目次 > 集団ストーカー被害の可能性が高い事例 >

オリンパス

olympus, 2015/12/10

オリンパスの人事部員が非合法行為の内部通報隠蔽を目的とした、精神異常者の偽装事件を起こしました。内部通報した社員を企業の産業医に誤診断させ、精神病者として会社から追い出そうとしたという内容です。

驚くべきことに、弁護士がこのリストラ工作を提案したとのことです。

また、その方法が集団ストーカーの典型であったため、企業の起こした精神病偽装事件の代表例となっています。

昨今、精神科医の医師資格が不正に認定されていたという事件が話題となっていますが、不正に得た精神科医の資格ですから、不正な使用がされていたことが疑われています。監視犯罪での、統合失調症の誤認定を行う精神科医などが、これに含まれるのではないかと見られています。2015/11/13

< 参考 >

集団ストーカー.info 事例

集団ストーカー企業リスト@wiki オリンパス
2015/12/10

inserted by FC2 system