目次 集団ストーカー 全般 >

メディアストーカー・メディアガスライティング・マスコミ集スト

media_gang_stalking, 2015.12.27, 2024.01.21, 評価(B+)
店内で自分に対する威圧的な放送がされていると感じたことがある人はいませんか? それは集団ストーカー被害かもしれません。

実際にそのような威圧行為が日本中で行われています。

一般的にはもっと大きな媒体を使った工作をメディアストーカーと呼びます。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などが悪用されています。

メディアを通信媒体として広く解釈するなら、地方自治体の防災放送、デパートなどの店内/屋外の音声放送なども工作に使われることがあります。

なかでも顔認証カメラと連動した店内での防犯放送の悪用はたいへん被害が多い事例となっています。

目的は被害者個人へストレスを与え続けることや、監視されているという意識をアンカリングすることです。

違法な監視や差別、虐待行為ですが、防犯の名のもとに正当化され、費用は税金(政府の支出)から支払われていることもあります。(警察の民間への協力費など)

より信頼のある組織が情報発信することで、犯罪者が強く実力がある組織であるかのように印象操作することも狙っています。

そんなメディアストーカーをわかりやすく説明したのがこの記事です。

更新履歴 2024.01.21 全体校正
2024.01.21 リード 追加
2024.01.21 工作方法 追加

目次

  1. 工作方法
  2. 集団ストーカーにおけるメディアストーカー
  3. 一般社会におけるメディアストーカー
  4. 自宅生放送 テレビ・ラジオ局の視聴者監視トゥルーマン・ショー
  5. テレビ局・芸能関連会社の取り組み
  6. メディアストーカー・メディアガスライティングの実行犯
  7. 日本のテレビメディアの外資比率
  8. 関連・参考

工作方法


具体的なやり方
  1. 番組には細工せず、被害者にだけアンカリング
  2. 番組のメールやコメントなどで制作サイドを誘導
  3. 出演者にキーワードの発言や演技を依頼
  4. 作家/ディレクター等の制作者に依頼
  5. 工作員が出演者や製作者になって工作
  6. 電波妨害し被害者にだけ専用放送を送信

諜報官(スパイ)が好むのは、被害者へのアンカリングや番組コメントで誘導することです。

工作は発覚しても言い訳ができる方法で行うのが基本だからです。

プロ市民やスパイ民族でない一般人でも工作できます。

組織力のある諜報官であれば、番組制作サイドに直接、キーワードの発言や演技を依頼することもできます。

スパイがタレントになれば自分で報酬を受け取りつつ、工作ができます。

メディアストーカー1件5万円などとタレントの報酬が出されているという情報もあります。

さらに強い権力があれば、被害者宅への地デジ通信を妨害して、偽の番組を作り放送することもできます。

これはさすがに大掛かりなので、政財官の要人などがターゲットでないと行われないでしょう。

一般の集ストレベルで行われるなら、映像偽造テストとして行われる可能性はあります。

ラジオ番組程度なら出演者への工作や依頼もやりやすいでしょう。

偽番組を作るなら、音声の一部を差し替えるだけでもできるので比較的簡単に実現できるでしょう。

集団ストーカーにおけるメディアストーカー・メディアガスライティング

< 注意:1 >
この事例を調べ始めたころはよくわかっていませんでしたが、今では集団ストーカー・テクノロジー犯罪はマスコミ・芸能・スポーツの分野では特に悪用がひどいです。

大半の人たちが被害者か加害者、もしくはその両方に当てはまるとみられていることが分かっています。

ここに挙げた事例は内容が古いものもありますが、これを踏まえた上で理解するようにしてください。2017.11.2

< 注意:2 >

テレビ・ラジオなどによるほのめかしは、現在、かなりのところまで調査・分析が進んでいて、テレビ局が組織的に行っていることなどが明らかになっています。タレントのほのめかし行為に5万円などの報酬が支払われることまであります。

詳しくはこちらでご確認ください。2016/01/03

雨ニモ負ケズ シュタージにも負ケズ

< 本文 >

テレビやラジオを使ったほのめかし犯罪です。

特定の放送を利用するため、それほど多くの被害者を攻撃することはできないはずですが、思いのほか多くの被害報告が存在します。(2015.12.27)

