目次 > 基本情報 > 集団ストーカーの基礎知識 >

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の関連分野 ネット検索などで情報収集の対象となるもの

related_field_of_the_Gang_stalking_and_Electric_harassment, 2015.10.12, 2021.4.6, 評価(B)
ネットや書籍、その他のメディアで情報収集する際に、対象となる関連分野の紹介です。

犯罪者・加害者の関連組織のすべてが対象となりますが、そのなかでも次にあげる分野との関連が強い傾向があります。

また、その他の分野や細かい単語から関連性を調査する場合は、「用語の関連性」も参考にしてください。

更新履歴

検索の基本 追加 2021.4.6

検索の基本

集スト情報は基本的に隠蔽されているので Googl/Yahoo のようなメジャーな検索エンジンだと偏向された結果しか表示されません。

そのすべてが悪い情報だということはないですが注意してください。

比較的偏向されていないのは DuckDuckGo などのプライバシーを守る意識の高い検索エンジンです。

SNS内にある検索機能も比較的偏向が少ないので公平な結果が出やすいです。

(ただし YouTube は Google 傘下なので今後偏向がひどくなっていくと見込まれています)

検索機能はエンジンやSNSなどによって違うので使うときは複数の検索機能を使うと偏りが少なくいろいろな情報を得られるのでおすすめです。

< 関連 >
まずはネット検索
たいていのことはすでに誰かが説明している

集団ストーカー

もっとも活発に情報が更新されている分野です。

ギャングストーキングや組織的ストーキング犯罪のような言葉も同じような意味で使われています。

加害勢力は集団ストーカー被害者を精神病扱いしたり、集団ストーカー自体を暴力団のおどし手法のように扱っています。

< 参考 >
用語説明
集団ストーカーなど個人や少数者に対する集団的人権侵害を表す用語

創価学会

日本の政党である公明党の支持母体として政教一致のルールに反するという批判をよく耳にしますが、集団ストーカーの実行犯としてもっとも報告が多い宗教関連組織です。

公益事業として医療や学校法人を経営しています。

また信者は200万人以上はいるとみられていて、日本のあらゆる組織へ入り込んでいるとみられています。

彼らは自分たちの勢力拡大のために、日本の弱体化や日本人の愚民化工作を行っているとみられています。

集ストもそのうちのひとつとみる見方も有力となっています。 2015.10.12, 2016.10.31

統一教会(家庭連合)

日本支配に使われている2大カルトです。

CIAが作りました。

創価学会が下位カルトで統一教会が上位カルトです。

総理大臣や政治家・官僚、警察署長など官公庁のトップはの上位は統一系、役所員や警察官・自衛官など末端の実行部隊は創価系が多くなっています。 2020.11.8

カルト団体

世界規模で色々な不正・犯罪行為を行っているのがカルト団体です。

カルト団体は宗教や民族を結束基盤として意図的に結成されています。

カルト団体は中東のテロから集団ストーカー・テクノロジー犯罪を含む幅広い悪事を働く主体となっています。

日本では仏教系カルト宗教である創価学会の不正・犯罪行為が有名です。

創価学会はSGIとして自称世界200カ国で活動している世界的なカルト団体です。

他にもキリスト教系かつきた朝鮮系で日本政府に強い影響力を持つとみられる統一教会などがあります。

また欧米ではキリスト教系のカルト団体が不正・犯罪の主体となっています。

そもそもキリスト教は超富裕層、ブローバリストが世界支配に利用している宗教だとみられています。

創価学会もそうですがキリスト教でも信者に全財産を寄進させる、実質的な財産没収などを合法的に行っています。

宗教の教義よりも利益目的の団体であることは明らかでしょう。

主要なカルト団体はすべて超富裕層が資金援助や人材確保して、意図的に作られた、利益目的の犯罪集団であるとみられています。

たしかに反社会的な考えを持つ犯罪まがいの組織が自然に発生して、大きくなっていくとは考えにくいものがあります。

公務員、警察・消防・自衛隊・役所・防犯パトロールなど

集スト被害を警察に訴えても、被害届を受理しないのはもちろんのこと、相談扱いで取り扱うことすら断れるという被害が出ています。

このことひとつとってみても警察官が集スト犯罪に関与していることは明らかです。

集スト関連では、警察主導の防犯パトロールが集ストに悪用されているのはよく知られた事実です。

警察の部長や警部などが店員や一般人へ集ストの加害指導をしていることが明らかになっています。

警察が主導している集ストでは、公務員が関わる行政サービスのすべてが、加害勢力に協力する可能性があるということです。

公務員が関係していますので、その上位の政府関係者も共犯関係にある、もしくは主犯である可能性があります。

デパートやコンビニなどの小売店

小売店では万引き防止などの利害関係から、警察主導の集ストや、客となるカルト団体員からの依頼による集ストが発生しやすくなっています。

店内でのしつこいつきまとい行為や店内放送を利用し被害者を犯罪者扱いするような被害が多発しています。

企業ストーカー、社内・店舗内・作業場内ストーカー

企業など労働環境で行われる集団ストーカーについての分野です。

企業が労働者へ行う場合と、企業に隠れて労働者同士で行われる場合があります。

企業内で行われる集ストを特にモビングと呼びます。

集ストという言葉が広まる前から似たようなの嫌がらせは行われてきました。

加害主体には有名企業も名を連ねており、被害者も高学歴な傾向があるせいか、被害報告や分析が客観的で的確なものが多く、モビング関連は情報自体の信頼性は高い傾向があります。

