目次 > 基本情報 > 集団ストーカーの基礎知識 >

集団ストーカーの目的は不都合な存在の排除や支配

gang_stalker_s_purpose, 2015.10.7, 2023.10.24, 評価B, (動画版, 音声DL・再生 2016/11/15)
細かい目的はいろいろありますが、排除と支配で利益を得るための手段が集団ストーカー及びテクノロジー犯罪の目的です。

不都合な存在とはライバルや敵などいなくなってほしい存在のことです。小は個人や集団、組織、大は連合体や国家、国家間同盟などにまで渡ります。

大規模なスパイ工作で社会的信用を奪い、最後は暗殺まで行うことから他国への侵略も集団ストーカーと同じ手法が使われていると言えます。

国家侵略のような大規模な工作を集団ストーカーとは呼びませんが、手法は同じなのでマクロ的な集団ストーカーと呼んでいいでしょう。

ウォーカーさんのフラクタル監視システムだという分析からも、世の中の大小の工作が本質的に同じ仕組みだと分かっています。

ターゲットは強者によって悪者にさ、みなに攻撃されます。そして助けるものは現れません。

子供のイジメから戦争まで全て集ストシステムと同じ集団工作で行われています。子供のイジメはさながら集スト犯罪を教育しているかのようです。

集ストを続け不都合な存在を排除や支配を続けた先にはデジタル監視システムによる複数国家の越境的な支配が目的としてあるとみられています。

集ストの手法はそのノウハウとハイテク装置とセットで他国に輸出された結果、先進各国が同じ手法を使う現在の形になったと考えられます。

今は電波監視とネット、AIを連携させた自動監視システムを目指しているとみられています。

そのAIを一国のスーパーコンピューターで管理すれば、すべての国の監視システムを一国がすべて支配できるようになります。

最終的には集ストの秘密協定で連携した国家のすべてを支配するのが集ストの大目標になっていると考えられます。

テクノロジー犯罪をみればわかる通り、電波監視や対人攻撃システムはすでに完成していると考えられます。

AIも逐次導入されているようですが、AIが完成すれば、世界的なインターネット通信、電波監視システム、AIのすべてが完成し、デジタルレーニン主義的な超国家的な監視社会が完成することでしょう。

これまで何百憶円もの費用がAI開発に投資された理由はここにあるのでしょう。AIがすべてを支配するカギになっているはずです。

(旧タイトル:集団ストーカーの目的は? なぜ監視洗脳犯罪を続けるのか ブラックビジネス化している見込み )

更新履歴 2023.10.24 利権 更新
2023.10.20 参考追加
2023.10.18 全体を校正
2023.06.01 利権 新項目化
2023.06.01 政治 新項目化
2023.06.01 排除 新項目化
2023.06.01 洗脳実験 新項目化
2023.06.01 はじめに 更新
2023.06.01 リード更新
2023.06.01 莫大な利益が犯罪を隠す 追加
2023.06.01 集スト犯罪の最終目的 更新
2020.03.19 集スト犯罪の実行主体、各先進国政府の目的
2020.03.12 集スト犯罪の最終目的
2020.03.12 リード更新
2017.11.30 はじめに 更新
2016.11.15 はじめに

目次

  1. はじめに
    1. 利権
    2. 政治
    3. 排除
    4. 洗脳実験
  2. 作業員の作成
  3. 防犯関連の利権
  4. 安全保障・国防の利権
  5. 宗教関連の利権
  6. 企業関連の利権
  7. 科学技術の利権
  8. 民間調査組織の利権
  9. マスコミ関連組織の利権
  10. 医療機関の利権
  11. カルト団体やその背後にいる悪徳派超富裕層の利権
  12. その他の加害者の都合
  13. 集スト犯罪の実行主体、各先進国政府の目的
  14. 集スト犯罪の最終目的
  15. 莫大な利益が犯罪を隠す
  16. 関連・参考

はじめに

集ストの目的を簡単に説明しておきます。

加害実行犯レベルの具体的な目的
  1. 社会的信用の失墜
  2. 精神病院入院
  3. 被害者の事故
  4. 自殺
  5. 暴発による犯罪や暴力事件などへの誘導
  6. 集団からの排除(リストラなど)
  7. その他の被害者の仕事・日常生活などへのあらゆる活動の妨害
  8. 監視・妨害体制の状態

これは多くの被害者が実際に体験したり感じていることであり、加害者にとって目の前の具体的な目的と言ってよいでしょう。

加害勢力はそれらの目的達成の準備と加害行為を兼ねて、被害者にストレスを与え続け、心身ともに疲労困憊させるという方法を取っています。

被害者の間でもあまり語られることはありませんが、加害勢力の手法は、何らかの衝撃や被害を与えることで、被害者自身の思考や行動を変化させるというものです。

そのため被害者の周りでは、監視や体罰・風評工作などによって、痛みやその他の不快感を与えられたり、永続的な悪意が演出されるなどして、被害者は強いストレスを受け続けることになります。

