御は、電磁波を被害が出ない範囲まで反射・減衰せることで無害化するという対処法になります。

原発の放射線(電離電磁波)も厚さ2メートルなどのコンクリートで減衰することで被害を抑えています。

コンクリートの他には地面も電磁波を減衰させますので、地下5メートルなどの地中深く地下室を作れば、電磁波や放射線の被害を減らせるはずです。

金属やコンクリート、地面などが電磁波を減衰させることも、科学的に確かめられている事実です。政府の原発関連のホームページでも説明されています。

< 癌対策 >

厚労省認可の食品添加物は160種類以上あります。その多くには発癌性物質や、認知症などの精神障害、遺伝子異常などの健康被害を誘発する物質が大量に含まれています。

厚労省は少量なら安全だと言っていますが嘘です。マウスのエサに添加物を入れて食べさせる実験などから、添加物に発癌性があることは科学的に実証されています。厚労省が認めていないだけです。

警察がパチンコを認知していないとしてギャンブルだと認めないのと同じパターンで、厚労省も嘘をつき続けています。

トクホでおなじみの特定保健用食品の中にも有害物質が含まれています。ダイエットコーラに入っている甘味料のアスパルテームが有名ですが、これは北米などでは殺虫剤の成分として使われている有害物質です。海外ではアリやゴキブリを駆除する甘い毒として扱われています。

コーラなどに堂々とアスパルテーム入りと書いてありますが、人間にとっては発癌性物質です。

量が少ないからといっても毒を食べるのは誰でも嫌でしょう。ベトナム戦争でベトちゃんドクちゃんのような奇形児被害を生んだマスタードガスというのがありますが、1リットルの水に一滴くらいまで薄めれば死なないとしても、自分の体に入れるのは誰でも嫌だろうと思います。

そういう毒物を薄めて体に入れているのが抗癌剤治療です。マスタードガスとほぼ同じ劇薬も使われていました。そもそも抗癌剤治療は日本で開発されましたが、最初の実験では、被験者の癌細胞をなくすのには成功したものの、被験者全員が2ヶ月以内に亡くなったそうです。

毒を体に入れ続けたのだから、当たり前の話です。癌細胞を殺したのではなく、他の健康な細胞も殺していたのです。ですが、この抗癌剤治療もいまだに続けられています。恐ろしいことです。

癌にならないためにはそれらを避けるべきです。食品だけでなくインフルエンザ予防接種などに使われるワクチンなどにも有害物質がかなり入っています。 2019年のインフルエンザワクチンでは、予防接種を受けた人のほうが受けない人よりも、インフルエンザにかかったときに6倍も多くのウィルスが発見されたと話題になっています。

見付けました  これ!
インフルエンザワクチンの接種を受けていた人で、その後、インフルエンザにかかった人の「呼気」から排出されるインフルエンザウイルスの量は、「接種していない人より 6.3倍多かった」https://t.co/gL9xIopQRo https://t.co/e4om2S4bd1

— 一矢報いたい (@isao35612yuki41) 2019年2月8日

そういった有害物質は社会毒と呼ばれています。ASKAも年齢的に癌のリスクが高まってきているので、社会毒も避けるようにしたほうがいいです。

< 参考 >

社会毒のない生活は体や心を健康にする
ハミガキ粉の9割に入っていて、発がん性、DNAも破壊する神経毒

「抗がん剤」が、癌を治せないのは常識!厚生労働省ガンの専門技官の回答!名医、大御所医師もそう言う 2018/9/19
厚労省全体としは認めていないが現場の技官は認めてしまっている 2019.2.11

もしも癌になってしまったときはどうすればいいかというと、日本の癌医療は西洋医学から30年くらい遅れていて、効果がないだけでなく有害なことが知られています。厚労省やマスコミが隠しているので一般には知られていませんが、事実としてネットから広まっています。

日本の厚労省にあたるのがアメリカのFDAという政府機関です。FDAも癌の三大治療法である手術・放射線治療・抗癌剤治療は効果がないと認めています。

FDAも厚労省のように政府の省庁のようなものですから、三大治療に効果がないという事実をなかなか認めなかったのですが、1990年代にやっと認めるようになりました。

日本の厚労省もそのうち認めざるを得ない状況に追い込まれるはずです。日本の場合は知っていながら隠しているので、罪が大きすぎて、逆に公表できない状態にあるのではないかと思います。

前任者のミスなのだから、誰も責任を取りたくないというのが役人の本音です。

日本の癌医療は、殺人医療などと呼ばれているほどですから、病院には行かずに、民間療法と呼ばれている正しい治療をするようにしてください。

今、癌サバイバーが避けるべきは病院です。病院に行くと寿命が縮まってしまいます。本当の現代医療では癌は死病などではなく治る病気として扱われています。末期癌を治したと豪語する関係者もちらほら見受けれます。 2019.2.11

