目次 > 被害事例:ここで扱っていない事例 >

ペルーシリアルキラー

peru_serial_killer, 2015.12.28

シリアルキラーとは連続殺人鬼のことです。

1990~2006年にかけて南米のペルーという国で25人連続殺人事件(殺人が立証されたのは17人)が発生しました。犯人は神の命令に従ったと主張していました。これは電磁波犯罪、神の声作戦だった可能性があります。

被害者には犯罪者や同姓愛者など、当時の警察や政府が警戒していた人が多いため、警察組織もしくは政府の意図が働いていたであろうことが予想されます。 (2015/12/28)

inserted by FC2 system