NPOテク犯ネットのアンケートでは34%の被害者が「TV・ラジオキャスターによる個人攻撃」の被害を受けたと回答しています。

偶然による誤解や、集スト犯が逆にテレビ・ラジオのマスコミほのめかしだと思い込ませようとする場合もあるでしょうが、それを除いたとしても尋常な数ではありません。(2015/12/29)

テク犯ネットの個別の被害報告では昭和末期の被害が報告されていますので、1980年代後半にはすでにテレビ・ラジオを使ったメディアストーカーが行われたことが確認できます。(2016/01/23)

テレビ業界内で絶大な影響力を持つことから電通が、何らかのかたちで関与しているであろうとみられています。

ほかにはマスコミにとっては警察が事件報道の主要な情報源であることから、警察組織からも強い影響を受けているともみられています。

ニュース報道が集スト被害者に好意的でないのは、単に政府が「集団ストーカー」という言葉の使用を規制しているという理由だけではないでしょう。

警察組織も集スト隠蔽のため、何らかの圧力をかけていることが予想されています。

創価学会(未編集)については、もともと日本の全人口の3%程度は会員が存在するとみられているため、あらゆる組織に入り込んでいる可能性があります。

マスコミ集ストにも当然、関与していることが疑われています。

小学生のいじめから一般企業・役所などいたるところに集ストのノウハウを持ち込んでいることでしょう。(2015.12.27)

具体的な犯罪方法ですが、創価学会や警察、比較的在日勢力と関連の強い電通などの関係者は、自分で集団ストーカー犯罪と理解して行っていることでしょう。

それ以外の一般人の場合は、視聴者のメールやアンケート、最近ではネットのビッグデータ解析結果などとして、ほのめかしに使う単語を放送内容、ニュース原稿や出演者のセリフへ入れ込むことで犯罪を行っているのではないでしょうか。

放送作家や調査会社に圧力をかければ簡単に行うことができるでしょう。(2015/12/28)

一般社会におけるメディアストーカー

2チャンネルなどのインターネット掲示板などに大量の被害報告があり、盛んに議論が行われていることから、メディア、主にテレビ・ラジオを利用した、視聴者の監視情報利用や捏造された思想誘導的な報道がなされていることは事実とみて間違いないでしょう。

集スト被害者はメディアからの被害の他にも様々な被害を受けていますので、メディアだけを特別強く批判する傾向はあまりありません。しかし、一般視聴者の感覚はまったく異なり、メディアストーカーの異常性を的確に批判し、パクリ(盗作)・洗脳報道などとして、強く非難しています。

一般視聴者の監視情報の悪用が最も強くあらわれているもののひとつが、コメディアン、いわゆるお笑い芸人のネタです。一般人が、自分しか知りえない出来事がネタに使われていると主張しています。メディアストーカーは、集スト分野では一般的な被害ですから、被害者はそれほど驚きませんが、集ストと関係のない一般人であれば、その驚きや怒り・不安・不気味さなどには、かなり強い印象をあたえることでしょう。

お笑い芸人のショーレース、優劣を競うようなテレビ番組で活躍した芸人に対して、他の芸人が、あれはパクリだと堂々と非難していることがネット上などで確認できます。これは、それほどまでに芸人のパクリ、つまり一般人の監視情報の悪用が、日常的に行われているということをあらわしているのではないでしょうか。

さらに、一般人のパクリ批判はかなり真実に迫る、的を得たものであるようです。批判によって窮地に立たされた芸能人は休養や引退などを余儀なくされたとみられています。

テレビの生放送では、一般人の生活をカメラなどで監視した情報、またはその一般人の思考を、それが起こった直後に、ほのめかし、または、行動そのものを説明するようなトゥルーマン・ショー被害が報告されています。テレビのいたずら番組(ドッキリカメラなど)のようなつもりで行われているとみられています。

ドラマや音楽業界では、監視被害によって自分の人生が10年以上も物語や歌の歌詞にされているといった被害も報告されています。

報道関連では、主に思想統制とはまではいきませんが、思想を誘導するような誘導報道が行われていることが確認されています。報道における監視情報の悪用は、法的に公正さの求められる全テレビ放送局にとっては、特に違法性が高い行為です。

自宅生放送

テレビ・ラジオ局の視聴者監視、トゥルーマン・ショー犯罪

テレビ局、ラジオ局では、被害者となる視聴者の自宅へ監視カメラを仕掛け、生放送の番組中に監視映像を見ながら、出演者や番組スタッフなどがほのめかし行為を行っているという情報があります。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者に限らず、一般人の人たちのなかにも、時間的な即時性、リアルタイム性から考えて、テレビ出演者の本人がほのめかし行為を行っていると主張する被害者は以前から存在しました。

