雁屋哲

漫画『美味しんぼ』原作者

漫画『美味しんぼ』原作者として有名な雁屋哲さんが福島原発事故後に取材に行った後、自分の鼻から鼻血が出た経験を元に作品内の主人公が鼻血を出すシーンを描いたことがきっかけとみられる集団ストーカー犯罪に逢っている可能性が極めて高い状態にあります。周囲の人たちの対応の変化や体が疲れやすいことなど不審な点を自身のブログで告白しています。(※ご本人に集スト被害者の自覚はないようです)2020.1.16, 2020.2.4

目次 > 集団ストーカー被害の可能性が高い事例 >
kariya-tetsu, 2020.1.16, 2020.2.4, 評価(C)
鼻血が出るというのは放射線被害の代表ですが、漫画内ではそれ以外にも放射線被害と判断できる描写があったそうです。これが原発利権を守る軍部や政府の標的にされるきっかけになったようです。

雁屋さんと連絡を取れるような方は、いわゆる集団ストーカー・テクノロジー犯罪と同じ技術・手法が使われた秘密の連携攻撃が続いている可能性が高いことを教えてあげてください。

これが分かると色々な被害や妨害工作に対処しやすくなります。不要な争いや混乱、さらなる被害の悪化などが防ぎやすくなるはずです。

原発関連のことがきっけかとなる集スト被害は被害が特に悪化する傾向が強いので慎重な対応を心がけたほうがいいです。

集スト被害を判断できるのは次の点です。

・雁屋さんや関係者がのみなさんが漫画業界や芸能界などから受けている差別的態度や活動への妨害工作、離間工作

・海外の日本大使館から受けた営業妨害的な行為

・身体の過度の疲労感(テクノロジー犯罪の被害)

これらのことから秘密の連携作戦で標的を攻撃し続ける集団ストーカー被害を受けていることはまず間違いありません。

どれも単発の出来事として起きているのであれば自然発生した可能性も考えられます。ですが、連続的あるいは同時に、かつ継続的に起こっていることから一連の連携した攻撃や工作であると考えらます。それこそが集団ストーカーと呼ばれる犯罪の特徴です。

ご本人は認めないかもしれませんが、反集スト業界では一般的にそれらの被害を集団ストーカー被害に含めていて、集団ストーカー・テクノロジー犯罪と呼んでいます。

放射能や原発問題は政府・国体が必死で守っている巨大な利権です。これを守るために情け無用で何でもありの標的型スパイ工作を行うという集スト犯罪の悪質な部分が見事に露呈しています。

集ストとは何か、何が本質なのか、という問いの答えは諸説ありますが、ごくごく単純化すると何でもありスパイ工作です。

もう少し詳しく説明すると、情報収集(監視)・情報操作・心理操作・協力者作成工作・秘密の組織力などを駆使した秘密の連携作戦になっています。いわゆる軍事的なスパイ工作に近いもので、プロのスパイ工作とほぼ同じことが行われています。

工作では標的となった被害者への攻撃(犯行主体の望むあらゆることの実現、たとえば対象者の排除工作など)とあらゆる活動妨害を続けるための秘密のネットワークが作り上げられます。

被害者としては周りのみんながグルだと理解できるようになるだけでも心理的な負担がかなり減るので対処しやすくなります。

敵の主体や目的は何かというと、まずは情報収集する秘密ネットワークが既にでき上がっていて、政治・利権・排除・実験などが目的となっています。

原発だと政治的秘密や軍事利権の保護が目的となっていると考えられます。そのため内部告発などの権力者や実力者の利益が阻害される活動を未然に封じ込めるような隠蔽工作となることが多いようです。

何かしらの不利益をこうむる可能性のある個人や集団が主体となり、それぞれの利益や秘密を守ることが目的となることが多いようです。

日常的に集められる情報の中から、情報隠蔽などが必要となりそうな人たちの元へその情報が届けられ、集スト犯罪による情報や犯罪の隠蔽工作が開始され、延々と続いているようです。

雁屋さんの場合は反原発活動活動家とみなされているようですから、原発という核兵器工場とその利権を守る軍部と政府が雁屋さんを攻撃する敵の主体的な位置にいることと思います。

反原発活動は、反軍部ですから裁判で明かされたように反自衛隊活動となり、軍部からの監視や活動家への妨害工作、つまりスパイ工作が行われるようです。

自衛隊と警察は緊密に連携しているので警察の「まとわり」と呼ばれる集スト行為も同時に行われていることと思います。

さらに反政府活動、つまり国家権力へのテロ活動のような扱いになってしまうので集スト被害が悪化しやすくなるようです。

日本の放射能の被害者も反原発活動をしていますが、外国のスパイが反原発活動を後押ししていることもまず間違いありません。

そこに反原発というだけで普通の日本人を外国のスパイの仲間として扱うことで、集スト犯罪を正当化しているのではないかと考えられます。

反原発の集スト被害者にとっては、軍部と政府という一番たちの悪い上意下達の権威主義者たちが直接的な敵となっているはずです。雁屋さんにはくれぐれも慎重な対応をとることをおすすめします。

軍部と政府ですから配下の実行犯たちは命令されれば何でもやるはずです。権力犯罪の隠蔽に現場の実行犯たちがブレーキをかけてくれることはほとんど期待できません。

集スト被害の基本については次で説明しています。

超初心者向けの集団ストーカー説明
集ストは「組織的な監視・嫌がらせ・虐待・拷問犯罪」

犯罪の理解としてはスパイ工作なので次の本がおすすめです。

実戦スパイ技術ハンドブック | 資料

これにひととおり目をとしておけば、スパイの手法や目的などから敵が何を考えているのか予想しやすくなるはずです。

庶民が国家のプロのスパイに標的にされ攻撃されているとは嘆かわしいことですが、これが現実なので致し方ありません。黙って滅ぼされるのは誰で嫌だろうと思います。庶民が国家権力犯罪と戦う方法のひとつがスパイ工作を理解することです。 2020.1.16, 2020.2.4

< 参考 >
支配階級のウソ・ごまかしを暴く勇気と事実の追求が求められている 2019/4/16 2020.1.16



inserted by FC2 system