これは政治の世界でのショックドクトリンにあたる刺激療法のような方法です。

加害工作員が被害者の周囲の人たちをノイズキャンページの協力者に仕立て上げるときに、物音を立てて刺激を与えたほうが被害者のためになる、あるいは防犯効果が高い、などと誘導するときにもこの考え方が悪用されています。

ちなみにノイズキャンペーン自体は軍隊が敵を威嚇したり、ストレスを与え続けるという古代から現代まで使われている、戦争での戦術と共通の手法です。

現代でも米軍が中東で行っていますが、中国の四面楚歌も敵の嫌がる音声を聞かせるという点で古代のノイズキャンペーン戦術だったと言えるかもしれません。

集団ストーカー犯罪の具体的な目的としては他にも、創価学会などのカルト集団は加害行為をブラックビジネスとして報酬を出してブローカーなどに依頼していることから、加害の実行犯レベルでも金銭報酬を得ていることがり、金銭的な利益を目的としている場合もあります。

実行犯よりも上位の加害勢力レベルでの目的は、おおむね利権・政治・排除・実験の4つに分類することができます。

(※補足:これは暫定的な分類です。他にも何を重視するかという観点の違いから色々な分類ができるでしょう。)

利権

利権とは、集団ストーカーを実際の活動として開始・継続させるための要員や機器の確保、人件費・交通費などの実費の捻出、またその他の政治・排除・実験などの目的の加害行為を請け負うことで発生する利益や権益などのことです。

加害行為のテクノロジー犯罪はAIなどで自動化されている部分もありますが、それも含めた加害行為全体としては基本的に人が行っていますので活動費用がかかります。

その費用は直接的、間接的に加害担当者の利益や報酬となります。

YouTube ”警察は危険人物をランク付けして監視することで金になるんです”

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の現場では、警察や軍、行政、医療・福祉などの関係者が、自分の仕事を作り、利益を上げるために行っているという側面があります。

その延長線上には地域や国家支配体制の維持拡大などの秘密権力ネットワークの思惑が隠されています。

地上げや新築住宅からの追い出し工作など不動産関連の被害は、集団ストーカー被害の中でも2005年頃にはすでに知られていたような比較的古くからある直接的な利益を目的とした被害です。

参考 集団ストーカー教程5(さまざまな妨害活動 ~不動産編~ )

政治

政治とは、政治活動の工作として個人や集団に行われる監視や圧力などのことです。警察・公安が政治家を監視して弱みを握り支配するようなことがよく行われています。

組織内政治という観点では、加害組織が離反防止などのための見せしめとして内部の者に加害行為を担当させたり、組織管理のため組織の構成員に対してテクノロジー犯罪で体罰などを与えたりしていることが知られています。

創価学会の年収4千万円といわれるような幹部たちのすべてが、家族など身内に重病者や引きこもりの人間を抱えていると元学会員が告白しています。

これも恐らくテクノロジー犯罪による見せしめや、場合によっては人質のような意味合いで行われているのでしょう。

排除

排除とは、組織や社会から告発者やライバルなど不都合な人間を追い出す工作のことです。

加害行為はリストラ工作としても行われており、カルト系の探偵や興信所などが企業などから請け負ってノウハウを教えたりしています。

排除工作やリストラ工作は、古くからあるイジメに集団ストーカー・テクノロジー犯罪の手法が追加されるような形で行われています。

洗脳実験

まず洗脳は支配に近いもので命令に従わせる、もしくは意図した行動を取らせる程度の影響力を相手に対して持つことです。

相手が自分の意志で命令に従い、禁止したことをさせなければ洗脳や支配した状態にあると考えてください。

実験とは対象者の思想や行動自体を変更することを目的としていて、大きく分けて二つの傾向があります。

ひとつが人体に直接危害を加える攻撃兵器やテレパシー兵器などの軍事兵器の人体実験で、もうひとつが人の心を変化させるマインドコントロール実験です。

虐待によるマインドコントロール実験と言ってもよいでしょう。

通常は軍事技術の実験とマインドコントロールの実験が並行して行われる傾向があります。

これは加害行為の実行にかかる予算や経費による組織レベルでの利益を目的としたものや、政治・リストラなどの直接的な目的によって異なる傾向があります。

直接的な目的が達成されると、加害行為自体の継続による実験や利益を上げること自体が主な目的となり加害行為が継続されるようです。

軍事実験では攻撃性が強く暴力的な方法で体罰や拷問にあたる強い痛みや不快感を与える加害行為や、生存の限界を確認し命を脅かすような危険な人体実験が行われる傾向があります。

