目次 > FAQ >

安楽死したいほど辛い、むしろ死にたい(FAQ)

(作成中 2022.4.14)

faq-i-want-to-be-euthanized, 2022.4.14, 2022.6.6, 評価(A)
集スト攻撃で人生が限界
「集スト攻撃で人生が限界」

被害者にされると監視され悪者にされ希望が奪われ追い詰められていきどうすればいいのか分からなくなることが多いです。

集団ストーカーは政治的な迫害政策と諜報/軍事の実地演習、それらに関わる利権が継続させています。

国家や国民の統治や支配力を高めることが目的とみられています。

一部の権力者と富裕層が経済力と軍事力を高めるためにやっていると考えれば分かりやすいでしょう。

政府と軍が主導しているので警察その他の行政は手が出せません。むしろ犯罪隠ぺいに加担させられている始末です。

誰も助けてくれないし、助けられもしないのです。

そのため絶望し自殺を考える人は多いです。これは犯罪の心理工作が巧妙なせいもありいたし方ないことです。

秘密警察や軍の国家スパイがプロの技術で素人である一般国民を最新兵器を使ってまでして攻撃するわけですから一般国民に太刀打ちできるはずもありません。

しかもその手法も悪質極まりありません。

洗脳手法に攻撃を続け心身を弱め抵抗心をなくさせ絶望させて支配するという手法があってこれが集スト工作のベースになっています。

絶望させて支配するために絶望させているのです。

支配という目的や全体像を理解していない幹部以下とみられるその他の加担者たちからすれば絶望させるために絶望させていると考えていることでしょう。

加担者たちはわざと大事なものや希望を奪い絶望させて支配しようとしています。

ですが、結論から言うと、不安や絶望は個人の考え方や信念から生まれているので考え方次第でさけることができます。

最悪の自体を想定して開き直ったり、根本的な信念を変えれば絶望せずにすむようになります。


加担者たちの中で大きな利益を得ているのはごく一部で他は理解もせずに組織やカルトの命令などで加担しているだけの作業員にすぎません。

何も分からずやっているという点ではサルのようなものなので被害者と対等の人間として相手にする必要はないでしょう。

かわいそうな気もしますが相手にする価値はほぼありません。黙殺してあげるのが優しさというものでしょう。

被害者の前に現れるようなのはまず価値のない人間だと思っていいです。倒してもすぐに次が補充される程度の使い捨てです。

犯罪を理解している人間は暗い人生を送っていて被害者からの恨みも理解しているのでそう簡単には被害者の前に姿を現すことはできません。

話し合えるくらいの関係にある加担者なら話し合ったほうがいいですが、それ以外は相手にする必要もなければ特にどうしようもありません。

影響を与えることが難しい相手は存在意義がほぼないです。どうしようもないのでどうもしなくていいです。

そんなものはいるだけでムダなのですが関わるのもムダです。

加担者たちを黙殺しても被害の現状は絶望的にみえるでしょう。ですが、犯罪行為も利益、つまり税金の流れも隠しきれません。

しかも犯罪が続けば続くほど証拠は増え疑惑も高まっていきます

不正な行為で犯罪と税金の横領をしているのでこれを知れば反対する人の方が多くなります。

人間社会は助け合いが基本の共同生活世界です。あまりにも不公平な状態は不満が出るので長くは続けられません。

集スト犯罪も長期的に続けるのは不可能です。長期的には被害が改善する可能性が非常に高いということです。

その勝利の日を迎えるにはそれまで生き残らなければなりません。

あきらめて死んでしまうより生きて勝利の日を待ちましょう。

できれば、そのためにより多くの人が周知活動などに協力してほしいです。 2022.04.14 | 2022.6.6

目次

  1. このサイトの答え
  2. 解説

このサイトの答え(リードで説明しているので解説に移動予定)

生きているなら自分の人生を少しでもマシな状態に変えるチャンスが残されています。

自分の人生が少しでもよくなるような努力を続けることをおすすめします。

犯罪者の心理としては本当に不都合な人間は暗殺や刑務所に監禁するなどして何もできないようにします。

集団ストーカー(テクノロジー)犯罪の被害者にどんなにひどい攻撃を続けていても命までは奪うつもりはないはずです。

犯罪者たちはその被害者が生き続ける程度の自由と権利は認めているのです。

被害者は自分が今自分が生きているのであればこの先も命を奪われる可能性は極めて低いです。

集ストは法整備や常識改変などで利権システムとしても完成度が高まっているので被害者の命を奪うと利益がでなくなるので犯罪者たちは返って損をしてしまいます。

新しい被害者を探すこともできますが「次は隣の家のおばさんでいいだろ」というわけにはいきません。

国家が管理していて予算をもらわないとできない犯罪なのでターゲットの調査から選定、許可申請、50人規模の監視体罰チームの編成、アジトなどの拠点作成、通信体制の確立などが必要になりかなり面倒なことになります。