< 参考 >
ガン医療問題 ガンは本当は治せる病気
抗ガン剤は毒物、正しいガン治療・ガン予防のための正しい知識 2019.2.11


誰がノドへ電磁波攻撃をしているのか

比較的技術レベルの低い、簡単な電磁波攻撃であれば、誰でもできる可能性があります。しかし、今回の、ノドに攻撃を集中するような高度な攻撃は通常の人や組織にはできないとみられています。それが可能な組織として疑いがかかるのが、電磁波研究の関係者、警察組織、創価学会です。日本においては、これらの組織以外の人間が高度な電磁波攻撃を行っている可能性は低いと考えられています。

被害者は音楽プロデューサーとそのプロデュースするアイドル歌手ですから、彼らが被害にあって利益を得るのは、彼らの共通のライバルとなるような存在でしょう。

過剰なライバル組織へのけん制や妨害行為、場合によっては攻撃ともとれるような可能性のあることも辞さない組織といえば、日本のマスコミに支配的な影響力をもち、年商1兆から2兆円などという小国の国家予算規模の財力をもつ巨大企業、電通に疑いがかかります。

電通はアイドルビジネスも手がけており、日本でのみ有名なAKBというグループアイドルをプロデュースしています。電通のライバルへのけん制は痛烈で、音楽CDの発売週を同じにしたり、他のアイドルが公演の予定をした音楽ホールで先に公演をしてみるような、合法的な営業努力から、他のアイドルのやっていることのまねをすれば、イメージダウンをねらうかのような、より質の悪いまねをするような地味なことまで、いろいろと行っているようです。

それらの電通の過剰なけん制行為の特に強い攻撃の的となっているのがつんくさんのプロデュースするアイドルグループの℃-uteです。このグループのメンバーが岡井さんです。電通は自身が製作にかかわっているアニメのなかで℃-uteのパロディを出すような、どれほど効果があるのかわからないようなことまでやっているとみられています。

集ストでは、電通は在日勢力の企業で、創価学会との関係も強いことが知られています。電通・創価学会を批判する内容は、日本のテレビ・ラジオなどは放送されることがありません。また、本業のCMやイベントプロデュースから、マスコミへの圧力、出演者の選定や偏向報道など様々なことを行っていることも知られています。集スト被害者が受けるマスコミ集スト、メディアストーカーの被害にも電通は強い関係があるとみられています。

電通が創価学会を使い集ストを行っているであろうことは周知の事実で、マスコミに報道規制をかけても、現在ではネット上からその犯罪性は、かなりあきらかになりつつあります。

電通が創価学会に集ストを依頼して、ライバルとなる不都合な人間のノドをガンにしようとしているのだ、と集スト被害が聞けば、誰もそれを疑うようなことはないのではないでしょうか。集ストの世界では何も不自然なところがありません。


本当に電磁波でノドをガンにするのか

電通としても不都合な人間を暗殺などすれば、当然、疑いがかかることは理解しているでしょう。ライバルを排除するのが目的であれば、ガンのような重病にする必要はないでしょう。なぜそこまで過剰な攻撃をしてしまうのかというと、その背景には在日勢力の強い反日感情があることが予想されます。

一般的な日本人は在日朝鮮人や韓国に住む韓国人のことを、特に好きでも嫌いでもないかと思いますが、在日や韓国人のほうは日本や日本人に憎しみや嫌悪感などかなり強い感情をもっているようです。韓国の本国には、新日罪という、日本人をほめると財産を没収されるような、おかしな法律があったり、日本のテレビを放送してはいけない法律などまであるそうです。

思想統制して反日感情を植え付け、外部に敵を作ることで、自国を治めるという、戦前のようなナショナリズムをいまだに続けているようです。

このような強い反日思想を植えつけられてしまうと、日本人を敵と見て、ひとりをガンにしても飽き足らず、さらに次の被害者を探して攻撃するような犯罪が起きても不思議ではないでしょう。

おそらく在日や韓国文化の影響を受けてしまうと、彼らにとっての正しい反日行為として、日本人に対してかなり凶悪なことまで容認されるような事態に悪化してしまうこともあるのではないでしょうか。

芸能界では他にもガンになるにはまだ早いような人がガンにかかっていることが知られていますので、彼らのガンも、もしかすると、電通や創価学会などの在日勢力の利益のための犠牲の一部だったという可能性もなくはないでしょう。芸能界のガン発症者と電通・創価学会など在日勢力と利害関係を調査すれば、何かしらの関連性が浮き彫りになるかもしれません。(2016/01/11)



inserted by FC2 system