個人への人体実験としてみると、インプラントその他の最先端技術の実験とみられる場合もあります。

ですが、テクノロジー犯罪に関わる電磁波技術は1970年代の段階でほぼすべての周波数帯での実験が終わっていたそうです。

多くの場合は最先端の実験というよりは、加害者の犯罪技術習得のための実地訓練のような意味合いのほうが強いのではないかと考えられます。

マインドコントロール実験
  1. 人間の心の限界やその他の精神的な特性の調査
  2. 個人や少数者への心理誘導・言動の変更や強要
  3. 社会や世界全体など大衆全体への心理・思考誘導
  4. 監視社会の実現方法の模索
  5. 大衆の常識や価値観の意図的あるいは強制的な変更

人体実験と大衆マインドコントロール実験の最終目的としては、監視や体罰による大衆の完全な支配や奴隷化を目指しているとみられています。

国や民族ごとに分析した先には最終的な世界の完全支配があります。

参考 「洗脳戦争」の背後を探る - 日記&メモ帳

作業員の作成

集ストおよび諜報活動を実行するには作業員が必要です。犯罪者は工作員を育成したり、協力者を作ります。

工作員は常に育成しているので、加害を始めると同時に協力者作りも続けます。

犯罪なので犯罪を手伝えとは言えませんので、犯罪を正当化して工作員を育成したり、犯罪とは知らせずに協力者をだまして利用します。

工作員はカルト信者なら命令に従うように心理誘導してあるのでそのまま使います。

秘密警察のスパイは日本だと特高警察のころから日本を守っているなどと洗脳しています。

軍のスパイはカルトと同じように命令に従うように心理誘導してあるのでそのまま使えます。

軍や秘密警察のスパイにとっては集スト犯罪が諜報活動の訓練となります。実地演習や人体実験を同時に行う目的もあります。

一般の協力者は被害者の社会的信用を奪いつつ、監視や更生させる必要があるとして加害に悪用します。集団や組織の圧力で加害に参加させることもあります。

秘密警察のスパイへの洗脳

被害者の集スト攻撃で強者にとって都合のいい忖度をするよう思想矯正すべきだというのが秘密警察、日本では公安警察のスパイに命令されている考え方だと考えられます。

これは筆者が直接、あるいは間接的というべきかもしれませんが、音声送信で公安らしきスパイから確認したのでまず間違いないでしょう。

「空気を読んで従えばいいのか」と考え事をしていたときに「そうだ」と教えてくれました。

それならそうと初めからどうすべきか教えてくれれば楽なのですが、忖度すべき内容は不正や犯罪などの違法行為を含むものなので、自己責任でやらせたいという思惑があります。

また集ストを始めた以上は容疑を取り消して犯罪を止めるという選択肢は秘密警察・軍・政府にはありません。

自分たちの罪を認めると責任を取らないといけなくなるのと、自分たちの判断が間違っていたことを認めることになり信頼性や権威性が下がるからです。

忖度とは政治やテレビでお馴染みの政府や強者にこびて望まれているであろう行動をとるようなことを言います。

政府が「ワクチンでコロナを終息させる」といったら進んでワクチン接種したり、それを周りに勧めたりするのがいい例です。

集スト被害者が忖度しても軍や秘密警察が判断をくつがえすことはないでしょう。ですが、いくらか被害が軽減することは期待できるのではないでしょうか。

問題はその忖度をしていると示す方法が限られていることです。

ある程度までポスティングや被害者団体での活動をした後に止めると被害が減ることが分かっています。

犯罪者は反集スト活動を停止したことを被害者に忖度させて抵抗を止めさせ犯罪を受け入れる洗脳に成功したなどと判断しているのでしょう。

主にネット活動しかしていない被害者が、ネットを停止したり、ブログ/SNSを削除しても被害は変わらなかった、むしろ悪化したという話をよく聞きます。

ネット停止は筆者も試してみましたが、筆者の場合も被害は悪化しました。

ネットで情報発信できないので証拠が残らないことをチャンスと考え、より悪質な攻撃で人体実験をしていたようです。

ネット妨害もよく行われる被害ですが、ネット停止は被害が悪化しやすいようなのでおすすめしません。

いつでも被害をネットで情報発信できるようにしておくべきです。

ネットを停止しても被害がなくならないことは、集ストが洗脳の実験と実行であることから説明できます。

犯罪の目的は洗脳というほどすべての行動を支配することではなく、思想矯正や忖度と言ったほうが分かりやすいでしょう。

個々の行動ではなく、心理的に変化させることが目的なので、被害者が被害軽減策として試しにネット活動を停止するのでは意味がないのでしょう。

犯罪者が求める思想矯正は、権力や強者に逆らわず、むしろ自分から忖度する人間に変えることです。

洗脳というと何もかも言うことに従う軍人やスパイを作るような悪いイメージがあります。

ですが、実際には強者の利益になる行動をとり、不利益になる行動を取らないようにさせたいというのが本音でしょう。

不正や犯罪、人権侵害になることも含めて何でも行わせたいので命令して従わせる訳にはいきません。そこで集ストの監視圧力や攻撃で忖度人間を作る実験をしているといったところです。