同じお婆さんをイジメ続けたほうが遥かに楽にもうけられるのです。

自分の人生をどうやっていいものにすべきかというのは自由に試していけばいいです。

ただし、犯罪解決が人生の目的だ、という人は気を付けないといけません。

警察・自衛隊・その他国家のやりたいことを邪魔すると反体制活動として強い妨害を受ける恐れはありますが、それをさければ強い攻撃を受け続けることはさけられるはずです。

基本的には集スト被害者は自分が思っているよりは自由に生きられる可能性が高いです。

せっかくの人生ですから自分がやりたいことをなるべくやっていったほうがいい人生になるはずです。

それが犯罪をやめさせることであればそうすればいいでしょう。

基本的には何をやっても反体制行動ということになってしまいますが、平和的な警察・自衛隊・国家などの健全化方法もあります。

例えば選挙で健全な人物が権力を握れば不正を排除して集ストも解決へ向かうはずです。

政治家へのアプローチやテクノロジー犯罪技術の研究など妨害が強い活動はうまくバランスを取りつつ進めていくしかないでしょう。

集団ストーカー(テクノロジー)犯罪は長期的な計画の元行われている政府系の秘密支配プロジェクトです。

暗殺命令が出ている時は事故・自殺に見せかけた暗殺が行われます。

集スト被害者が生きているとすれば暗殺が目的ではないので命を奪われる可能性は極めて低いです。

犯罪者にとっても暗殺命令が出ていない被害者の命を奪ってしまうと命令違反を犯した上に人殺しとして処罰されるのでそんなことはできません。

こういう状況で強い攻撃が続いているとすればその必要があると犯罪者が判断しているということです。

犯罪者たちは軍事攻撃を続けながら自分たちは攻撃をしているとは思っていません。

非殺傷兵器という命を奪わないという建前になっている平気で軽く脅しているくらいのつもりでいます。

たまに命を奪える強さで攻撃していることもありますが、曲がりなりにもプロの国家公務員のスパイ工作員や自衛官なので命を奪わないようにかなり慎重に攻撃しています。

対処するには犯罪者が何を望んでいるのかはっきり分からないのが難しいところです。

基本的にはおどしなので次のような目的があると考えられます。

・恐怖を与える
・不都合な行動や思考を変える
・被害者の限界時の行動をテストする
・常に攻撃するとこで心理的に支配する
・思い付きで試している

特に強い攻撃の場合は、強い恐怖を与えるか、行動や思考を変えることが目的になっている可能性が高いでしょう。

強い攻撃が続くと辛いので、戦略的に気にせずに犯罪者が望むであろう行動や思考をしてしまうという手もあります。

ですが、望まれたと思って自殺してしまってはやりすぎです。

何を望んでいるのか分からない以上は、何かするよりも何もしないほうが無難です。

一般的な被害への対処法と同じで被害・加害を無視してスルーするのがおすすめです。

実際に感じている痛みをスルーするのは難しいでしょうが、なるべく反応しないことで加害者は攻撃の効果を確認できなくなります。

嫌がっている様子や気持ちが確認できなければ効果がないと判断するのでその攻撃を止める可能性が高まっていきます。

スルーというよりノーリアクションで犯罪心理を鎮静化させるというのがスルー作戦の本質です。

日本語だと黙殺といいますが、これは分かっているがあえて無視することです。

黙殺またはノーリアクションが戦いの本質なので毎日試してみてください。

集ストと権力の本質的な話もしておきます。

私たちや平和の敵となる集スト犯罪者たちは監視や国家統治の支配行政というよりは権力を維持拡大する戦争手段として集ストシステムを研究しています。

人権や平和などは支配のための建前であって本当はただ強い力で支配すればいいと思っているような人たちが世界中にいて権力ネットワークとなって権力拡大を狙って戦争をしているのが現実の世界の在り様です。