自宅生放送は被害者の主張をほぼ裏付ける形となっていますので、信憑性は高いとみてよいでしょう。

たとえば、被害者がプリンを2個食べると、テレビから「プリン2個」などといった言葉が放送されたという被害が確認されています。

番組開始前やCM中にほのめかしの打ち合わせをしているなど、ほかの情報とも共通する内容となっています。

生放送のテレビ番組では、出演者が何か手前にあるものを見ている様子が見受けられますが、あれは自宅生放送がいくつも映し出されているモニターに注目しているのかもしれません。

テレビやラジオの生放送番組では、自宅生放送で被害者の自室を盗撮した映像は、テレビ・ラジオ出演者が見ることができる位置のテレビモニターなどの映し出され、出演者やテレビ・ラジオ関係者はこれを見ながらほのめかし行為を楽しんでいるということです。

出演者たちは自分たちのほのめかしに、被害者がどんな反応をするか興味心身で見守り、面白い反応が得られれば、大喜びしているということです。

かなり楽しみながら行われている犯行ですから、愉快犯に近い犯行状態となっていたようです。テレビのドッキリ番組などの、人をだます内容の番組を見ているようなつもりで、犯行が常習化されているようです。

ひどい例では、とあるCMやドラマに出ている女性が、自宅生放送の被害者の居場所を調べ、被害者が買い物をしているときなどに、自分でほのめかしを言いに来ていたことが確認されています。

被害者も最初は気のせいかと思ったそうですが、実際に録音してみると、あきらかにその女性がほのめかし行為をしていることが確認できたということです。

ストーカー行為のともなうほのめかし行為は、犯罪性の高いタレントが行っていることでしょうが、テレビ・ラジオ局で行われている自宅生放送には、盗撮などの違法性から、参加せずにボイコットする動きもあるそうです。

自宅生放送のような犯罪行為は、おそらく組織上位の権力者や背後のカルト勢力に属する一部の人間が、テレビ・ラジオ界や日本全体のモラルの低下や治安の悪化を意図して広めているのではないでしょうか。

< 参考 >
自宅生放送 2006.10.20 2018.3.13

対処法:証拠を撮る

一見すると証拠がとれない完全犯罪のように思える自宅生放送ですが、実際には証拠を撮ることができます。

まず下準備として、テレビ・ラジオ局を十分油断させておきます。ほのめかしの被害を自覚している人であれば、放送内容に対して過剰なリアクションをとるなどして、番組側が好む反応を調べておくとよいでしょう。

加害行為をコントロールすること(※1)は、被害対処法のひとつで、その場を支配することで被害による精神的ダメージを緩和させられる可能性もあります。

次はビデオカメラなどの映像機材を準備します。そして、ある日、突然、自分の姿とテレビ放送内容が同時に映るようにビデオ撮影して証拠を撮ります。近頃は大型テレビも手頃な値段になってきていますので、やりやすくなってきているでしょう。

証拠を撮るのに成功した映像を動画サイトにアップロードできれば、その衝撃は強烈で、ネット社会とテレビ界を激震させることでしょう。日常的に盗撮行為が行われていたことも証明できますので、うまくすれば迷惑行為禁止条例やプライバシーの侵害などで、裁判で慰謝料を請求できるレベルです。

この方法だと、結果的にテレビ放送の内容をビデオで撮影することになります。そのため、YouTubeは特にそうですが、著作権を理由に動画が削除されることがありますので、その他の動画共有サービスを利用するとよいでしょう。テレビ局側の人間であれば、全力で動画削除に動き出すことでしょう。

コツとしては、証拠となる映像は10回分、あるいは10時間分など、十分に確保してから公開するのがよいでしょう。1回のほのめかしだけでは、説得力が弱く偶然として扱われやすくなっていまいます。それが、10回、20回となれば、もはや偶然などという言い逃れが許されない状況へと、犯罪者たちを追い込むことができるでしょう。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の抑止や周知にもつながりますので、テレビのほのめかしがどうしても許せないという方はチャンレジしてみてはいかがでしょうか。2017/7/24