何をすべきか答えを教えないもう一つの理由は、犯罪状態を続けたほうが莫大な利益が出せるからです。

税金を奪う裏金作りや諜報能力という軍事力の一部を強化できます。

レーダー・電磁波・音波兵器などの軍事兵器を購入することでも莫大な裏金が作れ軍事力を維持強化できます。

ですから、権力や強者に従わせるというのは諜報機関のスパイたちへの洗脳理論であって、実際にそんなことは求めてはいないでしょう。

それに筆者にはもうできませんが、犯罪者に忖度して臨む行動をしてしまうと、家で寝ているくらいしかやることがなくなってしまいます。

被害が始まったばかりですぐに気付いたなら、忖度で被害を減らすことができるかもしれません。

ですが、会社を辞めろとか、一生窓際でいろとか、恋人と別れろとか忖度の難しい内容が多いでしょうから、やはり難しいでしょう。

ちなみに創価に限らず家庭連合やメーソン、サンカなどのその他のカルトにターゲットにされている場合も忖度は難しいです。

そもそも忖度すると高いお布施などを取られ、他の被害者への集ストをさせられるなど、より不本意な人生を送らされることになるでしょう。

防犯関連の利権

警察・公安・自衛隊など公務員である彼らにとっては人件費、設備費などの予算利権の確保が目的となります。

諸経費が水増し請求され、裏金となり警察署の所長や警察組織の上層部へ上納されています。

この莫大な裏金が警察庁の権力をさらに強固なものへと変え、さらなる不正や犯罪の温床となっています。

警察の巨大な権力は関係者には有名な話で、2016年現在、国内トップの大学である東京大学卒業生の人気就職先は警視庁となっていて、東大生が警察官僚を目指すようになっているほどです。

集団ストーカーで被害者を危険人物に仕立てることで、防犯・治安維持のために監視や捜査の必要性が生まれますので、これを理由に監視カメラなどの監視インフラを整備したり、人員を増強することができるようになります。

どの組織も予算や人員の多さがその組織の実力のひとつとなりますので組織の拡大のためにも悪用されます。

彼らは集団ストーカーのことを強制尾行やカウンターインテリジェンス、コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)などと呼んでいます。

強制尾行は加害者への攻撃だけでなく、組織内部の人間へのおどしや離反工作も兼ねていて、不正や犯罪の隠蔽に悪用されています。

< 参考 >
集団ストーカーは政府の予防拘禁策
危険人物を精神病院に拘束するという政府の集スト犯罪の正当化理論
2016/11/15, 2017/11/13

安全保障・国防の利権

防犯利権と共通する部分もありますが、これはより軍事的な意味での国防やスパイ・テロ対策、治安維持、国家体制の保全などを名目とした利権のことです。

テクノロジー犯罪で使われる電波技術も、米ロなどの軍事大国が研究している都合上、その他の世界中の国家が防衛目的で研究する必要性が生まれ、これが研究・実験・開発などが正当化し、その政府予算や軍事技術が利権となっています。

体制、つまりは現行政権の維持を重視する考え方の元で行われる集団ストーカーでは、日本の警察組織がカウンターインテリジェンスと呼ぶ反社会的人物の監視や弾圧が重視されます。

外威に対抗する国防という観点から、軍隊にあたる自衛隊も集団ストーカー行為に参加することになります。

技術的には自衛隊のほうが高度な技術を持っていますので、過激なテクノロジー犯罪被害を国民に与えてしまうこともあるとみられています。

元NSA職員カレン・スチュアートさんによると、加害勢力(名目上はアメリカ政府)の目的として、無政府主義などの政治批判・与党や所属政治家批判・人種民族差別などへ、加害者の思想を誘導することも目的のひとつとなっているそうです。

日本の警察機構はNSAやCIAの配下に近いような強い影響下にありますので、日本の集団ストーカーも同じ傾向があるとみてよいでしょう

日本政府はネット検閲やネット情報工作を行う企業を使って、在日朝鮮・台湾人勢力や中国などへの批判を積極的に行っていますが、集団ストーカーの偽被害者や専用工作員、警察・自衛隊・その他の特務機関の工作員なども、在日犯人説へ一般の被害者を誘導しています。

政府と在日勢力が本当に敵対関係にあるのであれば、政府が在日勢力を排除し、集団ストーカーの加害実行犯は警察が逮捕しているはずです。

政府が管理する行政サービスである警察が加害者を逮捕できない以上、政府が集団ストーカー加害勢力そのものであるか、あるいはそれらの勢力と共謀関係にある可能性が非常に高いと考えられます。