またコンビニなど非正規雇用のアルバイトなどでも多くの集スト被害報告があります。

企業ストーカーでは産業医と共犯した事件の裁判例などが扱われています。

被害者側が実質的に勝訴した判例もあります。

< 参考 >
モビング・企業ストーカー対策
和平交渉が有効

テクノロジー犯罪

思考盗聴や電磁波攻撃など集団ストーカーなどで悪用される技術に関する分野です。

生体分析やBMIなどもこの分野で使われます。

< 参考 >
電磁波被害と対策
電磁波・テクノロジー犯罪関連の被害と対策の総合インデックス

用語説明 科学技術用語
テクノロジー犯罪など集団的人権侵害を行う科学技術を表す用語

マインドコントロール、精神支配、心理操作

技術的には思考盗聴や電磁波攻撃と近いですが、集団ストーカーなどのによる嫌がらせが目的ではなく、マインドコントロール・精神支配、心理操作の技術検証や被害分析などに関する分野です。

私たち一般人の無意識化で行われている、テレビなど大手メディアによる常識の作成や変更、また政府や報道機関の発表による、かなり意図的な思考誘導や常識の変更などは、現在でも盛んに行われています。

精神病、統合失調症、医療機関の誤診

精神病は病院での診察時間が短く、薬を出すだけで簡単に利益があげられるという、医者におっては楽に儲かる医療分野のひとつです。

精神医療の闇については、日本医師学会元会長の故武見太郎さんなどは「精神医療は牧畜業だ」とまで明言しています。

集スト被害者が統合失調症で1年以上の入院が必要となると、医療機関の利益も相当に高額なもとのなります。

医療機関にはこのような莫大な医療利権が発生するため、関係者が積極的に集スト加害行為に参加する傾向があります。 2015.10.12, 2016.10.31

< 参考 >
精神医療問題
不正と悪用を防ぐ

芸能・スポーツ

芸能・スポーツの分野は集スト・テク犯を使った積極的な個人への支配・洗脳工作が行われています。

もともと少数者への支配・洗脳工作として生み出されたのが集スト関連犯罪ですから、少数の人気者や実力者が活躍する芸能・スポーツの世界は、犯罪に適した分野なのです。

欧米でもアメリカのハリウッドなどがMKウルトラ(コインテルプロなど集ストの原型となった洗脳計画)で支配されていると、被害者本人であるハリウッド女優やアーティストなどによって暴露されています。

< 参考 >
芸能・スポーツの検証

在日勢力・部落(同和)勢力

朝鮮総連や韓国民団だけでなく、創価学会・統一教会などのカルト団体や同和勢力には、明治維新以降、あるいは戦後に日本へ移住してきた在日勢力が多く入り込んでいます。

移住してきた異民族として、在日勢力は集スト実行犯や主犯として強く疑われています。

在日勢力も今では日本勢力と混ざっていますので、区別するのが難しいところがありますが、在日勢力が日本の不正・犯罪の主要な位置にいる可能性はかなり高くなっています。

同和勢力は、警察関係者がスケープゴートとして、集ストの責任転嫁をしています。

またテクノロジー犯罪を行う傾向も少ないことから、それほど主導的な勢力ではないと予想されます。

在日勢力全体は、政府やその他の日本勢力が不正・犯罪のスケープゴートとして利用しています。

天皇財閥のような一連の日本裏社会グループに組み込まれていて、自分たちも意識してプロレスなどショービジネスにいる悪役を演じているような状態にあるとみられています。

< 参考 >
在日利権ネットワーク

外国での集スト被害

国内だけでなく海外でも日本とほぼ同じ集スト被害が多発しています。

集スト関連問題を解決するための国際会議なども開かれています。

日本人の被害者が海外へ行っても集スト被害がなくならないことから、海外でも日本と同様の集ストインフラが存在することが予想されています。

国家・政府同士が協力関係にあるか、あるいは創価学会やその他のカルト団体同士が連携して加害行為を行っているものとみられています。

被害者が海外や無人島へ行っても被害がなくならないことから、人工衛星インフラが犯罪に悪用されているともみられています。

アメリカの被害では何十キロにも及ぶ広範囲への同時電磁波攻撃を行っているとみられているGWEN塔のような通信塔も存在しています。

裏社会への疑惑

集ストの実行犯は民間人や一般企業、警察や役所などの公務員、またその中に入り込んでいるカルト団体関係者とみられています。

その先にはさらにロスチャイルドやロックフェラーなどの巨大財閥などの超富裕層、グローバリストなどの存在が疑われています。

詳しくはこちらで説明しています。

 裏社会への疑惑 2016.10.31

inserted by FC2 system