< 参考 >
(※1) … 犯罪支配の境地
集団ストーカー犯罪をあえて行わせるという考え方

テレビ局・芸能関連会社の取り組み

NHK
イギリス公共放送BBCから番組提携を打ち切られるほど公共性を欠いた反日テレビ局

日本テレビ
CIAの支援で作られた日本発の民間放送局、反日テレビ局

TBS
反日報道の傾向が強く、韓国系のCMが多い韓国ひいきの反日テレビ局

フジテレビ
韓国支配から偽ユダヤ支配に切り替わりつつある反日テレビ局

テレビ朝日
朝鮮系で多少の政府批判も行う反日テレビ局

テレビ東京
エリートネットワーク支配が若干弱く政府支配も若干弱い反日テレビ局

テレビ・ラジオなどの放送コンテンツを悪用したほのめかし行為は、加害者側も人権侵害などの違法性を理解しているようです。しかし、犯行の証明が難しく、実質的には逮捕されず、後から裁判で責任をとらされる心配もありませんので、常習的に行われている集団ストーカー活動となっています。

具体的には、テレビに出てくる司会者やアナウンサー、あるいはバラティ番組や討論番組などの出演者、ドラマなどの物語の主人公などが、被害者の日常的な体験や考え方を知らなければできないようなほのめかし行為が行われています。

これらのほのめかし被害のうち、司会者やアナウンサーなど人が直接行っているほのめかし行為は、それをしている、主に発言している本人へ強い疑いを向ける被害者が多くなっています。

しかし、実際の監視行為による情報収集を彼ら本人が行っているという直感や予想は、彼らの日常生活からすると労力的にも時間的にも現実的ではないでしょう。彼らの直接的な犯行というよりも、集団ストーカーというすでに実現されている犯罪ネットワークの内部で情報共有が行われていると考えるほうが自然でしょう。

具体的には、監視担当者、あるいは自動化されたAI監視コンピューターのようなものが、被害者のなからその番組の視聴者となっている人に対するほのめかし用の情報を集め、それをその番組制作担当者へ知らせているであろうことが予想されます。

テレビという媒体では出演者がカメラを見ながら発言することがあるため、それを見ている視聴者は自分に向かって何か言われているような気分になりますが、これはテレビの発明当初から行われていることですから、誤解である可能性が高いのではないでしょうか。

被害者とは逆に加害者側の立場でみてみれば、加害者であるテレビ・ラジオ出演者が視聴者のプライベートな情報、たとえば顔や声、住所、財産などを知ることができたとしても、それほど強い興味の対象とはならないではないでしょうか。

ほのめかし用の情報を提供する情報部門の人間に確認すれば、被害者の写真などの監視情報は手に入るでしょうが、実際に本人を見に行くという人はまれでしょう。監視情報を確認している時点でその怪しさから、たとえば違法監視による情報収集が行われた可能性が高いことなどから、その被害者に会って、会話しようということを考える可能性は低いでしょう。

なぜなら、その時点ですでにプライバシーを侵害する人権侵害行為である違法監視などの違法行為に関与してしまっていますので、それ以上に犯罪や犯罪者と積極的にかかわろうという発想を持つ人は少ないはずだからです。自然とそうなるはずです。危険なものを避けようとするのが人間の本能です。

直接関わらないのであれば、自分がほのめかし攻撃する相手であっても、自分の人生において、直接的には関係ない他人にすぎませんから、やはりメディアストーカーの加害者が被害者個人に対して強い思い入れを持つということは少ないのではないでしょうか。

このあたりはいずれメディアストーカー問題が解決に向かい、過去の話として確認できるようになったあかつきには、ぜひ本人たちに確認してみたいものです。

現在の日本にある主なテレビ局、公共放送であるべきNHKや、いわゆるキー局はすべてエリートネットワーク(※1)の影響下にあり、現場監督である番組ディレクターや責任者であるプロデューサーなど主要な地位や権限を持っている人間が、代理t人となり、メディアストーカーを実行しているとみられています。

メディアストーカー被害を訴える被害者は多く、自身のブログなどでネット上で被害告白を行っているような被害者の大半は何らかのメディアストーカー被害を経験しています。どの被害者も、被害はネットでの被害告白をする以前から受けていたと告白しています。

そのため、ネットでの被害告白が原因ではなく、そもそも集団ストーカー被害者の多くは、被害のひとつとしてメディアストーカー被害を受けているのが通常の状態だと言ってよいでしょう。