ちなみに在日勢力は暴力団などと同様に、政府など主要な加害勢力とみられる勢力の下請けに近い活動を行っているとみられています。2017/11/21

< 参考 >
世界はまるで「監視資本主義」 横田や三沢、沖縄には監視設備も 2018.1.17

より積極的な軍事目的

またこの犯罪を行う上でのさらに積極的な軍事目的としては、敵兵を攻撃するための電磁波攻撃の実験と戦争を望む好戦的な世論の作成があります。

この犯罪は軍事心理戦の一部となっていて、自国民を使って電磁波攻撃で敵兵を攻撃する際の軍事研究の人体実験となっています。

この犯罪による被害となっている五感の異常やその他の精神・生理機能の異常は、軍事実験としては敵兵の活動妨害を想定しています。

個人支配や諜報活動でスパイに自白させるなど、強制的に命令に従わせることも目的としています。

この犯罪の被害の中で特にテクノロジー犯罪の被害が、被害者によって異なる傾向が強いのは色々なパターンの実験が行われている影響とも考えられます。

この犯罪はさらに国家心理戦ともなっていて、戦争そのものを引き起こすための世論の高揚、好戦的な世論・常識の作成・変更を意図した大衆心理誘導ともなっています。

現代では世界的に人々が戦争を望んでおらず、むしろ強く反対していることが、各国の政府にとって隠せない状態となっています。

そのため軍事産業の利益拡大や、さらに戦争勃発のための準備として、国民に戦争をさせる工作や徴兵を進めるための工作としてこの犯罪が行われているという側面もあります。

この犯罪の工作員が盛んに在日犯人説や韓国・北朝鮮を敵視した情報を流しているのは、現在の日本の仮想敵国が北朝鮮となっているためです。

自衛隊の工作員らしき人物が作成するネットサイトでは、自衛隊や軍を連想させる旭日(旧日本海軍旗の朝日)や桜・武器・兵器などに関連した名前が出てくることが多くなっていますが、彼らが在日犯人説を唯一の真実であるかのように強く主張してるのも世論を好戦的な方向へ誘導する意図があるのでしょう。

愛国心を強調するパターンもありますが、これは愛国心を高めることで、同時に仮想的国への敵対心を高めるという意図があります。

彼らは裏では愛国は錬金術などと言って喜んでいるそうです。

韓国は仮想敵国となっていないのに反韓論調が強いのは、日韓の分断工作が行われているためです。

これは世界の支配層(*1)が日本を支配する上でアジア諸国から日本を分断する目的と、それと同時に日本とアメリカの連携を強めるという意図があるとみられています。

世界の支配層は日本の発展を脅威として警戒しているので日本の発展自体も妨害しているとみられています。

またCIA・NSAなどアメリカ犯人説もあります。

これは公安らしき工作員が好んで発信しているようですが、これは単なる責任転嫁で、強い権威に責任転嫁することで問題解決をあきらめさせたり、思考停止へ誘導する意図があるのでしょう。

アメリカの権威を利用する方法は、この犯罪よりも立法や行政の場面でよく悪用されている一般的な方法です。2018.1.5

< 参考 >
(*1) 支配層 秘密エリートネットワーク

宗教関連の利権

直接的な金銭による利益ではなく、宗教組織内部の規律の維持、信者の脱退などの離反の防止、脱退した元信者へ嫌がらせを行うことによる現役信者の離反の防止、などを目的としているとみられています。

嫌がらせ行為自体が信者にとって宗教的な実績、手柄となるため宗教とは無関係の人間に被害が及ぶこともあります。

< 参考 >
創価学会

企業関連の利権

企業の都合による、リストラ、不穏分子へのけん制や制裁、セクハラやその他の違法行為・犯罪行為の隠蔽目的や、違法行為を隠蔽するための身代わり作り、偽の犯人作りなどが目的とみられています。

< 参考 >
集団ストーカー企業リスト@wiki
集スト加害企業や被害など 2016/11/15

上が人事や内政での利権ですが、他には純粋な利益目的で監視情報が利用されているとみられています。

ビッグデータ解析、IoTによる市民監視や市場調査、消費者への購買への心理誘導などが目的とみられています。2018.1.17

< 参考 >
世界はまるで「監視資本主義」 横田や三沢、沖縄には監視設備も 2018.1.17

科学技術の利権

科学技術の特許情報などが盗まれ、盗まれた被害者の口封じをするために集団ストーカーが行われることがあります。

科学技術の分野は個人の才能が重要な世界となっていますので小数の人間を排除する集団ストーカーの得意とする排除工作で、ライバル技術者を排除するような犯罪が行われています。

