被害対策の優先順位

対策をどう進めるべきか

「少年老いやすく学なりがたし」と言われるように、何か大事を成すには時間と労力が足りないことが多いです。全部はできないので、なるべく効果があり成功率の高いものから、効率的に進めていきたいものです。 2019.10.24, 2020.4.20

目次 > 対策・活動 > 対策の優先順位とコスト >
order_of_priority_outline_of_a_damage_measure, 2015.9.27, 2020.4.20, 評価(C)

< 注意 > 2015年9月にこのページの記事を書いた後、さらに問題や対処法の調査が進み、今となってはこの記事の内容は少し古いものとなってしまいました。このページの内容はいずれ更新しますが、それまでは少し古い参考資料程度と理解しておいてください。 2019.10.24, 2020.4.20


目次

はじめに

難しい問題から取り組む

被害対策の優先順位

その他の注意

関連

優先順位や優先度
緊急性・重要性・期間・難易度などを考慮 2018.3.26

犯罪全体のなかでの集団ストーカー問題対処の優先順位 2018.3.26

対策の優先順位とコスト 2018.3.26


はじめに

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の個別の被害への対策は、みなさんの受けている被害の度合いや関心の強さによって、それぞれ取られているのではないかと思います。

被害全体の改善を戦略的に考えた場合、特に重要な対策やそれを行う順番などで被害改善の効率が変わってきます。ここでは個々の被害対策を効率やコストなどの面から優先度について考えていきます。2015.9.27, 2020.4.20


難しい問題から取り組む

まずは情報収集と分析を進めて問題をより細かく分析していきます。そこでわかった問題点の中から有効性と実現性を考えて取り組むのが基本です。

ですがその前にどれに取り組むか考えるときはなるべく難しい問題や誰も取り組んでいない問題から取り組み方を考えていったほうが効率的です。まずは有効性だけを考えます。

難しい問題や誰も取り組んでいない問題、これらより大きな問題といってもいいですが実現できるならより難しく大きな問題のほうが効果が高いです。

実現性を重視してとにかくポスティングで月1000枚チラシを配るといった活動もいいことには違いありません。

ですが、例えばテク犯関連技術に詳しい人や弁護士資格を持つ人がチラシ配りしかしないようなのは反集スト活動全体としては効率が悪いです。

難しい、人がやっていない、より大きな問題から取り組みを考えていくことは進学や就職先を選ぶ考え方と同じです。

進学・就職では自分の入れる中で一番いい学校や会社を選ぶものですが、このいい学校やいい会社というのが反集スト活動ではより難しい問題にあたります。難しい問題ほど解決する価値が高いです。

反集スト活動は最終的に法制と行政の一部を変えないと解決できません。

おおげさな話に聞こえるかもしれませんがポスティングで配っているチラシも最終的には同じ目的になっているはずです。SNSでの情報発信も最終目的は同じです。私たち被害者のやっている日々の活動の目的はみんなこれに集約されていきます。

総理大臣や国家・軍・警察など諜報部門の官僚のトップになるのが理想でしょうが、さすがにそれは無理なので裁判や政治活動などでそういう人たちに対してより強い影響を与えるか、影響力自体を持つことを目指せばいいはずです。

科学者・弁護士・精神科医・ジャーナリストなどはできれば被害者側からも出したいのでできそうな人は目指してみてほしいと思います。

話をまとめるとより難しく誰もやっていない大問題からひとつづつ考えていってその中で自分のできそうな問題から対処していくという考え方がよりよい優先順位の決め方になります。

難しいことは誰がやっても難しいのです。ですが、やればできそうなこともあります。やればできそうな人もいます。何ができそうなのか考え続け試し続けてみてください。 2020.4.20


被害対策の優先順位

注意

この記事を書いた当時から時間がたち、その後、他にも色々なやり方があることが分かってきました。そもそも人によって考え方が違うので一般化するのは難しそうです。おおむねこういう順番で対策するのがいいのではないかというこのサイトの案だと考えてください。 2019.10.24, 2020.4.20


話し合い

いきなり自分の被害や犯人への非難から始めるのではなく、一般的な集スト犯罪の説明から始めましょう。

家族・親族・友人・知人など被害者が普段会話するような間柄の人はほぼすべて犯罪者が工作を行っていますので、何もしていない状態では、知り合いのすべてが加害者側に近い人間であると考えたほうがよいでしょう。すべての人がすでに加害行為に加担している可能性が高いというのが、一般的な最初の状態となります。