2016.1.3, 2016.4.24

テレビ関連業界(※大手テレビ局の多くは新聞・ラジオなどを含むマスコミ複合グループの一部)は全体的に在日比率が高く、8割は在日が運営しているとみられています。そのため、全体的に在日寄りの姿勢をとっており、結果的に反日色が強くなっています。2016.4.2, 2016.4.25

集団ストーカーやテクノロジー犯罪は在日に悪用されている部分もありますので、マスコミは今後も集スト問題解決の障害となることが予想されます。集ストだけではありませんが、犯罪や不正はマスコミが一番最初に取り扱うべき問題ですが、意図的に隠蔽されているという、たいへん残念な状態にあります。

マスコミはNHK以外は広告収入を基本とした運営をしていますので、広告主、スポンサーサイドへの不買や講義・苦情などによって被害の改善をはかるのがよいでしょう。NHKは国会で予算を決定している通り、国策として運営されていますので、政治的な方法、具体的には国会議員を通して健全化をするような対象となります。2016.4.24

メディアストーカー・メディアガスライティングの実行犯

通常の集ストと同様、表面に現れている実行犯は、首謀者などのように自分が違法行為を行っていることを自覚している犯罪者ではないでしょう。大半の人間が犯罪組織に利用されているだけで、集ストと直接的にはあまり深い関係のない人間であるとみられています。

創価学会のように「仏法は法に優先する」などと教え、社会の違法行為であっても無視して教団の命令を実行するような偽りの正義や英雄幻想を持たされた信者もいます。この場合、理論的には犯罪行為ではなく、正しい行いをしているつもりになっています。違法行為自体は認識しています。しかし、教団の正しい命令を優先しているというだけになりますので、一般的な犯罪行為であっても、本人は犯罪、悪い行為とは判断していないということになるでしょう。

集ストでは、尾行や待ち伏せ・つきまといを行う実行犯が、単にメールでの指示で動いているだけの作業員のような存在であることが知られています。彼らを捕まえても、時間や場所が書かれたメールが見つかる程度で、問題を一気に解決するような効果は期待できません。しかし、合法的に捕まえれば、加害者側へ強いけん制となることは確かですので、可能であれば捕まえて被害のひとつも訴えておくとよいでしょう。

メディアストーカーに利用されているテレビ・ラジオ関係者も、顔や名前が表に出ているような人間は、犯行とそれほど深いかかわり合いがないことが多いでしょう。

犯罪者がテレビ・ラジオなどの出演者などにほのめかしを行わせる場合、出演者がほのめかし内容を言うと、1回5万円の報酬が出るといった方法で、ほのめかしが行われているという報告があります。以前に、不正なオークションサイトの宣伝文句を芸能人のブログに書かせるという事件がありましたが、あの事件でも一回5万円程度の報酬が支払われていました。

特定の組織が行っているのか、芸能界全体で通用するルールなのかは分かりませんが、1回5万円で宣伝などを請け負うような文化が存在するのかもしれません。2016.1.3

日本のテレビメディアの外資比率

20%以下にしなければならない決まりだそうですが、フジテレビと日テレは越えていますので違法状態にあるそうです。外資系というとアメリカをイメージしがちですが、おそらく、韓国、ついで中国あたりの企業が多いのではないでしょうか。

フジテレビ 29.8%(違法、2位、3位が外資)
TBS 13.5%(上位2位が外資)
日本テレビ 21.9%(違法)
電通 19.6%(筆頭株主が外資)

TPPで日本撃沈されますよ。その1 より 2016.4.24

< 参考 >

メディアストーカー・メディアガスライティング・マスコミ集ストリンク

お巡りさんを説得して健全化させよう
現場警察官に集団ストーカー説は防犯活動弱体化が目的ではないと理解させる

※1:エリートネットワーク

支配層・秘密エリートネットワーク・国際(世界)金融マフィアとは?
世界財閥情報網・グローバリスト・シオニスト・メーソン・偽ユダヤ金融・世界王侯貴族情報網・NWO勢力

関連

メディアストーカー・メディアガスライティング・マスコミ集ストリンク

参考

自宅生放送 2006.10.20 2018.3.13

四大新聞社の裏側と実態 2012/8/24
テレビの前世代マスコミが新聞なので大手マスコミはすべて支配層組織 2019.1.31


inserted by FC2 system