ちなみに、STAP細胞事件で有名となった小保方さんが集団ストーカー被害者だったと言ってしまうと語弊があるように感じる人が多いことでしょうが、その可能性もあります。

小保方さんの周囲の人やマスコミなどが皆で小保方さんを非難していましたので、大規模な集団ストーカー状態にあったと言うこともできるでしょう。

小保方さんは涙ながらにSTAP細胞の存在を主張していました。

これは周囲の人や日本国民全体へ彼女に関する風評工作が行われていて、誰も小保方さんを信じないという世論が形成されていたとも言えます。

これは信用を失墜させるという代表的な集団ストーカー被害です。

また、後日ドイツでSTAP細胞の特許が認可されたことは特許利権のための排除や妨害工作だったと言えるでしょう。

このようなことから学者個人への世界的な多国籍型の工作が行われていたのは事実です。

加害者の規模が大きすぎますので、今の段階でこれをいわゆる集団ストーカー被害に含めるかどうかは意見が分かれることかと思いますが、まだ言葉の定義があいまいな部分がありますので、問題解決のためには広く解釈しておいたほうが有利だろうと思われます。

ただし、この説には弱点があり、それは集団ストーカーの典型的な被害である継続的な監視あるいは体罰、またその他の悪意の演出などがあったのかよく分かっていない点です。2017.11.26

民間調査組織の利権

探偵や興信所などは、被害者の監視情報を、周囲の人間に販売したり、警察・公安へ危険人物情報として取引しているとみられています。

警察・公安の強制尾行では、労働条件の悪い夜間の徹夜監視作業などを代行しているともみられています。

マスコミ関連組織の利権

テレビ局・ラジオ局などは集団ストーカー犯罪で収集される個人情報の、特に個人的な趣味や行動などを市場調査情報、マーケッティング情報として利用しているとみられています。

またテレビやラジオ放送を利用したほのめかし犯罪も行われています。

テレビ・ラジオ放送でのほのめかし行為が、リアルタイムで行われていて、被害者の行動の直後に、その行動内容がほのめかされるという被害も確認されています。

そのためテレビ・ラジオ関係者は、トゥルーマン・ショー被害と言われる、私生活を24時間監視した映像が他人に見られるという被害の、加害者として監視映像を見ることもできるとみられています。

マスコミが集団ストーカー犯罪を一切報道しないなど、犯罪に協力的な態度をとる理由は、政治的な圧力のほかに、電通などの広告利権や創価学会・在日朝鮮系暴力団などによるタレント全体への支配力を背景とした圧力がかかっているとみられています。

テレビやラジオへ出演するタレントやジャーナリスト、映画・音楽・スポーツ関係者などの芸能界の人的な分野は、創価学会や朝鮮系暴力団などの強い影響下にあります。

彼らは集団ストーカー犯罪や暴力団を使ったおどしによって芸能界を支配しているとみられています。

アメリカの芸能界では、よりひどい状態となっていて、芸能の花形であるハリウッドもMKウルトラ(集団ストーカーのなかでも特に凶悪な手法)に支配されていると、ハリウッド女優などが暴露しています。

ハリウッドでは監視やおどしだけでなく、監禁や体罰なども含めたより強い行動の強要や洗脳行為が行われているようです。

テレビ放送や出演者となる芸能人は一般社会への影響力が強いため、悪徳派の超富裕層によって支配的な影響を受け、コントロールされているとみられています。

< 参考 >
メディアストーカー・メディアガスライティング・マスコミ集スト
テレビやラジオを使ったほのめかし犯罪

医療機関の利権

統合失調症の誤診断に医療機関が関与しているとみられています。

その誤診の後、被害者が入院する場合、その期間は1年以上となる場合もあり、非常に長期間なため、医療機関にも長期的な安定収入をもたらします。2016/11/15

< 参考 >
精神医療問題
不正と悪用を防ぐ

カルト団体やその背後にいる悪徳派超富裕層の利権

加害行為の継続自体も目的のひとつか

世の中で色々な不正や犯罪、ときには戦争や紛争まで引き起こしているとみられているのが、カルト団体やその背後で命令や資金提供をしているとみられている悪徳派の超富裕層、グローバリストの集団です。