集団ストーカーシステムを運営する権力層は暗殺が目的であればすぐに暗殺します。

そこまで必要ないなら不当逮捕して何年でも警察署や刑務所に閉じ込めておくことができます。

集ストは暗殺や直接的な口止めが目的ではありません。

特定の個人や大衆全体を支配する実験と研究が目的です。

富と権力の維持拡大を目的とした支配実験とその実践やテストと考えておけばいいでしょう。

被害者を選ぶ基準はいろいろあるのですが、

加害者

何十年もお前を監視・攻撃してるが本当はお前じゃなくても誰でもいんだよ。

加害者

ただ同じ人間じゃないと実験にならないから同じ人間を攻撃し続けてるだけ。

加害者

自分を特別な人間だと思ってるなんて大きな勘違いだぞ。

加害者

そんなわけないだろ(笑
むむ……
むかつくポチだな……

被害者


自殺は強い絶望感・無力感・厭世観などから自分で自分の命を絶つことです。

安楽死は人に迷惑をかけないように合法的に人生を終わりにすることです。

他にも考え方はあるでしょうが自分の意思で命を絶つということは同じです。

どちらも自分が生きようと思えばさけられます。

考え方というよりその元になる気持ちの問題です。

本当に人生を終わりにしていいのか考えて思い直しましょう。

可能性としては被害者の暗殺が決定していて、その上でついでに限界を確認する実験をしたり、新しい拷問方法を試したりするようなことがあればそれ以上生きていてもしかたないかもしれません。

自ら人生を終えるという選択肢もありかもしれません。

ですが、被害者本人がそれを確かめることはできません。

そんなはずはないと思って生きていくのが現実的です。


解説

絶望せずに生きられる

その証拠に事故で首から下が動かなくなった人もおよそ返せそうもない莫大な借金を抱え家などの財産をすべて失った人でも絶望しない人は絶望しません。

開き直ったり信念を変えて死なない程度には前向きになって生きているからです。

もしも被害者と加担者のどちらかが死ななければならないとしたら死ぬべきなのはどちらでしょうか?

被害者が死ぬべきではありませんし絶望すべきでもありません。

犯罪を解決に導き被害者の正当性を証明すべき

自分ではなく集スト犯罪のほうが悪いと思うならあなたが生き続けてそれを証明すべきです。

生存の緊急事態

とはいえ、そんなことを考える余裕がないほど追いつめられている人もいるでしょう。

被害が悪化すると我慢の限界を軽く超えてしまい心や体の限界を超えつつある危険な状態になってしまうこともあります。

電磁波や監視カメラでは心と体の限界は分からないので加担者たちにはその境界は分かりません。

加担者がうまく手加減ができるとは限りませんので自分で限界状況に対処するしかありません。

誰も助けてくれない

誰かが助けてくれればいいのですが助けが現れたという話は聞いたことがありません。

私は定期的に被害者交流会を開いて直接話を聞いて、1000サイト以上の被害者ブログなどを見て、今もTwitterなどのSNSで情報収集を続けています。

その私の経験から考えると助けを求めるという発想は捨てたほうがいいです。せいぜい加担者たちが集まってくるのが関の山でしょう。

可能性がゼロとは言いませんが、ほとんどの人にとって現実的ではありません。

家族の親切心さえも加害に悪用するのが集スト犯罪です。

気持ち的に被害者を助けてあげたいと思う人はいるでしょう。私もそのうちの一人です。

ですが、残念ながら私も含めてその力を持つ人は現れていません。被害者同士の分断工作もひどいです。

行動できる被害者を増やす

集団ストーカー・テクノロジー犯罪は自分で対処していく力を身に着けていくのが現実的です。

今日も明日も希望は奪われ自分ひとりが行動するのがやっとの状態なのに分断工作もひどく協力者を集めるのも難しいというのが被害者の現状でしょう。

それでも現状がこうなってしまっていることはすぐにはどうすることもできません。

このウルトラハードモードの世界から行動を始めるしかありません。

今は集スト犯罪が合法化されているので手が出せないと思っている人もいるかもしれません。

そんなことはありません。そんなことはないので被害者が警察や議員に相談にいくことを邪魔してくるのです。

犯罪なので表社会からは隠れてやっています。賄賂などで正当化させているだけで問題のある不正や犯罪であることには違いありません。

そして多くの人がそれを理解すれば当然集スト犯罪を認めることはないでしょう。

市民に対して諜報活動を行いを監視して心理攻撃をや軍事兵器での攻撃を続け反発してきたら犯罪者や精神病者として犯罪を正当化している。

しかもそれは本物のスパイや軍人が行っているので莫大な経費がかかりそれが軍事費や警察の特別会計などから支払われているなどということを認めるわけありません。

人道的な意味で一般の国民から、経済的な意味で富裕層から許されないでしょう。

しかもいつ自分がターゲットにされるか分からないというリスクもあります。

集ストは得する人間はものすごい大金を手に入れられるのですがそれはごく少ないのでその他の大多数の人たちが損をします。

この損している人たちをどれだけ早く多く理解者へと育てていくかが反集スト活動の勝負所です。 2022.6.7

現状

自殺・安楽死とは。 被害者は暗殺対象ではない。現場は誰でもいい。

犯罪の目的

ライバル排除と利権拡大

犯罪者の心理

嫌がらせや軽い体罰のつもり
ヤバイ攻撃は慎重になる

対策


社会背景

秘密権力ネットワーク

未来予想



inserted by FC2 system