目次 > 事例・証拠 >

北里大学

kitasato_university, 2015/12/31



目次

かつて電磁波過敏症の外来があった

無線LANの電磁波がアレルギーを引き起こす可能性があると説明

北里大学で医療実験に参加した後、テクノロジー犯罪被害が悪化したという報告がある

ノーベル賞の受賞

かつて電磁波過敏症の外来があった

化学物質過敏症と関連して設けられていたそうです。北里大学は電磁波過敏症や電磁波アレルギーに関する知識技術を持っていたことが知られています。

無線LANの電磁波がアレルギーを引き起こす可能性があると説明

集団ストーカー特にテクノロジー犯罪の被害者が北里大学の関連医療機関で診療を受けた際に説明されたという集スト被害者の報告があります。それ自体は特におかしなところはありませんが、電磁波について知識技術に詳しいことはうかがわれます。

北里大学で医療実験に参加した後、テクノロジー犯罪被害が悪化したという報告がある

集スト被害者のcourseKさんの動画やブログなどで告白していますが、北里大で利尿剤の新薬実験を受けた後に被害が悪化したそうです。

ノーベル賞の受賞

2015年北里大学の教授がノーベル賞を受賞しました。同じ日本人としては喜ばしいことですが、若干の疑惑が残ります。

ノーベル賞というのはそもそもダイナマイトを発明したノーベルさんが、得た利益を社会に還元するために作ったものです。基本的には将来有望な自分に送られます。援助金やノーベル賞の地位を活かして益々活躍してもらうという意図があります。近年、17歳の少女が受賞したのも、その将来性への期待が大きな要因のひとつとなったことでしょう。

しかし、今回の北里大学の教授は、過去の成果が評価されての受賞です。悪いことではありませんが、すでに地位も名誉も得ている人物に送られるというのは本来の意図に反している部分があります。なぜこのようなことが起こったのでしょうか。

北里大学がテクノロジー犯罪に使われる電磁波技術の研究機関であると仮定した場合、アメリカの圧力などで北里大学の教授にノーベル賞を受賞させたという可能性も考えられます。

北里大学が電磁波研究を行っていた場合、事実が露見し責任が問われるような危機感を持っていた、あるいはすでに疑惑の目が向けられており被害をこうむっている、などの理由から、研究の停止を申し入れるなどしていたという可能性も考えられなくはありません。

集団ストーカー、テクノロジー犯罪の分野では、日本政府や米軍が日本の研究機関、大学などへ資金を投資し、電磁波関連技術を研究開発させている、というのが定説となっています。2000年前後にはインターネットの某巨大掲示板へ、それを示す内容が書き込まれており、おそらく真実であろうと考えられています。2015/12/31

inserted by FC2 system