彼らが、政治・マスコミ・学術機関などから司法・警察・役所・企業などを悪用して大規模な不正や犯罪を行っている集団の主体だろうとみられています。

集団ストーカー犯罪、テクノロジー犯罪も彼ら超富裕層、グローバリストが陰で行っている犯罪行為のひとつとみられています。

彼らはシオニズムと呼ばれる一連の詐欺洗脳支配術を共通の指針としています。

これは支配層戦略と呼ぶべき強力な詐欺洗脳術で現在の世界ではすでに多くの内容が実現されています。

そのシオニズムを端的に示した「シオン長老の議定書」の第15議定書に、

「際立ってわれわれは計画を実行さえできれば成功不成功を問わないのに、際立ってゴイ(家畜・ブタの意で一般人のこと)は成功さえすれば計画はどうなっても構わない。」

という一節があります。

私たちは何かが起これば、それにふさわしい原因や結果があると考えがちですが、支配層戦略としては、計画の実行自体が目的となっていることがあります。

実行自体が目的となっている計画では、計画を実行さえすれば、それが人や社会に心理的な影響を与えますので、その時点で目的が達成されるという考え方です。

彼らの計画の目的は心理的影響を与えること、つまりはおどしや利益誘導などの印象操作、常識・価値観の変更、大衆洗脳、マインドコントロールなどが含まれていることがあります。

そのため、計画自体にもあらかじめそれらの心理変化を誘発するように意図的にデザインされているのです。

これを集団ストーカー・テクノロジー犯罪に当てはめると、被害者の周囲に悪意を演出しテクノロジー犯罪で体罰を与えること、またその加害行為を長期的に続け、この状態を維持すること、それ自体が目的である可能性があります。

この被害継続状態から色々な利権が生まれます。

また被害者が被害を改善できない状態が個人の不幸や社会全体の不安などを助長する効果があります。

これらの大目的があるため、一見すると理由や目的の分からない加害行為が続けられている理由となっている可能性があります。2016/11/15, 2017/11/13

< 参考 >
社会不正
国内外の政治経済や裏社会という観点からの被害改善策の検討

その他の加害者の都合

集団ストーカー犯罪者
犯罪者の行動や心理の分析
2015.10.7

集スト犯罪の実行主体、各先進国政府の目的

集スト犯罪の被害者が警察に被害を訴えてもパトロールを強化するくらいの言葉を引き出すのがやっとで悪ければ精神科への受診を進められそのまま統合失調症と誤診され精神病者扱いされてしまうのが現実です。