加害者は自分の犯行をある程度まで理解していますので、逃げられたり、次回の話し合いを拒否されたりしないように、加害者の名誉を守りつつ話を進めてください。

人と人が分かり合うのはなかなか難しいことですから、話し合いが継続できる状態を維持することはともて重要です。話し合いの目的は加害者の犯行をやめさせることが、理想としては理解者として仲間に入れ、集スト問題の改善に協力してもらえるようになってもらうことです。

< 参考 > 和平交渉 一般の人との話し合いや犯罪説明

ネットへの被害・加害者情報の公開

公開内容は話し合いと同じ方針になります。

逆ほのめかし

こちらも公開内容は話し合いと同じ方針になりますが、裁判など多少威圧的な内容にするのも効果的です。

被害者から加害者へほのめかしで何かを伝える対処法です。このサイトでアンチガスライティングと呼んでいます。

直接的な反撃

目の前で暴言をはかれたら、大きな声で注意するなど、常識的に可能な範囲で積極的に対応するやり方です。

テク犯などへの技術的な対処

耳栓から電波妨害機など色々あります。

個々の被害の黙殺

加害行為の沈静化が目的です。 2015.9.27

何もしない・我慢する

何もせずに被害を改善するのは不可能に近いです。精神病で入院しても病院内で被害が続きます。険しい道のりにはなりますが、被害を改善したいのであれば、被害改善につながる行動を続けるしかありません。

何もできないとしてもまずは犯罪について理解しておかないと恐ろしい罠にはめられてしまう恐れがあるので気をつけてください。 2015.9.27, 2020.4.20


その他の注意

黙殺はやり方や駆け引きが難しい部分があります。最初の対策としては、被害者である自分自身が集団ストーカー犯罪・テクノロジー犯罪全体、加害者と加害行為、犯罪の目的などを理解していることを、加害者側へ伝えることが有効な対策となります。

なるべく早い時期に伝わるようにしたほうがいいです。ネット検索やチラシ配布などをすればすぐに加害者側に伝わるはずです。これをしておかないと加害者から無知な素人と思われ度を越した加害行為をされる恐れがあります。

被害者が会社などの組織で、犯行を理解していることをすぐにほのめかしてしまうと、会社を追い出されたりする危険がありますので、少しずつほのめかし、自分の立場が悪くならないよう注意したほうがいいです。

ただし、基本的には集ストをするような会社は、残業代未払いなど社員から利益をむしりとるブラック企業のようなものです。集ストは集団で組織的に行っていますので、その組織は集ストを理解して悪用していると考えられます。

そのような組織はどのみちあまりよい組織ではありません。早く関係を断ってしまったほうがよいでしょう。

残念ですが、集ストが始まってしまっている時点で、被害者の信頼は失墜していますので、その組織で名誉を取り戻すことや、それ以上の活躍をすることは難しいでしょう。

早めに逆ほのめかしで犯行を理解していることを伝えるのがよいというのには理由があります。それは個々の被害は黙殺するとしても、全体としては、加害者は犯罪がばれていないと思っている間は、加害行為をエスカレートさせてくる可能性が高いからです。逆ほのめかしには被害悪化を防止するという意味があるのです。

新しい組織へ移る場合は、最初の面接などで集スト被害について説明しておくべきでしょう。なぜなら前の組織に集ストをさせた真犯人である加害組者は、探偵や警備会社・警察などを使って、次に移動した組織にも同じように集ストを行うようにする工作を開始するからです。

集スト被害をあらかじめ説明しておくことは、前の組織を離れた正当な理由にもなりますし、新たな集スト被害を防止する効果も期待できます。

何も説明せずに新しい組織に移動してしまうと、また同じ集スト被害が続いてしまいます。集ストは世界中で多くの人が苦しんでいる社会的犯罪ですから、恐れずに勇気を出して説明しましょう。

実際に説明する場合は、ネットチラシやスマートフォン、ノートパソコンなどでネット情報を使えば客観的な説明がしやすく、説得力も高まるでしょう。2016.8.9, 2016.8.10



inserted by FC2 system