警察、精神科医、検察、裁判所、自治体の安全課などのどこかで止めてくれればそんなことはまず起きません。

なぜか。もちろん政府が実行主体となって進めている権力犯罪が集団ストーカーだからです。

警察や自衛隊がやっているように見えますが、彼らを支配しているのは上位者である日本では法務省の検察官僚とみられています。

実行犯であるスパイたちが勝手にやっているのではなく、検察官僚の命令でやっているのが集団ストーカー犯罪だと考えられます。

官僚組織では言うことを聞かない人間は排除されますので必然的に上位者の意向が末端にまで行き渡ることになります。

< 関連 >
検察官僚が集スト犯罪の頭脳 | 軍諜報部・秘密警察

警察に一匹狼のデカがいて活躍するというのは作り話の中だけのフィクションです。

実際に有能ではあるがあまり言うことを聞かない一匹狼がいたとしても排除されてしまいます。

有能な一匹狼などは官僚機構の権力者たちが一番恐れる未来の敵にすぎません。早い段階で排除するのが今の権力者です。

被害者が警察に相談にいっても有能で正義感の強い一匹狼などは一人も出てこないことからも、これが事実だとわかるかと思います。

支配層の力は組織力なので個人の才能などはむしろ憎んでいるのかもしれません。

このような体制の中で政府は不当な過剰な市民監視と国民弾圧を続けています。

その政府の目的は何かと考えると、集ストの大目的は支配力の強化ですが、具体的には監視や弾圧による大衆限界実験のように思います。

これは同時に大衆の暴走・暴発を抑える方法を研究する実験となっているように思います。

集ストの監視・弾圧の圧力・挑発行為は異常でありそれ自体が重要な目的のひとつになっていると考えられます。

過剰な圧力・挑発を行うために集ストをやっているはずです。

過剰な圧力・挑発にはさらなる目的があると考えられます。

権力がどこまで人々を攻撃したら歯向かってくるのか、どんな方法で反撃してくるのかといった部分を調査する実地テストという印象があります。

集スト実行主体である各先進国政府の目的は市民運動などの反政府活動を鎮圧・制圧することが目的だと考えられます。

権力維持のための現実的な市民弾圧の実践と研究が同時に行われているということです。

もっとも現場は単なる権力ブラックビジネスになっています。

多少情報の信頼性は落ちますが、私の周囲の公安らしき加害者によると、被害者の個人情報は思いもよらない金額で取引されているそうです。

買い取ってくれる「お客さん」がいるそうです。被害者によって情報の価値が違い、値段も違うそうです。

スパイ工作における挑発行為は対象の計画を早めさせたり止めさせたり、暴発させるための心理誘導になっています。

挑発それ自体が目的ではなくその裏に目的があるということです。

集スト手法もスパイ工作がベースになっているので同じ目的があると考えられます。

スパイ加害者は被害者を暴走させるとご主人様からエサがもらえるという仕組みになっているはずです。

< 関連 >
支配層、秘密エリートネットワーク | 社会不正 2020.3.19

集スト犯罪の最終目的

集スト犯罪の目的はその手法による支配力の強化とそのための実践と実験です。最終目的は支配勢力や富や権力の拡大です。

具体的には人々を完全に支配できるような監視・体罰システムの完成や完全な格差社会である貴族社会への移行だと考えられます。

思想やルールによらず軍事力である監視・体罰技術という実力で世界、主に支配民である一般国民を支配しようという壮大な社会実験になっています。

次世代の国家統治実験ともいえます。

これが先進各国がバレながらも社会規模での隠蔽行為を続け、集スト犯罪を推し進めている理由だと考えられます。

集スト犯罪は元々軍事的な実力行使で暴力的な実力支配に他なりません。犯罪隠蔽は暴力を正当化するという狂った権力の暴走にすぎません。

集スト犯罪に必要になるルールを法制化する段階で道徳や公正さなどの観点から確実に矛盾が生まれます。

集スト犯罪者たちの前には大きな壁が現れることになります。その壁は人々の道徳心や公正さという普遍的な価値観です。

これを破壊することはできません。

権力をどこまで厳しく批判し悪事を改めさせることができるかが私たち被害者や市民全員にとっての勝負どころとなるはずです。

権力犯罪者たちは昔は王制などの封建社会で実現していたのだから実現できると思っているのでしょうが、一度与えられた自由や権利を人々が手放すことはありません。

過去にできたということは未来でもできるという根拠にはなりません。むしろ未来にはもうできなくなっている使い捨ての制度が封建制度です。

反集ストや反国家監視の運動が進めば、権力犯罪者たちは自分たちが見ている悪しき夢がもう実現できない幻にすぎなかったということを理解するようになるはずです。

せいぜいNWOの呼び水に使うくらいでしょうが、これはこれで大問題です。どちらも対処していかないといけません。

関連 NWO ニューワールドオーダー 新世界秩序 裏社会の最終目標か、単なる陰謀論か

莫大な利益が犯罪を隠す

最後に集ストが終わらない理由のひとつを説明しておきます。

子供のイジメはまさに集ストのひな型となっている工作です。

強者とその影響下にある集団によって攻撃された子供は誰からも助けられないように工作され攻撃され続けます。

どうして誰も助けないのかという疑問に対して自身もイジメられた経験を持つメンタリストの DaiGo さんがこう語っています。

”助けても誰も得しないからだ、隠した方がみんなが得をする”

イジメの罪が問われるとイジメた首謀者だけでなく関係した子供たち、担任教師や校長などの学校サイドもみな不利益をこうむり損をします。

イジメられた子供が我慢を続け、周りがイジメだと認めなければ誰もが罪や責任を追及されずにすみます。

イジメを止めずに黙って見逃すことで、功利主義の創始者であるベンサム的な「最大多数の最大幸福」が成立します。

集ストではひとりの被害者の人権が奪われた裏では年間12憶円もの莫大な利権が生まれているとみられています。

罪をとがめられない程度ではなく莫大な利益が生まれます。

集スト犯罪との関係性によって他にもいろいろな利益が生まれますが、何といっても大きいのは金銭的な利益です。

政府・軍・秘密警察などが罪を認めては自ら自殺するような一大事が起こってしまうので、もはや隠し通すしかないという保身の要素も強いでしょう。

ひとりを犠牲にすることで莫大な利益と身の安全を確保し、それがまた犯罪を続ける動機となっていくという無限の連鎖が集ストシステムです。

集ストの加害行為は被害者から見れば愚かな人選侵害行為と感じます。

ですが、加害者から見れば莫大な利益と犯罪から身を守る大作戦となっているはずです。

加害はしつこく下らない工作が多いですが、あそこまで必死に続ける理由がこれで理解いただけたかと思います。

被害者は加害者のことをバカにしてみていますが、犯罪性を理解している幹部以上の加害者は必至で加害を行い、必死で隠そうとしているのです。

関連 いじめが解決できない理由と対策:なぜ起こりやめられないのか

関連

加害ビジネス(ブラックビジネス)
報酬が出されている集スト加害行為 2018.9.16

参考

集団ストーカーの目的 集団ストーカーライブラリー

【拡散希望】集団ストーカー(Targeted Indiviuals)の要約 2020/05/06

集団ストーカーの目的 - 人類の独立 2018.4.7

集団ストーカーの目的 『人類を完全に支配するための総合実験』|ウォーカーのブログ

集団ストーカーとは支配層の見えない暴力装置 K24

集団ストーカーの正体 ウォーカーの仮説 決定版!! 2018.2.22

集団ストーカーシステムの資金源 2008.10.23
社員用などの団体定期保険の支払い金を企業などが横領 2018.11.10



inserted by FC2 system